麦焼酎“おばんざい”!・・・あいば「晩酌セット」
“京都”2日目・・・日中は、もちろん出張仕事に専念・・・この日は後輩と別行動と決めて“アフター・ファイブ”の“洛中”徘徊へと・・・。学生時代に京都を訪ねた時の思い出を頼りに・・・まず、三条を下る“イノダコーヒー本店”へ・・・あの頃の店内とはちょっと雰囲気が違っていて吃驚しましたが・・・あの何も云わなければ砂糖もミルクも入っている“ホットコーヒー”を懐かしくいただいたのであります・・・。

c0001578_11593618.jpgこのコーヒーを飲みながら・・・「コーヒーの“イノダ”も、ラーメンの“天下一品”も、今じゃ全国フランチャイズのご時勢かぁ・・・」と・・・“京都”という“地方都市”の“庶民文化”を味わっていた時代とのギャップというか・・・20年の“様変わり”を憂う心境に至ったのであります・・・。

そこで思案・・・もう一度、あの頃のように“ガイドブック”も“グルメマップ”も頼らず・・・自らの意思の赴くままの“洛中”徘徊で・・・“地元”店の味わいを探してみようかと・・・。

しばらくは三条から五条にかけての“路地裏”となる“小路”を散策・・・店前の縁台に腰掛け“団扇”で涼む小母さんや旦那さん・・・“ちゃりんこ”に跨って自宅の前を旋回する“町っ子”などとすれ違いながら・・・。

赤提灯“居酒屋”風の何軒かに目星をつけて、そろそろ決めようかと・・・京都の“電気街”と呼ばれる五条から四条へ向う“寺町通り”沿いを徘徊中に見つけたのが・・・看板に“晩酌セット 1,050円”とある“ダイニングバー”「あいば」という名のお店・・・。
見た感じは、町屋を改造した“喫茶店”という感じで-・・・窓越しの店内では“老若男女”が軽く晩酌しながら食事を楽しんでいました・・・。

一度は、通り過ぎ・・・違う“小路”を廻ってみたものの・・・盛りあがる“居酒屋”とは違った“晩酌セット”が気になって・・・結局、退き帰してドアを開けたのであります・・・。

迷わず“晩酌セット”を注文・・・すると“おばんざい”三品と大分の麦焼酎一杯の“一期一会”・・・嗚呼、これこそ・・・酎州大分の麦焼酎“おばんざい”!・・・でありました・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_1212079.jpgカウンターの向こう側・・・このオヤジより“一回り”は若さそうなご夫婦で“切り盛り”しているようで・・・その奥さんがメニューを持って“注文伺い”に・・・
土曜日だったので「“晩酌セット”は今日もありますか?」と尋ねると・・・
「えぇ、いつでもあります・・・お飲み物は?」と・・・
「“麦”焼酎は何ですか?」と再尋問すると・・・
「えーと、“自然麦”ですけど・・・」と、その返答を聞いて・・・
「じゃぁ、それを“ロック”で!」と・・・。

京都で“麦焼酎”とだけ言って出て来るのが・・・あのホロ香ばしい「自然麦」とは・・・嬉しいご時勢ではありませんか・・・!

c0001578_12124640.jpgこの店は“ダイニングバー”ということで・・・日本語に直せば“定食酒場”ですから・・・“おばんざい”の三品とは・・・さまに定食につける“おばんざい”から・・・。

ご自慢の鶏“唐揚げ”・・・下味がしっかりついたコロモのカラリとした一口サイズ・・・このまま食べて旨い味付けです・・・。


c0001578_12123064.jpg“おばんざい”の二品目は・・・“切干し大根”・・・。

こちらは、薄口の味付け・・・丁度いい塩梅ですね・・・。


c0001578_12121552.jpgで・・・やはり“おばんざい”という“呼称”に相応しい“京野菜”の一品がこれでした・・・炙った“万願寺とうがらし”・・・花節に醤油だけというシンプルさが実に好いです・・・。

このとうがらしは、大雑把に言えば大きい“しし唐”・・・香りは仄かに“とうがらし”ですが・・・味は辛味やエグ味のない“オクラ”のようで・・・なかなかのモノ・・・。

これが一番、麦焼酎の“ロック”に合いましたね・・・。

c0001578_12132674.jpg「自然麦」の“ロック”・・・氷が融けかけた頃が20°を割る“飲み頃”・・・麦の仄かなホロ苦さに・・・味わいの柔らかな甘旨口・・・心地“酔い”アルコール感です・・・。


c0001578_12134122.jpg“おばんざい”の晩酌“ロック”・・・“英世”1枚で納得でした・・・。
by project-beppin | 2008-06-22 12:13 | 旅先の酒と食 | Comments(4)
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2008-06-22 19:08 x
なかなかいい味わいのみせですねえ。
氷とグラスの按配、自然麦との相性がいいですねえ。

芋ブームも一服。味わいの麦の出番です。

京都で飲む「豊後麦焼酎」いい感じです。
Commented by 酎州大分 at 2008-06-22 22:06 x
HAKUDOU師匠・・・顔馴染みになれば・・・カウンター席で、この店のご夫婦と話しながらの“晩酌セット”をいただける・・・そんな感じの“地元客”のお店でした・・・。

哀愁はありませんが・・・これから“常客をつくる”店という礎の時期・・・若夫婦で切り盛りしているところが、好印象でした・・・。

そんな店に・・・認められてか?認めてか?・・・麦は、豊後の「自然麦」・・・素直に嬉しかったですね・・・。

流行、廃りのある中で・・・何年後かにこの店で“晩酌セット”なるモノを頼んだとして・・・その時にもこの麦焼酎が出てくればホンモノでしょうね・・・。

銘柄を自慢する焼酎ではなく・・・京都の“地元”の“常客”に認められる焼酎であって欲しいと思います・・・それでこそ、“地霊”の“大分麦焼酎”です・・・。
Commented by syotikure at 2008-06-23 21:57
出張先で地元の焼酎に出会うと、なにやらいつも以上に気分が安らぎますね~。
3年前、富山の焼き鳥屋で偶然出会った、王手門酒造の「龍・」がそうでした。今ではこの銘柄は無くなってしまいましたが、いい思い出になっています。
Commented by 酎州大分 at 2008-06-24 22:02 x
ショチクレさん・・・仰るとおり・・・。
旅先の飛び込んだ店(居酒屋)で、偶然出会う同郷の焼酎・・・その店のご主人と共通の旧友に会えたような・・・馴染みやすさが(一方的に)生まれますね・・・(笑)。

あっ、そうですか・・・「龍。(ろんてん)」は消えちゃいましたか・・・。
あの頃・・・飛ぶ鳥落とす勢いのカッコイイ系のマーケティング戦略で一世を風靡した蔵のガツン系の銘柄ですよね・・・残念だなぁ~・・・。

銘柄・・・ブームが終焉すると無くなる・・・なんてコトがおこり始めているんでしょうかねぇ?・・・「自然麦」は、そうはなって欲しくないんですが・・・なんてったって地元じゃ20°「白藤」という銘柄でもありますし・・・“ブーマー”ではなく“庶民”の焼酎たる歴史を刻んで欲しいものです・・・。

思い出・・・数十年ぶりに、その店を訪ねても現役の定番としてあったという感動も・・・いつかは、同郷の焼酎で味わいたいですね・・・何処かで・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 甘口豚骨醤油の“京都”ラーメン... “鴨川”沿いで味わう“京鴨”・... >>