“雨月の会”の遠足(その3)・・・“大入島”周遊
フェリーは“大入島”へ到着・・・車載デッキから降車してハンドルを右に切り、海岸線の道路を島内一周のドライブ・・・。

c0001578_14325482.jpgこの“島内MAP”を見て西側の湾景を楽しみながら・・・ぐるっと時計回りです・・・。

“守後”から“久保浦”、“堀切”、“片神”、“高松”と各港を通り過ぎ対岸“四浦半島”側の眺めと・・・海岸近くまでせまる崖際のわずかな平地に張りつくように点在する漁村の風景・・・湾内の“紺碧”と・・・霞んだ四国・宇和島を見渡せる水平線の“澄青”・・・。

そして・・・この島に伝わる“神武東征”神話の名所・・・。

オヤジの“皇学心”には・・・うってつけでした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_9295368.jpgぐるっと西側を回った北側“高松”から“日向泊”へと・・・。


c0001578_14332580.jpg
↑・・・大入島の北端・・・通称“人形波石(にんぎょうばえ)”の景勝・・・水平線の向こうには・・・霞む四国の宇和海・・・“日振島”か“由良半島”か・・・。

c0001578_14334262.jpg“万葉歌碑”の岩に・・・詠み人を“豊後国の白水(あま)郎”とする赤く刻まれた歌一首・・・

“ 紅(くれない)に 染めてし衣 
  雨零りて
    にほひはすとも
     移ろはめやも ”

(紅花で染めた衣は雨に濡れて色濃くなることはあっても色褪せようか、いやありやしない)
・・・万葉集(巻 第十六:3877)

まるで“守護鳥”のごとく・・・歌碑岩に 留まるトンビ・・・。

c0001578_14341380.jpg“日向泊(ひゅうがとまり)浦”に豊の国名水神の井”・・・。



c0001578_14343587.jpg日向を発った“神武東征”・・・日豊海岸を北上する途中、飲み水を求めて立ち寄ったこの浦で・・・折弓をつき立て真水を湛えた井戸を湧出させたという神話の景色・・・。


c0001578_14351389.jpg大潮の満潮時には波も寄せるような小石浜なのですが・・・確かに真水を湛える神秘の井戸でした・・・。

c0001578_14354887.jpg“日向泊浦”と名付けられたこの入り江に・・・“記紀神話”の中の“史実”が脈々と語り継がれているような気がします・・・。

c0001578_1436229.jpgその海路を北上する“神武軍”の伝承に・・・戦前の“皇軍”たる海軍大将“鈴木貫太郎”の度重なる来島を記した看板・・・その脇には原生“椿”の植え込みがありました・・・。

これを契機に“帝国海軍”等について調べているうちに・・・終戦の年、“聖断”を仰いで“ポツダム宣言”を受諾する“御前会議”の決定をした総理大臣も“鈴木貫太郎”であって・・・その折に最後まで“本土決戦を唱えた強硬派”軍人三名(阿南梅津、豊田)が“大分出身”であり・・・結局、“ミズリー”艦上の“降伏文書”に調印した全権二名(重光梅津)も“大分出身”であったという・・・“神の井”から溢れた“真水”の“忠誠心”とでもいいましょうか・・・“歴史の綾”を感じた“夏”となりました・・・。
by project-beppin | 2008-08-30 11:21 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
Commented by 同期のチューバ at 2008-09-01 19:24 x
酎州さんおどろきですね
二度も神の井に上陸し、連合艦隊指令長官でもあった鈴木海軍大将がその後総理大臣となりポツダム宣言受諾の重要な役割を果たすとは
更には本土決戦を唱える強硬派も、調印の重責を担ったのも大分県出身者とは!
明治維新や開戦までの歴史では薩摩・長州・土佐出身者などが羽振りを効かせていますが、どっこい知られていない重要な歴史の局面で大分出身者の活躍があったのですねえ

万葉歌碑と神の井に触発されて一首

海の辺に 湧き出し泉 潮満ちて 塩味増すとも 元の真水に

万葉歌碑の説明文風に解説すると(笑)

(神武天皇の奇跡で海岸傍に湧き出た泉は、潮の満ちるとともに水没してしまい、塩味がするようになってしまうのだろうか、いやありはしない、潮が引けば又元の真水に戻るであろう)
歌に解説など無粋ですが(笑)解説しないと解かっていただけないことと、万葉歌碑の説明板風にしたかったものですから御容赦m(_ _)m
Commented by 酎州大分 at 2008-09-03 01:06 x
同期のチューバさん・・・この“神の井”を訪れた頃には、まさかそんな数奇な巡りあわせになろうとは・・・鈴木貫太郎海軍大将(総理大臣)も、戦争終結への道のりを共にした“大分出身”の軍指導者も・・・思いもよらなかったのではないでしょうかね・・・。私も・・・恥ずかしながら、ここまで運命的な出来事に“大分”という地霊が関わっていたとは・・・ついぞ知りえませんでした・・・。

戦は、始めるよりも止めるのが難しい・・・引き際が肝心・・・との言葉どおり・・・戦局が悪化し客観的には敗色を知り得て就任したこの“大分”の三名の方々には・・・“薩長土肥”の維新閥ではない者だからこそ“真水の如き忠臣”で全うする“性(さが)”を感じずにはいられません・・・。
戦争は容認できないとしても、その“苦責”を負い“汚名”を被る覚悟で終戦を迎えた“生き様”・・・忘れたくないですなぁ・・・。

正に・・・この“神の井”に潮が満ちたように・・・“真水の忠臣”に戦争という時代の“波”がおしよせたんでしょう・・・。

しかし万葉集の如く一首詠むとは・・・同期のチューバさんには なかなか、かないません・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “雨月の会”の遠足(その4)・... “雨月の会”の遠足(その2)・... >>