仕事で飲む“場”・・・立食会の五合瓶“揃い踏み”
今年は“衣替え”もスムーズに進んだようで・・・秋風が肌寒く感じる時候となりました・・・。つい2週間ほど前まで半袖で出勤していた“クールビズ”姿が懐かしい・・・(笑)。

c0001578_3594788.jpgそんな多忙な毎日が続いていた9月の中旬・・・もう一月も前になるんですが・・・全国各地から集まった方々と会議終了後“立食会”が催されました・・・。

いつもなら大分市内でとなることが多いのですが・・・今回は別府のとあるホテル・・・一般的な“バイキング”形式の“お疲れさん親睦会”・・・改めて名刺交換したり、久しぶりに会った知人と現場情報を交換したりと・・・仕事の延長線上ですが、ざっくばらんな無礼講での会話が弾む和やかな時間です・・・。

そんな“場”でも・・・ビールの中瓶を持ってテーブルを囲む方々を廻る慣例が一段落すると・・・各自のお好み焼酎が介在するのが“当たり前”・・・。

このオヤジ(私)は・・・ビールの一杯グラスはすぐに空けて・・・もちろん焼酎に変えるのですが・・・この会での焼酎の品揃えは、何故か“懐かしく”想えたのであります・・・。

会場の隅に置かれた焼酎“セルフ”テーブル・・・居並ぶ銘柄は・・・麦は「いいちこ」、「二階堂」、「西の星」・・・芋は「白波」、「黒霧島」・・・甲類は「三楽」・・・計6種・・・。オヤジの好みは「西の星」の“カボス・ロック”・・・。

このての“立食”飲み放題・・・ここのところ、極端な場合は芋の“クロキリ”のみということもあったり・・・一般的な場合でさえ焼酎銘柄は麦1種、芋1種が“標準”的な気がしていましたので・・・なんとも“賑やかな”五合瓶の“揃い踏み”は・・・久しぶりに見た光景です・・・。

ビールより焼酎という方々は・・・全体の1/3程度でしたが・・・「“いいちこ”のロック・・・」とか「“二階堂”のお湯割り・・・」とか「“三楽”のウーロン割り・・・」などや・・・「おっ!“白波”かぁ~このお湯割りを飲んでみぃ~」と薦める方まで・・・銘柄を指定しながら好みの飲み方をする輩も多かったのです・・・。

往年の“スタンダード”銘柄と言われていた焼酎の“お疲れさん親睦会”?・・・いやいや、なんのなんの・・・これからも“まだまだ現役”ですよ・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_403298.jpg麦焼酎が3種もあれば・・・当然、この季節になくてはならないのが“カボス”でして・・・これこのとおり・・・。

このカボスの切り方は・・・半割りの半切り・・・このホテルの女将さん曰く・・・「カボスを“搾り”入れる場合は・・・青い皮を下にして(・・・と実演しながら・・・)切り口の尖った両端を摘まんで搾るんよ・・・皮の香りも果汁と一緒に入るから、美味しゅうなる・・・」と・・・。

それを聞いていた各地の皆さんも“カボス・ロック”に挑戦して・・・ご満悦でした・・・。

ただし・・・と続ける女将さん・・・「その搾ったカボスを浮かべるのは“氷(ロック)”で飲むには“マル”・・・“お湯割り”には“渋”味まで出るからなっ“バツ”・・・」と・・・。

流石、これも間違いなく・・・“大分麦焼酎”と“カボス”の風土から培った“焼酎文化”なのであります・・・。
by project-beppin | 2008-10-20 04:28 | 焼酎文化考 | Comments(4)
Commented by syotikure at 2008-10-20 21:50
お久しぶりです。

都城の場合、ホテルでの会食会は、地元の黒霧・白霧のみの場合が圧倒的のように思います。
大分産の麦3種、芋2種、そして甲類が並ぶ「湯の街別府」は、レギュラーとはいえ焼酎文化の多様さ、オープン性を感じますね~。
一歩家庭に入ると、これに「なしか!」や「田吾作」などが加わってくるのでしょう。
機会あれば、ゆっくり飲みたい街です。
Commented by みじんこ at 2008-10-21 19:31 x
この3種の焼酎が立食に出るのは大分でもほんと珍しいですね
あと「なしか」が欲しいが場違いなんでしょうか
私の周りでも「黒霧島」ばかりです もちろん私は麦しか飲みませんが
Commented by 酎州大分 at 2008-10-22 00:52 x
ショチクレさん・・・ご無沙汰で申し訳ございませんでした・・・。

大分という地域性と焼酎の“場”・・・仕事絡みでは日常的な立食の“場”・・・その慣れ親しんだ光景が・・・実は“焼酎文化”性を物語っていると・・・こうして、大分県人も再認識するのでありますね・・・(笑)。

甲類の牙城から・・・ナショナル・ブランドと謂われる麦・麦ドライ系の聖地・・・“トロっと、キリっと”旋風で芋も席巻・・・と・・・歴代の“群雄割拠”がここ大分の焼酎風土ではないでしょうか・・・。この多様性は・・・ある人に言わせれば・・・清酒文化圏“豊後”を襲った焼酎文化侵略の歴史・・・その酒の端境で興った“酔滸伝”とも・・・(笑)。

家飲みのサイレント・コンシュマー・ドランカー(沈黙の常飲者)は・・・確かに一升紙パック「なしか!」とか・・・4Lペット「田五作」だったりすると思います・・・。これに・・・季節感を添えるロックやソーダ割りやお湯割りのバリエーションに・・・カボスという存在が・・・文化をさらに多様にしていますね・・・(たぶん・・・)。

鉄輪の貸間旅館一泊“ゆったり、ゆっくり”ノンベイの会・・・やりません・・・?
Commented by 酎州大分 at 2008-10-22 01:09 x
みじんこさん・・・どうも!・・・ようこそ、酔うこそ・・・。

この3種とは・・・甲、麦、芋の3種のことではなく・・・麦の3種(銘柄)のことですよね・・・。
確かに・・・このようなパブリックな場で「西の星」は、あまり見かけませんから・・・珍光景だともいえます・・・。

以前に温泉ホテル勤務の知人から聞いたことがあるのですが・・・別府の旅館街では「二階堂」がもともと主銘柄で、県外宿泊客が「いいちこ」を指名するので、この二大銘柄になったところもあるとか・・・。

「なしか!」は、こんな“場”ではなく・・・もっと、ブレンドリーで気心が知れた“場”をつくる焼酎のような気がしますが・・・。

宴席の飲み放題での5合瓶一本が「クロキリ」ということが増えてませんか?・・・麦好き“ネイティブ”には・・・“黒い霧事件”とでも言いたくなる出来事です・・・(笑)。この場合・・・私は、たまに付き合います・・・優柔不断です・・・(爆)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “オールディーズ”なダンスホー... “円潤”なコク旨さが膨らむビタ... >>