湯治場の“極楽”調理・・・鉄輪“地獄釜”の景
先日、仕事仲間に誘われて・・・“21世紀に残したい日本の風景”第2位=“別府の湯けむり”の原風景が息づく“鉄輪(かんなわ)”へ・・・。

c0001578_1121349.jpg高台から遠望する“湯けむり”が、ここ鉄輪の“マクロな原風景”だとすると・・・その湯けむりが醸す“ミクロな原風景”こそ、鉄輪の食文化である“地獄蒸し”・・・。

鉄輪“蒸し湯”に代表される噴気の温泉・・・24時間、365日、止まることなく噴出している約100℃の“天然スチーム”・・・“火”を使わない点も安全で安心な“湯治場”の調理熱源・・・。

それを厨房“おくど”のように利用する“地獄釜”・・・“食材”を籠に入れ、蓋をしておくだけでヘルシーな蒸し料理が出来上がる“極楽”調理・・・。

襖一枚で仕切られた貸し部屋に長逗留する昔ながらの“貸間旅館”では・・・“湯治客”が近くの八百屋や魚屋で買ってきたお米や食材を蒸し上げて“朝餉・夕餉”とする情景・・・。

そんな情景の宿る“地獄釜”・・・私なら・・・蒸し上げた別府湾の“シャコ(蝦蛄)”や“ガザミ(渡り蟹)”を肴に・・・20°の麦焼酎を入れた急須ごと5分蒸した“直燗”の一杯を湯呑で“クィ~”っと・・・なんていう光景を想像してしまいます・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“春のランキング・UP・キャンペーン”ということで・・・人気blog ランキング】へのもう一押し!を・・・本日も、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。現在のところ・・・皆様のご支援の賜物で、一時、15位まで迫ることができました。ありがとうございます・・・。




c0001578_1121514.jpg常時“噴気”が上がる・・・蒸し“オクド”・・・柄杓のある釜には何時もお湯が沸いてます・・・。


c0001578_11221278.jpg木蓋を開ければ・・・蒸気が噴出す穴釜・・・ここに籠を置き蓋をするだけで蒸し上がります・・・。


c0001578_11222999.jpgこの日、蒸していたのは“小エビ”・・・エビから上がる湯気の匂い・・・ついつい、手を出しそうになりました・・・(笑)。


c0001578_1122586.jpg食材に合わせた蒸し時間の表示・・・インターナショナルな“湯治客”に対応して“蒸し時間看板”にも英語標記・・・。

この“地獄釜”の景は、旅館“サカエ家”で撮ったのですが・・・鉄輪に古くからある小さな旅館には・・・何処でも見かける風景です・・・。
by project-beppin | 2007-04-22 11:26 | 大分の風土・行楽 | Comments(7)
Commented by You at 2007-04-23 00:57 x
おおっ、「地獄蒸し」・・・・
是非、これで酎州大分さんと一献傾けたいですねぇ・・・
高速道路からの別府の眺め・・・良いですよねぇ・・・
特に、湯布院から下ってきて、カーブの先が好きです。^^

以上
Commented by 如雲玲音 at 2007-04-23 22:54 x
もうそちらではシャコですか?英単語ではGARAGE。
スイマセン。
2泊だけでしたが双葉荘にて、地獄蒸しを堪能しました。
食材を再発見させてくれますよね。温泉玉子は失敗しましたが、薩摩芋、じゃが芋、鶏、豚バラなども抜群でした。玄米も釜で炊くより美味しく感じました。もち米を持ってくれば、と悔やまれました。とにかく2泊3日食べ続けていました。
私は八幡浜からフェリーで行きましたから、殆ど歩いていました。港から鉄輪までボチボチ行きましたし、鉄輪から亀川まで歩いていきました。亀川農協で地元の産物を売っていましたので、楽しかったです。
本当にまた行きたいです。


Commented by 酎州大分 at 2007-04-24 00:15 x
Youさん・・・“地獄蒸し”是非!楽しみましょうよ・・・自分たちで蒸し上げてそのままその場で立ち食いと立ち飲みってな感じで・・・(笑)。

一献どころか・・・Youさんなら一本でしょう・・・(笑)。

高速道路・・・別府湾S.A.を過ぎると・・・別府の街並みが高崎山と別府湾とともに見え始め・・・別府I.C.が近づくと手前の丘陵地に噴気の“湯けむり”の景・・・確かに、これが別府だと思いますね・・・。

私も好きですよあの高速からの風景・・・ビバ!別府です。
Commented by 酎州大分 at 2007-04-24 00:21 x
如雲玲音さん・・・シャコはこちらでは魚屋さんに出てました・・・国東の空港に程近い“杵築”産でしたよ・・・。

ご飯も蒸し上がりの旨さが格別ですよね・・・。食材そのままの醍醐味・・・豚バラ肉をブロックのまま“蒸し豚”にして・・・刻んで柚こしょうをつけた地醤油で喰らう・・・ってものアリですよね・・・。

それに合わせる焼酎は・・・私なら「二階堂」か「西の星」の“ロック”です・・・。(想像しただけでも・・・悶絶してます・・・。爆)

観光港から鉄輪まであの坂を上ったんですかぁ?・・・すばらしい脚力・・・その上、鉄輪からあの柴石をぬけて亀川までも坂を下って上ってですか・・・恐れ入りました・・・到底、私などには真似できませんが・・・それなら、尚の事、地獄蒸しが旨かったでしょう・・・。

今度は、地獄蒸しのレパートリーを増やして下さいね・・・是非、是非、別府へ次回も・・・。
Commented by 如雲玲音 at 2007-04-25 18:26 x
こんにちは。度々、お邪魔します。
鉄輪からは、小さな川沿いに下って別府大学を通って、上人小学校、亀陽泉、亀川駅前という道を辿りました。恥ずかしながら柴石温泉には行っていません。いつか明礬温泉と共に訪れてみたく思っています。(家内は、臼杵にも行ってみたいようです。きっと河豚と鯖が目当てです。)

私は瀬戸内のチマチマした所で生まれ育ったものですから、フェリーから見えてきた別府の雄大なところに感動してしまいした。大分の酒もその魅力というか価値観というか、本当に関西とは違っているなと感じました。でもその土地柄、風土はどこか懐かしさがありますね。

本当にまた来年大分に行く予定にしているんですよ。


Commented by 酎州大分 at 2007-04-27 00:11 x
如雲玲音さん・・・ご訪問ありがとうございます・・・どうぞどうぞ、こんな処で良ければ何度でも・・・(笑)。

鉄輪から下って、上人町経由の別府市民がよく言う俗称“旧国道”での亀川経路だったんですね・・・。鉄輪からトンネルを抜けて、柴石の打たせ湯や血の池地獄などを巡って亀川という経路も少し坂がきついですが・・・また、機会がありましたら是非一度辿ってみて下さい・・・。

明礬も好いですし・・・臼杵も好いです・・・丁度、この夏には、その臼杵を舞台にした大林宣彦監督作品の映画「22才の別れ」がロードショー上映されると思いますので・・・それを参考にするのも来年の楽しみかもしれませんよ・・・。
Commented by 酎州大分 at 2007-04-27 00:12 x
如雲玲音さん・・・つづき・・・です。

四国の三崎港から1時間ちょっとで豊予海峡を渡る小さな“九四国道フェリー”で佐賀関に着いて、まず、そこで本場の本場“関サバ”を堪能して・・・佐賀関半島を廻り、南蛮船リーフデ号が漂着したとされている佐志生を通り、臼杵へと向かう路もおススメです・・・是非、来年も大分をご堪能下さい・・・。

大分の酒・・・麦はすっきりとした飲み口・・・清酒はマッタリとした甘口・・・この“清酎混淆”こそ大分の特徴ではないでしょうか・・・私は、麦焼酎「西の星」にカボスを搾って“ロック”で飲むのが晩酌の定番でしたが・・・甘口の清酒「西の関」を常飲する方も多いという風土・・・確かに、関西とも違いますし、もちろん南九州の宮崎や鹿児島、熊本とも違うというのが大分らしさかもしれませんね・・・別府は、関西や四国と繋がりが深い土地柄ですから・・・そこに懐かしさが見え隠れしているのではないでしょうか?・・・来年もご贔屓に・・・その参考となるよう、私も風土に根付く焼酎遍歴を重ねまする・・・(爆)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 有機麦の“甘極ロック”・・・「狩生」 薫香の“焙煎甘露”・・・「やき麦」 >>