美酒探訪/長岡・・・その壱:『鰺の刺身』に「蔵人秘伝」
ビジネスにチェックインして、明日の仕事の段取りをつけたら・・・一軒だけ・・・覗いてみましょう。知らない街の通りをひとつ曲がると・・・赤提灯、看板の品書き・・・居酒屋『ニューだいち』

c0001578_22505118.jpgカウンター席で、馴染みの先客と話し込んでた女将さん・・・「どうぞ、いらっしゃい」・・・。
一元者らしく素直に・・・「おすすめの刺身とこちら地元の焼酎いただけませんか」・・・。

「地元の焼酎なら、今、これしかないのよ」

『蔵人秘伝』・・・この前飲んだ吟醸粕取り・・・う~ん、香りが高貴でキリッとしていて・・・アルコールの素直な甘辛旨みと含み香の清みきった円やかさ・・・。やっぱり・・・旨い。

『鰺の刺身』は少し身が柔らかい感じ・・・でも、オロシ生姜をちょんとつけて・・・美味。
舌に残る生姜の味わいと・・・この吟醸香の芳美な味わいは・・・取り合せとしても、相性いいですねぇ。

■「蔵人秘伝」(朝日酒造:新潟県三島郡/不明:清酒粕・米)25度



c0001578_2259262.jpg路肩に盛り上がっている雪を横目に、白い息をはずませて、居酒屋散策・・・。
・・・何々“芋焼酎あります 大人気”・・・ほっほ~。

粕取、麦、清酒といただきながら・・・カウンター越しに・・・
「この清酒王国でも、芋焼酎人気なの?」
と女将さんに訊ねてみれば・・・

「ええ、もう一年超えたかなぁ。去年の夏なんかは・・・ビール1杯で、後はみんな芋のロックでしたよ~。」
・・・と女将さん。
(そういや~、先客のオヤジさんも・・・芋焼酎のお湯割りでできあがってましたわ・・・。)

カウンターにある別刷りの“焼酎メニュー”をめくると・・・
はてさて・・・その芋焼酎の銘柄は・・・5、6種でしたが全て鹿児島・・・島津は、上杉の領地まで進軍かぁ・・・“敵に酎をおくる”・・・薩摩恐るべし!

また、女将さんに・・・「長岡で、一番飲まれてる日本酒ってなんですかぁ?」

「そりゃー、圧倒的に・・・吉乃川ですね」・・・とのご返答・・・。

地元の酒も・・・居酒屋では・・・ブームの芋に浸食されてるんでしょうかぁ~ねぇ・・・。

■居酒屋 ニューだいち / 新潟県長岡市殿町
by project-beppin | 2005-02-25 01:24 | 旅先の酒と食 | Comments(6)
Commented by You at 2005-02-25 12:32 x
 こちら富山でも、日本酒よりも焼酎(特に芋)が幅を利かせていますよ。一昨年は、鹿児島一辺倒でしたが、昨年当りから、宮崎の芋も出回ってきました。
 大分の麦も酒屋に昨年から並び始め、居酒屋でも出回っています。こいらの料理の食中酒としては、麦麹の麦焼酎が向いているようです。
Commented by 酎州大分 at 2005-02-25 18:35 x
越中といえば・・・「立山」、「銀盤」のどちらかというと辛口清酒。
加賀の甘口と対照的ですよねぇ・・・。
その富山でも、芋が巾利かせてますかぁ・・・ほう・・・。
北陸で・・・焼酎(乙)のシェアってどのくらいあがってるんでしょねぇ?
YOUさん一派の貢献が大きいんじゃないでしょうか・・・これからも焼酎の宣教、布教活動・・・お願いしますね!

食中酒・・・麦・・・私のような地元だけかと思ってました。でも、刺身や脂もの等・・・どんな料理であっても、それなりに飲めるのは麦だと・・・私は(あくまで私はです!)思っているんですが・・・。
外(居酒屋)で飲む場合は・・・結果的にそこの店にある銘柄を“飲まされる”ことも・・・そんな時、無難なのは麦なんですかねぇ・・・。

やっぱり、自宅で食事とともに晩酌・・・といえば麦になっているのが・・・私です(笑)・・・
Commented by gobra53 at 2005-02-25 21:37 x
私に銀盤を勧めた友人は富山の入善町出身でしたが、そやつが酔っ払うとやたら“ちゃ●べ”と言うのですよ。
岐阜に“ちゃ●べ”と言う米焼酎があるらしいのですが・・・いやいや品を落としてしまったか!
Commented by You at 2005-02-25 23:06 x
 入善なら、銀盤のお膝元ですから、当然ですねぇ。私の大学時代は、日本酒は、二級、一級、特級と区別されており、大学の部室では「立山」の二級酒の一升瓶が転がっていました。
 入善は富山県の新潟よりの東に位置しております。それに対して西側では、「立山」が昔強かったです。
 最近では、私の住んでいる高岡の蔵が結構売れてきています。「勝駒」です。昔は、つぶれても可笑しくない蔵でした。
 また、フルーティな味わいで名をあげた「満寿泉」も売れ筋でしょうか?
このところ、「成政」がじわじわと評価を上げています。
 最近は、東京をはじめ、じわじわと純米ブームがおきつつあります。特に女性に好んで飲まれてるいるようです。たくさん飲まない人にはいいのかも知れません。

以上
Commented by You at 2005-02-25 23:07 x
 話が日本酒にいってしまいましたが、食中酒の麦焼酎として、今私が一番気に入っているのが、藤居醸造の「自然麦」です。このキレは優れものです。ただ、値段が高いのがちょっと・・・です。
 あと甲類と乙類ですが、まだわずかに甲類が上回っているようです。いずれ逆転するのも時間の問題でしょうか?味が違いすからねぇ。

追伸
 「ちゃ●ぺ」ですが、富山大学では、遠い所から来た新入生に大和の受付の女性に「ちゃ●ぺの黒造りってどこにあるか?」って聞いて来いと言わせてました。知らないから出来る芸当です。
 しまった・・・・、品を落としてしまった。m(_ _)m

以上
Commented by 酎州大分 at 2005-02-26 11:02 x
金沢の大学出身の人からも・・・同じような新入生歓迎イベント(笑)・・・聞いたことあります。

自然麦ですかぁ・・・スムース旨口タイプですよねぇ。確かに・・・食事とともにの時は・・・このタイプが私も合うと思ってます。あまり主張しすぎない控えめな旨みも・・・麦らしさの味わいでしょうから・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 無濾過と玄麦のホロ苦さ・・・「... 長岡へ・・・“MAXとき”と「... >>