プロローグ/旅立ちの一杯・・・「ほ」
さすがに、往路の特急“ソニック”では・・・飲まなかったんですが・・・。

c0001578_22325645.jpg福岡空港に早めに着いちゃったもんで・・・待ち時間がある・・・今日は移動だけ(仕事はない)・・・となると、ちょこっと・・・一杯ねぇ。

新潟行きは、新しい第二ターミナルではな第一ターミナル。搭乗待合室前の売店では焼酎売ってるかな?

おぉ、あるじゃない“ワンカップ”・・・目にしたのは、芋焼酎『霧島(白)』と麦焼酎『ほ』・・・飲んだことない霧島酒造の麦焼酎を飲んでみたくなりますよねぇ・・・。
いかにもドライ淡麗なすっきりツンとした麦焼酎らしい20度の味わい・・・旅の始まりにはうってつけですなぁ。


アテを探していたら・・・これまた、熊本名産の“けっとばし”・・・馬刺しの燻製“ホースジャーキー”で・・・まさに・・・九州を発つ私への・・・馬の餞(はなむけ)。

■「ほ」(霧島酒造:宮崎県都城市/減圧:麦・麦麹)20度
by project-beppin | 2005-02-24 01:44 | 旅先の酒と食 | Comments(2)
Commented by 縄文HAKUDOU at 2005-02-25 00:10 x
とにかく、美しい。なんで、こんなに「詩的」な、写真が撮れるのか、師匠におそわりたいなあ。この「ほ」より、むかし、むかしの、「霧島スナック」という、グリーンのプラスチックカップ酒が好きでした。
Commented by tatinomi1 at 2005-02-27 08:07
何度見ても美しいなあ。色合いといい、アングルといい、心なごむなあ。地味な「黒霧島」のカップさけより、どれだけ、こころ和むか。そんでん、佐伯駅でうっちょるガラスカップのワンカップんほうが、「絵にはならんが」ええのう。酎州大分さん、佐伯駅の「豊後むぎ」ワンカップには、地元婦人会の作った「雪んこ」という寿司が合います。椎茸を乗せたにぎりに、紫蘇をのせ、千枚漬けのような薄い大根で包んだんが、うめー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 長岡へ・・・“MAXとき”と「... 福岡空港離陸・・・別府湾・鶴見... >>