カテゴリ:異郷酒晩酌伝( 19 )
“包容”する旨口・・・「純米吟醸 緑川」
“初夏”を思わせる陽射しの“晴天”となった昨日(11日)・・・“衣替え”した半袖オヤジの腕も少しずつ黒くなって・・・「暑ぅなったなぁ~」と職場で交わす言葉も・・・“本音”に聞える日中でした・・・。

c0001578_11492059.jpgラジオの週末天気・・・“入梅”も近いとの予報を聴きながら・・・暮れなずむ日長な夕刻時間に帰宅しました・・・(本日12日、九州北部も入梅しました・・・)。

先月、新潟県から来県した方を別府案内した折・・・たまたま、車中に載せたままになっていたあの“いいちこ日田蒸留所”の「全麹常圧蒸留 原酒」を“土産”代わりに差し上げたのですが・・・その“お返し”として戴いたのが、この清酒・・・“純米吟醸”の「緑川」・・・。

差し上げたものが大分麦焼酎“原酒”200mlで・・・戴いたものが新潟銘酒“純米吟醸”一升瓶・・・申し訳ないほどの俗に言う“わらしべ長者”・・・遠慮なく頂戴しております・・・(笑)。

一升瓶から“ひや”のまま汲む盃に唇を近づけると・・・静かな香りたちの“静醸香”とでも喩えましょう・・・主張する“吟醸香”とは対峙する、控えめながら凛々しい感じ・・・。

そして、口中に含んだ瞬間・・・癖のないたゆたゆと漂うような“旨口”の軽やかな“酸味”と仄かな“甘旨み”の“中庸”なコク・・・喉越しも福与かながら滲むようなキレ・・・その淡麗の中に秘めた幅のある“味わい”を讃えたくなります・・・。

「純米吟醸 緑川」・・・“緑風”のそよぐ“水面”に“山笑う”新緑を映して、穏やかに流れる“大河”の“水墨画”のような味わい・・・でした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 香酢も穏やか“鯖南蛮”と・・・淡麗旨口の“優等生”
by project-beppin | 2010-06-12 12:05 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(8)
飲み入つても 飲み入つても 呷る酒・・・“露醸遊酔”「山頭火」
じわじわと蒸暑くなってきた“夏至”の“父の日”・・・昼間は大分市まで出かけたんですが・・・大分平野では、“田植え”を終えようとしていました・・・。今日も、お湿りにもならない程度のパラつきで・・・“入梅”後、雨の少ない日々が続いています・・・。

c0001578_21294537.jpgこの時間(22時過ぎ)になって・・・やっと、雨粒に濡れる軒の音・・・明日からが“梅雨空”の続く“梅雨本番”の大分県地方・・・ではないでしょうか・・・。

“父の日”だからと・・・次男坊が「いつもありがとうございます。」と一言ポツンと言った以外は・・・なんら変わったこともなく・・・長男坊と次男坊の部活応援とアッシーに明け暮れた一日でした・・・。

今夜は“カンパチ”の刺身に“肉じゃが”に“高菜”・・・ずーっと、冷蔵庫で出番を待っていた清酒ワンカップ「山頭火」と棚に置いたままだった焼酎ワンカップ「天下無敵」で・・・“父の日晩酌”と決めていました・・・。

師匠に戴いたままとなっていた山口県“金光酒造”の“特別本醸造”の「山頭火」・・・本来は“冷酒”でというより“ひや”の味わいこそ身上の酒でしょうが・・・これだけ蒸暑くなると“結露”したカップの冷やかさも、まんざらでもありません・・・。

滋味に感じる本醸造らしい“中甘口”のコクと・・・芯にあるキレのいい“酸味”・・・“味わい”と戯れるような“露草”の“雫”を思い出させるような飲み口は・・・チビチビと飲んでも、呷って飲んでも・・・旨い深さがあります・・・。

この後・・・続けて米焼酎「天下無敵」の一合ワンカップ・・・たゆたゆと酔いを湛えて行くようです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “刺身盛”と“肉じゃが”と“酒肴”・・・「山頭火」
by project-beppin | 2009-06-21 21:37 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(10)
旨き酸香、福与か淡口・・・三井の寿「純米酒」ワンカップ
“暑さ寒さも彼岸まで”とは、よく言ったもので・・・三連休初日の“春分の日”も桜咲く“晴天”のぽかぽか陽気でした・・・。

c0001578_23445095.jpg日中は・・・このWBC4度目の“日本 v.s. 韓国”に釘付け・・・大分工高出身の“内川”のHRですぐさま追いつき・・・流れを引き寄せましたね・・・。

こんな日の夕食時は“祝杯”と称しての晩酌・・・福岡県の井上合名“三井の寿”のワンカップ・・・“カエル”絵柄の「純米酒」・・・。

先月の“博多出張”で買っていながら、冷蔵庫に入れたままになっていたこの“筑後の清酒”を・・・アルミタンポで20秒の“温燗”にして陶杯でいただきます・・・。

清らかな“アク”の無い含み香・・・強過ぎない控え目な酸香味の旨さと・・・純米らしさの福与かな淡いコク・・・甘さは抑えられているんですがするりと伸びる旨味のキレ・・・肩の力を抜いてゆっくり飲める“好い酒”です・・・。

“冷静な情熱”をこの酒に感じながら・・・“SAMURAI ジャパン”の戦いが“冷静な情熱”であってほしいと・・・想うのであります・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “豚肉白菜の蒸焼”と・・・
by project-beppin | 2009-03-21 09:11 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(4)
“湯女”の面影“潤醸淡辛”・・・上撰 「仁喜多津」
私の中では・・・“四国”の旅の恒例となった清酒“ワンカップ”の土産“晩酌”・・・何時飲むのか?と決めかねていましたが・・・本日、先ほど“やっと”戴きました・・・。

c0001578_22292772.jpg買ったのは帰路の“フェリー”の船内売店・・・昨年の「梅美人」から今年は・・・伊予・松山の“道後地酒”・・・上撰 『仁喜多津(にきたつ)』・・・。

“酒肴”は・・・女房殿が夕食のおかずから取り分けてあった3品・・・“親子煮”と“姫かつお”の角煮と“サーモン”の刺身・・・この1合には、充分過ぎるほど・・・。

清酒は“燗”好きのオヤジ・・・“ワンカップ”なんですが・・・注いだ“アルミタンポ”でストーブ上のヤカンの蓋を取り・・・浸けて20秒弱・・・ふんわりとした“ぬる燗”程度を見計らって・・・微かな湯気発ちを愉しみながら湯呑に注ぐと・・・その湯呑をゆっくりと持ち上げて口元へ・・・。

一口めの口あたり・・・仄かな匂い発ちの潤い感と・・・含み香の柔らかさの解き放ちと・・・静かに淡い辛口の風味の第一印象・・・これは、旨いです・・・。

ゆっくりと二口三口と飲み進み・・・舌上で転がしながら喉もとへ送るまでの間に“旨口淡麗”な味わいの“軌跡”を残して・・・ゆるりと落ち着きながら余韻にキレを残すというタイプ・・・。

擬人化すれば・・・“道後”の“湯女”の面影とでも云いましょうか・・・“ぬる燗”に“肌触り”を感じる味わいです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “姫かつお”角煮と“砥部焼”・・・
by project-beppin | 2009-01-29 22:35 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(0)
夏宵の“ミタラう”礼讃・・・神秘酒『キトラ』と「なしか!」の共鳴
夏本番!・・・30℃を越える“真夏日”となった金曜日(11日)・・・HAKUDOU師匠が“お国入り”・・・あの燻し銀の“角打ち”酒徒たちが集う“聖堂”・・・“御手洗酒店”へ・・・。

c0001578_1241625.jpg職場から直行・・・つまり、車は繁華街の駐車場で“一泊”と決めて・・・遅ればせながら宵闇の20時をまわって伺うことができました・・・。

“長浜神社”を過ぎると一際、輝く店灯り・・・既に“七輪”を囲む“焼方”の人影・・・路上にも溢れる常連・・・これが“ミタラう”という動詞の原風景かと・・・“日常”の暮らしに馴染んだこの光景に早くも浮かれてしまうのであります・・・。

店頭で接客していた“おかあさん”に「こんばんわぁ」と挨拶し・・・店内の“定位置”となった場所で“板場”を仕切る“寛さん”の姿を見つけて近寄ると・・・もう酒徒に“同化”していたHAKUDOU師匠を発見・・・(笑)。

聞けばHAKUDOU師匠は・・・この日、17時頃に店を開ける手伝いをしたというんですから“信奉者”たる酒徒の“鑑”・・・。

「お久しぶりです」と声をかけ・・・「やぁ、どうもっ」と気さくに振舞ってくれる師匠や“寛”さんや“長浜角打ち学会”の“グッチー”さん、“ソニック”さんなどとともに・・・あれよ!これまたお久しぶりの“あだっつぁん”にも“再会”・・・師匠が引き寄せた面々が快く迎えてくれました・・・。

まだまだ“新参者”のオヤジ(私)は、自ら買ったワンカップ「なしか!」を飲みながら・・・皆さんが勧めてくれる佐伯の“ちりめん”おにぎりや“カマス”、香川の“醤油豆”などなど・・・アテを頂戴しながら“夏宵”の“夏酔い”へと・・・。

“酒徒の聖堂”であり“角打ちムジカ(MUSICA)”である“御手洗酒店”・・・この“地場”と共振するHAKUDOU師匠の“磁場”・・・さてさて、今回はというと・・・ご覧のとおり大分の麦焼酎「なしか!」に・・・奈良は明日香“神秘”の清酒「キトラ」が“共鳴”したのであります・・・。

この“脇本酒造”の「キトラ」・・・これです・・・大分の“酒徒MUSICA”で飲んだ“キトラ古墳”の“霊力”の“味わい”に引き込まれました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “酒徒MUSICA”に「キトラ」・・・
by project-beppin | 2008-07-13 12:04 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(2)
“リンゴ酸”味の辛口白ワイン・・・「Peter Lehmann Riesling BAROSSA 2006」
あっという間に“G.W.”に突入ですね・・・新緑に“”と“れんげ畑”・・・春に見る里山の光景を思い出します・・・。この時期、“久住高原”や“熊野磨崖仏”へと出かけたことを思い出してみたり・・・今年も何処かに行きたいと思っています・・・。

c0001578_1711437.jpg昨夜(25日)遅く戻ったところ・・・いつもと違って女房殿が待ちわびたとばかりに・・・朝のワイドショーで話題になったというイギリスの“新人オペラ歌手Paul Potts (ポール・ポッツ)”誕生秘話を聞かされ・・・ネクタイを外しながら聞き流していると・・・女房殿はひとりで盛り上がっているらしく「ちょっと!ちょっと!コレ見てみぃ~」と・・・発端となったオーディション番組ビデオを見せられたのでした・・・。

冴えないサラリーマンの風貌からは考えられないそのテノールの歌声・・・夢を諦めなかった者が夢を掴んだ瞬間リアリティー・・・疲れていたオヤジも思わず感動・・・世界の“三大テノール”には敵わないまでも、その後の“Making of Paul Potts ”まで調べてしまうという入れ込みようでした・・・(笑)。

で・・・その感動を共にする晩酌は、なんと!“白ワイン”・・・女房殿の知人の“オーストラリア土産”だそうで・・・先に少し飲んでいた女房殿が“鶏皮の唐揚げ”とともに出してくれました・・・『Peter Lehmann Riesling BAROSSA 2006』・・・。

台所で「ねっ、どう?映画みたいでしょ!」という女房殿に・・・グラスに注いだ白ワインを口に運びながら「まっ、確かに、オペラ版“クリストファー・クロス”の“ブリティッシュ ドリーム”ですかな・・・」なんて答えたんですが・・・その次なる感動が、既に口中から始まっているのでした・・・。

“おぉっ!旨い!旨い!”と・・・この白ワインの洗練された酸味とキレのある口あたりのドライな旨さを転がしております・・・。

“オーストラリア”という“新興”ワイン産地でありながら・・・スパッと冴える“リンゴ酸”のような酸味に香る柑橘花のような風味・・・透明感も併せ持つゆったりとした味わいは・・・どことなく昔飲んだ辛口の“ドイツワイン”に通じているようで、さすが白ワイン用の葡萄“Riesling(リースニング)”種らしさ・・・。

買っては飲むことがほとんどない“ワイン”という醸造酒も・・・たまには、いいもんですな・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “鶏皮の唐揚げ”と“WINNER”・・・
by project-beppin | 2008-04-26 16:50 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(2)
“麗酸”なコクと輪郭のくっきりとした旨口・・・「菊姫 山廃吟醸」
“入学式”も終って・・・真新しい学生服姿の中高生が目立つ時候になりましたね・・・。境川も“花筏”となって・・・桜並木もそろそろ“葉桜”に変わり・・・この週末の花見は“鶴見岳”や“志高湖”や“城島”でしょう・・・。

c0001578_102112.jpg今夜は、皆が揃って夕食の時間を迎えたのですが・・・毎週のように“飲みごと”が続いているオヤジの晩酌は・・・少しだけ!との女房殿の“御達し”・・・。

今夜のおかずが“醤油ダレ焼肉”と“鶏のケチャップ煮”ですから・・・麦焼酎「がまだす」の“ロック”も候補でしたが・・・石川県出身の方から戴いた“吟醸酒”を“ライス・ワイン”感覚で“ひや”のまま一杯だけとしました・・・。

その“吟醸酒”とは、加賀の“濃醇旨口”・・・『菊姫 山廃吟醸』・・・。

“山廃仕込み”の独特な風味が色濃く香る濃厚さが漂っています・・・含み香も甘辛な芳醇さ・・・。口中で広がる味わいは・・・コシの強い味わいの輪郭を麗らかな酸味が浮かび上がらせるようで・・・正真正銘、加賀の“濃醇旨口”・・・“フルボディー”感が味覚中枢に刻まれるような旨口らしさ・・・くっきりとしたキレに余裕すら感じる味わい深さが際立ちます・・・。

能登の「宗玄 特醸 玉箒」の優しい風格は記憶に残る旨さでしたし・・・金沢の「福正宗 黒麹仕込 純米完熟辛口」の実直な辛口も上出来でしたから・・・この加賀の“王道”たる“菊姫”の“濃醇旨口”が加わると・・・清酒文化の懐深さが“百万石”級だと実感しました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “醤油ダレ焼肉”と“鶏のケチャップ煮”・・・
by project-beppin | 2008-04-12 23:33 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(0)
“太い”旨さの醸しコク・・・「本醸造 八海山」
昨日(3日)の別府は・・・心配された“寒雨”ではなく“強風”の中での“別大マラソン”となって・・・地元大分市出身の“伏兵”・・・“足立知弥”(旭化成)が“初マラソン初優勝”の偉業・・・12分を切るタイムもあのレースなら、立派・・・おめでとう!・・・。

c0001578_221031.jpg我が家では・・・“沿道応援”していたのは、友だちと出かけた次男坊だけ・・・長男坊も女房殿もこのオヤジも、皆“所用”で・・・残念ながら直接“紙旗”を振っての応援はできませんでした・・・。

夕食時、次男坊の話を聞きながら・・・先ずは“鰈煮付”に合わせて飲むのは・・・「本醸造 八海山」・・・ストーブに載せた鍋にアルミタンポで“ぬる燗”湯煎・・・そこから注いだ陶盃の“一杯”が体を温めます・・・。

新潟の“有名処”の“本醸造”・・・とある“新年会”で封を切ったものの・・・清酒を飲む方々が少なくて7合ほど残った一升瓶が回りまわって我が家へと・・・(笑)。

ありがたく“ぬる燗”で戴いてみましたが・・・一口めに、醸し麹の甘旨味と酸度のコクに“太さ”があって・・・口中ではゆるりとその味わいが伸びて・・・喉越しでは、頃合いの好いキレが味わえる旨さ・・・“すっきり系”の“吟醸酒”とは“趣”を異にする正に“本醸造”たる風格・・・。

これこそが・・・新潟の地元オイさん達が語っている「八海山」の“原味覚”ではないでしょうか?・・・酒質が“重たい”のではなく、“太い”という醸しコク・・・なんとも頼もしい旨さです・・・。

味わいながら手酌酒を楽しんでいるオヤジの目の前で・・・なんと!“煮付”用の“料理酒”代わりに(この清酒を)使ったと・・・さらりと女房殿が言いました・・・(爆)。

そして、この後“恵方巻”と“豆”で・・・我が家の“節分”を愉しみました・・・(満腹)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!を頂戴し・・・ありがたいことに一時的にはトップ20以内にランクインすることができました・・・ありがとうございました。ですが・・・現在は、またもや50位圏外ですので、これからも・・・ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、まあ、応援してやろうかぁ~”とか“善意”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。“都合のいいお願い”ですが・・・よろしく・・・。

More “鰈煮付”、“恵方巻”と・・・“節分豆”
by project-beppin | 2008-02-04 02:52 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(8)
アルコール“純度”に“味気ある”ロック・・・「スーパー純」
明日(3日)は“第57回 別大マラソン”ですが・・・予報は、雪も交じりそうな“寒雨”・・・。選手達のコンディションと記録が心配ですが・・・“寒風を劈く疾走”を期待しています・・・。

c0001578_2264994.jpg今日も“寒雨”が降り続く一日・・・温かな室内でずっと過ごしていたせいか?・・・早めに“風呂”に入ったところ“のぼせる”ような感じ・・・。

風呂上り にTシャツ一枚で・・・甘めの“醤油下味”が滲みた女房殿の“唐揚げ”をアテに飲み始めました・・・。

年末に戴いて未開封だった“高級甲類”・・・20°『スーパー純』・・・2ヶ月ぶりに冷凍庫の“氷”を取り出して“ロック”・・・。

“都会派”のボトル・・・“格好良過ぎ”て、我が家では“浮いて”しますが・・・その“洗練”された雰囲気は・・・確かにこのクリアな酒質に表れています・・・。

アルコール感は・・・その名のとおり特別に“ピュア”な感じ・・・冷たさの中で溶けた“甘味”感も絶妙で・・・“綺麗過ぎる”ほど・・・。

「これは!美味しい!」と思ってしまう凄い“味気ある”甘みを持った酒質だと思うのですが・・・欲を言えばやっぱり“ピュア過ぎ”て、どこか“蒸留工業”っぽい“精密な甘味”のようにも思えます・・・。その美味しさは分かってもらえると思いますが・・・“湧水群の名水”と“ミネラル・ウォーター”の違い・・・っていうことですかね・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!を頂戴し・・・ありがたいことに一時的にはトップ20以内にランクインすることができました・・・ありがとうございました。ですが・・・現在は、またもや50位圏外ですので、これからも・・・ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、まあ、応援してやろうかぁ~”とか“善意”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。“都合のいいお願い”ですが・・・よろしく・・・。

More 味のデザイン・・・“唐揚げ”と“富士山麓湧水使用”
by project-beppin | 2008-02-02 23:31 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(2)
“味噌おでん”にゆるりと甘口・・・「梅美人」
“三連休”の中日・・・日中は、日が射す天気だったのですが・・・夕方から徐々に曇りぎみ・・・明日は曇天となりそうです・・・。今朝の朝刊に載った“活断層「別府地溝南縁断層帯」で想定最大震度7”の記事・・・被害を算出して公表するとのことで・・・この報告書が気にかかるところです・・・。

c0001578_23561852.jpg今夜は“おでん”・・・それも赤味噌を甘くした“味噌ダレ”をつけて食べます・・・。

香川の“うどん屋”では“味噌ダレおでん”が定番となっていましたから・・・別府航路のフェリー船内売店で買った“四国”名残りのワンカップ・・・愛媛県八幡浜市の『梅美人』を“燗”つけて合わせました・・・。

その味わいは如何に?と、“熱燗”を注いだ杯を口に近づけるとゆるりとした発ち香・・・一口めのコク旨さが膨らむような甘めの口あたり・・・頃合いを見計らって落ち着いてゆく味わい・・・嗚呼、旨いです・・・。

たっぷり“おでんつゆ”を含んだ大根に“味噌ダレ”をつけながら・・・このゆるりと甘めの味わいの“燗酒”を飲む・・・“ひとり晩酌”の静かな時間が過ぎてゆきます・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から“お年玉”代わりの人気blog ランキング】への応援クリック!を頂戴し・・・ありがたいことに一時的にはトップ20以内にランクインすることができました・・・ありがとうございました。
これからも・・・ご覧いただいて“まあ、応援してやろうかぁ~”とお思いの方は・・・
人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。今年も、何卒、よろしくお願いいたします・・・。


More “味噌ダレおでん”に“燗酒”・・・
by project-beppin | 2008-01-14 00:01 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(2)