“佐賀関”紀行(その5)・・・“日豊海岸国定公園”の“コントラスト”
“関崎”散策の“自虐的”ハイキングを終えて(笑)・・・“海星館”駐車場を15時頃に再出発・・・県道635号“佐賀関循環線”を南下しながら“日豊海岸国定公園”の海岸線に沿って走ります・・・。

c0001578_445127.jpgその眼前に広がる海は“臼杵湾”・・・沖に浮かぶ“無垢島”や“長目半島”・・・そのまた向こうに遠望の“保戸島”や“四浦半島”が霞んで見えています・・・。

沖に浮かぶ“小島”・・・入り組んだ渚の“浜”・・・岩礁が突出した“崎”・・・海面の青さと陸を覆う新緑・・・幾重かに重なるように続くこの眺めの奥行き・・・。

そんな“シーサイドロード”を走っていると・・・“崎”を曲がるだけで“浜”の“色”が変わる不思議な“浜”景色があって・・・これが、有名な“黒ケ浜”と“白ケ浜”の“コントラスト”・・・。

“黒ケ浜”は、“日本の渚百選”にも選ばれたというその名のとおり真っ黒な浜・・・碁石のような“蛇紋岩”が砕かれてできた“礫(れき)浜”で・・・平安時代から伝えられているほど珍しい浜景色だそうです・・・。

“白ケ浜”は、一般的な砂浜に見えますが・・・こちらも泥質片岩の一種“石墨絹雲母片岩”が波などによって“礫(れき)浜”となったものとのこと・・・。

その“黒ケ浜”にほど近い“崎”にあるのが・・・“ビシャゴ姉妹岩”・・・↓(画像をクリックすると大きく別表示します。)
c0001578_446639.jpg
この岩にも・・・黒砂(いさご)、真砂(まさご)という2人の姉妹の“海女伝説”が伝わっています・・・。

そんな風景を楽しみながら、ゆっくりと車を走らせると・・・“潮風”と“緑風”の“ランデブー”も楽しめました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




“海星館”から“関崎売店”を通り過ぎ“佐賀関循環線”を南下すると・・・海が見えるとこの景色・・・沖合い左手側に臼杵湾に浮かぶ二島の“無垢島”・・・その奥に“保戸島”と“四浦半島”・・・右手前の小島が“蔦島”・・・その右奥に崎に隠れながら浮かぶ臼杵湾の“津久見島”・・・その背後が“長目半島”という“日豊海岸国定公園”の島と半島が重なる海景↓(画像をクリックすると大きく別表示します。)
c0001578_6123118.jpg

c0001578_6133037.jpg中央右奥の入り江こそ・・・“黒ケ浜”です・・・。

c0001578_6214150.jpg“黒ケ浜”・・・この渚風景を見た瞬間は・・・その黒さに違和感を覚えないのですが・・・

c0001578_6145543.jpg“投げ釣り”と“浜焼き”で過ごすグループの日当りを見ていると・・・海岸の照返しが少ないかなぁと・・・思うのであります・・・。

この季節は、ゆっくりのんびりできる浜風景ですが・・・真冬は、“寒風”吹き荒ぶこの浜が“クロメ”の作業場となることも・・・忘れてはならないと思います・・・。


c0001578_6151213.jpgで、この“ランド・落書き”で・・・実感・・・。

黒い“蛇紋岩”の小石砂利に混じる白い小石だけを集めて・・・たぶん“2008.4.9”とここを訪れたであろう“日付”を作った“ランド・落書き”・・・黒い浜とのコントラストが一目瞭然・・・。

c0001578_6154562.jpgこれが・・・“日本の渚百選”を伝える看板・・・後ろに“ビシャゴ姉妹岩”が見えています・・・。

c0001578_616891.jpg“黒ケ浜”の臼杵湾内側となる“崎”から離れて浮かぶ・・・岩礁・・・。

注連縄を渡し、鳥居のある“黒砂(いさご)、真砂(まさご)”を祀る景勝でもあります・・・↓(画像をクリックすると大きく別表示します。)
c0001578_6164347.jpg

c0001578_617446.jpg“小黒漁港”側から見た“ビシャゴ姉妹岩”・・・背後には“高島”と“佐田岬”・・・。

c0001578_6173751.jpgそこから・・・“小黒漁港”を過ぎて次に見えた浜が“白ケ浜”・・・やっぱり、こうしてみても“白黒”ついてますね・・・(笑)。

c0001578_6175690.jpg“崎”を回った道沿いから眺める臼杵湾・・・正面奥の半島の稜線に白く剥き出しになった山肌・・・そう、津久見の“石灰石採掘”の山肌です・・・。

美しいと素直に思います・・・。
by project-beppin | 2008-05-14 06:08 | 大分の風土・行楽 | Comments(6)
Commented by たんめん at 2008-05-14 18:53 x
今はそれほどでなくても、やはり盛夏となれば人出も多いのでしょうね。
台風とかの漂流ゴミなども含め、いつまでも美しい海岸であって欲しいですね。

ps:金太郎、価格 & メニューがかなり変わりました。
¥99 が → ¥109 になっていました。_/ ̄|○
価格はいいけど、メニューのラインナップが減ったような…。
Commented by 酎州大分 at 2008-05-16 23:00 x
たんめんさん・・・リコメント遅くなり申し訳ない・・・。

G.W.と云えども・・・夏の子供達のロングバケーションや海水浴シーズンの頃とは・・・人出は確かに違うでしょうね・・・。

まァ・・・台風とかの後は浜に打上げられるゴミも多いでしょうが・・・この近辺にまだ人が居て浜や海と関わる暮らしが営まれているからこそ・・・美しい海岸線の風景を楽しめるのかもしれませんね・・・。

私も聞きました・・・その話・・・たんめんさんの金太郎想いが通じたようで適正価格に近づいただけだと・・・私は認識しているのですが・・・。
でも・・・回るすし屋の価格で回らない寿司屋の味だと・・・許容できます・・・(笑)。
Commented by たんめん at 2008-05-17 00:48 x
こんばんは。
日本人は、目の前の美しさを当たり前だと勘違いしている節がありますよね。
誰かが苦労して維持していることにも、きちんと目を向けないといけません。

金太郎、レジで少し話をさせていただいたのですが、” 回っていない ” から苦戦しているのだとか…。
ちびっ子のいる家族連れには、” くるくる ” した方が受けがいいんだという話。どこで世間の考え方はおかしくなったんだろう。
ネタが最初からズリ落ちているような、” 寿司モドキ ” のと比べれば、よっぽどキレイな仕事で ” 寿司らしい ” のに人気がなくて残念です。
値段は¥126 までは許容範囲ですし、^^; ¥109 (たんに ¥99 +¥10?)ではなく、¥110 でよかったと思いますよ。
火曜日のお昼とはいえ、お客さんはお母さんと幼児の 2 人だけでした。
その後ひとりだけ新規に来店という具合、いろいろ何かで口コミ宣伝してあげないとダメじゃないかなぁ。

前回訪問時の画像が、HDDがイッテしまって消失、その時の記憶の品数よりもかなり少なくなったような。
その代わり、鰤、平目、鯛のお味噌汁、各¥280 登場してました。(笑)
いつかは 『 本まぐろ大トロ 1 貫¥525 』 を頂きとうございます。
Commented by 酎州大分 at 2008-05-17 14:50 x
またまた、たんめんさん・・・余程、語りたい何かがあるんでしょうね・・・金太郎・・・。

私に・・・その金太郎情報をお知らせいただいた方によると・・・106円だとか?・・・。その上(夜に行ったらしいのですが)満席で、注文して50分待ちだったとか?・・・。

昼夜の違いはあるでしょうが・・・一昔前よりも増えてるようですよ・・・。
Commented by たんめん at 2008-05-17 23:47 x
そうですか、けっこうお客さんはいらっしゃっていたのですね。
ひと安心です。
でも 50 分は待てないなぁ。(笑)
多分、こちらのブログを見た方の、数珠繋ぎ口コミですよ、うん絶対そうだ。(爆)
Commented by 酎州大分 at 2008-05-18 09:08 x
たんめんさん・・・確かに50分待ちは辛いと思います・・・適度が何よりです・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “佐賀関”紀行(その6)・・・... “佐賀関”紀行(その4)・・・... >>