“濃醒”な“妙薬”香・・・どくだみ
今朝は曇天、午後から降り始めた“五月雨”・・・明日も降り続くようで・・・“田植え”を終えた水田に“波紋”の光景・・・やっと“入梅”と思える季節感・・・。

c0001578_0301163.jpgこのブログのサーバーも“表示エラー”や“投稿エラー”のトラブルで・・・ブログ・ユーザーの溜まった“イライラ”が“五月雨”から“集中豪雨”へと変わって・・・“波紋”が急激に広がってますね・・・。
(未明から“メンテナンス停止”ですから・・・多くの皆様がこの拙文コンテンツをご覧になる時には・・・“完全復旧”していることを祈っています・・・。)

で・・・今朝、通勤途中に“コンビニ”へ寄ったところ・・・その駐車場塀越しの裏陰にぎっしりと広がる地際の“白十字”・・・云わずと知れた“どくだみ”の花・・・。

四十路男には“珍しくない”はずの見慣れた“雑草”ですが・・・風なく曇天の空気が澱んでいたせいか?・・・あの独特の臭さが漂っていました・・・。

その“濃醒”な草香に誘われて・・・缶コーヒーを飲みながら、この花を眺めて“一服”・・・(笑)。

その折に思い出したのが・・・35年以上前、この“白十字”の花が咲く頃・・・“ばあちゃん”と一緒に道端にしゃがんでこの草茎から採って持ち帰ったこと・・・。

持ち帰るとすぐに・・・花をつけたままのこの濃緑な葉や茎を水洗いし・・・縁台に“ござ”を広げて・・・茎元を揃えて輪ゴムで括る作業・・・この時、初めて輪ゴムの止め方をばあちゃんから教わったような微かな記憶・・・。

この後・・・軒下に吊り下げて乾かすと臭いも消え・・・茶色っぽく乾く“ドクダミ・ドライフラワー”状態となります・・・。

よ~く干し終えた晴れた日に・・・ばあちゃんが縁側で・・・この乾いた茎葉をハサミで切って・・・空き缶となっていた“茶筒”に入れていました・・・。

そんなことを思い出すと・・・あの煮出して飲む“どくだみ茶”の味わい・・・あの表現し難い“滋味薬湯”の風味が甦りました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。
by project-beppin | 2007-06-14 00:31 | 大分の風土・行楽 | Comments(15)
Commented by goida at 2007-06-14 21:09 x
美しいですねぇ。

なかなか野の花をじっくりと観察する事が無くなっている最近ですから、「寄る」写真が非常に新鮮に映ります。

そういえば、このごろはドクダミを見かける事が少なくなりましたが、どうしてなのでしょうか。
Commented by 酎州大分 at 2007-06-14 21:59 x
goidaさん・・・空き地の雑草もこうやって“寄る”写真で見ると・・・景色の一部として見過ごしながら素通りする日頃とは違った印象になりますね・・・。

どくだみ・・・見かける事が少なくなった?・・・“ラウンド○ップ”の影響でしょうか・・・(笑)。

春の土筆、この季節のどくだみなど・・・野辺の雑草を“ありがたくいただく”という自然への安心感というか信頼感というか・・・“共生する大地”への敬愛が消えかかっているのかもしれませんね・・・(私を含めて・・・)。
Commented by 笹 一角 at 2007-06-15 06:13 x
おはようございます。
何気ない野草が好きなので、ドクダミの花など見るとなごみます。ドクダミは花の構造がユニークなので植物系統進化学の分野でいろいろ論議の的になっている植物です。そんなことも思い起こしながら花の画像を凝視しました。それはさておき― わたしもドクダミ茶を飲まされました。そのとき30歳をこえた、えー歳こいた大人だったのですが、鼻がぐすぐすになっておりまして、見かねた母親が「これを飲みなさい、鼻に効くから」と渡してくれたのです。煎じて飲んだら、生のときのにおいはほぼ完全に消えていてこうばしくさえ感じ、どんな植物の葉っぱでも陰干しにしたら案外ハーブティーになるんじゃないか、などと考えたりしました。汎植物庇護論者のタワゴトですが。
Commented by ショチクレ at 2007-06-15 10:15 x
ドクダミ、あの独特の匂いと共に、記憶に残っていますね~。
父方の本家裏の垣根に群生していて、子供の頃からクセもんじゃと思ってました。

「どくだみ荘」という名前も、懐かしく思い出しました・・・・(笑。

ドクダミ茶、母方の祖母が作ったものを、子供の頃飲んでいたような気がします。
ビワ茶というのも飲んでましたね。
母親の影響というのは大きく、子供の頃から自然と馴染んでいたような記憶があります。
Commented by daikanyamamaria at 2007-06-15 23:19
project-beppin さん、こんばんは”♡
どくだみ、、、名前とはうらはらにとても可憐なお花の様子に、見かけるといつもニッコリしてしまいます。
実家では、どくだみ茶を良くいただいて、風味を楽しんでいたことを思い出しました。
お祖母様とのセピア色の思い出。。。素敵な宝物ですね。
あの滋味をもう一度味わいたくなってしまいました♬♪。。.゜。*.。♡
Commented by 酎州大分 at 2007-06-16 01:16 x
笹さん・・・どくだみの白い花弁に見えるのは、実は花弁ではなく・・・つぼみを包んでいた葉=苞(ほう)であって・・・黄色い房に見える小さな点のようなものが個々に花・・・というところが“進化学”の論議の対象でしょうか?・・・それにしても、博学ですね・・・感服いたします・・・。

どくだみ茶・・・私も単独で飲んだのは数回だと記憶していますが・・・あの如何にもと言う生葉の臭いは・・・どくだみ茶の湯気からも味からも感じませんでしたね・・・ですが、子供心に“旨めえ”とは思えませんでした・・・(笑)。今飲んだら、少しは、その滋味を理解できると思います・・・大人のハーブティーってところでしょう・・・里山に思いを馳せる汎植物“肥後”論者の実体験・・・共感いたしました・・・。
Commented by 酎州大分 at 2007-06-16 01:29 x
ショチクレさん・・・記憶に残りますねあの“重たい”ような青臭さ・・・確かにクセもんです・・・(笑)。

“どくだみ荘”・・・漫画でしたっけ?・・・私は、あまり読まなかったので・・・。

びわ茶、甘茶蔓茶、柿の葉茶などなど・・・自家製のドライリーブティー・・・今では“十○茶”なんてのでブレンドティーになって、飲んでたりしますが・・・原体験で自然と馴染んだ家族との記憶・・・誰にでもあるもんなんですね・・・。

Commented by 酎州大分 at 2007-06-16 01:40 x
マリアさん・・・確かに、名前が良ければもっと扱いが変わっていたかもしれませんね・・・。

やっぱ、飲んでましたか・・・マリアさんも“どくだみ茶”の思い出があるようで・・・誰もが“セピア色の宝物の風味”なんでしょうね・・・もう一度、あの味を味わいってみたいですね・・・。
Commented by tatinomi1 at 2007-06-16 07:32
よう飲みましたワイ。あの苦味こそ「味の記憶の底」にあります。こういう原体験なしに、ファストフーズ漬け。こんな味の体験履歴の若者がしたり顔で「グルメ」ぶるのは、噴飯もの。

文化とは「味の伝承」。生まれた風土に育まれたものこそ「地霊の味」。その土地の至高。

大地の呪縛をはなれた「薄っぺらな浮き草」の味わい跋扈。そもそも全国区で通用する「酒」や「焼酎」などありえないのではないでしょうか。砂上の楼閣のような「うたかた」。

早く「地霊の酒」に回帰しないと、日本の「味覚」が壊れてきますねえ。エキサイトブログのように。
Commented by 笹 一角 at 2007-06-16 11:27 x
早朝、近所の溝にカルガモの観察に出かけ、その途中ドクダミの花を採集してきました。都会のドクダミもあのにおいは健在です。
ここですこしややこしい話をしますと、被子植物の最古参は白亜紀に成立したモクレンのグループなんですが、ドクダミ科とその近縁のコショウ科もほとんど同時期にモクレンから分派したらしいです。ドクダミやコショウの花―小さい花が集合して穂状になった構造―に多心皮類であるモクレンの名残がありますね。
Commented by 笹 一角 at 2007-06-16 11:30 x
また、ドクダミ科の内部でも、総状花序だけのシンプルな種類→総苞片になりかけ段階の花(花に近い位置の葉が白くなる)をもつハンゲショウ→総苞片が完成したドクダミ→総苞片がさらに豪華になった種類、といろいろな進化段階が確認できるそうです。
書物から受け売りするだけではなんともキマリが悪いので、現実のドクダミの花序をなでながら書いています。そしたら、花にはかすかながら品のいい芳香があるのに気がつきました。今まで知りませんでした。
Commented by 酎州大分 at 2007-06-16 20:20 x
HAKUDOU師匠・・・確かに“味の記憶の底”とは、こういう原体験に導かれた味わいですね・・・。

“地霊の味”・・・大地の呪縛との交信・・・地の酒や地の焼酎こそ・・・“妙酒、口に苦し”という滋味な奥行き・・・日本の味覚・・・なんでも手に入る時代に・・・地のモノで味わえる度量が・・・欠けてきたんでしょうね・・・足下の酒を“うたかた”にするようでは・・・足許を“掬われ”ますね・・・エキサイトのように・・・(笑)。

何も足さない、何も引かない・・・神降る伊豆チョッキ・・・もとい・・・シンプル・イズ・ベストですな・・・。
Commented by 酎州大分 at 2007-06-16 20:29 x
笹さん・・・ドクダミ採集してしまいましたか・・・臭いで大地の健全さを知ることができますね・・・。

モクレンのグループ・・・コショウ科も・・・多心皮類・・・ハンゲショウ・・・進化段階・・・それを実体験に基づく現物のドクダミを手元に見ながらとは・・・アッパレです・・・(笑)。

そして、花の品のいい仄かな芳香とは・・・どれも、初耳で勉強になります・・・。

答えも課題も現場にある・・・実践するフィールドワーカーたる笹さんの真骨頂ですな・・・。

Commented by tatinomi1 at 2007-06-17 06:03
酎州大分さん。参りました、お見事!
「神降る伊豆チョッキ」やっと、2回コメント読み判明。
いやあ、すばらしい、名犬ラッシー!

おととい、熊本駅前の徳永酒店。
「白岳」の変わった発見!買おうと思うと、ご主人
「こりゃあたいしたことない」といって薦めてくれたのが
高田酒造場の「とっとっと」

旨い。が、清酒との境界線に近い味わい。
あまり好きな傾向ではありませんでした。
Commented by 酎州大分 at 2007-06-17 22:15 x
HAKUDOU師匠・・・どうも・・・捻りが分かりにくくてスンマセン・・・(笑)。

高田酒造場の「とっとっと」・・・とは初耳ですが・・・
その酒店が気に入ってそれこそ・・・「とっとっと」してたんでしょうね・・・。

清酒との境界線・・・米焼酎の目指したい一つの方向なんでしょうね・・・。
自慢したかったその酒屋の心意気に免じて・・・微笑ましく思いました・・・。

たぶん酒屋のご主人は・・・名で知れ渡っている“白岳”よりも・・・球磨の真髄にもこんな焼酎がと・・・自信をもって勧めたかったんじゃないでしょうかね・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 樫樽フレーバーの“円熟”・・・... 竹の歳時記・・・“五三竹”の“... >>