“佐賀関”紀行(その2)・・・海と空の天望所“海星館”
道の駅“さがのせき”から製錬所の見える“佐賀関港”を通り過ぎ・・・“関崎”の突端へと山道を上って車を走らせます・・・。
c0001578_10494661.jpg

c0001578_10473669.jpgめざすは・・・“関崎海星館”・・・林間を抜けて山頂へと上りきると視界と眺望が開け・・・左折する案内板の向こうに・・・新緑の稜線に沿って海と空に溶け込むような青い天文ドーム屋根が見えます・・・。

ここからの“豊予海峡”の眺望・・・沖に浮かぶ“高島”と・・・水平線に霞んで見える四国最西端の“佐田岬半島”・・・晴天であればこその絶景でした・・・。

それから忘れてはならないのが・・・一般開放施設の天文台としても最先端であるという“天望所”・・・。

丁度、この連休中は・・・“鯉のぼり”とともに“関鯵・鯖のぼり”もお目見えしていて・・・オヤジ独りじゃ“もったいない”体験学習を楽しませていただきました・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_1134384.jpgこれが“関鯵・鯖のぼり”じゃ~!というノリでお見せしたかったのですが・・・この日は、ほとんど無風・・・“一夜干”状態で吊るされている・・・というのが正解でした・・・(笑)。

c0001578_11342047.jpgどちらかというと・・・“関鯖”のぼりの方が・・・ひょうきんな表情です・・・。

c0001578_11343648.jpgゲートを潜って施設へ向いますが・・・“地モノ”のレストラン“あまべ家”が併設されていて、“関鯵・関鯖定食”もありましたよ・・・(ここも混みあっていました・・・)。

c0001578_11345482.jpgそして入場料を払って“海星館”内へ・・・生涯学習施設の天文台ということからして、宇宙や太陽系の惑星と地球のことなど・・・一般者にも馴染みやすくする展示パネルでのご紹介・・・。

c0001578_1135842.jpgその奥が“豊予海峡”の展望所となっていて・・・南側(向って右)は臼杵湾や四浦半島、長目半島、鶴見半島などの“日豊海岸国定公園”・・・東側(正面)は高島と“速吸の瀬戸”と四国“佐田岬半島”・・・北側(向って左)は別府湾の向こうに“国東半島”・・・。

c0001578_11352390.jpgこの沖に浮かぶ“高島”を中心に“関もの”と呼ばれる漁場が広がっているとのこと・・・。また、あの“くろめ”もこの高島周辺のモノが“珍重”されています・・・。

c0001578_11353752.jpg今では“夢のまた夢”となった“太平洋新国土軸”構想の名残りのパネル・・・和歌山から四国を横断してこの海峡を渡るという“豊予海峡大橋”・・・色褪せてしまいましたね・・・。

c0001578_1135533.jpg中央にある階段から“天体観測施設”へと上ると・・・

c0001578_11363190.jpg丁度、日中の“天体観測”の体験参加と解説が行われていました・・・。

オヤジも他の方々とともに参加・・・懇切丁寧に太陽の“プロミネンス”や“黒点”観察を参加者全員に体験させてくれるだけでなく・・・“金星”や“シリウス”なども綺麗に見せてくれます・・・。

その上・・・この観察指導員のお兄さんが結構“イケ面”~!・・・(笑)。

c0001578_11365025.jpgで・・・その観測指導員のお兄さんから習ったこと(で・・・憶えていること・・・)
 ●プロミネンスは、地球の数十倍も噴き上がっているんだよ
 ●今年は太陽の黒点をほとんど見ることができない時期なんだよ
 ●金星は今、太陽の近くに見えて地球からは遠いところにあるんだよ
 ●シリウスは、最も明るい星で8年前の光りを今(ここで)観察できるんだよ
・・・などなど・・・結構、本格的な学習効果がありますよ・・・。


c0001578_1137890.jpg回転するドームとコンピュータ制御で正確に星を捉える天体望遠鏡・・・この夏は、愚息どもと夜空の向こうに挑戦したいと・・・。

c0001578_11372225.jpg施設外からの眺望も・・・絶景中の絶景・・・素晴しいです・・・。

c0001578_11374292.jpgここから・・・“関崎灯台”を巡って“海岸”まで下りる散策コースへと向いました・・・。
by project-beppin | 2008-05-06 11:38 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
Commented by たんめん at 2008-05-06 14:45 x
連休中なのに意外に穴場なんですか?
天体観測にふさわしい環境なのかはわかりませんが、周りには何も明かりの発生源はなさそうですね。
夜に来たら怖いくらい?(笑)
日本人はなんちゃら彗星が来るという時夢中になるだけ。
火星の時の盛り上がりももう冷め切っておりますね。
暫定税率復活するなら、橋を架けろ!(笑)
Commented by よかおとこです at 2008-05-07 21:51 x
こんなよか天気のドライブは、そりゃ~気持ちよかったでしょうね(*^-^*)

同じ日かな?
オイはこっちの稲佐山ってとこに足を伸ばしたんですが、こっちはガスがひどくて、とてもとてもこげな眺めは見られませんでした(>_<)

天文台って、昼間でも星が見えるんですか?
それは知らんかったです^^;

あ~でも、の~んびりとした、よか休日を過ごされてますね!
オイも関鯖食べてみたかなぁ~(^∇、^ ) ジュル
Commented by 酎州大分 at 2008-05-08 00:05 x
たんめんさん・・・実に素晴らしい穴場中の“穴場”ですね・・・(笑)。
大分は・・・九州では年間の総日照時間が長いということからしても・・・晴れた日の夜に灯りが全く無いこの環境は天体観測にはもってこいですね・・・。来年には90%隠れる日食も6分間あるとのことで・・・この天体観測施設は、行って良かったと満足できました・・・。
オヤジはこの歳でも・・・星に願いを・・・です・・・(爆)。

橋・・・架かれば、大分は九州府の府都になる可能性があるほど・・・地政学的な意味があるんですが・・・暫定税率じゃ足りないとか・・・。

Commented by 酎州大分 at 2008-05-08 00:14 x
よかおとこさん・・・もう気分は“織田裕二”でしたね・・・「地球に生まれてよかったぁ~!!!」というほどのドライブと絶景でしたよ・・・。

アベックも“タイタニック”の名シーンを再現してましたし・・・(古!)・・・。

天文台・・・そうなんですよ、昼は太陽やその他の観察できる星を見せてくれるんです・・・今度、是非彼女と・・・こちらへお出かけください・・・。

のんびり出来たのですが・・・足が笑うほどアップダウンしました・・・(笑)。
関鯖・・・買って帰ろうかと“漁協”関係の直売店に行ったんですが・・・1匹売りしかなく英世4枚近くして・・・断念しました・・・。今は・・・鯖より鯵とイサキです・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “佐賀関”紀行(その3)・・・... “佐賀関”紀行(その1)・・・... >>