“佐賀関”紀行(その6)・・・“小黒漁港”の“ひじき漁”
“ビシャゴ岩”の先にある“小黒漁港”を通り過ぎようとしたところ・・・この黒い“干し場”の風景がありました・・・。

c0001578_16201371.jpg車を停めて、近寄るまでは・・・漁網を乾しているのかと勝手に思っていたんですが・・・近づいてみるとどうも違う・・・。“海藻のようだけど?”と・・・この時は、まだその程度・・・。

近くにいた“つば付の日よけ頭巾”を被ったおばあちゃんに・・・「おばちゃん、これ何、乾しちょん?」と訊ねると・・・
「えっ、こりゃアンタ・・・“ひじき”っちゃ・・・」と・・・

そのおばあちゃんの話を聞けば・・・冬が“クロメ”で、この時期(春)が“ヒジキ”・・・初夏の“テングサ”と・・・こうやって“海藻”を採るとのこと・・・。

3月から始まった“ひじき”づくりの浜作業・・・“黒ヶ浜”一面に広げられる収獲後の“干し場”景が“黒い浜”でもあると・・・後から知ったのであります・・・。

色艶のよい日焼けした顔に・・・額から目尻や頬に深く刻まれた皴が印象的なおばあちゃん・・・この浜で暮らすその“生き様”そのものが語る“ひじき漁”のこと・・・その語った言葉が、正に“関モノ”に隠された“真言”なのでありました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_1754035.jpg「朝からなぁ、こうしち茹でちなぁ・・・火見ち“塩抜き”しちょるじゃろ・・・一んち(一日)しち、あんくらいじゃからなぁ・・・」と・・・この使い込んだ“煮釜”の前で話してくれます・・・。

「ああしち干しちなぁ・・・干すんも天気が良うなくりゃ乾かんじゃろ・・・そこんは、今朝干しちまだ干し終っちょらんけなぁ」と・・・。

「あんたちゃなぁ、水で戻して簡単に“ひじき煮”じゃっち、食べよんじゃろぉけんど・・・刈っち帰って、浜で“乾し”ち、いっぺん“取り込む”じゃろ・・・そんあとで腐らしちゃ何もならんけなぁ・・・また、それをこうやってそこん小屋で“水洗い”しちから“茹で”ち、一んち“干し”ち・・・乾いたら“軽う”なってこんだけじゃぁけなぁ・・・こげん“手間”ぁかかっちょんなんち、知らんじゃろぉなぁ~・・・」

その“ひじき漁”の“真言”に・・・ただ、ただ頷きながら聞き入るオヤジは・・・心の中で“合掌”する想いでした・・・。

c0001578_17541799.jpg「それでん、こん“浜”ん仕事ん日は、まだいいんよなぁ・・・また、何ち(何日)かしたら沖ん“島”まで船で出ちって(ひじきを)刈ってくるんじゃ・・・。で、刈ってみない・・・もう、重うちなぁ腰やらるるんじゃ・・・じゃぁけん、こん辺りんしは、皆~んな“病院”通いなっちょっちなぁ・・・」とも・・・
(参考:山口県“祝島のひじき漁”)

この“生き様”が語る“真言”・・・“関モノ”は“鯵”、“鯖”だけにあらず・・・このおばあちゃんが刈った“くろめ”も“ひじき”も“てんぐさ”も・・・正真正銘の“関モノ”です・・・。
by project-beppin | 2008-05-17 16:23 | 大分の風土・行楽 | Comments(10)
Commented by 笹 一角 at 2008-05-17 20:49 x
酎州大分さん、今晩は。

ヒジキの山。わたしのような海藻好きにはたまらない浜ですね。
ヒジキやワカメは別として、地方性の高いマイナーな海藻はチャンスを見つけて制覇していますが、すこし前に「道の駅 さがのせき」で紹介されてたクロメは未経験なので、噂にきくトロトロ風味を味わいたいものです。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2008-05-18 02:18 x
知りませんでした。若布といえは「鳴門」と思っていましたが
なんと、佐賀関。ですか。思わぬところにあるものです。

■確実に大分県は日本一の「食材」県ですねえ。
まさに自慢できますよ。

・この食材を生かす「酒」「焼酎」が旨くないはずがないですよねえ。

「こん、若布ん酢ものじ、いっぺえのみてえのう」
こん若布に合う「酒」は、萱島酒造がここの
鰈屋(カレー屋ではありません)さん向けに
造っている「日本酒」でしょうか?

酒徒は「酢の物」を好む!
地方も「酢の物」を好む!

「若布の酢の物バンザイ、バンザイ、京都もオバンザイ!」
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2008-05-18 02:22 x
あとで気づく。間違いでした。
鰈屋さんは、日出。

肘をついて書き込みよったら、違うちしもうた。
それとん、「ひもじ」かったんじゃろうか。
ようわからん。です。
Commented by 酎州大分 at 2008-05-18 09:05 x
笹さん・・・おはようございます・・・。

ひじき・・・メジャーという意味では、九州でも壱岐などが有名のようですね・・・この速吸の瀬戸のひじきもご記憶に留めて置いてください・・・。

地域性のマイナー海藻・・・佐賀関の“クロメ”も是非ご賞味下さい・・・。
“乾燥クロメ”をお湯で戻すタイプもあります・・・。
Commented by 酎州大分 at 2008-05-18 09:15 x
HAKUDOU師匠・・・佐賀関も国東も・・・良質な“ひじき”や“わかめ”が採れます・・・。“潮間帯”の海藻が生えている海は・・・豊かな海ですから・・・。
どちらかというと・・・佐賀関の“くろめ”と“ひじき”・・・国東の“わかめ”ということでしょうか・・・。
http://www.hijiki.org/html/content/habitat.html
Commented by 酎州大分 at 2008-05-18 09:49 x
師匠・・・肘つきで“若布”ん酢のモンこつ、考えちょんけん・・・わしゃぁ、“肘鉄砲”喰ろうちしもた・・・(笑)。

日出の“城下かれい”に合わせる清酒は・・・西の関の“冷酒”系かもしれませんね・・・。焼酎はもちろん日出は二階堂“吉四六”でしょう・・・。

この佐賀関の“ひじき煮”や国東の“わかめ酢物”に合わせるのは・・・清酒は“ひや”か“ぬる燗”でしょうな・・・西の関、松の露、一乃井手、宗麟、倉光などなど・・・。焼酎なら・・・石仏、減圧常蔵、とっぱい、十王などなど・・・。

恵みの食材を地の味付けで・・・地の酒と・・・これが失われないことが“豊か”ということでしょう・・・まだまだ、大分は“豊の国”です・・・。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2008-05-20 20:29 x
まこと。すげ江郷里じゃあ。
こげな「地」の恵みんすげえとこは、ねえのう!
見事じゃあ、大分。

膝がいてえ、おお痛!

ははは、のは。

豊後麦に帰結!
Commented by 酎州大分 at 2008-05-21 00:13 x
HAKUDOU師匠・・・「地」の恵み・・・アジ、サバ、イサキなどの魚の肴も好いですが・・・こういうおばあちゃんの“真言”を聞くと・・・海の暮らしの中で腰を痛めながらも得る恩恵に与っているんだと・・・ヒジキ煮を見ると思い出すようになってしまいました・・・。

麦焼酎と・・・“ヒジキ”煮や酢醤油“クロメ”の肴というのも・・・豊後麦かと・・・つくづく思う今日この頃です・・・。
Commented by ココロの樹 at 2008-05-28 17:34 x
面白かったのでランキングしときました。もっとランキング上位でもいいのにね。これからも大分のPR、がんばってくださいね♪
Commented by 酎州大分 at 2008-06-01 13:53 x
ココロの樹さん・・・はじめまして、ランキングのクリックいただけたのでしょうか?ありがとうございます・・・。

ランキング上位になれるよう・・・エントリーアップの頻度を高めたいのですが・・・ご容赦下さい・・・大分のPRになっているのかどうか?・・・精進いたします・・・。

これからも・・・機会がありましたら是非・・・お立ち寄り下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “トラ吉”v.s.“タカ吉”・... “佐賀関”紀行(その5)・・・... >>