イタリア・ミラノの街で・・・「Feel Japan's beauty -竹-」展
そして、もうひとつ・・・欧州“イタリア”に渡る“別府竹細工”の話題を・・・。

c0001578_3344260.jpg

c0001578_3351130.jpg 来月中旬(11月16日~19日)に・・・“BAICA”の中心的存在である“若きプロダクト・クリエイター”大橋氏と・・・“アルチザンの巨匠”油布氏、“壮年のアートディレクター”毛利氏、“行動するギルド・マイスター”高江氏の・・・“別府竹細工”の4名が・・・イタリアのミラノで展示会を開催するとのこと・・・。

竹編組”や“”に魅力を感じているオヤジとしても・・・彼らの挑戦を微力ながら応援します!!!・・・。

ヨーロッパには自生しない“Biomass=バイオマス”である“Bamboo=竹”を・・・“大分・別府”の“アイデンティティー”によって“culture=文化”として印象付けることで・・・イタリアほかヨーロッパでの新たな展開が始まることを期待しています・・・。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
Feel Japan's beauty -竹-」展
展示会場:ガレリア・デル・オルソ Galleria dell'Orso
       Via dell'Orso, 16 20121 Milano
展示会期:2007年11月16日~19日 11:00~19:00
展示会パンフレット(イタリア語:PDF 3.3MB
後援:在ミラノ日本総領事館
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

イタリア(特にミラノ周辺!)に知人・友人がいる方・・・また、欧州(特にイタリア!)で、このブログをご覧戴いている方(たぶん、いないだろうけど・・・笑)・・・是非、彼らのミラノでの“挑戦”を広く多くの皆様にお知らせ願えればと・・・伏して、お願い申し上げます・・・m(_ _)m。

c0001578_12103161.gif関連記事:Giappone in Italiahttp://www.japanitaly.com/内)
展覧会 MOSTRA 「Feel Japan's beauty -竹-」展

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。
by project-beppin | 2007-10-31 03:35 | 大分の風土・行楽 | Comments(16)
Commented by yossy at 2007-11-02 06:11 x
お邪魔します。ミラノであるんですね。。。。フィレンツェからは3時間ほどなので行きたいなぁ、と思っているのですが、ちょっと仕事の都合がつきそうになく残念。でも素敵ですね。わたしも自然のものを使った工芸をしているので、とてもとても興味のわく素材です。しかも鹿児島出身としては竹というのはとても身近で、実家の向かいの方も竹細工をされていて、毎回帰る度に新しい作品を覗きに行っています。
Commented by 酎州大分 at 2007-11-02 22:59 x
yossyさん・・・フィレンツェから、書き込んでいただき、ありがとうございます・・・。ミラノとフィレンツェの距離感がつかめない私としては、お仕事もあるのにご無理をご案内したようで・・・申し訳ございません・・・。

鹿児島のご出身とは!・・・ならば、確かに竹は身近な材料過ぎたぐらいでしょう・・・処変われば、品変わるで、今は竹を見ることも無い所でしょうから・・・。

オリジナルの“フィレンツェモザイク・ジュエリー”・・・素晴しいですね・・・モノを作ることで、世の人が幸せになれる仕事・・・しがないオヤジは逆に羨ましいです・・・。苦しいことも“ありがたく鍛えていただいている”と捉えて・・・創作活動を続けて下さい・・・。

ミラノ方面のお知り合いの方々に・・・ご紹介ヨロシク!!!
Commented by arisa at 2007-11-05 03:23 x
こんにちは。友人のNana-tittiさんのブログ「Al solito posto...(http://nanarome.exblog.jp/)」から参りました。

私の夫も竹が好きで、ウェブサイト(www.terrabambu.net)を持ったり、イタリアの竹愛好家たちによるイタリア竹協会の活動にも参加したりして、ヨーロッパでの竹の普及に努めています(笑)。

ミラノでの展示会、ウェブサイトなどで紹介させてもらいますね!BAICAのウェブサイトへも、連絡させていただきます、とのことです。
Commented by みえこ at 2007-11-05 12:23 x
こんにちわ。
すてきな話題ですね!
現地に知り合いはいませんが、富士で、話題にします^^
富士も、かぐや姫伝説があり・・・
竹は切り離せないものになっています。
別府は伝統がありますよね。
Commented by 酎州大分 at 2007-11-05 23:29 x
arisaさん・・・Grazie! Grazie!・・・。

はじめまして・・・イタリア竹協会でご主人がご活躍とは・・・サイト拝見いたしました・・・すごいですね・・・。
“女神”Nana-tittiさんのおかげで・・・この地域情報が繋がったことを嬉しく思います・・・。

先ほど、Nana-tittiさんのこと、arisaさんのこと、ご主人様のことを・・・関係者の方に伝えました・・・。
すると・・・ご主人は有名とのことで、ご案内申し上げたかった・・・と言っておりました・・・。

ご紹介、ご連絡、ぜひ、お願いいたします・・・。ご主人様によろしくお伝えください・・・。
Commented by 酎州大分 at 2007-11-05 23:40 x
みえこさん・・・ありがとうございます・・・是非、富士と言わず静岡県中で話題にしてください・・・(笑)。

竹・・・身近に有り過ぎて、その恩恵と文化を軽視しがちですが・・・最近、日本人のメンタリティーの中には潜在的に存在することを・・・再認識しました・・・。

竹を“編む”という造形と技法と叡智に関しては・・・別府はやっぱ、伝統的に凄いですよね・・・。みえこさんに“別府の竹”自慢していただければ・・・もっと、凄くなると思います・・・。
Commented by arisa at 2007-11-06 01:44 x
先ほど連絡させていただきました。イタリア竹協会のサイト上ではもう展示会のお知らせニュースを載せているようです。

急なことで今回の展示会を拝見できなさそうなのが、とても残念です、とのことです。トリノにもたくさんの若手建築家(のタマゴ)が竹に興味を持っていて、いろいろ試行錯誤しつつ、ランプをつくったり建物を建てたり、頑張っています。こうした日本の高い技術に直接触れることは、彼らにとっても本当にいい機会になりますよね。日本人として、なんだか嬉しいです(私自身はなーんにもできないんですけども・笑)。
Commented by 酎州大分 at 2007-11-06 02:31 x
arisaさん・・・イタリア竹協会サイト(http://www.bambuitalia.it/)内の“Notizie”に掲載いただいているのを、今ほど私も見せていただきました・・・彼らに成代り、心から感謝いたします・・・(とお伝えください)・・・。

そうですか・・・ご覧いただければもっと、彼らも、ご主人も互いに竹の可能性を広げることができると思うのですが・・・それは、残念です・・・。

たぶん、日本のこれからの竹編組技法と製品展開という意味では・・・(工芸家先生の作品ではなく)・・・この4名は、それぞれの得意分野で“第一人者”となれる逸材ですからね・・・。

私も・・・なーんにもできませんが・・・嬉しいです・・・。

Commented by issei at 2007-11-06 23:15 x
ブログ(http://blog.livedoor.jp/milanopiu/)への書き込み有難うございました。会場は我が家から5分のところです。是非、友達と見にいきます。日本の食べ物やアイテムが大人気のミラノですが、質の良い本物のプロダクトには中々出会える機会がなく、とてもいい機会かと思います。このようなタイプのプロダクト(本物の日本の伝統技術にデザインのテイストを加えたものは)はミラノの人も見る機会があれば興味をもつのは間違いないと思います。年に一度開かれるサローネなどにも今後もっとこういう企画が出ればおもしろいし、イタリア人にもアピーリングではないでしょうか。
Commented by 酎州大分 at 2007-11-06 23:58 x
isseiさん・・・どうも“Giubbotto”(スポーツ・コート)が似合うオヤジではないのに・・・つまらぬ書き込みをしまして、申し訳ございませんでした・・・(笑)。

是非、多くのイタリアの方とともに見てください・・・。質は、間違いなく高いです・・・ハイエンドなクオリティーの日本のホンモノ・・・シンプルデザインのインテリア・プロダクトから・・・伝統的でダイナミックな花籠(イタリアでは、オブジェでしょうね)、幾何学的でモダンジャパネスクのハンドバッグ、竹と和紙と書(カリグラフィー)のアート・・・別府という地に培われた竹クリエーターたちですから・・・このpresentationが、impressionとなって、イタリアの方々にexclamationを与えてくれればと・・・私も、応援しています・・・。ご覧いただけるならば・・・その会場での感想をまた、こちらに書き込んでいただければ幸いです・・・。ご高配のほど・・・m(_ _)m。
Commented by mina-milano at 2007-11-07 05:30
先日は書き込み、ありがとうございました。
ぜひ、時間が許せば行かせていただきたい、と思っております。
とりあえず、インテリア、和の伝統工芸などに興味を持っている友人に
紹介しました。
楽しみにしています。
Commented by 酎州大分 at 2007-11-07 19:35 x
mina-milanoさん・・・こちらこそ、唐突な初書き込みが・・・結局、展示会のご案内という“不躾”なものとなってしまい・・・申し訳ございませんでした・・・。

それよりも・・・先ずは、mina-milanoさんに「おめでとうございます」と・・・(こんなところで恐縮ですが、お祝いの言葉とさせてください・・・)。

その上で・・・もし、時間が許せばで結構ですので・・・ご覧いただければ、幸いです・・・。(ご多忙な時期でしょうから・・・ご無理なさらずに・・・)

また、御友達にも・・・気軽に足を運んでもらって・・・忌憚のない感想を・・・会場にいる一風変わった日本の“おいちゃん”たち本人に・・・お話し願えれば・・・さらに、嬉しゅうございます・・・(笑)。
Commented by ayumi-favola at 2007-11-09 03:14
先日は書き込みありがとうございました。
なんと数日後、ミラノに住んでいる友人がこの展覧会のためのチラシ、葉書き等を私に見せてくれて、おおこれは別嬪さんの言っていた竹細工展覧会と
おどろきました。世の中広くて狭いですね!できたら私も行ってみたいと思います。
Commented by 酎州大分 at 2007-11-09 23:06 x
あゆみさん・・・こちらこそ、ご無礼しました・・・。

そっ、そうですかぁ~!・・・ミラノのご友人からも・・・彼らの取り組みの“口コミ”でも広げていただいているようで・・・ありがたいことです・・・。

ホント!世の中はユーラシア大陸の東と西をまるでご近所の如く、狭くしてくれてました・・・(笑)。

もしよろしければ・・・行って見てください・・・。どんな雰囲気で・・・どんな反応か・・・オヤジは極東の片田舎で・・・見ることができませんので・・・。

イタリアで・・・どう映るか?ローカル・カルチャー“別府竹細工”・・・興味津々です・・・。
Commented by interoyoko at 2007-11-17 02:15
こんにちは、はじめまして。
先日はコメントをいただいいながら返事が遅くなりごめんなさい。
あいにく会場には行くことができません。。。ぎりぎりですがイタリア人日本人友達にPubblicitàしておきましたヨ。日本の伝統工芸がイタリアで披露されることは、ただただ心から嬉しく誇らしい気持ちでいっぱいになってきます。応援しています!
Commented by 酎州大分 at 2007-11-17 11:20 x
インテ-ロ陽子さん・・・わざわざコメントいただき、恐縮です。お疲れのところ・・・Pubblicitàしていただき、ありがとうございます・・・。

日本の伝統工芸の中でも・・・陶磁、染織などに比べれば“マイノリティー”となる“竹工芸”・・・ミラノでどう受け止められるか?彼ら自身の中に“文化的な反応”を得ることができると・・・次なる“あり方”が見えてくるような気がしますね・・・。

誇れるということが・・・大切です・・・。応援ありがとうございます・・・会期中となっていますが・・・一人でも多くの方々に“別府竹細工”に触れていただきたいですね・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “mellow”な白麹吟醸蒸留... “Temporary Stru... >>