“鰤大根”と“キムチ”に・・・辛福「特別純米 久寿玉」
宮崎県民の信託を受けた東国原知事の報道へのコメントと県民への広報・・・「県民総力戦」の一言に託した“危機管理”へのメッセージ性・・・さすがです・・・。メディアを通じて全ての方々にとるべき行動と意識規範を伝えきりましたね・・・。

c0001578_0565431.jpg“防疫防護服”を着て、封じ込めに懸命な作業を続けている県職員の方々も・・・この一言が“仕事の真価”を語ってくれていると理解したことでしょう・・・。

どっかの人格を疑われるような“女性妊娠装置”論者とは全く違います・・・エリート大臣には“更生”大臣の称号を与えたいですね・・・(笑)。

今夜は21時を廻って、ニュースを見ながら夕食兼晩酌・・・ちょっと濃い味“鰤大根”と“キムチ”と“玉子焼き”・・・。

“鰤大根”に合わせるのは・・・残り少なくなった飛騨高山の清酒「特別純米 久寿玉」を“冷や”で一杯だけ・・・。

この平瀬酒造さんの清酒・・・先週、開かれた“新年懇親会”の余りモノ・・・上司から拝授された“持ち帰り係”の役得・・・というか・・・これで丁度“飲みきり”になります(笑)。

口を近づけて啜ると・・・福与かでなめらかな辛口の旨さ・・・含み香の鼻抜けに嫌味がなく・・・酸度1.9のきれいな酸味は味わいのまとめ役でしょうか・・・辛口の旨味と酸味の融和した淑やかさ・・・。

この“鰤大根”には、酒質の方が上品過ぎる感じでしたが・・・意外と醗酵が進んで酸味も出ているこの“キムチ”には・・・好かったですね・・・。
by project-beppin | 2007-02-01 00:58 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(4)
Commented by tatinomi1 at 2007-02-02 01:03
この酒はすきですねえ。酎州大分さん。
日本酒の見識、お見事。

大吟醸ブログでも、「香りがどうじゃあ」
上っ面ばかり。

何故「酸度」に踏み込まないか。
このあたりが、日本酒ブームの崩壊の引き金。
残念無念の思い。

そこに、酸度1.9.いいですねえ。

■私は酸度1,7以上の純米の「ぬる燗」が
 好きでんねん。

 酎州大分さん

 八丁目のきゅう丁目の魔力ですっかり
 「二階堂」のトリコになりました。

 燗の温度と器の相性に嵌っています、ワイ。
Commented by You at 2007-02-02 09:15 x
おっ、いつも高山で見かける日本酒が!
辛口だけど味わいを感じれる銘酒です。
どうも最近は、適当な期間置いてから、添加して作る味気の無い辛口の日本酒(超辛口?)が覆いのですが、これは正統派といえると思います。
まさか、酎州大分さんのブログで拝見するとは・・・・驚きです。上司の方も中々の通とお見受けします。

以上
Commented by 酎州大分 at 2007-02-02 19:08 x
HAKUDOU師匠・・・いやぁ~、私には見識などありません・・・。
この上司の“高山出張”土産で・・・「誰か、持って帰っちくりィ?」と言う一言に反応したまででして・・・(笑)。“おこぼれ処分”の晩酌でしたが・・・旨かったもんですから・・・ついつい、載せちゃいました・・・(爆)。

薀蓄を語れるほどの“清酒舌”には自信がありませんが・・・師匠がおっしゃるように酸度のもつ清酒の味わい・・・円やかな中に気骨ある味わい深さを宿しますね・・・“懇親会”では燗酒でも戴きましたが・・・寡黙ながら真面目な辛口旨さがありました。
師匠が酸度に注目するのが・・・なんとなくわかるような気がします・・・。

二階堂20°の直「ぬる燗」・・・家で飲んでも・・・あの店の一杯ほど、感動しませんが・・・豊後別府の風情の旨さだと・・・私は思うんですがね・・・。

店飲みなら、どこで飲んでも旨いかどうか?・・・今度、東京の新橋あたりで一度無理強いしてこの二階堂の直燗を飲んでみたいです・・・。

Commented by 酎州大分 at 2007-02-02 19:16 x
Youさん・・・高山の福与かな辛口酒ですね・・・これは、すっきりし過ぎずゆるりと染入る旨さが好い酒です・・・。

確かに・・・一部銘柄で見かけますが・・・敢えて“超”をつけるあたりが怪しいですよね・・・(笑)。

上司・・・土産話とともに、この酒を(出張時に)飲んで旨かったと・・・語ってました・・・。この方は、清酒好きの一人で・・・通というほどではないかもしれませんが・・・味わいの波長がこの酒と合ったみたいですよ・・・。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “味噌&カツ”・・・金しゃち「... “猪(しし)”の味噌焼きと・・... >>