<   2006年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧
大分の麦焼酎“創生期”の味わい?・・・“糖添”「由布岳」
今日(30日)は・・・生暖かいような“冬凪”・・・曇って風もなく、鶴見岳も別府湾も霧で霞んでました・・・。

c0001578_2112417.jpg昨日の日曜日、買い物に付き合っていると・・・この『由布岳』を発見・・・。

“飲みたいなぁ~”と思いながら、帰宅すれば・・・今夜は“穴子の白焼き”と“砂ずり・ちりめんのポン酢和え”・・・。

“穴子の白焼き”・・・シンプルに“塩・胡椒”をうって、オーブンで火が通り幾分焦げる程度に焼いただけだそうで・・・淡白な身のホッコリ感に、塩と胡椒の風味が実直な“穴子らしさ”を引き立てます・・・。贅沢ではないのですが・・・旨いです・・・。

“砂ずり・ちりめんのポン酢和え”・・・米酢と砂糖にポン酢を合わせたようで・・・甘酢っぱいく馴染んだコリコリの砂ずりと胡瓜に・・・“別府湾のちりめん”が少しふやけて、塩っけの奥の噛み締める風味に・・・一緒に漬かっている唐辛子がピリリとアクセントを付けてくれます・・・これまた、触感と食感ともに好い味・・・。

即、女房殿に・・・開封を嘆願・・・無事、了承を得て・・・先ずは“生”・・・そして6:4の“お湯割り”・・・。

“生”・・・シャープな微香はおとなしく・・・口に含んで、舌先で甘さが浮き立ち・・・喉に向かいながら辛口の刺激を響かせる・・・喉越しは柔らかいのですが・・・喉の奥にアルコール感の残響が余韻となって長く続きます・・・。

“お湯割り”・・・やはり“甘み”が円~い感じで・・・あと口に淡麗な辛口旨さ・・・。

“甘さが浮き立つ”感じは・・・“糖類添加”の所為でしょうか・・・。この甘さの味わいが・・・この焼酎の魅力でもあり、違和感でもあり・・・“淡麗スウィート”。

次男坊にせがまれて、昨年の秋に買った・・・青い“きりぼんちゃん”・・・。今年になってからは・・・本棚で“埃”を被っていた様子でしたので・・・「由布岳」の応援にご出演いただきました・・・。いかにも・・・露骨に、ワザとらしく・・・です(笑)。

■「由布岳」(小野酒造:由布市/減圧:麦・麦麹・糖類添加)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 おとなしく仄かな微香に、甘さが浮き立ちながら喉越しで軽やかな辛口のアルコール感を響かせる淡麗タイプ。魅力的な糖甘~い円やかさの味わいに想いをめぐらせる良品。
by project-beppin | 2006-01-30 23:59 | 大分麦焼酎 | Comments(6)
澄みわたる味わいスープ・・・中央軒「ラーメン」
先日の日田でもう一軒・・・“河畔夜景”を眺めたあとで・・・小腹が空いて・・・仕上げのラーメン・・・。

c0001578_1184680.jpg隈(くま)界隈のネオンの通りへ戻り・・・まだ、暖簾のかかっている店に入ります・・・“中央軒”・・・。
土地勘のないところでは・・・“街とともにある風情”の店構えに・・・心惹かれますねぇ・・・。

大将に・・・「ラーメン」と告げて・・・カウンターに陣取り、しばらくすると・・・「ハイ!お待ちどうさまぁ~」・・・カウンター越しにラーメン鉢を受け取ります・・・。

おっぅ!あっさりした旨口スープの予感・・・。

始めっから入っている紅生姜と、刻み葱、海苔に・・・“茹で豚”風チャーシューが3枚・・・彩りがいいですね・・・。のびにくい感じのコシのある細麺・・・好いです。

啜ってみたスープは・・・油滴の浮き方が細かくて・・・透明度をもった“醤油とんこつ”スープ・・・コクがあって塩っ気が効いていながら・・・アクのない澄みわたるトンコツベースと醤油ダレで・・・すっきりでありながらしっかりした旨味・・・でした。
紅生姜の香りも・・・きれいに味をまとめてくれます・・・。飲屋街に近い老舗ラーメン店・・・色街の“お姐さま”の出前にも応えている様子・・・なるほど、あっさり系のスープが食べ飽きない秘訣かと・・・。

旨過ぎず・・・澄みわたる“中庸”な味わいが・・・忘れられない一杯でした・・・。

■ラーメン:中央軒/日田市中央
by project-beppin | 2006-01-28 01:21 | 美食の街 | Comments(0)
“カニ味噌カナッペ”に・・・香ばしい湯気「常徳屋 赤ラベル」
一日中、晴天・・・昼は10℃を越えて・・・暖かい一日でした・・・。夕方も思ったほど寒くなく・・・今日は、運よく・・・早めに帰宅することができました・・・。

c0001578_1315621.jpg早めに帰りついたのに・・・女房殿と次男坊は、既に食事を終えていて・・・部活から戻ったばかりの長男坊と二人で夕食・・・戴き物の缶詰“カニ味噌”をご飯にのせて・・・“バッチ濃いぃ~”カニ味噌の味わい・・・セイ!セイ!。
おかずは・・・“海老カツ”と“ギョロッケ”・・・汁物は“大根と里芋の味噌汁”・・・でした・・・。

“おかわり”したかったのですが・・・晩酌のために・・・ガ・マ・ン・・・(笑)。

風呂上りに・・・テレビドラマ“白夜行”を見ている長男坊の横で・・・オヤジは、せっせと晩酌準備・・・『常徳屋 赤ラベル』・・・久しぶりのガツン系・・・。

開封して・・・瓶の口に鼻を近づけ嗅いでみます・・・おぉぅ~・・・馨しい麦の“スウィート・ビター・アロマ”・・・。あの「常圧 常蔵」を開封した時のような記憶が蘇ります・・・さすが、評判のいい“赤”ですね・・・。

このまま“アテ無し”で飲むかぁ~?と思っていたら・・・「残ってるカニ味噌は、もう、いらないのぉ~」と女房殿が一言・・・。
ピン!っときて・・・「食パンあるぅ?」と聞けば・・・「冷蔵庫に、朝の残りがあるわよぉ~」というご返事・・・(やったぁ~!)ならば・・・オヤジのアドリブ“カニ味噌カナッペ”・・・。

 ♪ 人み~な 赤(あ~か)にぃ~ 酔うとぉきはぁ~
    残パン 乞ぉいぃし~ 山盛りにぃ~ ♪   (芹 洋子:坊がつる讃歌・・・の替歌)

カニ味噌に・・・岩のりを混ぜ込んで・・・パンにのせ・・・オーブン・トースターでほど好く焼いて・・・マヨネーズをチョボッとつけて・・・屑削り節をパラパラ・・・ハイッ!出来上がりぃ~・・・。

この“カニ味噌カナッペ”の濃い味に負けないように・・・この焼酎も5:5の“お湯割り”で・・・香ばしさを飲みましょう・・・。

お湯で割っても崩れない・・・甘く香ばしい香り・・・。湯気に導かれるように、口をつけて・・・口の中いっぱいに含んで転がすと・・・煎ったようなホロ苦甘さが柔らかく“解れ”ながら・・・鼻腔へと“拡散”していく優しい味わい・・・。あと口に・・・心地よく痺れる爽やかな苦旨味の余韻・・・真っ直ぐな“味わいの芯”に“優しさの奥のダンディズム”を感じます・・・。
参りました・・・“お湯割り”はメッチャ旨いです・・・大正解でした!!!

これを飲んで・・・“カニ味噌カナッペ”を頬張り・・・また、この香ばしい湯気につられて、さらに飲む・・・嬉しくて、涙が出ます・・・。
長男坊が、晩酌オヤジを見て・・・「おとうさん、これ(ドラマ)見て泣いてんのぉ~?」と・・・(決して、テレビ・ドラマの所為ではありませんヨ・・・笑)

 ♪ 涙をぉ~流ぁ~すぅ 優男(やぁ~さおぉとこぉ~)
    湯気(ゆぅ~げ)の味に 恥をぉ知ぃるぅ~ ♪

■「常徳屋 赤ラベル」(常徳屋酒造場:宇佐市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 馨しい麦の芳醇な香り。煎ったようなホロ苦甘さが柔らかくほぐれ、スウィート・ビターなコクが真っ直ぐな濃厚タイプ。鼻腔へと広がる優しい味わいと苦旨味のアルコール感の余韻が堪らない優品。

More アドリブ“カニ味噌カナッペ”
by project-beppin | 2006-01-27 01:46 | 大分麦焼酎 | Comments(7)
河畔夜景・・・冬の三隈川
日田の“飲み会”のあと・・・コートの襟を立てながら店を出て、安宿に戻る途中・・・隈(くま)界隈のネオン街を通り過ぎて・・・対岸の亀山公園(日隈城址)に向かう橋の上から・・・「三隈川」を眺めます・・・。

c0001578_03519.jpg霜が降りそうな空気が張りつめて・・・河畔の外灯の光を水面に映す・・・“鮮明”で“静寂”な無音の夜景・・・。

その昔・・・この川を下る“原木筏”は・・・やがて“筑後川”の流れにのって・・・有明海へと出る“川の物流”があったといいます・・・(そういえば・・・正調粕取焼酎“三隈”にはその風景が描かれています・・・)

今でも・・・日田は杉と檜=木材の街・・・市内には多くの製材工場が点在し・・・うず高く積み上げられた丸太原木を・・・柱角材や板材にしています・・・。

夏は、この川で・・・観光“鵜飼”と“遊船”宴会・・・鮎と鰻の“川の幸”を肴に・・・旦那になった気分で“夕涼み”・・・。

冬の三隈川・・・“時の流れ”まで止めたような・・・静けさの中に見つけた“水の都 日田”・・・美しい夜景に出会えました。
by project-beppin | 2006-01-26 00:38 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
天然寒鰤の“トロ身”に・・・熟れた甘み「閻魔」
月曜日、日田で仕事・・・出かける時は雪でした・・・高速道路も別府から玖珠まで通行止め・・・。仕事の後・・・そのまま日田で“飲み会”に参加・・・。

c0001578_1581853.jpgその“飲み会”・・・“日田んし(日田の人々・・・の意)”の希望で“旨い刺身”をと・・・居酒屋を決めたそうです・・・。
内陸の日田盆地で・・・安くて旨い刺身って?・・・と、あまり期待していなかったのですが・・・なんのなんの、久しぶりに旨かったですよ・・・。

“天然寒鰤”・・・この切り身の“輝き”・・・冷凍モノではないことは、口に入れなくてもわかります・・・。“霜降り”のような“鰤トロ身”の艶・・・生脂が滲むような“蕩ける”口あたり・・・上質なネタであることを素直に感じますね・・・。他のネタも旨いです・・・冷え過ぎてない丁度いい頃合いの“烏賊”や“太刀魚”や“蛸”なども・・・。

“焼酎は?”との問いに・・・この席を囲んだ“日田んし”は・・・「いいちこ」と「閻魔」に二分・・・(へぇ~・・・)。この店の焼酎銘柄を見て、別府だったら・・・これだけ旨い刺身が肴ですから・・・ほとんどの人が「二階堂」と言うでしょうが・・・さすが、日田です・・・地元で造る味わいを大事にしてます・・・(そういえば、ビールも“サッポロ”だった・・・)。結局・・・押し切られて『閻魔』・・・俗に言う“樽モノ 赤閻魔”・・・。

“生”で半分ほど飲んでみましたが・・・樽の甘~い香りは、熟成果実のような芳香・・・樫樽らしい深さを持った甘みのコクが先行して、その後に続く麦らしいシャープなアルコール感・・・鼻腔に抜ける“後香”の余韻が楽しめ・・・喉越しも素直に主張する感じ・・・。どちらかというと・・・重たすぎない感じ・・・いけますねぇ~・・・。

後は・・・ゆっくりと7:3で濃いめの“水割り”・・・樽香がおとなしくなり、ウィスキーよりも素直に駆け抜ける淡麗な甘さで・・・麦本来ともいえるキレが冴えます・・・。

実は私・・・肴の旨さを“この樽香風味が邪魔するんじゃないのぉ~”と・・・思っていたんですが・・・飲んでみたら・・・“なるほどぉ~、こうやって飲むのかぁ~”と・・・感心してしまいました・・・。意外とこの“樽モノ”の方が、常圧蒸留の“緑閻魔”よりも・・・刺身に合いますね・・・。

これで・・・“日田の三地蔵”の“樽モノ”の代表銘柄・・・井上さんの「夜叉」、クンチョウさんの「薫露」、老松さんの「閻魔」と・・・ひととおり飲むことができました・・・。

■「閻魔」(老松酒造:日田市/常減ブレンド:麦・麦麹)25度・・・ウィスキータイプ
 熟成果実のような甘い芳香、樫樽らしい深さを持った甘みの円いコクと麦本来ともいえるキレが冴えるウィスキータイプ。素直に駆け抜ける淡麗な甘さと後香の余韻が飲み飽きない樽貯蔵の優品。

More 寒鰤のトロ刺身と胃袋の湯引き・・・
by project-beppin | 2006-01-25 02:00 | 大分麦焼酎 | Comments(6)
これぞ“豊後うどん”・・・大分空港の「椎茸うどん」
先日の出張時・・・大分空港の搭乗待合で朝食・・・大分らしい“うどん”を味わいました・・・「椎茸うどん」。

c0001578_13502884.jpg大分は・・・“干し椎茸”の大産地・・・しかし、“生椎茸”も旨いんですよ。

見てください・・・このでかい“椎茸”・・・甘辛く煮付けた肉厚の一枚モノ・・・まるで“黒いフカヒレ”・・・(笑)。箸で持ち上げると・・・肉厚な重量感・・・。

うどんは・・・柔かめのツルツル麺・・・。
ツユは・・・椎茸出汁も効いた濃口醤油仕立て・・・。

そして、この緑の薬味料こそ・・・“柚子こしょう”・・・濃口の出汁に解けると・・・柚子辛~い!独特のヒリヒリ風味・・・。

この“椎茸煮付け”と“柚子こしょう”の組み合わせ・・・食せば・・・体は、温ったまり・・・身は、引き締まり・・・目は、パッチリ!・・・って感じの“豊後うどん”ですよ。

このうどんに出会えるのは・・・HAKUDOU師匠が紹介した“とっぱい”の甕サーバーがある搭乗待合の売店ですから・・・搭乗者だけが食せる“立ち食い”・・・。“立ち食い”ですから・・・“味わう”よりも“掻き込む”が正解ですが・・・これは“味わう”でした・・・。

■椎茸うどん/大分空港 搭乗待合 売店

More “椎茸煮付け”と“柚子こしょう”
by project-beppin | 2006-01-21 13:58 | 美食の街 | Comments(11)
南北珍味で・・・薩摩の麦「豊後いのいち」
午前中は、暖房のない現場作業でした・・・。夕方、ラジオで“Livedoor”と“証人喚問”の報道を聞きながら・・・“デスクワークの錬金術”の虚構が暴かれたことに・・・“やっぱ、ものづくりだよなぁ~”と・・・自らを励ますように玄関を開けて・・・“ただいまぁ~”・・・。

c0001578_1583599.jpg昨日の羽田空港で見つけた・・・沖縄(南)と北海道(北)の“珍味”で晩酌と・・・悦び勇んで席に着きます・・・。

北は・・・北海道の缶詰“えぞ鹿大和煮”・・・プルンとした“煮コゴリ”・・・思ったよりは柔らかい“えぞ鹿肉”・・・馬と牛の中間的な食感・・・噛みしめれば滲むちょっとクセある甘露な鹿肉風味・・・。

南は・・・沖縄“海ぶどう”・・・艶やかさが輝く別名“グリーンキャビア”・・・冷水で洗って水切りして・・・そのまま食べると・・・口中で“プチプチ”と弾けながら・・・塩味が綺麗・・・。
馬路村の“ゆずポン酢”に・・・ちょこっと漬ければ・・・これまた、鮮度を味わう“シンプル・イズ・ベスト”・・・。

で・・・麦焼酎も・・・これまた県外銘柄・・・『豊後いのいち』・・・。
あの芋・芋麹の「蘭」で知られる鹿児島の黄金酒造の麦焼酎・・・“遠赤焙煎仕込法”と“ペーハー転換蒸留法”を採用したというフレコミなんですが・・・PB(プライベート・ブランド)なのか?・・・わざわざ“豊後”とラベルにあるところが・・・歴史を感じます・・・。少なくとも、“豊後”と入れることで買ってくれる酒屋があったか?・・・はたまた、“豊後”と入れなければ売れないと一考したネーミングなのか?・・・今は、蔵元のHPにも商品紹介はありませんから・・・まだ、芋焼酎が売れないブーム以前に蒸留していた?・・・“商品戦略上”で必要不可欠な“豊後”を冠するラベルであるところに惹かれました・・・デッド・ストックものでしょうかねぇ・・・。

“生”の味わいは・・・甘い麹香を持つような芳香・・・含んだ時の甘さはしっかりしていますが・・・鼻抜けの風味が、独特な“炒り麦”のようなドライ感・・・全麹のような甘旨みがどこか“古びた味わい”にも思え・・・喉越しまでこのクセのあるコク甘さが残ります・・・。

これは、直感的に“生”より“お湯割り”だと思いましたね・・・さいわい“黄カボス”もありましたので・・・銘柄に冠した“豊後”らしい飲み方6:4の“黄カボスお湯割”で飲めば・・・クセのある“炒り麦”風味が消え・・・スイスイと甘みが活きた味わいが心地よくなります・・・。

何となく・・・“豊後のいいち”と読み違えてしまいそうなタイポグラフィーのラベルに・・・麦焼酎の“豊後”ブランドへあやかりたいという感じが読み取れるのは・・・私だけでしょうかねぇ・・・(笑)。

■「豊後いのいち」(黄金酒造:鹿児島県国分市/不明:麦・麦麹)25度

More 南海の“長命草”・・・海ぶどう
by project-beppin | 2006-01-20 01:58 | 隣人の焼酎・泡盛 | Comments(12)
羽田空港の晩酌?・・・“万かつサンド”に「エビスビール」
茨城のつくば市に出張してました・・・これといって変わったこともない仕事の一泊二日・・・最終便で大分へ戻ってきたんです・・・。

c0001578_049535.jpg羽田空港の第二ターミナルで搭乗便を待ってる午後6時頃・・・“晩酌”って訳にはいかないのですが・・・“東京”という感じで・・・出張帰りの一息を・・・。

この搭乗待合室の売店・・・(当たり前ですが)チュウハイかビール・・・。
ならば・・・『エビスビール』・・・私の“東京ビール”なんです・・・。今ではメジャーですが・・・はじめて飲んだのが・・・“新橋の焼鳥屋”という思い出のビール・・・。

で・・・“アテ”兼“軽食”は・・・“空弁”ならぬ“空サンド”・・・「万かつサンド」・・・。

More 万かつサンド
by project-beppin | 2006-01-19 00:51 | 旅先の酒と食 | Comments(4)
旨口醤油スープが“和流”・・・胡月「温麺」
寒さも一段落していますが・・・やっぱり冬です・・・寒いと言えば寒いです・・・(笑)。仕事中に、焼餅で“善哉”をいただきました・・・正月らしい“甘味”でもあるんでしょうねぇ・・・。

c0001578_0303086.jpg“チェ・ジュウ見たぁ?”と・・・朝、出勤するなり話題になってました・・・昨日から始まったドラマ“輪舞曲(ロンド)”・・・そういやぁ、女房殿も見てました・・・(笑)。

それが、キッカケではないのですが・・・昼食に出かけるのは・・・“温麺でも喰うかぁ”の同僚の一言で・・・『胡月』へ・・・。

ここは、何を隠そう・・・別府の有名店・・・。“韓流”っぽい「温麺」らしさ・・・酢っぱさスープをイメージしていたら・・・ちと、違いますよ・・・。

テール肉、モヤシ、細葱、茹で玉子、白胡麻のトッピング。小皿でセパレートに出される・・・“キャベツ・キムチ”のスッパ辛さは・・・“シンプル・イズ・ベスト”。

麺は・・・“そば粉”も控えめな“現圧麺”・・・太くて麺弾力は“韓流”らしいコシを持つ歯応え・・・。ここまでは、さほど他店と変わらないのですが・・・この麺を引き立てる秘密のスープが魅力的です・・・。

コク醤油のさっぱりしたスープは・・・ここオリジナル・・・私は勝手に“韓流”ならぬ“和流”スープと呼んでいます・・・(笑)。
酢っぱさは控えめで・・・コク醤油が旨口の香りを放っていて・・・何んともはや・・・癖になります・・・嵌まれば、抜けれません・・・。

実は、私・・・このスープの大ファン!・・・。“温麺”も旨いし、“冷麺”も旨い・・・紹介したくないほどの“和流温麺”の老舗とだけお伝えしましょう・・・この味わいは伝えきれませんので・・・。

■温麺:胡月/別府市石垣東
by project-beppin | 2006-01-17 00:32 | 美食の街 | Comments(2)
豊後歳時記・・・千両、万両
晴れて天気が好くなれば・・・近所の散策に出かけます・・・。

c0001578_23275879.jpg散策が目的ではなく・・・冬の花を探していたんですが・・・正月に赤く実のることから“縁起を担ぐ”・・・「千両」、「万両」。

天に向かって葉の上に実をつけるのが・・・「千両」・・・古名の“仙蓼(せんりょう)”の当て字ではとも言われていますが・・・花言葉は“富貴、財産”・・・そのまんま・・・(笑)。

千両にも勝り・・・(重くて?)葉の下に垂れ下がるように実をつけるのが・・・「万両」・・・花言葉は“慶祝、陰徳”・・・こちらの方が下世話な感じがありません・・・(笑)。

たまたま、通りかかったおばあちゃんから・・・百舌(モズ)やヒヨドリが狙って、啄ばむことも多いと・・・そんな話も聞きました・・・。
冬をのりきる小鳥には・・・厳冬の頃に実をつけるこれらの植物は・・・それこそ、“千両”や“万両”に値するんでしょうね・・・。

そんなことも考えながら・・・通りがかっては、この実を眺め・・・
   “冬 来たりなば 春 遠からじ”
  ・・・って、言葉を思い浮かべる今日この頃・・・。
by project-beppin | 2006-01-15 23:32 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)