無濾過と玄麦のホロ苦さ・・・「龍。」(ろんてん)
さてさて・・・次は・・・何をいただきましょうか・・・地元に続いて、九州の味わいですかねぇ。

c0001578_902560.jpgえーと・・・麦は・・・『一粒の麦』、『らんびき』、『龍。』
ならば・・・『龍。』(ろんてん)を・・・“生”で・・・

香りも濃く・・・ガツン濃厚タイプでしょ・・・無濾過と玄麦の芳ばしいホロ苦さが旨甘さとしっかり重なってます。
喉越しのアルコールの刺激も濃厚な味わいの割にはおとなしいですねぇ。なかなか・・・旨いです。
ついつい・・・口を運ぶペースが速くなるのは・・・やっぱ“麦好き”だからでしょうか。安心して飲めますもんねぇ。

鰺の刺身も残り少なくなってるでしょ・・・付け出しの“鯨の煮こごり”も旨かったすよ。

先客のオヤジさんと、釣り話に興じて・・・客同士で愉しむ居酒屋の雑学談義・・・いい時間です。

■「龍。(ろんてん)」(王手門酒造:宮崎県南那珂郡/常圧:大麦・大麦麹・玄麦)25度
by project-beppin | 2005-02-26 00:35 | 旅先の酒と食 | Comments(3)
Commented by shou20031 at 2005-02-26 11:40
美味しそうですね。昨今焼酎の高値を嘆きます。高級焼酎なんてあんおかよ~まったく。嘆かわしいよ!!
Commented by gobra53 at 2005-02-26 19:14 x
ちょっと前までは「ろん」だと思ってたのに「ろんてん」なんですよね。
こだわって芋しか呑まないと決め込んでいましたが、人生を誤るところでした。
最近は、ほんとに良く麦を呑んでいますよ。
「龍。」を呑んだときのあの香りのインパクトだと思います。
もう飲み干してしまったからまた買いに行かなくては。
ところで、「龍。」の原酒が売っていたのですが、今月はもうお金がないです。
でも、今月はあと2日なんですよ。ラッキー!
Commented by 酎州大分 at 2005-02-27 19:56 x
ガツン濃厚タイプは・・・増えましたねぇ。
大分も、宮崎も、福岡も・・・もう麦焼酎のひとつのジャンルでしょうねぇ。

常圧蒸留といっても・・・
「とっぱい」や「安心院蔵 長期熟成(常圧)」のような旨口と
この「龍。」や「兼八」のような濃厚と
大別して2種あるところが・・・麦の味わいの面白いところではないですかね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 仕上げは・・・背脂醤油スープの... 美酒探訪/長岡・・・その壱:『... >>