“東京タワー”と“ピルスナー”・・・「スタルク 1664」
なんとか、仕事の“報告”を終えて懇親会に参加した後・・・JR新橋駅に降り立ち、地下道を通って宿泊パックのホテルへ向って・・・“人混みの雑踏”と“都会の喧騒”から逃れるように・・・フロントからポーターに案内されて室内へと入って・・・やっと、一息・・・。

c0001578_23392696.jpg懇親会自体は・・・気遣うこともない“ざっくばらん”な立食形式・・・大分から持ち込んだ麦焼酎「為・」を不特定多数に振舞ったのですが・・・思っていた以上に好評を博し、オヤジも思っていた以上に“舞い上がって”いたテンションだったと・・・反省しながら・・・(笑)。

そんなハイテンション気分から・・・我を取り戻す22時過ぎの“一服”・・・咥え煙草に火をつけ深く吸い込んだ後で、溜め息のように“フゥッー”っと吐いて紫煙を漂わせると・・・上着をベッドに投げ捨て、ネクタイを緩めながら、Yシャツのボタンを外します・・・。

それから・・・吸い寄せられるように窓際に立ち、カーテンを開けて“メトロポリス”の夜景を眺める“solitude=ソリチュード”の行動心理・・・。すると・・・正面に浮かび上がる“電光都市”の赤きモニュメント・・・“東京タワー”・・・。

このスチュエーションに“絆された”わけではないのですが・・・備え付けの冷蔵庫からビールを取り出しグラスに注いで・・・窓に映る自身の醜姿を透かして向こうに見える“東京タワー”に乾杯!・・・とグラスを持ち上げてグーッと飲み・・・自らをリセットする一杯を愉しみました・・・。

そんなビールは・・・フランスの“ピルスナー”・・・あの“クローネンブルグ”の“プレミアムビール”でしょうか?・・・『スタルク 1664 』・・・洒落たボトルデザインと風味・・・。

麦芽100%の心地よい含み香と軽快な口あたりのライトな甘みのコク・・・ビールの苦みは“どこへ行った?”というくらいスムーズな喉ごしの爽やかなキレ・・・洗練された正に都会的でスタイリッシュな旨さです・・・。

しばらく・・・この“東京タワー”と“ピルスナー”を味わいながら・・・

♪ 最終電車でぇ~ 君にさよーならぁ~ いつまた会えるとぉ 聞いた君の言ぉ葉がぁ~・・・ ♪
                       (マイペース:東京

若かりし頃に想いを馳せて・・・思わず口ずさんだのが・・・この歌でした・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_23471299.jpgフランスのビールらしいこのボトルデザインは・・・あの“フィリップ スタルク”氏のデザインだとか・・・。

こんなホテルで飲むのに適してるんでしょうね・・・。

風味もお洒落なわけが理解できるというもの・・・私にとっては、やっぱり“東京タワー”のある夜景と同じで・・・このビールも“非日常”です・・・。だから・・・美味しいんでしょうな・・・。

c0001578_23473685.jpg
“高度成長の東京”を象徴する“東京タワー”・・・宗教的な精神性も持ち合わせている建造物に思える今日この頃です・・・。

昭和を邁進して来た方々には・・・誰しもこのモニュメンタルな夜景に思い出があるのではないでしょうかね・・・。



c0001578_2348260.jpg♪ 東京へはぁ~
 もう何度も行きましたねぇ~
  君の住む 美し都ぉ~

  東京へはぁ~
   もう何度も行きましたねぇ~
    君が咲く 花のぉ都ぉ~ ♪
by project-beppin | 2008-02-27 23:40 | 旅先の酒と食 | Comments(4)
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2008-02-29 23:09 x
酎州大分さん、東京ですか。

おー、えーど。

お江戸の味わいや、如何に!
Commented by 酎州大分 at 2008-03-02 00:22 x
HAKUDOU師匠・・・東京でした・・・。

江戸の焼き鳥屋やラーメン屋などにも出かけましたが・・・カメラを携帯せずじまい・・・。

やっぱ、お江戸は自前というより・・・地方自慢の選りすぐりをご披露するという料理が多いですね・・・何とか地鶏とか・・・何とか焼酎とか・・・薀蓄情報の氾濫を飲食するという感じで・・・語られると・・・“飽”飲食気味でした・・・。師匠が言うように“味”は好いが・・・“味わい”がもうひとつという・・・感じでしょうか?・・・。

というより・・・田舎モンは浮いてしまいます・・・。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2008-03-02 20:16 x
「為」ええ感じでしたか。
常徳屋さんと、藤居醸造さんの名前が
ある雑誌に大分の代表で載ってました。
いささか古い一月の分ですが。

酎州大分さんのブログ効果でしょう。

プレミアの「兼八」や「耶馬美人」など
有名銘柄のみ追っかけるんでは
焼酎シーンを「浅薄で、下らないものに」しますよねえ。

これからが「豊後麦」の出番。
酎州大分さん、これからですよ!
Commented by 酎州大分 at 2008-03-03 23:51 x
HAKUDOU師匠・・・「為・」まずまず好評でしたね・・・『おっ!これは旨いねっ!』ってな方も・・・宇佐も豊後大野の焼酎専業蔵もこのブームで・・・もはや地元以外でも有名銘柄になったんではないでしょうか?・・・私のブログなどよりも蔵元の人柄と地道な活動がファンを増やしているんだと思います・・・。

焼酎シーンが多様化することは・・・賛否があっても嬉しいことですし・・・プレミア銘柄も大分の自慢焼酎ではありますが・・・“それだけじゃない”地焼酎ある場の風景・・・忘れてはなりませんね・・・。そんな焼酎があることを少しずつお伝えできればと・・・“大分麦焼酎”頑張らねばなりませんね・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< "送別の宴"... 空路“東海道三景”・・・洛中洛... >>