“お蚕”の文化史・・・宇佐の産業展“養蚕の昔と今”
先週の日曜日(2月25日)、一路R10号線を宇佐市へ・・・かねがね女房殿が興味を持っていた大分の“繭糸=絹”の民俗史・・・“宇佐市立図書館”で開催されていた「宇佐の産業展“養蚕の昔と今”」を見てきました・・・。

c0001578_0492297.jpg県下最大の養蚕地帯であった宇佐・両院地域・・・図書館の2階“渡綱記念ギャラリー”内に・・・その養蚕の歴史と記録と用具などが“博物学”的に展示されていて・・・この日がこの企画展最終日・・・。

“桑”の葉を採り、“お蚕さま”がつくる“繭”から“生糸”をとる・・・叡智の中で脈々と受け継がれてきた・・・人と地域の自然が共生する“バイオ・インダストリー”・・・。

この地域の“暮らしの営み”からは、失われてしまいましたが・・・つい30年前までは“生業(なりわい)”であったということ・・・忘れてはならない“地霊文化の系譜”なのかもしれません・・・・。





c0001578_0493967.jpg

c0001578_0495461.jpg

c0001578_050784.jpg


c0001578_0502042.jpg


c0001578_0503212.jpgこれが“桑”の葉・・・。

c0001578_0504678.jpg

c0001578_0505937.jpg“バラダ”・・・この上に紙を敷き“お蚕”に“桑の葉”を与えながら育てる平らな籠・・・。

c0001578_0511314.jpg

c0001578_0512964.jpg

c0001578_052463.jpg

c0001578_0535721.jpg“蚕棚”で飼うのではなく・・・桑の木にそのまま繭をつける“天蚕(てんさん)”の生糸で織ったショール・・・少し緑がかっています・・・。


c0001578_0541038.jpg“蚕祖神”・・・大正時代、“四日市農学校(現 宇佐産業科学高校)”の運動会に現れたという“繭”と“生糸”と“絹布”で作られた女神像・・・。神格化された偶像に“地霊”を感じます・・・。


c0001578_0542317.jpg
今でも、地元の“豊川小学校”では“天蚕”を飼育・観察しているとのこと・・・


c0001578_0544591.jpg
明治の頃の浮世絵・・・“養蚕四度の起臥(きが)に休業酒宴の図”・・・。
この当時も・・・日々の養蚕中心の生活にあって、“酒宴”が一時の息抜きとして慣習化していたことがわかります・・・。

c0001578_0545997.jpg

c0001578_0551697.jpg“渡綱記念ギャラリー”・・・図書館の中で企画展を催すスペース・・・“人が文化を創る”・・・“文化が人を創る”・・・そんな場であってほしいと思います・・・。


c0001578_0553777.jpg農業振興に尽力したという宇佐市最初の名誉市民“渡辺綱雄”氏・・・その信念を語る“名訓”・・・“地域に捧げる無償の奉仕”という人徳の人であることが偲ばれます・・・。


c0001578_0555249.jpg“宇佐市立図書館”・・・コンセプトとサービスが優れた図書館ですね・・・。
by project-beppin | 2007-03-03 23:58 | 大分の風土・行楽 | Comments(8)
Commented by 嫁女 at 2007-03-04 07:39 x
私が子どもの頃,家を建て替えたのですが,
古い家の屋根裏部屋から,上のような道具がいくつか出てきました。
母に聞くと,以前は蚕を飼っていたとか。
機も置いてありましたが,新しい家には置く所も無く,処分してしまったようです。
よその家でも,こんな風に,
身近な場所から養蚕が姿を消していったのかもしれません。
そういえば,小学校の時地図記号で「桑畑」って習いましたが,
今もあるのでしょうか?
地図記号になるほど,日本は養蚕が盛んだったということなんでしょうね。
Commented by tatinomi1 at 2007-03-04 20:36
宇佐の養蚕文化ですか。知りませんでした。
素晴らしい地の素晴らしい文化ですねえ。

最終の写真。鳴門巻きのようなシンボルの意味
気になります。

9日大分です。時間が合えば・・・。
Commented by 酎州大分 at 2007-03-04 21:12 x
嫁女さん・・・ご実家でも養蚕、機織されてたんですね・・・。

昔は、生糸の輸出が大きな産業であったということですから・・・日本国中あちこちで養蚕が盛んだったんでしょうね・・・。

確かに地図記号で“桑畑”・・・ありましたね・・・。
気になって調べてみたら・・・Yの字に影がついたような記号でした・・・(笑)。

そうですよね・・・今の地図記号なら、世相を反映して・・・“休耕田”、“耕作放棄地”なんてのができてたりして・・・。
笑えない現実に・・・地方の苦悩があるような気もしますね・・・。
Commented by 酎州大分 at 2007-03-04 21:20 x
HAKUDOU師匠・・・宇佐の養蚕・・・安心院なども含めて盛んだったと聞いてはいたのですが・・・こうやって見ると、確かにその風土に根付いた生業であったんだと・・・繭玉一つ一つから紡いだ生糸や絹織物をみると・・・気の遠くなるような作業であったことが偲ばれます・・・。

鳴門巻きのようなシンボル・・・ひょっとして“絹の反物”のイメージでしょうか?・・・確かに気にかかりますね・・・。

9日ですね・・・都合がつくか?算段してみます・・・。
Commented by 暴れん坊専務 at 2007-03-12 21:55 x
ご無沙汰いたしております。「宇佐が養蚕が盛んだったとはしらなかった。」とうちの女房殿がもうしておりました。彼女はれっきとした宇佐人だったのですが・・・そして我が千歳も養蚕が盛んだったようで、うちの蔵の二階にもそのなごりの道具がありました。勉強になりました。
Commented by 酎州大分 at 2007-03-18 01:22 x
暴れん坊専務さん・・・こちらこそ、ご無沙汰です。

宇佐でもどちらかというと山手なんでしょうが盛んだったようですよ・・・昔は、確か、安心院か院内には蚕糸の指導所?のようなところがあったと聞いたことがあります・・・。テレビで見たのはクズ繭から採って紡いだ糸で作る“ヤヤマ紬”という織物をされている方・・・たぶん宇佐か三光だったような・・・。

千歳も含めて多くの農村では・・・昔は皆“オカイコ様”に(収入面で子供を)育ててもらったというくらい・・・農家に現金収入をもたらす“神様”だったんでしょうね・・・。その道具・・・ウチの女房殿はその使い方も含めて興味があるようでした・・・。
Commented by asu at 2007-04-19 22:51 x
こんばんは。ご無沙汰しています。
宇佐の図書館までおいでくださったんですね。

展示が終わってから資料をちょっと読んだのですが、宇佐は、大分県が繭を最大に出荷していた時、県内で最大の出荷量を誇っていたらしいですね。
しかし、宇佐の人は熱しやすく冷めやすいというか・・・、繭の価格が下がるにつれてどんどん養蚕をやめていったようですね。
大野郡などは、ずっと盛んだったようです。大分にも平成まで繭検定所があったようですし。
繊維業は産業発展期に隆盛し、安定期に衰退するそうです。
いまの中国などを考えると、納得します。
宇佐・国東ではなく、製糸工場が世界遺産候補になったのもそのせいでしょうか・・・。ちょっとフクザツです。

ちなみに、地元で「ロールケーキ」と呼ばれている鳴門巻きのようなものは、書物の古い姿である「巻物」だそうです。絹・布でも違いはないですね。
ややま紬は三光の方です。
Commented by 酎州大分 at 2007-04-20 01:01 x
asuさん・・・こちらこそ、ご無沙汰です・・・。

宇佐の図書館行きましたよ・・・昔、県下最大の養蚕地であった宇佐の歴史を垣間見るために・・・(女房殿の御供ですが・・・)。

大野郡も盛んだとは聞いていましたが・・・宇佐両院が盛んだと思っていたのは検定所?ですかね・・・安心院か院内かにあったためだと思います・・・。

産業の発展・・・殖産興業・・・時世に移ろいながら衰退したことは、仕方ないにしても・・・1次製品(絹糸)で出荷していた産業ではなく・・・それを使って絹織物などが発達して2次製品化しておれば・・・京都の西陣のように独自の染織文化が花開いたかもしれませんね・・・。

宇佐・国東・・・グローバルにその魅力を周知しておかないと・・・日本人でさえ記憶に無い人が多いでしょうから・・・フクザツな心境の前に“行動”あるのみですね・・・。

そうですか・・・“ロールケーキ”とはいいえてますね・・・(笑)。
書物の巻物とはすぐには連想できませんからね・・・。

ややま紬・・・そうそう、お隣の三光村でしたね・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 明治の“美笑醜渋”・・・東光寺... お江戸の“庶民信仰”の殿堂・・... >>