<   2005年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧
“薩越同舟”の肴と・・・「のたり」
鼻かぜをひいてるのか?花粉症なのか?なんて話は・・・止めましょう。
今夜は・・・『のたり』で・・・晩酌できるんですから・・・。

c0001578_23532742.jpg香りは強くはありませんが・・・麦らしい旨口の吟醸香が漂います。
口に含んで転がすと・・・鼻腔には麦の香ばしさが幾ばくか抜けていくのですが・・・
舌の上では・・・辛口の清酒のような味わいでありながら・・・
喉越しは・・・苦辛い甘さのアルコール感・・・芯があるキレのいい余韻・・・。

おへま』が常圧のスムース旨口とガツン濃厚タイプの中間的な味わいであることからすれば・・・これは・・・ガツン系の“没個性的な個性の味わい”とでも言えばわかってもらえるかもしれませんねぇ。(飲まなきゃわかんないかも・・・)

“さつま揚げ”と“鰤の越後焼”・・・“薩越同舟”の肴・・・ちょっと豪華に出していただけました。
さつま揚げは、少し練りこんだ味付けに甘さ感じるんですが・・・“お湯割り”にはちょうどいいですね。鰤の越後焼は、思ったより味付けが淡白で魚の身のふっくら感もほどよく・・・“生”で飲みながらいただきました。

残ったキムチをアテに・・・“お湯割り”で最後の一杯・・・。これで、鼻かぜじゃなければ・・・もっと旨かろうに・・・。

■「のたり」(井上酒造:日田市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
漂う吟醸香、鼻腔に抜ける麦の芳香と苦辛い甘さのいい濃厚タイプ。喉越しにしっかりとした芯があるキレのいいアルコール感の余韻に浸る良品。
by project-beppin | 2005-02-28 23:53 | 大分麦焼酎 | Comments(7)
帰路の車内は(その2)・・・ワンカップ「繊月」
さすがに、飛行機の中では飲みませんよ・・・福岡に到着
博多駅中央口の売店で・・・ワンカップ『繊月』と練りモノ天ぷら

c0001578_23174364.jpg大分行きの“ソニック”に乗り込んで・・・グビッと飲みながら・・・
さすがに25度のワンカップですねぇ・・・米の甘みの前に、ツンとした刺激が喉越しに心地よく余韻を残しますねぇ。
ワンカップでは・・・20度を飲みなれた私などには・・・ちょっときつく感じてしまいます。
しかし・・・練りモノの淡白な味を引き立ててくれるには・・・これが丁度良いのかも?

眠たくならないように・・・黒澤和子著『黒澤明の食卓』を読みながら・・・。
自己中心的な映画監督の食卓とは・・・決して美食家ではないのですが、その意固地な美食の影に・・・奥様(著者の母)の食材へのこだわりと美味しさの探求・・・
映画監督の想像力は・・・こんな食卓の中で生まれるのかと・・・楽しく読めました。

■「繊月」(繊月酒造:熊本県人吉市/減圧:米・米麹)25度
by project-beppin | 2005-02-27 23:18 | 旅先の酒と食 | Comments(6)
帰路の車内は(その1)・・・「吉乃川 生原酒」
仕事を終えて・・・帰路・・・長岡から新潟へ

c0001578_21343372.jpg長岡らしい清酒の味わいを車内でも・・・『吉乃川 六段仕込み・ふなしぼり・生原酒』
冷やでアルミ缶を“カポッ”っと開ければ・・・甘口ながらくどくない・・・19度のアルコール感はきっちりと・・・まぁ、旨いですねぇ。

土産に買った長岡名物の“炊き乃家の炊き餅”(かしきのいえのかしきもち)をアテに・・・

ちょっと、合わないような気がしますが・・・これはこれで・・・それなりに旨いもんです。
by project-beppin | 2005-02-27 21:35 | 旅先の酒と食 | Comments(1)
仕上げは・・・背脂醤油スープのラーメン
この後・・・清酒を冷やで一杯『北雪』(いで師のお奨め・・・思い出しました。)
嫌味がない辛口のお酒・・・烏賊の沖漬けとともに・・・。

c0001578_20282348.jpgお客さんも増えてきましたね・・・さて、仕上げましょうかぁ。・・・「ラーメン一杯!」
各地に行って、ラーメンで仕上げるときは楽しみです。

出てきました・・・正統派の醤油ラーメン・・・葱、メンマ、煮玉子、海苔、チャーシュー・・・縮れ麺に絡む、背脂醤油のコクのあるスープ・・・
飲めないときは・・・このラーメンだけでも良いかも・・・満足、満腹!
by project-beppin | 2005-02-27 15:02 | 旅先の酒と食 | Comments(2)
無濾過と玄麦のホロ苦さ・・・「龍。」(ろんてん)
さてさて・・・次は・・・何をいただきましょうか・・・地元に続いて、九州の味わいですかねぇ。

c0001578_902560.jpgえーと・・・麦は・・・『一粒の麦』、『らんびき』、『龍。』
ならば・・・『龍。』(ろんてん)を・・・“生”で・・・

香りも濃く・・・ガツン濃厚タイプでしょ・・・無濾過と玄麦の芳ばしいホロ苦さが旨甘さとしっかり重なってます。
喉越しのアルコールの刺激も濃厚な味わいの割にはおとなしいですねぇ。なかなか・・・旨いです。
ついつい・・・口を運ぶペースが速くなるのは・・・やっぱ“麦好き”だからでしょうか。安心して飲めますもんねぇ。

鰺の刺身も残り少なくなってるでしょ・・・付け出しの“鯨の煮こごり”も旨かったすよ。

先客のオヤジさんと、釣り話に興じて・・・客同士で愉しむ居酒屋の雑学談義・・・いい時間です。

■「龍。(ろんてん)」(王手門酒造:宮崎県南那珂郡/常圧:大麦・大麦麹・玄麦)25度
by project-beppin | 2005-02-26 00:35 | 旅先の酒と食 | Comments(3)
美酒探訪/長岡・・・その壱:『鰺の刺身』に「蔵人秘伝」
ビジネスにチェックインして、明日の仕事の段取りをつけたら・・・一軒だけ・・・覗いてみましょう。知らない街の通りをひとつ曲がると・・・赤提灯、看板の品書き・・・居酒屋『ニューだいち』

c0001578_22505118.jpgカウンター席で、馴染みの先客と話し込んでた女将さん・・・「どうぞ、いらっしゃい」・・・。
一元者らしく素直に・・・「おすすめの刺身とこちら地元の焼酎いただけませんか」・・・。

「地元の焼酎なら、今、これしかないのよ」

『蔵人秘伝』・・・この前飲んだ吟醸粕取り・・・う~ん、香りが高貴でキリッとしていて・・・アルコールの素直な甘辛旨みと含み香の清みきった円やかさ・・・。やっぱり・・・旨い。

『鰺の刺身』は少し身が柔らかい感じ・・・でも、オロシ生姜をちょんとつけて・・・美味。
舌に残る生姜の味わいと・・・この吟醸香の芳美な味わいは・・・取り合せとしても、相性いいですねぇ。

■「蔵人秘伝」(朝日酒造:新潟県三島郡/不明:清酒粕・米)25度

付録ネタ)居酒屋『ニューだいち』で・・・
by project-beppin | 2005-02-25 01:24 | 旅先の酒と食 | Comments(6)
長岡へ・・・“MAXとき”と「まさかいくらなんでも寿司」
福岡を発って、1時間を過ぎる頃、雪深い大地の新潟県に・・・。

c0001578_22215955.jpg新潟駅からは・・・“MAXとき”で30分足らずの乗車時間・・・。
新幹線ホームで・・・蕎麦を食おうか?と悩んでいると・・・目に飛び込んでくるんですよっ・・・駅弁!「まさかいくらなんでも寿司」と・・・。

買って車内で・・・軽めの夕食ですね。
〆鱒、鮭と蟹のフレーク、醤油漬いくら、玉子・・・日本海のチラシ寿司の四天王の揃い踏み・・・合掌、いただきま~す!

玉子の甘みは、品よく・・・ちょっと酢香が利いた酢飯・・・。いくらは、プツプツ濃~いはじけ方。鮭と蟹のフレークは、ちょっと塩っ辛~い・・・かなぁ。〆鱒は、旨い酢加減・・・。

駅弁に舌鼓も・・・いいもんすよねっ・・・。さあ、長岡に着いたら・・・飲むぞ~。
by project-beppin | 2005-02-24 22:12 | 旅先の酒と食 | Comments(4)
プロローグ/旅立ちの一杯・・・「ほ」
さすがに、往路の特急“ソニック”では・・・飲まなかったんですが・・・。

c0001578_22325645.jpg福岡空港に早めに着いちゃったもんで・・・待ち時間がある・・・今日は移動だけ(仕事はない)・・・となると、ちょこっと・・・一杯ねぇ。

新潟行きは、新しい第二ターミナルではな第一ターミナル。搭乗待合室前の売店では焼酎売ってるかな?

おぉ、あるじゃない“ワンカップ”・・・目にしたのは、芋焼酎『霧島(白)』と麦焼酎『ほ』・・・飲んだことない霧島酒造の麦焼酎を飲んでみたくなりますよねぇ・・・。
いかにもドライ淡麗なすっきりツンとした麦焼酎らしい20度の味わい・・・旅の始まりにはうってつけですなぁ。


アテを探していたら・・・これまた、熊本名産の“けっとばし”・・・馬刺しの燻製“ホースジャーキー”で・・・まさに・・・九州を発つ私への・・・馬の餞(はなむけ)。

■「ほ」(霧島酒造:宮崎県都城市/減圧:麦・麦麹)20度
by project-beppin | 2005-02-24 01:44 | 旅先の酒と食 | Comments(2)
福岡空港離陸・・・別府湾・鶴見岳・由布岳
九州を離れ、またまた新潟へ・・・福岡空港から・・・
c0001578_164690.jpg
離陸し上昇を続ける機窓から・・・ななっ、なんと!こんなにきれいに大分が見えたんです・・・。
別府湾から鶴見岳・・・白く雪をかぶっているのが・・・由布岳。ああ、美しき我が県土。

今回、これからしばらく・・・旅先で出会った“焼酎と酒と美食”・・・特集いたします。お楽しみに・・・。
by project-beppin | 2005-02-24 01:07 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
“ギョーザ”の時は、芋飲みたくなるんですよ・・・「村尾」
今日は、雪が舞う一日でしたねぇ・・・寒かった。
少し熱っぽくて・・・悪寒がしたり・・・気をつけないと・・・。

c0001578_047971.jpg夕食は・・・ギョーザもパリパリ・・・旨そうです。
和風ちゃんぽん」の時に・・・ちょっとばかしスープの話を書いたばかりですが・・・太平燕(タイピエン)も出てきました。
春雨入りスープで、中華風の夕食・・・いい味出してます。

深酒せずに・・残ってた『村尾』・・・“生”で一杯だけ。
芋の香ばしさも強く、コクと旨甘みのバランスもしっかりと・・・“ズバン主張”が旨いです。
なぜか・・・“ギョーザ”の時は・・・芋飲みたくなるんですよ・・・また、これが好いんですよぉ・・・。

■「村尾」(村尾酒造:鹿児島県川内市/常圧:芋・米麹)25度
by project-beppin | 2005-02-20 22:22 | 隣人の焼酎・泡盛 | Comments(5)