“雨月の会”の遠足(その2)・・・フェリーで“大入島” へ
“人情酒店”で朝の“角打ち”・・・英気を養った師匠と同期のチューバさんを乗せて・・・車を“佐伯港”へと走らせました・・・。

c0001578_113399.jpg湾内700mほど沖に浮かぶ“大入島(おおにゅうじま)”の島影にあたる“佐伯港”・・・江戸時代から天然の良港とされて“佐伯の殿様 浦でもつ”を支える浦を繋ぐ拠点港であり・・・戦前は、海軍航空隊や海軍防衛隊が置かれた軍港でもあったという歴史があります・・・。

停泊漁船の向こうに・・・“大入島”と結ぶ“フェリー”が往来している光景・・・。

“二十一世紀壮年”の“遠足”は・・・約5分ほどの“船旅”の後、この島をぐるっと一周“ドライブ巡り”と決めました・・・。

現代版“渡し”舟・・・この“大入島観光フェリー”のシンプルな美しさは・・・“浦”へ渡る交通手段が船であることを体感することができます・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。



“佐伯港”の北端から港内を眺める180度のパノラマ・モンタージュ↓・・・(画像をクリックすると拡大別表示します・・・。)
c0001578_981723.jpg
左端の山影に見えるのが“大入島”・・・四国と結ぶ“佐伯宿毛フェリー”も漁港の象徴たる“水産卸売市場”も・・・。

c0001578_991750.jpg佐伯港乗り場に着いたフェリー船名“第八大入島”・・・フェリーのデッキ甲板のみが船体というシンプルな“渡し”船・・・。
島民の自転車や乗用車がそのまま下船してくるのどかな暮らしの中のフェリー・・・普段の暮らしそのものがこの“汽船”のある生活なのでしょう・・・。

c0001578_993862.jpgこの乗船時間に車を載せたのは・・・4台ほど・・・普通車ならデッキ甲板に十数台載せることができるほどの船です・・・。

船体中央の“ゲート”のような架橋構造部分が“操舵室”その両脇に細長い通路のような“客室”があって・・・“島渡し”の潮風を感じることができます・・・。


c0001578_947753.jpgさっぁ、そろそろ出港です・・・。

港を出ると・・・南側の“水産卸売市場”・・・遠景には“鶴見半島”を・・・。

北側には“佐伯漁港”の向こうに・・・“四浦半島”へと向う海崎地区“太平洋セメント大分佐伯工場”のある光景・・・。

そして、真っ直ぐ正面に目指す“大入島”の港です・・・。
by project-beppin | 2008-08-24 08:58 | 大分の風土・行楽 | Comments(16)
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2008-08-24 09:44 x
パノラマ写真まで駆使しての、わが郷里のご紹介
なんとも嬉しく拝見。この大入島の出身。佐伯の生んだ
類希な政治家、村上勇先生。

建設大臣にも就任したのに、道路の一本
橋の一本も郷里にもたらさなかった。
この潔さに、選挙民は満足。地方政治と国政の
違いを供に認めていた。

自分の持っていた建設会社を潰してまで国政に関与した品位。
いまの、土建利権政治家とは一線。
その境界線。なにがあったのか。

村上勇大臣の自負の原点は「村上水軍」末裔。
Commented by 酎州大分 at 2008-08-24 11:26 x
HAKUDOU師匠・・・ついつい、調子に乗って・・・このフェリーのりばの光景・・・パノラマも動画も、フルに使用しました・・・(笑)。

そうですか・・・故村上先生は、そういう方だったんですね・・・列島改造とかの利権と相殺した方とは違う政治哲学だったんでしょう・・・。

そういう気骨が大分の風土の中にあることこそ・・・大分の誇りですね・・・。

村上水軍も登場する西瀬戸と豊予海峡の物語・・・地霊が培った精神をもう一度、再発見しておくことも必要だと・・・つくづく思います・・・。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2008-08-24 20:42 x
村上先生のような政治家は、今の自民党には
いるのでしょうかねえ。

「保守本流」自民党。国家の本義を全うしなければ、
と想います。
Commented by 末吉 at 2008-08-25 22:14 x
こんばんは
仕事柄、時々フェリーに乗って島に渡ります。車に乗ったまま乗船してそのまま下船できるのが特徴でしょうか。短い時間ですからね。でも、島の西側って人家も少なくて本当に静かなところですね。いつか自転車で一周したいと思ってます。
昔の記事をトラックバックします。
Commented by よかおとこです at 2008-08-25 23:53 x
なんだか大人の遠足って感じで、楽しそうですね(*^-^*)
読んでるだけで、楽しさが伝わってきますもん(^^ゞ

きっと、めちゃくちゃ飲んだんでしょうね~
もし運転手がおれば、仰け反るような量を飲んじゃったんでしょうね(;^_^ A フキフキ

そんなオイは、今宵は1年ぶりにお土産に頂いた、黒麹の常蔵でございます(^o^)丿
こやつは、相変わらず旨い麦ですね~(* ̄A ̄*)ノ日

ところで、思いっきり話は変わりますが、角打ちの酒屋ってなんですか?
角地にある酒屋ってことなんですか?
Commented by 同期のチューバ at 2008-08-26 14:03 x
>酎州さん

あの日の光景がよみがえります
「一仕事終えて、日陰で一服つける船員さん」
↑この場面は記憶に残っています

今、「神の井」でもらったパンフレットを読み返しています
その昔、神武天皇が本当に上陸したかどうかは判りませんが
(弓で突くと真水が湧き出た云々は作り話としても)
実際にあのような波打ち際に真水が湧き出ていることは不思議ですし
古来からの言い伝えが連綿と島民に受け継がれてきたという事実にロマンを感じて鈴木海軍大将も何度も訪れたのでしょうね
Commented by 酎州大分 at 2008-08-26 21:59 x
師匠・・・故村上先生・・・保守本流ということを意識せずとも政治哲学の気骨があった方なんでしょう・・・。

“保守”本流かどうか・・・“保身”本流・・・というイメージを払拭できない今日この頃・・・ですから・・・。
Commented by tatinomi1 at 2008-08-28 06:15
相変わらず冴えていますねえ。
今の政治家は「政治屋」さんばかりですねえ。
淋しいことです。
Commented by 酎州大分 at 2008-08-28 22:48 x
末吉さん・・・どうも・・・そうですかぁ、仕事で車中のままエアコンも切らずにラジオも聞きながら乗れるんでしょう(もちろんエンジンは切るでしょうが・・・)・・・ほんと“渡船”という日常が好いです・・・。

一周ドライブしましたが・・・ひじき?なまこ?の海産物やエソすり身の揚げ天やエソ味噌、ゴマだし・・・大入島も実は隠れたブランドですからね・・・知る人ぞ知る・・・作った人の顔がわかるという美味しさが一番ですから・・・。

道沿いのカボス果樹が丁度、濃緑の収穫期でしたから・・・捥いでワンカップに搾りグイッと飲みたいという衝動・・・アテは、エソ天ですかね・・・(笑)。

自転車一周・・・HAKUDOU師匠は数年前にやったそうです・・・。私もいつかしてみたいと思います・・・四国まで見える海岸線の潮風と景色がきれいな島ですね・・・。
Commented by 酎州大分 at 2008-08-28 22:57 x
よかおとこさん・・・大人の遠足・・・実は、オヤジ3人のドライブ・・・少しイメージが違いますが・・・(笑)。

前日は・・・最後は、庵でマイク握って山谷ブルースを歌ってましたから・・・たぶん、(私にしてみれば)無茶苦茶飲んだんだと・・・爆)。

黒麹常蔵・・・おお、あだっつぁんの蔵の味わい深い旨さのアレですね・・・長崎ではアレでは無くて“レア”でしたっけ?・・・。

“角打ち”って知りまっしぇんか?・・・北部九州の酒屋で、一杯売りの立ち飲み・・・日田では“かくち”って発音するんですよ・・・。
Commented by 酎州大分 at 2008-08-28 23:11 x
同期のチューバ さん・・・エントリーアップが遅れていて申し訳ございません・・・。その分、思い出す光景が長く楽しめると・・・前向きに解釈していただければと・・・(笑)。

エエですね・・・この現場仕事の一服の光景・・・こうやって人の為に暮らしを運ぶ船のなにげない日常に憧れる齢になってしまいました・・・私も・・・。

神武東征の海路に残る伝承・・・“神の井”は、どうも宮崎などでもあるようですので・・・神話になるような近い史実はあったんだと・・・太古のロマンをこの大入島でも感じることが出来ましたね・・・。

確かに・・・満潮時には潮をかぶるような海岸間際であのポツンと現れている真水の水面は・・・小さいながらも神の存在を想わずにはいられませんもんね・・・特に昔の人なら・・・正に“神業”の井戸だと・・・。

皇軍の海路東征にあやかる気持ちもあったんでしょうか・・・神国の誉れの水で祈願したのかもしれませんね・・・。いやぁ~・・・いいものが見物できました・・・。
Commented by 酎州大分 at 2008-08-29 00:02 x
HAKUDOU師匠・・・オリンピックで浮かれてしまった今年の夏でしたが・・・あの終戦の時の史実の奇遇が大分の地霊にあるのだと・・・この大入島の旅の後で神の井などを調べているうちに・・・改めて知ることが出来ました・・・。

先の戦争・・・ポツダム宣言受諾の聖断のあった御前最高戦争指導会議(8月9日)の受諾反対強硬派軍人の3名(阿南、梅津、豊田)は大分県人であり・・・結局、ミズーリー艦上で降伏調印した2名(重光、梅津)も大分県人であったと・・・。

この方々の主張すべき姿勢と人生哲学・・・もう一度再認識したいです・・・。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2008-08-29 19:14 x
東北出身の「渋江光博」先生。忘れもしない。
映画、
「日本のいちばん長い日」の感想をのべられ

あなたがたの郷里の偉人です。
「阿南陸軍大将こそ君らの手本です」
是非この映画を見なさい
切腹の場面にこそ真実があります。

そのあと、武道館に漢文の授業の発展形で
「中国の漢詩の音韻の美しさはこうだ」と
中国語で漢詩を音楽のように朗読。

これ以来、
郷里の「阿南大臣」、子供の頃から好きな
「廣瀬中佐」。尊敬の念ひとしお。

以前にまし、中国の漢詩がすきになる。
(今の中国政府は好きでないが)
Commented by 酎州大分 at 2008-08-31 10:51 x
師匠・・・阿南惟幾陸軍大臣、梅津美治郎参謀総長、豊田副武軍令部総長・・・どう導き、どう責を負うか・・・個々の中にそのケジメがあったという点で・・・ある意味で過剰とも思える“信念”を貫く“生き様”・・・。

こういう人がいたことは・・・正悪を越えて知っておくべきだと思います・・・。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2008-09-01 23:06 x
「立ち呑み」も「縄文」を超えた
こういう郷里の、偉人の「生き様」に
涙するワイです。うれしいですなあ。
Commented by 酎州大分 at 2008-09-03 08:12 x
HAKUDOU師匠・・・郷里の偉人は・・・黙して多くを語りませんでしたが・・・“生き様”を周囲が語ってくれたんですね・・・。

自負できる郷里の偉人がいること・・・嬉しいですね・・・自分のことのように・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “雨月の会”の遠足(その3)・... “雨月の会”の遠足(その1)・... >>