カテゴリ:オヤジ時事放談( 2 )
“売県奴”たちの“貧性”・・・新聞社幹部の子も“裏採用”教師か
最近、晩酌の時間でさえ・・・愉しく飲めないなぁと思うことがあります・・・。
全国に恥を曝した大分県下の教員採用をめぐる“口利き”の実態は・・・“底なし沼”状態であったことが、またまた、明らかになりました・・・。“ムラ社会”の悪しき権力に縋る“社会悪”に対して、“ジャーナリズムの正義”で追及することが使命であるはずの“地元新聞社”幹部社員までが“関与”して“集って”いました・・・正に“恥の上塗り”とはこのこと・・・。

c0001578_6132162.jpg“我さえ良けりゃぁ~(県下の教育者のモラルや質なんかは・・・)どげでんいいやぁ~”という短絡的な欲望のままに・・・“狂委”に縋って“不正な加点”で採用される教師を生み出すことに“加担”している“売県奴”は・・・“国会議員”、県議会議員”、“教師仲間”、“各教委仲間”のみならず“有力マスコミ関係者”を含んでいたということです・・・(呆然・・・)。

不正に“加点して”採用枠内にするという手口の“狂員採用”手法は・・・大分県下の子供達の“教育環境”を長期にわたって“劣悪”にし続ける重大な“社会悪”である犯罪行為です・・・。

“義務教育”期間中は私立学校に行かない限り、一般的な子供達は“学校”も“先生”も選べません・・・教育委員会は“公平公正に教育環境を提供する”義務があるにもかかわらず・・・試験制度によって担保されているはずの高い“資質”をもつ教員合格者を・・・極めて恣意的に不当な不採用とし・・・本来ならそれらの“資質”に及ばなかった者を不正“加点”操作という犯罪行為によって教員採用することは・・・

1.その“資質”の低い不正採用教員に、採用後は約40年間(退職するまで)教わり続けなければいけない“教育環境”を大分県下の子供達に与え続けることになる。

2.不当に不採用とされた“資質”を有する教員合格者の職業を奪い、人生を歪め、精神的にも経済的にも損害を与え続けている。

“口利き”による不正採用者が一人いるだけで・・・上記の重大な犯罪行為を・・・“し続けている”ことになり・・・それを・・・毎年のように“国会議員”、県議会議員”、“教師仲間”、“各教委仲間”のみならず“有力マスコミ関係者”までが・・・数十人の採用枠に対して、数十人規模の“口利き”を行っていることを考えれば・・・“口利き”行為を行った本人家族や親戚の子供達も・・・将来にわたり、必ず何処かでこの“不正”教員に教わる“資質”の低い“教育環境”を“享受”することになるんですから・・・“天に向かって唾を吐く”行為そのものであると判らないのでしょうか?・・・“売県奴”たちの“貧性”です・・・。

よって、何度も言いますが・・・例えば、大学受験において“裏口入学”が発覚すれば、その事情を知らなかった“裏口入学生”は、当然“入学取り消し”になります・・・。

今回のこの不正採用試験において“口利き裏口採用”が発覚すれば、その事情を知っていようがいまいが、当然“採用取り消し”つまり“免職解雇”にしなければ・・・それこそ、子供達に“不正を正す教育”の示しがつきません・・・。

このまま有耶無耶に“証拠隠滅を理由に採用したまま”を続けることこそ・・・大分県民の子供達を“生贄”にして犯罪者たちの“温存”を諮ることにほかなりません・・・。私は・・・断固たる“処分”を今後も求め続けます・・・これからの子供達のために・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。
by project-beppin | 2008-07-23 06:11 | オヤジ時事放談 | Comments(2)
“根絶への決意”・・・摘発、免職、公職追放、正規採用と民事賠償
事件の発覚から1ヶ月を過ぎてもまだ尚、“闇の入口”を照らした状態のままとなっている“大分県教委汚職事件”・・・県議会議員という“公選職”の“特権”が“特定支持者”のための“口利き”であり、それが誰でもやっているという“悪しき慣習”を口実とした“開き直り”で済まされるなら・・・“好銭職”の“嫌疑会偽員”だと思いませんか・・・(憤怒!)・・・。

c0001578_23435090.jpg本日は・・・“蛾”となって都町へ急ぐオヤジが、そんな“県”の中枢“官庁街”を撮影した写真で・・・その“闇”の帳がまだまだ深いことを・・・怒りとともに嘆きます・・・。

“10年前”まで遡れるはずの“改ざん証拠”の答案を廃棄していたということからすれば・・・これは間違いなく“狂育行政の組織犯罪”です・・・。

私は、本来なら立証可能な10年前まで遡って・・・
“贈賄者の摘発”・・・
不正採用教員免職”・・・
“収賄・口利き”役を果たした“嫌疑会偽員”や“酷懐偽員非書”と“狂委幹部”の“刑事罰と公職追放”・・・
“不当に不採用にされた被害者の教員正規採用と民事賠償”・・・
これらが“全てセット”で実行されない限り・・・大分の狂育界を取り巻く既得権益特権集団の“ムラ社会”の構図は(しばらくは影を潜めても・・・)今後も脈々と生き続けます・・・。

「テストで赤点やったら、“先生”や“議員”さんにいくら渡せば、順位上げてくれるん」と問われることがあった時・・・“テスト”の“点数”を(正しく)付けて“評価”しなくてはいけない今の"学校"では・・・そんな子供たちに対して、誰が何と“教育”できるんでしょうか・・・!!!。

目の前の我が子の“混乱と動揺を気にかける”余り“温情措置”を求めるような市町村教委の配慮意見には“大反対”です!!!・・・我が子以降には“二度と混乱と動揺をさせない”という“根絶への決意”があってしかるべきです・・・。

“ツケトドケ”や“クチキキ”で“自分の未来を買って、他人の未来を変えた”人・・・が、“教諭”という地位を保ちながら・・・これからも“我が子”を教えるかもしれないという“潜在的疑念と恐怖”をこれからの子供たちにも残すことが・・・大分県民の正しい選択でしょうか・・・。

冗談じゃありません・・・そんな恥ずかしい“悪しきムラ社会”は、二度と御免です・・・これを契機に“一掃”しましょう・・・!!!。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。
by project-beppin | 2008-07-17 23:56 | オヤジ時事放談 | Comments(4)