佐伯の焼酎5:樽香の厚みと芳醇な余韻・・・「古樽楽」
夕食は外で済ませました・・・今夜は、先ほどから飲み始めているんです・・・。

c0001578_064475.jpg夕食後に飲む場合は・・・しっかりした旨さを味わいたいなぁ・・・と思うときがあります。そんな時は・・・『古樽楽』・・・。

これも、佐伯で見つけた米焼酎の長期樽貯蔵ブレンド原酒です。
米のウェットな甘~い香りは濃く匂いたつんですねぇ。口の中では、甘旨みとアルコールの滑らかな舌触りが重なり、鼻腔にぬける樽香の厚みも・・・米の芳醇な余韻となって・・・堪能できます。
喉越しは、原酒の力強さを確かに感じるのですが・・・包み込まれるような“余裕”が・・・残響のように・・・長く優しく・・・。

“チョコ・フレーク”・・・出してもらったのですが・・・必要なかったですね・・・。

あの麦焼酎の長期樽貯蔵原酒『独歩』と飲み比べれば・・・同じ“長期樽貯蔵”では、ありますが・・・その味わいの違いは、米と麦という“素材の個性”だとはっきりとわかりますねぇ。
各々に素晴しいこの二つの個性を・・・さらに絶妙なブレンドで醸した『男の港』にも・・・いつかは・・・巡り合いたいですねぇ。

■「古樽楽」(小野富酒造:佐伯市/不明:米・米麹)40度・・・ウィスキータイプ(米焼酎)
甘く濃く匂い立つ米らしい樽香、口に含めば、濃く、厚く、滑らかな甘旨みとアルコール感が力強い余韻を残す長期樽貯蔵のウィスキータイプ。三十年古酒の時空を超えた味わいに思いをはせる絶品。
by project-beppin | 2005-02-20 00:11 | 地焼酎(米 ect.) | Comments(3)
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2005-02-20 10:15 x
またしても輝くように綺麗な画像ですねえ。大分麦のとりこになった、との声続々。実は私も酒は西の関命ですが、正直「大分麦」は、壱岐本家に申し訳ない、くらいの感じでした。「いいちこ」嫌いでしたが、このサイトで見直しましたよ。やっぱり郷土愛は基本ですねえ。それにしても、小野富のラベルは、綺麗ですねえ。それと、写真の魔力。そうそう、酎州大分さんの酒屋の棚割りで見た「安心院蔵」が焼きついて、コープで購入。・・・・・・・・・・・・・ちと、この味「独歩」系ですねえ。何か、ありそうな、予感も。
Commented by 酎州大分 at 2005-02-20 21:02 x
『立ち呑み漂流』ブログご開設ですね!HAKUDOUさん!
おめでとうございます。私の晩酌道?と師の立ち呑み道
互いに焼酎や酒を愛する者として、歳時記を重ねましょう。
こちらにお越しの皆さんも、是非!下記のURLで、その深き世界にトリップしてください。
http://hakudou.exblog.jp/
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2005-02-20 23:51 x
酎州大分さんこんばんわ。恥ずかしながら開設。酎州大分さんが私のプログの先生です。いろいろ教えてください。同じ酒を愛する視点ですが酎州大分さんは「洗練の美学」、私のほうは「場末の雑多」。両方面から、楽しい御酒のシーンをみつめましょう。ご指導のほど、よろしくおねがいします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “ギョーザ”の時は、芋飲みたく... 別府の午前様ご用達・・・うた乃... >>