“豊後名山”秋景(その1)・・・庄内から眺める由布・鶴見・高崎
“晩秋の三連休”が始まりました・・・。オヤジは、“安・近・短”な楽しみ方を・・・先日(13日)の“ひとりドライブ”から・・・豊後の“秋景”を怒涛のアップといたしましょう・・・(笑)。

c0001578_11402321.jpg別府を出て・・・志高湖、由布川渓谷を過ぎ、由布市庄内町小野屋へと向う途中の県道52号線からの眺め・・・刈取りを終えた丘陵の棚田と“由布岳”・・・。

由布岳南麓から大分川の河岸段丘に続く庄内町周辺で眺めるこの山容こそ・・・美峰“豊後富士”たる由縁・・・。

遠景に山容が映る“田舎田圃”の秋景・・・この大地の景色を作り出す作為なき人の営み・・・地下足袋姿の農作業を繰り返す日々があってこそと・・・。

山は・・・そんな農作業をする人々のために、山肌の彩りを変え季節を教え、雲を纏って天候を教えていると・・・“地霊”が宿る美しさとは、こんな想いが浮かぶ風景だと思います・・・。

この道すがら見かけた“由布岳”、“鶴見岳”、“高崎山”が映る風景・・・素直に美しいです・・・。




c0001578_11405515.jpg由布市庄内から阿蘇野へ向う県道610号線に入り・・・最近開通した広域農道“奥豊後グリーンロード”へ・・・丁度、“藁”小積みの光景・・・。


c0001578_11412557.jpg右奥の最遠景に見えるのが・・・“鶴見岳”・・・。


c0001578_11411367.jpg中央の小高い山容が・・・“高崎山”・・・。
by project-beppin | 2007-11-23 11:44 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 豊後歳時記・・・“柚子”実るころ 飲みやすくなった“ウィスキー?... >>