声援を追い風に・・・第56回 別府大分毎日マラソン
2月の風物詩・・・声援を追い風に・・・寡黙に駆ける“疾風”・・・第56回 別府大分毎日マラソン・・・。

c0001578_21281393.jpg今日、気温14℃で大分市営陸上競技場をスタートした一団が・・・海岸線の別大国道(R10号線)を翔けぬけて・・・観光港を折り返してきました・・・。

“流川通り”から“秋葉通り”を過ぎて・・・30kmを目指すランナーたち・・・。

既に“先頭集団”は・・・35km付近“田ノ浦ビーチ”を過ぎて“勝負の駆け引き”に突入していますが・・・自らの限界に挑戦しながら“自己ベスト”をめざして走る一般参加のランナーたち・・・。

テレビに映る“花形アスリート”でなくとも・・・大きく旗を振って、声援をおくる沿道の人々・・・。





c0001578_21284774.jpg世界選手権への代表権をかけて、同郷対決を制したのは・・・38km付近で“仕掛けた”前日本記録保持者でしたね・・・
 1位=藤田 敦史(富士通) 2:10:23

地元のランナーでは・・・
 17位=清水 昭(東芝LSI杵築) 2:20:00

“高崎山”も全てのアスリートを応援しています・・・。
by project-beppin | 2007-02-04 21:29 | 大分の風土・行楽 | Comments(12)
Commented by tatinomi1 at 2007-02-04 23:49
酎州大分さん。
わが至高の酒。飛鳥村の脇本酒造のblog
やっと開設。ご贔屓に。書き込み宜しく。

ほんに、エエ蔵。西の関の次に好きな日本酒です。



http://ukontatiba.exblog.jp/

   
Commented by のり at 2007-02-05 18:00 x
私はサウナにてTV観戦をしておりました。
男湯はなぜかスポーツ観戦が多いですね?
暑い中、最後のスパートは見逃せませんでした!
選手より汗をかきながら応援しておりました!

ちなみに東芝の清水君は同じ高校で同学年でした!(名前を知っているだけですが・・・。)
Commented by 酎州大分 at 2007-02-05 22:23 x
飛鳥京・・・好い蔵ですね。
師匠が惚れるのも・・・味わいと共に人情風情なんでしょうね・・・。

こういう清酒の生粋な真面目さが・・・伝わってきます・・・。

西の関よりも初心な味に思えます・・・。
Commented by 酎州大分 at 2007-02-05 22:29 x
のりさん・・・サウナでですかぁ・・・それも一興ですな・・・。

あの余裕のスパートというか仕掛け方が上手かったですね・・・藤田は・・・(テレビで見たんですが・・・笑)。

汗をかいてましたよ・・・選手も・・・例年より気温が高かったですからね・・・風もありましたが・・・寒さと言うより陽気のなかの“疾走”ってな感じでした・・・。

あの清水さんと同級ですか?・・・頑張りましたよね・・・次回も頑張って欲しいです。東芝杵築勢の健闘・・・目立ちましたから・・・。
Commented by そこです at 2007-02-05 22:30 x
酎州大分さん、お見通し・
安定した関はそれはそれは好きです。

でん、こんな素朴な蔵は守らんときえちしもう。
国東とおんなじ香りの飛鳥ん。
こんねえ蔵を応援したいんです。

これぞ「地霊」の酒です。よろしゅうに!
Commented by 酎州大分 at 2007-02-05 22:44 x
HAKUDOU師匠・・・守るためには、より多くの飲み手の前へ出てゆかねばならんちゅうこっでしょ?・・・。

初心な味わいの生粋の清酒の旨さを・・・より多くの人に味わってもらえれば・・・伝わるでしょうから・・・。

少なくとも伝える努力と味わえる機会を広げる努力は・・・蔵の初心な味を知らせる第一歩ですからね・・・ブログ楽しみです・・・。

一昔前のような「作り手(職人)は好いもの造ってれば、おのずとお客さんがこちらを向いてくれる」・・・的な・・・時代ではないのかもしれません・・・。

こんめえけんど、実直な味こそ・・・残って欲しいんじゃ・・・。そんためにゃ~・・・飲まにゃぁ~・・・よい!皆して、飲みない・・・好い酒じゃから・・・。

ですな・・・。
Commented by 立ち呑みHAKUDO at 2007-02-06 08:06 x
そうなんですよ。飛鳥の美しさを秘めた
歴史と伝統蔵。こんめえけんど「格式」は上の上。
ポット出の焼酎蔵なんかとは格が違う。

コン酒ン文化をまもらにゃあ、美しい日本もねえもんじゃあ。
酎州大分さん。宜しく、哀愁。
Commented by 酎州大分 at 2007-02-07 19:44 x
師匠!・・・如何に格式が“上の上”の清酒蔵であろうが・・・ぽっと出の焼酎蔵であろうが・・・(多くの飲み手に)飲んで戴いて、その味わいも文化も・・・享受しながら伝えてもらえなければ・・・単に“気位が高い”だけ、単に“ブームの寵児”になっただけ・・・に終焉します・・・。

清酒であろうが焼酎であろうが・・・上下優劣に関係なく・・・その歴史と伝統と文化に“自信”を持って・・・受け継ぐべく守るだけでなく新たに“攻め”ないと・・・“諸行無常”の露となりかねません・・・。

師匠が想い入れのある蔵の清酒も・・・豊後の清(酒)焼(酎)混淆も・・・一期一会の縁あればと・・・酔って和む酒であってほしいもんです・・・。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2007-02-09 22:06 x
素晴らしきかな、豊後の地の豊潤。
いま、「単騎千里を走る」のDVD.もう5回目。

北方中国古部族ガ好きじゃあ。

「国つ神」の縄文日本人が好き。

我が豊後、信州との縁は深い。
特に我が原点会津の「高遠」
なにか素晴らしき。
Commented by e-wwill at 2007-02-10 00:04
はじめまして。NED-WLTさんのブログより、飛んでまいりました。
お隣りの宮崎県に住んでいる者です。あの「そのまんま知事」の・・・。

大分には、国道でよく行ってますねー。
宮崎市から大分市まで、片道5時間かかります。途中宇目のトトロの森なんかに寄って、たまには湯布院なんかにも行きます。

焼酎だったら、宮崎も負けてませんぜ。麦は、「ひむかの黒馬」がある。
無論、大分の焼酎も旨い。そんな僕は、「黒霧島」を飲みながらコメント綴ってますが・・・。

ところで、「河豚の季節」ってもう終わったんでしょうか?
今こちらでは、「牡蠣の季節」なんですが。
Commented by 酎州大分 at 2007-02-11 00:52 x
HAKUDOU師匠・・・嵌まったみたいですねぇ、健さんに・・・。

日中合作の映画でしたっけ・・・。

地霊の縁の醸す酒・・・師匠のように各地で交信してみたいもんです・・・(笑)。
Commented by 酎州大分 at 2007-02-11 01:05 x
e-wwillさん・・・ようこそ!・・・豊後の晩酌オヤジブログへ!

今のところ知事も順風のようですね・・・副知事選考での人騒動が・・・丁と出るか半と出るか?でしょうか・・・。

早く高速道路がついてほしいですよね・・・つけば3時間弱かな?

全国的には“当たり前”が・・・この着工は今からですから“贅沢”なように映ってしまいますが・・・あれば、もっと飲みやすくなりますよね・・・互いに・・・。

日向焼酎と言えば・・・三州(日向・球磨・鹿児島)の雄ですから・・・銘柄でも種類も豊富で・・・確かに麦「くろうま」芋「黒霧」は大分でも・・・席巻する感じですね・・・。

河豚?今月いっぱいは好いんじゃないでしょうか?・・・白子焼きなんかも早めに頼んでおけば美味でしょう・・・。

大分も岩牡蠣・・・出廻ってますよ・・・ひょっとして日向産かな?・・・是非、また大分の美食もお楽しみください・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 香る“コク芋”の湯気・・・「さ... “味噌&カツ”・・・金しゃち「... >>