カテゴリ:大分の風土・行楽( 269 )
春を待つ疾走・・・別大マラソン (速報!)
先ほど応援してきました! 入船頑張れ!優勝!2:09:58
c0001578_14101955.jpg
(この写真は29km地点・・・浜脇温泉前)
ガンバレー!・・・ファイト!・・・応援に振る紙旗には・・・地元の焼酎“二階堂”版もありましたよ~。
by project-beppin | 2005-02-06 14:11 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
別府の“冷たい日”とは・・・こんな日なんです。
もう昨日になっちゃいましたが・・・2月2日の朝の撮影です。

c0001578_22413245.jpg雪はそれほどでもないのですが・・・このとおり氷柱・・・冷たい一日でした。

別府は坂の街・・・市道は凍っていて大変でしたねぇ。

山手にお住まいの方は、大通りまでがチェーンが必要です。
しかし、海沿いの国道まで下りれば・・・チェーンなくてもOK!

道路わきの側溝は、温泉排水が流れていますから・・・すごい湯けむり・・・。

朝6時からやってる市営温泉の“朝湯”につかっても・・・家に帰り着くまでに・・・足が凍える、湯冷めする・・・そんな冷たさでしたね。

今日は・・・温泉日和のような気がします。
by project-beppin | 2005-02-03 02:36 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
名水紀行1・・・萬太郎清水
旨い焼酎には・・・美味しい水も必要ですね・・・。

別府温泉の総鎮守・・・「朝見神社」。ここには・・・不治の病を治したと言伝えられる名水『萬太郎清水』があります。

c0001578_0524270.jpg大分名水100選にも・・・九州名水100選にも・・・選ばれているんですねぇ。
多くの人が・・・絶えず汲みに来る庶民の名水。
境内にある茶房“萬太郎”では、この名水で・・・お茶やコーヒーをいただけます・・・。
私も、時々この名水で・・・いとしの麦焼酎を割って・・・いただきます。
清らかなホロ酔い気分・・・大地と自然に感謝・・・。

萬太郎清水/別府市朝見2丁目 八幡朝見神社境内
by project-beppin | 2005-01-21 00:17 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
冬の到来を知らせる景観サイン・・・湯けむり
湯の街、別府も冬本番です。
c0001578_13563862.jpg
鶴見岳は・・・冠雪の模様・・・山頂の木々は霧氷をつけていたでしょうねぇ。
c0001578_13555193.jpg
暖かいときは見えないのですが・・・気温が下がると・・・鉄輪(かんなわ)地区の“湯けむり”が・・・本格的な冬の到来を知らせる・・・別府の景観サインになっています。
湯治客は・・・丹前姿でタオル片手に・・・外湯の市営「むし風呂」、「筋湯」、「熱の湯」などへ・・・
湯気の向こうに・・・蒸しあがったばかりの・・・温泉玉子、むし饅頭、肉まんに舌鼓・・・
これから3月にかけては・・・昔ながらの長逗留の湯治おじいちゃんと・・・世間話しながら・・・
風呂上りに・・・ワンカップ焼酎なんてのも・・・一杯いただく・・・旨いんですがねぇ。
by project-beppin | 2004-12-29 13:58 | 大分の風土・行楽 | Comments(8)
真冬の夜の夢・・・べっぷ X'mas HANABI ファンタジア
今夜は・・・“べっぷ X'mas HANABI ファンタジア”です。
冬の澄みきった空気の中で楽しむ花火も・・・優れものです。

c0001578_2227078.jpg会場に流れるクリスマスソングの音響とシンクロして打ちあがる数千発の花火は、1時間にわたり別府の夜空で光のショーを繰り広げます。

夏の花火とは全く違って・・・寡黙に鑑賞するクリスマスの花火は・・・『祈り』にも似た神聖な輝きがあります。

肩を寄せ合うアベック・・・子供を肩車するお父さん・・・ワンカップ片手のオヤジ・・・。みんなが見上げる花火は、そのみんなの顔をあまねく照らすのです。

1時間にわたって打ち上げられるクリスマスの花火・・・“真冬の夜の夢”

明日、24日のクリスマス・イブにも、このファンタジーなHANABIが・・・別府の夜空で輝きます。お近くの方は、是非会場へ・・・。
by project-beppin | 2004-12-23 22:29 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
海の玄関・・・別府国際観光港
別府港は、瀬戸内海航路の始発点、終着点です。
九州と四国・関西を結ぶこの航路は、戦前から別府に人とモノの交流をもたらしました。
c0001578_1855252.jpg
今は・・・船体に太陽を描いたサンフラワー関西汽船(松山・今治・神戸・大阪)
四国、愛媛県の佐多岬に向かう宇和島運輸(三崎・八幡浜)
などが就航しています。
この港が起点になって・・・湯布院・くじゅう・阿蘇へと観光客が広がってゆく・・・。
帰りは・・・この港から戻る・・・その時は・・・焼酎も土産に提げてるんでしょうねぇ。

先週の土曜日・・・日本の最高級クルーズ客船「飛鳥」が入港し一日碇泊していました。乗船客は、別府観光を楽しんだのでしょうね・・・。
by project-beppin | 2004-12-23 18:49 | 大分の風土・行楽 | Comments(5)
西瀬戸眺望・・・国東半島
初冬の国東(くにさき)半島をドライブしました。国東町の羽田海岸からの眺望・・・西瀬戸内海です。

c0001578_11141511.jpg
半島の沖に霞んで見えるのが・・・きつね踊りで有名な姫島

この海岸線は“国東サイクリングロード”でもあります。この季節さすがにサイクリングを楽しんでいる人は見かけませんでしたが・・・

私は、この海を見ていると思い出す映画があります・・・「犬死せしもの」
戦後、この海の暴走族?となった若者の青春ドラマとでも言えばよいでしょうか・・・。
広島県のある島を本拠地に、この海を舞台に暴れる復員兵の若者(真田広之)が、国東半島にある竹田津の港から大阪の嫁ぎ先へ向かう途中の娘(安田成美)を誘拐し・・・繰り広げた抗争の顛末を描くストーリーでした。

中国地方(広島方面)と四国地方(松山方面)と九州地方(この国東半島)を結ぶ“西瀬戸内文化圏”・・・この海は・・・海道なんですね・・・
by project-beppin | 2004-12-04 11:22 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
『鏝絵』・・・建築における願いの具象画
旧家の土蔵や古民家を眺めていると・・・具象画を描いた漆喰(しっくい)の外壁を見つけることができます。大分では、人知れず培ってきた建築文化です。

c0001578_0335032.jpg吉祥来福、無病息災、家内安全の願いを込めて・・・家族が暮らす“家”に込める施主の思いを・・・棟梁と左官の技で表す・・・「鏝絵」(こてえ)。
大分のどこかで見つけたら・・・しばらく眺めて見てください・・・慎ましくも深い庶民的祈りを感じながら・・・なぜか、自分自身が心癒されてしまうのです・・・。


c0001578_0345348.jpg

この鏝絵は・・・臼杵市の下ノ江港の近くにある「川口屋旅館別亭 久楽」の恵比寿さま・・・福運、豊漁、商売繁昌、航海安全・・・


ちなみに、ここのふぐ料理は絶品・・・思わずお客が・・・恵比寿顔
by project-beppin | 2004-11-30 00:37 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
別府遠景・・・
私が暮らす別府の街を西大分港から眺めた風景です。
c0001578_10434023.jpg

港の赤い灯台のうしろに見える山が、おサルで有名な・・・高崎山
遠景に並んで二つ高さがよく似た山があり、
高崎山に近い方が、湯布院の象徴・・・由布岳
その隣が、別府の象徴・・・鶴見岳

鶴見岳の裾野に広がる扇状地の斜面に、湯けむりたなびく我が街別府が広がっています。

この写真を撮影した西大分港は、神戸から四国松山を経由して、瀬戸内海航路のフェリーが着く港でもあります。ここから、海を見ながら高崎山の麓を通り、別府の街に向かう国道10号線は、通称・・・別大(べつだい)国道・・・と呼ばれ、毎年2月にはマラソン競技大会のコースとなります。テレビ中継で、見たことありますか。
by project-beppin | 2004-11-28 10:46 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)