“老婆心”の“伝説”ホルモン・・・「本宮山」
ここのところ“ビール”、“清酒”、“グラッパ”、“ワイン”と・・・「こらぁ~っ!“麦焼酎”はどこへ行ったぁ~!」というエントリーが続いておりますが・・・日頃は、飲んでるんですよ・・・主に「二階堂」と「西の星」ですが・・・。

c0001578_22303257.jpgそんな日常とは違って、先日の“歓送迎会”・・・今では“予約”しないとなかなか食べることができないという後輩のフレコミで・・・大分市では“伝説”の店と呼ばれている“ホルモン”焼肉屋へ・・・。

場所はJR豊肥線“中判田駅”前・・・店の名前は『本宮山(ほんぐうさん)』・・・。

誘いあった何人かで乗り合わせて行かなければ・・・見つけることができない普通の古い民家・・・古くから、駅前商店の一軒であったことを知らない私どもでは・・・絶対、気づかない店構え・・・。

店内へ入ると・・・「まあ、いらっしゃい・・・」と声をかけてくれたおばあちゃん独り・・・土間に続きの6畳ほどの座敷に座卓をつないで年季の入ったガスコンロが2台置かれています・・・。

いかにも、昔っからの“ホルモン”焼肉屋という風情が・・・割烹着姿のおばあちゃんの白髪頭と足取りに感じられて・・・時間が止まっているような昔なつかしい場所に来たように感じられます・・・。

そんな座敷に総勢10名ほどが陣取り・・・先ずは“ビール”と“ホルモン”・・・ガスコンロの上に置かれたこの凹形に反った鉄板もはじめて見る形・・・おばあちゃん曰く「周りになぁ、お肉を置いて中に野菜・・・そうしたら野菜が焦げん(焦げないの意)で食べやすいからなぁ・・・」と・・・なるほど、確かにホルモンの脂が中に集まり野菜がその脂旨味と馴染んでしんなりと仕上がります・・・。

そして・・・ホルモンの旨味が“クニュプニュ”した焼き上がりになるのを各自が見計らって・・・この店のおばあちゃん“特製”として名高い“つけダレ”で食べたのですが・・・実に旨い!・・・なんとも柔らかく脂旨味がするホルモンと・・・このしっかり濃厚な“泥ダレ”風の“ニンニク醤油”が見事に“マッチングー”・・・(笑)。

口中で滲む脂味に負けない強烈なニンニク香・・・その上、単に摩り下ろしニンニクだけではないなぁ?と感じさせる“秘伝”が・・・タレの甘味に隠されています・・・たぶん・・・。

もう、この“ホルモン”の時点で・・・一同が絶賛・・・この後も、店内が煙るほど“ミノ”、“タン”、“赤身(精肉)”などなど焼き続けながら・・・おばあちゃんにビール瓶の追加やコップ焼酎のおかわりを頼むと・・・腰を屈めた足取りでゆっくり準備してくれる姿を見て・・・思わずこちらが“老婆心”・・・申し訳なく思って、代わりに自分達で手伝ってしまう気持ちになりました・・・。

それにしても、この“ホルモン”と“泥ダレ”の旨さは・・・店の“風情”そのものであるおばあちゃんの“人情”と“老婆心”の味わいだと思えるほど・・・こんオヤジの中でも“伝説”となって生涯忘れない味わいになりそうです・・・。

■ ホルモン焼肉 : 本宮山/大分市中判田

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_2230508.jpgこの店の名の由来は・・・この判田地区の氏神様がある山“本宮山”からだそうで・・・おばあちゃんは、毎朝その山に向って手を合わせているそうです・・・(合掌)・・・信心深いそんなおばあちゃんの笑顔も“味わい”ですよ・・・。

先ずは、卓上コンロに置かれたホルモン焼用“凹形鉄板”・・・3-5mmはありそうな年季の入ったこの鉄板は・・・穴を開けた内側で野菜や肉を焼き・・・周りにホルモンをという焼き方で本領を発揮するとのこと・・・。

c0001578_22311822.jpgおばあちゃんの言いつけを守って・・・ホルモンを周りに配し・・・キャベツと玉葱を真ん中で焼きます・・・。

確かに、ホルモンの脂で艶やかにキャベツと玉葱が・・・実に旨い・・・。


c0001578_3484352.jpgで・・・ここの“コップ焼酎”は・・・有無を言わさず“ホルモン”の定番の2銘柄のみという“健全”さ・・・。

つまり・・・麦焼酎「二階堂」が主役で・・・昔ながらの飲み口の方々には甲類「ダルマ焼酎」ということだそうで・・・素直に“あるべき姿”がそのまま現存していました・・・。

c0001578_3491333.jpg “ホルモン”を食べてしまって、“ミノ”や“タン”を注文したため・・・脂がない状態になってしまったのですが・・・「今どきこんなに厚く切った“タン”を食べさせてくれる店は少ないだろう」と・・・同僚が歓んでましたし・・・それが、また旨いんですから・・・。

c0001578_3493127.jpg“赤身(精肉)”も旨かった・・・。こんなに焦げるほど・・・食べたんですから・・・皆、大満足だったということです・・・。


c0001578_3495027.jpg“舌代”と書かれた“お品書”・・・昔から貼り替えていない証拠に清酒は“二級酒”、“一級酒”、“特級酒”という3区分のまま・・・それも、庶民的に“二級酒”が先に書かれているあたりが“ホルモン”に相応しい酒をわきまえている客がいたことの証しですね・・・。

「昔は、この辺りん人も、よう来ちくれよったんよなぁ・・・近頃は、少なくなったぁ~・・・(私も)病院行ったりするもんじゃから・・・電話してもろちょった時だけ、(夜は)店を開けるからなぁ・・・」と・・・。

“予約”をして尚且つ、“特注取り寄せ”しておかないと味わえないのが“豚足”だそうで・・・今度は、“豚足”と“甲類コップ”で・・・味わいたい店でした・・・。

食べ終わって席を立つのも“老婆心”・・・皆で皿やコップを集めてまとめ上げたところ・・・粗品と書かれた“熨斗(のし)紙”のついたネーム入り“タオル”をいただきました・・・。

最後にまたまた“老婆心”ながら一言・・・電話“予約”をしたくなった方・・・おばあちゃんが受話機をとるまで・・・長めにコール回数を数えて下さい・・・。

それと・・・翌日は・・・この“泥ダレ”の匂いが残っています・・・(笑)。
by project-beppin | 2008-04-27 22:32 | 美食の街 | Comments(15)
Commented by たんめん at 2008-04-28 07:59 x
こちらのお店、別な方のブログで拝見して気になっていましたが、HDD がイカレてしまってたどり着けず。_| ̄|○
でも設備的には古いから仕方ない面(トイレ)もあったとか聞き及んでいます。
ホルモン好きな当方としてはぜひとは思うものの、ひとりでは難しいでしょうね。
感動が伝わってきました。ご馳走さまんさ。(笑)
Commented by 酎州大分 at 2008-04-28 22:28 x
たんめんさん・・・ここも“九丁目の八ちょう目”並に凄いということです・・・。
その“伝説”のトイレも・・・大正か昭和初期化という“ポストモダン”さが・・・“リング”の“貞子”にも会えそうで・・・今から、夏にかけてがよろしかろうと・・・(笑)。

お一人なら・・・昼間に先ずは“持ち帰り”用生ホルモンの“袋買い”というのもよろしいのでは・・・。そこで、おばあちゃんと食べていい?という交渉を・・・楽しむのが、これまた“味わい”です・・・。

このような“ホンモノ”の“ホルモン”は・・・今では“店食い”できるところが少なく“袋買い”(生肉 持ち帰り)になってますが・・・別府なら“友永パン”近くの「さわ政(さわまさ)」・・・大分なら此処でしょうね・・・たぶん・・・。

やっぱ、このおばあちゃんに向って「ビール2本持ってこーい!」とは・・・なかなか言えないんですよ・・・そんな、ばあちゃんの“味わい”です・・・。
Commented by 笹 一角 at 2008-04-28 23:09 x
酎州大分さん、今晩は。
使いこまれた穴あき鉄板で焼くホルモンの、じりじりと焼ける音が伝わってきそうです。これはいい!至福のホルモン焼きですね。
この店の豚足は、本気を出した豚足らしい豚足の予感がします。いい店ですね。宴席に合流したくなります。
Commented by たんめん at 2008-04-28 23:50 x
あ~やっぱりそうですか。お袋が帰省した息子の面倒を見るような雰囲気でしょ、弱いんだなぁ、もう親がいない身には。
たいして量も買えないし、逆に迷惑かけそうですわ。
赤い看板に「ホルモン焼き」と書かれた「さわ政」、昼から暖簾が下がっていて、一種おどろおどろしい。
経営者のおじいさんのお孫さん(店にいる女性の弟さん)とお風呂でよく会います。(笑)
持ち帰りは半額だと聞くものの、何の値段から半額なんだ?もともと持ち帰りと店で食べるのとは値段が違うんじゃないのか?と思いつつ、未確認。
今日は佐伯の福寿しで昼に少しつまんで、延岡で「ホワイト餃子」食ってきました。
あの内容と値段だったら、金太郎でよかったかなぁ。(爆)
散在だぁ。_| ̄|○
Commented by 酎州大分 at 2008-04-29 08:55 x
笹さん・・・おはようございます・・・使い込まれた独特な凹形鉄板がきれいに磨かれ・・何の違和感もなく置かれているコンロを見ただけ・・・既に“勝負アリ”でした・・・(笑)。

もう、このおばあちゃんの“仕込み”の情景も伝わってくるようで・・・昔ながらの肉の“下ごしらえ”・・・手間がかかろうが、手と体がに染み付いたやり方で・・・きっちり“ホルモン”の旨さを引き出しています・・・。

そうなんですよ・・・その“豚足”食べてみたいんです・・・。たぶん・・・お客の食べる姿を横で見ながら・・・「豚足はなぁ・・・」と素材の吟味や焼加減など“老婆心”を語ってくれるんじゃないかなぁ?・・・そんな“まっとう”な豚足だと思います・・・。

“蛇足”ですが・・・昭和の“世間偉人”ですね・・・“豚足”以上の“味わい”があると思います・・・。
Commented by 酎州大分 at 2008-04-29 09:09 x
たんめんさん・・・そ、そんとおり!・・・面倒かけてるドラ息子の胸中をひしひしと味わえるんです・・・(笑)。

もうね・・・おばあちゃんにしてみれば・・・売り上げじゃあなく・・・“人様が食べたい”とわざわざお越しくださる・・・という境地ですから、気にせず行くがよろし・・・ですよ・・・。

2年ほど前だったか・・・「さわ政」のおじいちゃんも・・・店でコップに甲類注ぐ時はまだ、手元がピシャっとしてましたよ・・・あの店で居るのがじいちゃんの半生であり、自負ある自分の居場所だと・・・無言のうちに語っているようです・・・。今でも・・・「ホルモンは“さわ政”やな・・・」という、生粋の別府人のご贔屓が顕在ですから・・・。

あらら・・・金太郎・・・既にたんめんさんの方が“ご贔屓”ですね・・・(笑)。
Commented by たんめん at 2008-04-29 10:04 x
ああ、またそんな話を聞くと「さわ政」行きたくなっちゃう。
5/6 は休まないって書いてあったから、ぜひ…あ、仕入れる市場が休みだったら物がよくないかな?

たまーに(なぜか外開きの)サッシドアが開いていて中が見えるんだけど、場末の駅前の食堂みたいでしたよ。彡(-_-;)彡
ご近所さんのたまり場になっていそうで、ハードル高くないですかねぇ。

もの的にはどんなものがあるんですか?
タン・てちゃん・アカセン・レバー(あれば生レバー)・生センマイがあれば他はいりませんが。((o〃∇〃))

金太郎はその後行っていませんが、佐伯で五千円近く出すんなら、満足度とお手軽さ、精神的な余裕で金ちゃんの方がいいなと。
その時いたご常連さんは「別府?別府の寿しはダメだ。ここへ来た方がいい。あんた、いい店に来たよ。マグロが好きなら大和田がいいの置いてるけど、マグロ以外はたいしたものないな。別府であとの店はダメだ。」
その方、「現代寿し事情」には詳しいのでしょうね。( ̄∀ ̄)
上寿し¥2400( 8 貫)+お好みで、ボタン海老(頭の塩焼き付き)+小肌+金目鯛(各 2 貫) で¥4310 でした。
世界一の寿しは安くない。_| ̄|○
嗚呼、金太郎…。
Commented by 酎州大分 at 2008-04-29 21:26 x
またまた、たんめんさん・・・ホルモン“さわ政”・・・最近は、ほとんど皆が“袋買い”持ち帰りだと思います・・・店内で食べてる方は、あまり見かけませんね・・・ハードルは高いはずです・・・。もちろん、漬け込みホルモンとタンと赤身(精肉)ぐらいだと思います・・・。で、ここは・・・ホルモンですよ・・・。

そうですか・・・素材と技を込めた8貫にぎり・・・旨くないと怒りますよね・・・この価格の寿司屋は、そりゃぁ“旨くて当り前”です・・・。
金太郎なら・・・その8貫分で、48貫ですね・・・。そちらのご常連さんは、ダメだと云わないと・・・アイデンティティーが崩壊しますからね・・・(爆)。

私も・・・それだけ大枚叩いたら・・・それなりの寿司も旨く感じると思います・・・。
Commented by たんめん at 2008-04-29 23:53 x
確かに、評判に頭がかく乱してしまって、ある種の「うまいんだぞここは症候群」になっていたかも。
でも(高かったけど)けして内容は悪くはなかったんですから、そこんとこは誤解のないように。(コスパはあの立地と店構えでは ” C ランク ” だけどねぇ。)

マグロは厚切りでちょっと色気がない切り方。
アワビは蒸しアワビで、生の ” コリコリ ” が好きなたんめんには残念。_| ̄|○
さよりは長いのをくるっと丸めてあって、まあ、いいかなとかね。

最後にお会計した後、「また来ますわ。今度はひとりでも電話して来ますんで。」と言ったら、若い板さんが店の名刺を出そうとしたのが見えたんです。
でも大将はその名刺を手でさえぎって、いらないってサイン出した。
それを見たら、「この客はどうせ来るわけねぇよ」って言っているように感じられたんですわ。
とっても気分を害しましたよ。
常連さん以外の一見客にも親切な雰囲気ではあったけど、やはりどこかに客を見下していて、「オレんとこが佐伯では一番、つー事は世界一の寿司屋だ」っておごりにもつながっている気がしたんですよね。
まあ、たんめんの勘違いでしょうけどね。(笑)
Commented by たんめん at 2008-04-30 00:06 x
さわ政…イマドキはやりの、レアなホルモン屋ではないから、種類が少なくても仕方ないでしょうね。
昭和 50 年代までは、レバー・ロース・カルビ・キムチ・わかめスープ・ビビンバ・ご飯 くらいしかない店、沢山ありましたよ。

ここは多分、終戦後の闇市の雑踏の町はずれで、朝鮮人がカンテキ(七輪の関西での呼び方)で牛や豚の内臓を焼いて、マッコルリを茶碗でがぶ飲みしていた時代の雰囲気に通じるのかなと。(勝手な想像デス)
焼肉…別府では駅近くの「一力」と「元相」のお昼のランチ ♪ しか経験がありません。
三重県松阪市では、松阪牛の焼肉屋がありますが、ほとんどの店が甘い味噌だれが予めからめられた肉を出すんですよ。
少しすると口が甘ったるくて飽きてきちゃう。
一般的でない事なのに、地方によってはそれが普通だったりするのがありますからね。
別府は特にそういうのはなさそうですね。

さわ政、近いうちにぜひ行って来ます…。(今夜行くつもりだったんだけどね(´Д`lll)
Commented by 酎州大分 at 2008-04-30 22:09 x
たんめんさん・・・「うまいんだぞここはシンドローム」の欠点・・・店は、そんなこと知りませんからね・・・気分を害され、よほど、吐露したいことがあったんでしょうね・・・。心中お察しいたします・・・。自負する技も客の見定めも・・・寿司職人の力量というものだとすると・・・客として歓迎されない部類の人種であろう私などは・・・(誘われてなら別ですが、)懐具合も含めて自ら寄りつことがないと思います・・・。そんな境遇の私の手の届く範囲のものしか・・・ここには出てこないということで・・・(笑)。

さわ政・・・もう、妄想の如くイメージが膨らんでいるようですが・・・おどろおどろしいか?戦後の闇市か?も含めて・・・仰る(勝手な)想像が当たっているかどうか?も・・・当たって砕けろ!です・・・ちなみに、さわ政の営業時間は午後5時過ぎまでです・・・。

おじいちゃんの・・・半生としての“人様が食べたい”とわざわざお越しくださるありがたさ・・・に、体力的にもお昼だけとなっているのではと・・・。そんな、店なんですよ・・・たぶん・・・。
Commented by たんめん at 2008-05-02 08:21 x
昨日、さわ政行ってきました。
14 時ちょっと過ぎ、家から徒歩で向かう。
意を決して(笑)入るとお客はなし。やったね。\(^^\)(/^^)/
” モボ ” みたいな小柄な男性が椅子に座っていた。店主さんかな。

たん「食べられますか?」
おねぃさん「今日はもう終わりなんですよ。」
た「え?何時までなんですか?」
お「いつもは 6 時くらいまでなんですが、今日はちょっと…。」
た「そうですか、また明日、あ…後日出直してきます。」
お「あのぉ~…。連休中は店で食べられないんですけど。」
た「…あ、…あ、…そうなんですか。また来ますぅ…。」
_| ̄|○

見事さわ政デビューならず。撃沈。
チラと見た限りではタン¥500 しか記憶にないくらい意気消沈しておりました。
オワタ \(・∀・)/

(友永パン屋も 5/3 から 5/6 まで休むと書いてありました。)
Commented by 酎州大分 at 2008-05-02 22:59 x
たんめんさん・・・残念でしたね・・・ここのところ、中で食べたという方の話もありませんし、見かけませんから・・・“持ち帰り”専門?になったんじゃぁなかろうかと・・・やっぱ、おねぇさんのハードルは高いですね・・・買って帰ることが次なる味わいの楽しみと捉えることも・・・寛容かと・・・。

でも、お風呂で会うという弟さん?と一緒に・・・という手もあるんじゃないでしょうか・・・(無責任な発言、お許し下さい・・・)。
Commented by たんめん at 2008-05-02 23:19 x
あ、その弟さんとはお話もしたことありません。_| ̄|○
他の入浴客と話をしているのを聞いていただけですから。゜(゜´Д`゜)゜

連休中はやっていない。 と言う言葉を信用して、連休明けにでも再度突撃する覚悟でございます。回天か!?(笑)
家で食べるのはたやすい事ではありますが、現実にはベタベタ煙もくもくで…。
やはり焼肉は店か野外というのがいいと思います。
こちらとしては(勝手に)貸しを作っているつもり(笑)なので、もう一度行けば何とか食べさせてくれるのではと。(本宮山と同じ考え方?)
時には21時過ぎでも、予約客と思しき日との嬌声が聞こえていることがあると、知り合いが散歩中に目撃したという話もあるので、まだ店の中での飲食は可能だと信じたいですね。
あの日は歩いて行ったので金太郎は遠すぎたし、一休みは相変わらず常連さんが多くて断念。
穴場で空いていて、味も価格も確実なところを新規開拓しないとならないですね。
Commented by 酎州大分 at 2008-05-03 00:15 x
またまた、たんめんさん・・・チャレンジ精神旺盛でなにより・・・。飲食にありつけたときは、是非ご感想をお聞かせ下さい・・・。

新規開拓の隠れ屋的穴場・・・期待しています・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 丁寧な“仕立て”のほど好い懐石... “リンゴ酸”味の辛口白ワイン・... >>