♪小籠に摘んだぁはぁ~♪・・・桑の実
今夜は小雨で“梅雨の走り”?かと思わせるような天気でしたが・・・一昨日の日曜日(27日)は・・・中学校では“運動会”、各地の“川開き”や“山開き”の催事も行われ・・・35℃を越える“猛暑日”という“気象用語”が“初適用”となった大分県下(豊後大野市)・・・“麦刈り”や“田植え”の農繁期の方々には“猛暑お見舞”を申し上げたいぐらいでした・・・。

c0001578_23192714.jpgこの日の朝、知人からの電話・・・「くわんきにくわんみなっちょんき、ぜんぶくわんき、とりんきない」と・・・?。

はじめは、何の事を言ってるのか?・・・殆んどわかりませんでしたが・・・何度か聞き直しているうちに・・・「桑ん木に桑ん実生っちょんき、全部食わんき、採りん来ない」(桑の木に桑の実(が)生ってるから、全部(は)食べないから、採りに来なさい・・・の意)・・・と言ってることが(やっと)判明しました・・・(笑)。

“ではでは、お言葉に甘えて・・・”と採らせていただいたのが・・・この“桑の実”・・・。

元々は養蚕用の“桑の葉”を採っていた木だったらしいのですが・・・数十年前に野放し状態になって以来、大きくなった木だそうで・・・今では、毎年この時期に小さな房を“たわわ”に実らせるんだそうです・・・。

“黒紫”に熟し、表面に艶のある実房が食べ頃の甘さだそうで・・・“赤み”が残るうちは堅く甘みも少ないようで・・・しかし、逆に熟れ過ぎた実は、採ってる最中に指で潰れて手が紫色に染まります・・・(笑)。

摘み採りながらの“摘み食い”・・・熟したこの風味は、イチジクとブルベーリーが混ざったような淡麗な完熟風味の仄かな甘さが魅力です・・・。

大分では一般的に“クワんミ”ですが・・・調べてみると・・・地方によっては、川沿いの土手堤に植えられいた“桑”の木から名付けられて“ドドメ(土留め)”と云う方言で呼ばれることもあるらしく・・・つまり、“ドドメ色”とは“桑ん実色”ってことのようです・・・(知らんかった・・・)。

一昔前は、夕焼けを追いかけるように遊ぶ子供たちの“旬のおやつ”だったとのこと・・・今では“栄養成分や薬効”も注目され・・・もう一度、見直されているようですね・・・。

大分の旧朝地町では・・・“桑の実ソフト”というスイーツが味わえるようです・・・。

摘み採って持ち帰ったオヤジは・・・もちろん、“梅酒”をつくったことを思い出して・・・焼酎で自飲用“桑ん実酒”をつくろうかと・・・(笑)。




c0001578_0323319.jpg“養蚕”の盛んな地域に残る“”の木・・・2月に宇佐で見た“養蚕の昔と今”を思い出しました・・・。

♪ やぁまぁ~の 畑の桑の実をぉ~
   小籠ぉ~にぃ 摘んだぁはぁ
   まぼろぉしぃかぁ~ ♪

    (童謡:赤とんぼ


c0001578_032525.jpg遠目にこの木を見ても・・・実を付けている木には見えませんが・・・木の下にから見上げると・・・初夏の陽射しが桑葉を透かして通り抜け・・・緑葉の光のフィルターにポツポツと実る粒房が“影絵”のように浮かび上がります・・・。


c0001578_2320980.jpg熟しては落ちるこの桑の実・・・英名は“Mulberry (マルベリー)”・・・。

日本でも・・・田舎の何処かで見かける“郷土のブルーベリー”とでも云わなければ・・・そのイメージが伝わらない時代になったのかもしれませんね・・・(哀)。
by project-beppin | 2007-05-29 23:24 | 大分の風土・行楽 | Comments(8)
Commented by 笹 一角 at 2007-05-30 07:09 x
酎州大分さん、おはようございます。
「焼酎盆地」の笹です。いつも「麦焼酎バンザイ!」BLOGの卓抜で美しい画像と文章を楽しませてもらっています。
本日は桑の実の話に吸い寄せられました。桑の実が熟れる季節になったんですねえ。山道を歩くと目に入る桑の実をよく口に運んだものです。山桑の実は小ぶりで毛が多かったのですが、畑の隅に残っている桑の木(魯桑?)の実は大きくて黒く熟すとジュースたっぷりで、上等の野のおやつでした。それこそ口のまわりを「ドドメ色」にして食べていました。
さて、球磨では昨年をもって養蚕農家がなくなりました。桑の木もいよいよ「文化遺産」となっていくわけで、さびしくもあります。機会があれば実をもっと食べてなつかしみたいです。
Commented by 酎州大分 at 2007-05-30 21:18 x
笹さん・・・書き込み戴きありがとうございます。
“球磨焼酎のWikipedia”である焼酎文化の先達HP「焼酎盆地」・・・私も楽しませてもらっております・・・“公民館東分館”も、同じBLOGの“隣保班”・・・早速リンクさせていただきますがよろしいでしょうか・・・。

桑の実の季節なんです・・・知人も桑の実は「田植えシーズンに喰いよった・・・」と語っておりました・・・。この梅雨前の五月晴れに・・・カメムシやアリやクモなどが集る桑の実・・・自然な甘みの野趣溢れる味わいは・・・(少年時代の経験のない)私でも・・・その“上等の野のおやつ”という感覚が蘇るようです・・・(笑)。下手な“生和菓子”よりも・・・旨いと思えますね・・・。
「ドドメ色」にして頬張れた大らかな“豊かさ”が・・・「黄金色」目で頬を打たれる割り切った“豊かさ”に変わった今・・・切ないくらいに“ドドメ色”という色の名が“美しい国”の色に思えます・・・。

そうですかぁ・・・球磨もですか・・・。
“お蚕部屋”がリフォームされて“シャッター付き車庫”へと変わる時代ですから・・・桑の実を摘み食いしながら馳せる「ドドメ色」の想いに酔いしれたいですね・・・。
Commented by よかおとこです at 2007-05-31 02:58 x
桑の実って、食べられたんですか?
てっきり、カイコさんの餌かと思っとりました(^^ゞ
ここは相変わらず、麦に食に自然にと、オイ好みのブログですね!
さらに素敵なよかおとこが加わると、天下御免なんですが、実に残念でございます(>_<)
オイが大分県民だったらよかったのに、残念ながら、素敵な長崎県民のよかおとこですからねd(^∀^)b
こんだけ素敵なのに、なんでよかおんなの彼女がおらんの?
みんな照れとるんですかね┐(  ̄ー ̄)┌ フッ・・・。
Commented by 笹 一角 at 2007-05-31 06:15 x
酎州大分さん、おはようございます。
わたしのサイトをリンクいただきありがとうございます。こちらもさっそく貴「麦焼酎バンザイ!」BLOGをリンクいたしました。下記ページにて紹介しております。文章に不都合なところがございましたら御一報ください。
http://www.linkclub.or.jp/~amana/9/f-link.html
これにて「中九州横断相互リンク体制」が成立いたしまして、麦・米をつなぐ新時代の到来であります(なんちゃって)。
Commented by 笹 一角 at 2007-05-31 06:16 x
さて、昨日書ききれなかった「桑の実」見聞記を足してみたいと思います。
15年ほど前の6月に、トルコをふらふらと歩いたことがありまして、そこでびっくりしたのは、街角に桑の実を山と積み上げて売っていることでした。季節柄サクランボ(安い!)やアンズ(安い!)も山盛りで売られていましたが、トルコでは現役のベリーとして桑の実も愛されているのが意外で、うれしくてつい飽食してしまいました。また、エーゲ海に面した遺跡観光地エフェソスでは並木道の並木が、20メートルはあろうかという桑の巨木で、ばらばらと実を降らせて道路もドドメ色。これも意外でした。この並木道をビールを飲み飲み歩いたのですが、空気が乾燥しているので全部汗になって出てしまい、全然酔わなかったです。乾燥地帯のビールはいやはやうまいですねえ。ちなみにつまみはヒマワリの種と各種ケバブ(長いのや丸いのや全部絶品!)でした。
Commented by 酎州大分 at 2007-05-31 22:06 x
よかおとこさん・・・桑の実・・・食べられるんですよ・・・蚕さんにはもったいないくらい・・・(笑)。

よかおとさんも・・・よかおんなを照らし出せる日が来るバイ・・・きっと・・・(願)。
Commented by 酎州大分 at 2007-05-31 22:30 x
笹さん・・・リンク確認いたしました・・・ありがとうございます。
“絵巻物”とまでの情緒はありませぬが、目の前にあって出会えたままを“絵空事”のように書き綴っているのですが・・・そうそう、酒もネタもありませんからね・・・(笑)。
「中九州横断相互リンク体制」・・・JR“豊肥線”の九州横断特急が八代までではなく人吉まで延長されたような気分であります・・・(笑)。

Commented by 酎州大分 at 2007-05-31 22:41 x
またまた笹さん・・・世界をまたに駆ける“桑の実”との一期一会・・・そのフィールドワーカーたる笹さんのバックパッカー的感動が目に浮かびます・・・。これは・・・“マルベリー フィールズ フォーエバー”ですな・・・(笑)。

ビールとともに・・・ヒマワリの種とケバブとは・・・乾燥地帯という風土の酒とアテの“黄金比”に中てられてしまいますた・・・垂涎・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “Straight Mello... 焦がし油のコク旨“黒マー術”・... >>