黒麹常圧の“ブラ・コン”・・・「黒むぎ 杜谷」
いやぁ~、今日(26日)も暑かったぁ~・・・日田中津では“祇園祭り”ですし、別府も“夏の宵まつり”の“ワイワイ市”などが開催となっているこの週末・・・暦通り“大暑”そのものですね・・・。

c0001578_8491757.jpgそれでなくても、例年にも増して“暑苦しい”オヤジ・・・朝夕の新聞で“組織ぐるみの口利きルート”と“6割が口利き採用”との報道を読み、さらに“ヒートアップ”・・・広い額からは汗と怒りが噴出・・・カッカしながら“行水シャワー”しても“自棄意思に水”ってな感じ・・・(笑)。

女房殿もこの暑さには、“夏バテ”気味・・・タレ焼き“焼鳥”と“枝豆”の“できちゃってるフード”で夕食・・・。

昨日、買ってきた焼酎は・・・久しぶりの常圧ガツン系“黒麹”仕込み・・・麦焼酎の深化する味わいの『黒むぎ 杜谷(もりや)』・・・。

先ずは、“生”でその芳醇な旨味を口中で転がしてみましたが・・・“フルボディー”の味わいが堪能できます・・・。

福与かさが漂う甘香ばしい濃醇香・・・口に含むと同時に、重厚なビター感の苦旨みとコク甘みが複層化して拡散するアルコール感も実に味わい深い・・・喉越しの深い重量感といい、鼻腔に残る余韻の響きといい、黒麹仕込みで常圧蒸留の“典型”とでも申しましょうか・・・“ソウルフル”で“ブラック・コンテンポラリー”な焼酎です・・・。

このあと・・・“ロック”で飲みましたが・・・これは!“氷”の中でホロ苦さを抑えて先行する甘みが“秀逸”で超旨いです・・・。この蔵の焼酎は・・・“なでしこ酵母”の「杜谷」や“オーガニック”な 「狩生」などなど・・・“香り”と“甘旨み”を酒質設計の柱にして“ロック”で飲む焼酎だと思います・・・。その新たな“ブラ・コン”濃厚タイプです・・・。

■「黒むぎ 杜谷(もりや)」(ぶんご銘醸:佐伯市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 黒麹の濃醇な香りに宿る奥行きと口中で膨らむ重厚なビター感溢れるコク深い甘みを思う存分味わえる濃厚タイプ。生で味わうブッラク・スモーキーな酒質の風格もさることながら、ロックで飲めば香ばしい甘みを極めたような旨さに酔いしれる超美品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_8512252.jpg調理済みタレ塗り“焼鳥”・・・甘いというか、べったりというか・・・こういう暑い日には“炭火塩焼”の方が好みなんですが・・・その手のモノは、少なくて高いそうで・・・。



c0001578_8505682.jpg冷凍モノですが夏の風物詩“枝豆”・・・ビール缶が食卓に出ることは皆無に近いので・・・もちろん、焼酎のアテにしてます・・・(笑)。

夏の塩茹で豆モノの中でも・・・この枝豆は、最も癖がないというか・・・子供達の夕食の“アテ”にもなっていて実は、我が家でも“重宝”しています・・・。

c0001578_8514933.jpg“黒むぎ”とあるように・・・味わいを楽しむ焼酎の中では・・・原料が“麦・麦麹”で“黒麹”仕込みで“常圧”蒸留というのが、最も近年になって現れた“深化”した味わいですね・・・。

“ロック”で飲むなら・・・音楽を聴きながらゆっくりとその“時間”を味わうというのが似合いそうです・・・。

勿論・・・B.G.M.は“ブラック・コンテンポラリー”で・・・。

私は・・・もう少し古い“スモーキー・ロビンソン(Smokey Robinson)”か“テンプテーションズ(The Temptations)”だったりします・・・(笑)。
by project-beppin | 2008-07-27 08:52 | 大分麦焼酎 | Comments(12)
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2008-07-27 13:13 x
いいですねえ「この貌」。ぶんご銘醸なかなかやりますねえ。
腹の立つ「外道」の偽装。こんな「豊後に誰がした」。
もう、どうしようもない「腐れ体質」に成り下がったようですねえ。

切開、大手術で、大いに波乱、血を流してでも
癌は徹底的に取り去って欲しいですねえ。

でも、間違いなく。うやむやの幕引きで終わるでしょう。

■あらためて帝国陸軍最後の宰相「阿南陸軍大臣」
 優しい国際派リベラル将軍ながら、
 「決して引かぬ」心意気で

 「陸軍は滅んでも、国家は滅ぼさない」の
 信念で、割腹してまで「信念」を通しました。

腐れ教育者共は

「県も、国も滅んでも、我が利権だけ」
ああ、淋しい、なさけなや。

こんな「腐った県」に誰がした。教育者か?
無念!
Commented by syotikure at 2008-07-27 23:21
このブラ・コン「黒むぎ 杜谷」、なかなかの常圧麦のようですね~。
お盆に県北へ帰省した際、その足で大分まで遠征し飲んでみたいものです。
大分の麦、魅力的なものが次々出てきますね。

ツマミにするブラックミュージック、そうですね~、ドナルド・フェイゲンがカバーしている “RUBY BABY” か、マーカス・ミラー辺りを用意して・・・・。
Commented by 酎州大分 at 2008-07-28 23:44 x
HAKUDOU師匠・・・直川のぶんご銘醸は、“ロック”風味に定評のあるの蔵ですが・・・“ブラ・コン”も旨いです・・・。

もう何があっても驚かないくらい“腐乱”しきってますね・・・師匠が仰るように国家“百年の計”ならぬ・・・こっから“百年の刑”です・・・。

総入れ替えしてほしいです・・・“県議会”も県や市町村の“教育委員会”も・・・自らに“教育的自浄能力”を科すことができない組織は・・・既に公共的な公正も公平も義務も責任も果たせる信頼が欠落してしまいました・・・モラルハザードの率先的扇動という重罪です・・・。

県民と子供達が・・・“県議会”と“教育委員会”を“再教育”するしかないと思います・・・口利き議員には今後一切投票しません!・・・だって、自己責任さえ自らに科すことができない“保身の売県奴”であり“口利き利権の同じ穴の狢(むじな)”ですから・・・。
Commented by 酎州大分 at 2008-07-29 00:03 x
ショチクレさん・・・もう氷解のようですね・・・そのとおり“ロック”で飲むガツン系の“ブラ・コン”では洗練された旨さがあります・・・。

BGMとともに時間を味わう“ロック”焼酎の時間を過ごすなら・・・イチオシに近いです・・・。

ドナルド・フェイゲン・・・スティーリー・ダンでしたっけ・・・私のニュアンスとはちょっと趣をことにしますが・・・ショチクレ・サウンドなんでしょうね・・・。ジャズ・フュージョンのマーカス・ミラーってのは(私は)聴いたことありませんが・・・何となく、それもありかと・・・(笑)。

私は・・・先日、一夜限りの復活と銘打ったエイベックスの“ジュリアナTOKYO”以前の“ブラ・コン”・・・今となっては化石語?"チークタイム"の名曲「オー・ベイビ・ベイビー」だったり・・・「マイ・ガール」だったりします・・・。
Commented by syotikure at 2008-07-29 01:26
「マイ・ガール」、たまにカラオケで歌いますよ・・・・(笑。
あまり知っている人がいないので、上手いのか下手なのかよく判らない、というところもミソで・・・・(笑。

ジャンルで区分けしたことがないので、今一つピンとこないところがありまして、すいません・・・・(笑。

マーカス・ミラーは、ドナルド・フェイゲンのレコーディングにスタジオミュージシャンとして参加したこともあるベーシストです。
ここ数年の動向は、追っかけてないので判りませんが(笑、今まで聴いた中では、ヒップホップ色の強いアルバム”TALES”がなかなか。
黒麹常圧麦に合うかどうか、今度試してみます・・・・(笑。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2008-07-29 22:42 x
酎州大分さん。8月の8日から14日までバラック生活。
御手洗、やよ福、グループとの交流があれば。
また、連絡します。いっぺえ、やりましょう。

けんじ親分のサイトが消えてます。え。

Commented by 酎州大分 at 2008-07-29 23:13 x
ショチクレさん・・・すごっ!「マイ・ガール」をカラオケでやんすか・・・ラッツ&スター並みですな・・・あの高音まで歌い上げるとは畏れ入りました・・・。

いえいえ・・・幅広いミュージックシーンに拘りなく嗜まれているなんて・・・尊敬に値します・・・。

ヒップホップ色の強いアルバム”TALES”・・・憶えておきます・・・。黒麹常圧との相性や如何に・・・楽しみですねェ~。
Commented by 酎州大分 at 2008-07-29 23:22 x
HAKUDOU師匠・・・8日から14日ですか・・・御意・・・。日程調整してみます・・・。ミタラって八丁めるのもヨシですし・・・都合が合えば・・・鉄輪一泊“浴衣で地獄蒸しの宴”も・・・如何ですか・・・。

けんじ兄やん大佐・・・ソニックに乗って現れないかなぁ~・・・。庇鰤に日向の酒徒“荒俣宏”ばりの元気な博学で一杯やりたいですなぁ・・・。
Commented by tatinomi1 at 2008-07-30 23:14
けんじさんのあの至高の掲示板消えているんです。
どげえしたんかなあ。きになるなあ。
でん、佐伯で呑みましょう。寛さん、乗り気ですけえ。
Commented by よかおとこです at 2008-07-31 00:11 x
こっちも連日暑い暑い日々が続いております(>_<)
か弱いオイは、とろけてしまいそうですよ~

それにしても大分は、しょうもないことで有名になっちゃいましたね(;´д` ) トホホ
長崎も他所のことは言えんのですが、これで膿を出し切って、全国どこでもよりよくなってくれるとよいのですが・・・

オイは杜谷じたい、飲んだことないです(^_^;)
こないだマニアックな品揃えの焼酎バーに連れてってもらったんですが、大分のは常蔵すらなく、一般的なのしか置いてなかったですよ。
他所のは結構いろいろ置いてあったんですが、大分のはこっちにあまり来んのですかね?
Commented by 酎州大分 at 2008-08-01 01:00 x
HAKUDOU師匠・・・私も気にかかっていますが・・・どうしてなのか?分かりかねます・・・。

けんじ大佐・・・もう、焼酎文化伝播の寵児としてのミッションを終えられたのでしょうかぁ・・・猿田彦同様“神”になられたのかと・・・あの誰もを魅了する文体とキャラの中に地場焼酎の磁場であって、集われてた皆さんも・・・残念に思われていると思います・・・。

普通の飲んべゑ・・・しょちくれケンちゃん・・・としての“焼酎や酒と色”の日常に潜む語り部であってほしいのですが・・・流行とは無縁の一飲兵衛として・・・今頃、中洲で・・・なんて、思っています・・・(笑)。

“雨月の宴”で・・・佐伯の“厄”払い・・・教育界の因習から解脱しましょう!・・・。
Commented by 酎州大分 at 2008-08-01 02:22 x
よかおとこさん・・・暑いなぁ~・・・オヤジもメタボの脂肪が融けてくれないかと・・・(笑)。

お恥ずかしい限りで・・・九州の恥と他県の方から罵られておりまして・・・一県民としても“穴があったら入りたい”思いで・・・過ごしております・・・膿を出し切れればいいのですが・・・どこか潜在的な温床を残したままの幕引きへのシナリオがあるような気がして・・・危惧しているところです・・・。

「杜谷」は・・・麦焼酎の新たな味わいを提案する挑戦的なテストマーケティング戦略の銘柄ではないでしょうかね・・・減圧の“なでしこ酵母”の華やかな香りのモノと・・・常圧“黒麹”のブラックビターな味わいのコレと・・・プロパーな銘柄とは違い少量しか流通していないのではと・・・勝手に思っとります・・・。

互いに焼酎文化が醸成して定着している土地柄・・・互いのホームグランドは荒らさないという暗黙の了解があるんでしょう・・・その方が、健全な地域焼酎の魅力ではないでしょうか・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “花火”借景の“屋台村”・・・... “売県奴”たちの“貧性”・・・... >>