味わい深く旨さ溢れる・・・純米原酒 「倉光」
“空梅雨”から一転した“豪雨”の一週間・・・“七夕”も楽しめぬまま・・・今日も昼から降り続く“小雨”・・・明日も明後日も続くようです・・・。

c0001578_0462521.jpg休日の昼過ぎに女房殿と出かける買出し・・・慣れたというか、それなりに食材を見て回る“旬”を楽しめるようになりました・・・。

魚屋で“ガザミ(=渡り蟹)”を見つけて“地獄蒸しにしたら旨いだろうなぁ~”とか・・・野菜コーナーで“荏胡麻葉”や“水前寺菜(=金時菜)”なんてのを見ると“天ぷらで食ってみたいなぁ~”とか・・・自分で作るわけではないので・・・必ず“・・・なぁ~”と頭の中でも“他力本願”の“接尾語”が付いています・・・(笑)。

そんな願いとは別次元で、女房殿も“献立”に頭を使っているようで・・・今夜は、子供達にも評判がいい“鰈の煮付け”と“野菜天”・・・。

オヤジは・・・“純米原酒”の「倉光(そうこう)」・・・冷蔵庫に入れて2時間ほど冷やしてあった“ぬる冷し”・・・まぁ、“燗冷まし”の逆で“冷酒もどり”と云った方が近いでしょうかぁ・・・(笑)。

原酒らしい豊満な醸し香とともに口に含んで味わうと・・・旨っ、旨い!・・・と驚愕しました・・・(@o@)!。

俗にいう“コシのある酒”・・・口あたりの甘いコクに奥行きがあって適度な酸度の旨口が重なる味わいが溢れます・・・水のような“白ワインみたぁ~い”という“不健康な繊細さ”の吟醸酒とは“対極”にある味わいの深さ・・・。

“鰈の煮付け”の甘辛醤油仕立ての濃さに負けない・・・適度な酸味のキレを伴うどっしりとしたコク旨さ・・・これは、久々の“声を上げて飲みたくなる清酒”でした・・・。

今回は“ぬる冷し”で味わいましたが・・・本来なら、“燗酒”や“燗冷まし”も・・・相当、旨いはずです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_0463624.jpg “鰈の煮付け”・・・生姜が鰈の甘味を際立たせた感じ・・・女房殿の甘辛い煮付け汁・・・今夜は濃いめにしたようですが・・・清酒と合わせるには、好く滲みていて正解でした・・・。


c0001578_046502.jpg“野菜天”は・・・“茄子のベーコンはさみ揚げ”や“南瓜天”でした・・・。

このアテだけなら・・・ドライ系麦焼酎“かぼすロック”が飲みたいですね・・・。



c0001578_047146.jpg この手軽な“飲みきり”サイズの清酒一合瓶・・・たぶん、どこか酒販卸の企画モノでしょう・・・他にも純米酒では「薫長」、「千羽鶴」、「一乃井手」、「亀の井」、「八鹿」、「西の関」がありました・・・。

で、この「倉光」・・・大分市内にある“造り酒屋”の芯のある酒質・・・地元の蔵が醸すこういう“清酒らしい清酒”こそ、正に“男酒”の風格・・・これを“判る人”が少なくなったからでしょうか?・・・地元の小売酒屋でも、もっともっと再評価されるべきだと思いますよ・・・。
by project-beppin | 2007-07-08 23:47 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(6)
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2007-07-09 22:32 x
「創光」なんとも懐かしい。
でも、飲んだことが無い。
「宗麟」、ああ、違った。
以前と違った。

「創光」ああ、これぞ飲みたい。

赤城大臣、ああ、醜い。
郷里の「村上勇」先生!
Commented by 酎州大分 at 2007-07-09 23:27 x
HAKUDOU師匠・・・「倉光」の純米原酒・・・どっしりと構えた飲み口があって・・・好いです・・・。

こういう酒こそ、蔵に主張と自負がなければ醸せません・・・時代に迎合するのではない「どやっ!」という骨格・・・大分の清酒も“地霊”を失っていませんでした・・・。

都町辺りの居酒屋では・・・ひょっとして、「西の関」ではなく「倉光」でないと・・・なんていう頑固親仁に会えるかもしれません・・・。
Commented by tatinomi1 at 2007-07-10 06:46
すいません、酔ってかいたんで「倉光」誤記。
そうこうするうち、ああ、出んと!
Commented by 酎州大分 at 2007-07-10 21:33 x
師匠・・・意は伝わってますから・・・“ご機嫌”を損ねることもないでしょう・・・。

「倉光」・・・“清(酒)焼(酎)混淆”の地にあって・・・純然たる和食の味濃い“煮物”に負けない旨さが光ります・・・原酒ってのが、これまた好い!。

地元の醤油や味噌などで調理された風土の肴との晩酌には・・・大分の清酒に軍配が挙がりますな・・・。“舌先”だけが一人歩きするような酒の味とは・・・雲泥の差がある味わいでした・・・。
Commented by 酒好き at 2007-08-31 23:13 x
はじめまして、倉光はどこに行けば購入できますか?教えてください、よろしくお願いします。
Commented by 酎州大分 at 2007-09-01 01:41 x
酒好きさん・・・どうも・・・購入できるところですか・・・?。
私は、酒屋で清酒コーナーをうろつかないのでよく存じ上げませんが・・・この企画モノの一合瓶を買ったのは・・・確か?別府のデパ地下だったと思います・・・。
今でもあるかどうかは・・・不明です・・・。
酒屋さんで、敢えて大きな声で「“倉光”の純米原酒売っちょらんかぇ~?」と聞いてみるのが一番です・・・。
申し訳ない・・・この程度の情報しかないんです・・・。
この蔵元自体では・・・小売してないのかなぁ?・・・酒好きさんが大分市内在住なら、蔵に直接訪ねてみるのもよろしいかと・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “コク甘い”旨口トンコツ・・・... 無垢な麦焼酎・・・6銘柄(その17) >>