長岡へ・・・“MAXとき”と「まさかいくらなんでも寿司」
福岡を発って、1時間を過ぎる頃、雪深い大地の新潟県に・・・。

c0001578_22215955.jpg新潟駅からは・・・“MAXとき”で30分足らずの乗車時間・・・。
新幹線ホームで・・・蕎麦を食おうか?と悩んでいると・・・目に飛び込んでくるんですよっ・・・駅弁!「まさかいくらなんでも寿司」と・・・。

買って車内で・・・軽めの夕食ですね。
〆鱒、鮭と蟹のフレーク、醤油漬いくら、玉子・・・日本海のチラシ寿司の四天王の揃い踏み・・・合掌、いただきま~す!

玉子の甘みは、品よく・・・ちょっと酢香が利いた酢飯・・・。いくらは、プツプツ濃~いはじけ方。鮭と蟹のフレークは、ちょっと塩っ辛~い・・・かなぁ。〆鱒は、旨い酢加減・・・。

駅弁に舌鼓も・・・いいもんすよねっ・・・。さあ、長岡に着いたら・・・飲むぞ~。
by project-beppin | 2005-02-24 22:12 | 旅先の酒と食 | Comments(4)
Commented by gobra53 at 2005-02-24 22:56 x
(お)てふきまで写っているのがなかなかですね~ん。
下にあるのは割り箸の鞘(というのかな?)でしょうか。
さて、長岡で何を呑むんですか。
新潟ですよ。日本酒ですよ。
米焼酎ですか?
Commented by 縄文HAKUDOU at 2005-02-25 00:19 x
新潟は清酒王国。我等豊後の銘酒「西の関」との対極「越
の寒梅」の地。ここの酒は、「すっきり、うまいが寂しい」味。

「初花」が旨いですよ。

新潟駅前「藤正」。ここは、最高、最高。
Commented by tatinomi1 at 2005-02-25 09:32
烏賊の沖漬けに佐渡の「良寛」純米がうまいですねえ。
Commented by 酎州大分 at 2005-02-25 18:22 x
長岡への旅・・・市内だけでも蔵元が6-7軒はあろうかという清酒のふるさと・・・地元(長岡)では、「吉乃川」が一番多く飲まれてるらしいのですが・・・私は、佐渡の「北雪」で辛口一杯でした。

gobra53さん・・・結局、地元の粕取「蔵人秘伝」と宮崎の麦「龍。」と・・・佐渡の清酒「北雪」をいただきました。追ってアップしますね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 美酒探訪/長岡・・・その壱:『... プロローグ/旅立ちの一杯・・・「ほ」 >>