北陸・金沢を歩く(その1)・・・“東の廓”東山界隈
実は・・・先月末(26~28日)、瀬戸内海航路のフェリーと高速道路を乗り継ぎ・・・家族とともに遠距離ドライブ・・・北陸の“金沢”へと向かい・・・女房殿の親族に会ってきました・・・。

c0001578_2304241.jpg


c0001578_2311661.jpg一般的な(観光客の)イメージは・・・“加賀百万石”の城下町・・・“兼六園”と“伝統工芸”で知られるところですかね・・・。

城下町らしさの“町並み”として知られているのは、“長町武家屋敷”ですが・・・今回は、“町屋”の風情と佇まいを伝える文字通りの“町並み”を散策しようと・・・旧くは“東の廓(くるわ)”として親しまれた“東山界隈”へ・・・。

金沢を流れる二つの川・・・“犀川”と“浅野川”・・・その“浅野川”沿いのかつて“茶屋”が軒を並べた町衆の遊興街で・・・戦災を受けなかった古都らしく、入り組んだ細い路地が今でも残っていて・・・その静かな“町並み”は、最近になって再整備されていました・・・。

明治、大正、昭和、平成と時代を重ねながら、時代の趣を積み重ねてきたその佇まいには・・・“金沢の三文豪”と称される“徳田秋聲”、“泉鏡花”、“室生犀星”などを育み・・・“五木寛之”が過ごした縁の地であることもあって・・・金沢の“文学的空間”を垣間見るようでした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。





c0001578_2535489.jpg“浅野川”に架かる木造“梅ノ橋”・・・“城下”から“茶屋”へと向かう“通い橋”の面影・・・。

今でも、庶民のれっきとした暮らしの“歩道橋”で・・・日傘が似合いそうな雰囲気・・・。

c0001578_2554628.jpgいかにも路地に面した“町屋”という感じ・・・。

引き戸格子の玄関の軒先に・・・何やら?変わった“吊り下げ飾り”・・・。

c0001578_2564838.jpg軒先の“吊り下げ飾り”を近づいて、よくよく見ると・・・皮をかけたままの“唐黍(とうきび)”に“縁起札”・・・。

あとで調べてみると・・・東山界隈の背後の山手“卯辰山”の中腹にある真言宗“長谷山 観音院”で行なわれる行事“四万六千日”の参拝縁起モノだそうです・・・。

その謂われはというと・・・この皮を剥いだら、“もう、毛=儲け”があるとか?・・トウモロコシの粒を見立て“豆=マメ”に仕事が出来る?・・・ってな具合で・・・駄洒落系の“商売繁盛”縁起モノとして・・・昔から、この辺りの“夏の風物詩”になっているとか・・・。

c0001578_257250.jpgあとは、その“雰囲気”を・・・どうぞ・・・。

c0001578_2571464.jpg

c0001578_2572664.jpg

c0001578_2573662.jpg

c0001578_2574641.jpg

c0001578_258428.jpg

c0001578_258164.jpg
by project-beppin | 2007-08-06 02:33 | 旅先の風土・行楽 | Comments(6)
Commented by You at 2007-08-06 22:06 x
おおっ、よく見掛ける風景です!

金沢に来てたんですか!
是非・・・・と思ったんですが、家族となら・・・無理ですねぇ。--;
今度来られるときは、是非、ご連絡を。^^

以上
Commented by syotikure at 2007-08-06 23:16
去年私ら夫婦も訪れました。
なんだか懐かしい光景です。
観光バスの団体さんに紛れ込み、ガイドさんのレクチャーを聞けたことを思い出しました・・・・(笑。
TBさせて頂きます。
Commented by 酎州大分 at 2007-08-07 20:03 x
Youさん・・・どうも!あいすいません・・・金沢に行ってました・・・。
富山からだと、森本方面から、浅野川大橋を渡るあたりですからね・・・Youさんにとっては・・・勝手知ったる“外庭”ってなところでしょうか・・・(笑)。

親族の用事だったもんですから・・・(私の)個人的な時間は、なかなか難しいもので・・・ご連絡いたしませんでした・・・m(_ _)m。

次回、時間が取れるようでしたら・・・今度こそ、是非に・・・。
Commented by 酎州大分 at 2007-08-07 20:19 x
ショチクレさん・・・TB拝見しながら・・・そうだったと・・・思い起こしています・・・(笑)。

観光客も来るでしょうね・・・県庁所在地だけに・・・臼杵の“二王座”や豊後高田の“昭和の町”より、人も多いでしょう・・・たぶん・・・。

歴史的な“町並み”の景観が・・・今の暮らしや生業に結びつくのなら・・・こういう再生が行なわれることも“アリ”でしょうね・・・。

実は・・・丁度、ショチクレさんの“きむら”商店の写真にある(奥隣りの)茶房“ゴーシュ”の2階で・・・滋賀に在住する(女房殿の)友人の作品展が開かれていたんです・・・。その雰囲気も・・・この“町並み”のもつ魅力とリンクしていました・・・。

“長町武家屋敷”を歩くと・・・今時、暮らしづらいだろうなぁ・・・なんて、いらぬ世話が頭をよぎりますが(笑)・・・この“東山”界隈は・・・こんな町屋で暮らしてみたいなぁ・・・なんて、同化してみたくなりました・・・。
Commented by You at 2007-08-08 12:38 x
私は、会社に入るまで石川県境の小矢部市に住んでおりまして、映画や遊びはすべて金沢でした。
よって、金沢はよーーーく知ってますよ。でも、最近は変わってきました。都会にねぇ。--;

以上
Commented by 酎州大分 at 2007-08-08 23:18 x
Youさん・・・小矢部なら、金沢の方が確かに“庭”ですわな・・・(笑)。

金沢駅の(昔は)裏だった所もすごい整備でしたし・・・駅前、竪町も光景が違いますよね・・・変わらぬ雰囲気は“近江町市場”あたりでしょうか・・・。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢で米焼酎と九州鶏に出会う・... “地獄蒸し”で飲む(下)・・・... >>