“昭和の町”を歩く(その4)・・・“時代遅れ”を誇る“一宝”と“一品”
“モノ カルチャーがやってきた、YA!、YA!、YA! ”をご紹介しましたが・・・まだまだ、この商店街の“アイデンティティー”に触れるまでには至っていませんね・・・(笑)。

c0001578_038532.jpg“商店街”を再考し・・・“何故?、この土地のこの場所で商いが続けられたのか?”を自問自答する中で・・・“古くさい”とか“時代遅れ”と思っていた“家業”に誇りと自信を取り戻す取り組みとして始まったのが・・・“一店一宝”と“一店一品”・・・。

代々受け継がれながら、忘れかけていた“家業”の歴史を物語る“一宝”と・・・いつしか、蔑ろ(ないがしろ)”になりかけていた個々の商店の自慢の“一品”を店頭で公開すること・・・。

例えば、この“呉服車”・・・江戸末期から続く老舗の“瓦屋呉服店”の“一宝”・・・。

明治時代、この“長持”風の荷台の中に“反物”を入れて国東半島一帯の村々に売り歩いたという“行商荷車”・・・今で言う“移動店舗”・・・これによって、商圏と信用が広がり・・・今日まで続く“家業”の礎を築くことに貢献した道具ということでしょう・・・。

漆塗り調の“屋号”の入った荷台といい、磨り減った木製の車輪といい・・・“現物”がもつ“リアリティー”を感じます・・・。

“古くさい”とか“時代遅れ”とかいう“ネガティブ”なイメージではなく・・・“家業”商店だからこそ誇れる“年季”が“現在も息づく”という“ポジティブ”なイメージが伝わってきます・・・。

これらの“一宝”や“一品”に触れながらこの商店街を歩くと・・・実は“昭和の町”の最大の成果は・・・個々の“家業”商店が持つイメージを・・・“ネガティブ”から“ポジティブ”に“意識改革”したことによって創出された魅力ではないかと・・・思ったりします・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_23484622.jpgこの呉服屋さんの女将さんが見せてくれたのが・・・この“呉服車”現役当時の様子・・・。

丁稚が曳き、押ししながら・・・泊りがけで、巡ったという国東半島の北西側一帯・・・遠くは、沖に浮かぶ姫島まで・・・。


c0001578_2349196.jpgガタゴトと車輪が転がる音が聞こえてきそうです・・・。

当時は、道路舗装がなかったことから・・・大変な苦労があったでしょう・・・。


c0001578_23491689.jpg精肉店から農水産食料品店となった店でも・・・このとおり“行商リヤカー”・・・看板にしたためた“一店一宝”の由縁・・・。

c0001578_23493648.jpg今は酒屋さんになっていましたが・・・その昔は、(清酒でしょう・・・)醸してたんですね・・・。

c0001578_2350143.jpgその酒屋さんで売られていた“一店一品”のひとつでしょう・・・“にごり酒”・・・。

c0001578_23501574.jpg
その酒の文化を伝える展示が他の店にもありました・・・。薦樽を模った陶製酒容器・・・左は「菊衣」でしょうか?(今は、現存しない銘柄?)・・・右は、宇佐の「民潮」ですね・・・昭和50年代までは、紛れもなくこの辺りは“清酒”文化圏ですからね・・・。

c0001578_23502988.jpgそして・・・“一店一品”の自慢の商品・・・お茶屋さんでは、昔ながらの“玄米茶”・・・店内では、試飲できます・・・。

この玄米茶・・・香ばしい旨さです・・・。

c0001578_23521488.jpg履物屋さんでは・・・国東特産の“七島藺草=カクイ”の草履・・・。


c0001578_23522828.jpgこの履き心地・・・気に入ったのは次男坊でした・・・(笑)。

専門店である“家業”商店のこだわり・・・誇れる“一品”の魅力・・・。

c0001578_924960.jpgおっとっと・・・豊後高田の“味”土産の“一品”を忘れてました・・・。

海の幸は・・・もちろん、赤く茹で上がった“岬ガザミ”・・・白焼きの“鱧”、“穴子”・・・“サザエ”などなど・・・これを肴に晩酌・・・好いですねェ~・・・。


c0001578_9285826.jpgお手軽な旨さなら・・・こんなのもあります・・・“地鳥肉まん”・・・。

ここは、県下一の“蕎麦”生産地であり、“落花生”生産地ですから・・・これらの味覚も是非どうぞ・・・。
by project-beppin | 2007-09-28 00:43 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
Commented by daikanyamamaria at 2007-09-28 23:38
こんばんは、ごぶさたしていました☆
去年のこちらへの旅を思い出しつつ、お話を読んでいます。
本当に、同じ町、同じ品物が、そこに住む人々の誇りを取り戻した瞬間から輝き始めること。。。そんな素敵な魔法の時間を感じた気がします。
Commented by 酎州大分 at 2007-09-29 11:34 x
マリアさん・・・どうも、ご覧戴きありがとうございます・・・。

思い出の旅を懐古の回顧していただけましたか?・・・“遅れた都会になるよりも、進んだ田舎になろう”と言った由布院の中谷健太郎氏の言葉が・・・この“昭和の町”にも重なります・・・。

この町の今ある姿も“進んだ田舎”への挑戦なんでしょうね・・・その挑戦が輝いていれば・・・面白いことが次々に連鎖しそうです・・・そんな魅力があります・・・。

また、いつか訪れてみてください・・・一味違った“昭和の町”になっていることでしょう・・・。
Commented by 私菊衣 at 2010-03-04 13:10 x
ようこそ、昭和の町へ!こちらのブログは随分前からお気に入りにに入れていました。たまたま開いてびつくり!!菊衣はうちが造醸所で作っていた銘柄、昭和30年代に販売に転身。当時屋号中屋、清酒菊衣でした。いまはキクゴロモ酒舗です。町並は是永酒店、杵築の213号線沿いに梅田酒舗があります。梅田には従弟店長がいます。智恵美人の中取りなどを扱っています。
Commented by 酎州大分 at 2010-05-04 18:25 x
私菊衣さん・・・昭和の町から“ご贔屓”いただきながら・・・リコメントをせぬまま2ヶ月も放置いたしまして・・・あいスイマセン・・・・・・お許しのほど・・・m(_ _)m。

陶製酒容器“菊衣”・・・“キクゴロモ”で良かったんですね・・・。そうですかぁ・・・豊後高田で昭和30年代まで造醸所であった屋号“中屋”の清酒“菊衣”なんだと・・・お教えいただきありがとうございます・・・。

昭和の自社記をこうやって書き込んでいただけると・・・あの町で気に留めて撮ったスナップをエントリーした甲斐があったと・・・オヤジも嬉しゅうございます・・・(笑)。

ご紹介いただきましたご親族のご商家にも・・・いつか伺ってみたいですね・・・銘酒“智恵美人”も・・・。

これからも・・・たまにご笑覧いただければ・・・ありがとうございます・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “昭和の町”を歩く(その5)・... “昭和の町”を歩く(その3)・... >>