<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
やっぱり旨口の福与かさ・・・“冷や”で飲む「好いちょん」
九州南部(鹿児島や宮崎串間方面)では梅雨の集中豪雨のニュースですが・・・九州北部は、今日も暑かったぁ~・・・陽射しが差し込む日中は“真夏日”・・・“夏至”を過ぎたというのに“少雨傾向”・・・“雨乞い”したくなります・・・。

c0001578_7192328.jpg今夜・・・帰り着けば、女房殿が次男坊のPTA担当会合に出席するために外出していて・・・その女房殿が戻ったのは21時過ぎ・・・。

留守中は“エキサイトブログ向上委員会”での表示仕様の修正対応に一応は安堵して・・・さて!晩酌という心理状態でした・・・(笑)。

さてさて・・・女房殿が食卓に出してくれた今夜の晩酌のアテは・・・“鰤大根”と“シュウマイ”・・・この“和中折衷”な煮物と蒸し物の組み合わせ・・・合掌して“いただきまぁ~す”と・・・。

そこに取り出したのは・・・久々の“一の井手”の清酒・・・“地産地消”純米酒『好いちょん』・・・“冷酒”には勿体無い“冷や(=常温)”で味わえる旨口風味・・・重た“過ぎない”コク甘さとサラサラ“過ぎない”厚みのある喉越し・・・この旨“過ぎない”酒質の落しどころがお見事!・・・今年の酒も“よ~でけちょる(よく出来ている・・・の意)”・・・(笑)。

夏に向う今頃は“冷や”・・・秋に向う頃は“燗酒”・・・こういう飲み方に“風流”を感じるオヤジです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More "鰤大根"と"シュウマイ"・・・
by project-beppin | 2007-06-27 23:59 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(0)
“創作パスタ”と“キッシュピザ”・・・PePecino
土曜日(23日)・・・今年の梅雨は降りそうで降らない・・・ホント、小雨の曇天の日々が続いています・・・。

c0001578_1433140.jpg長男坊の次の試合を来週に控え・・・“壮行会”のつもりで計画していた“外食”の予定・・・夕方、長男坊からの電話で“自分たち(部員)だけで焼肉食べ放題に行くけん・・・”と・・・。

残念そうな女房殿・・・それでも出かけたい次男坊・・・いろいろ算段したのにちょっと“拍子抜け”のオヤジ・・・。“そういう年頃なんだ”と諦めて・・・残った家族3人で“外食”に出かけました・・・。

この日は、女房殿が“外食コーディネーター”・・・“創作パスタ”と“キッシュピザ”の名店・・・リニュアールしたばかりの“PePecino(ペペチーノ)”へ・・・。

R10号線に隣接する春木川近くのマンションの1階・・・白を基調にしたナチュラルな光の漏れる店内へと入って着席・・・そのインテリアの雰囲気は“Chic & Casual”なシンプルさ・・・気取らずに寛いだ食事のひとときを楽しめる感じ・・・。

で・・・各々のオーダーパスタは?というと・・・女房殿と次男坊は新たに加わった“新作パスタ”メニューにも興味津々・・・。結局、次男坊はクリームソースの“豊後牛とホウレン草”・・・女房殿は新作のジェノベーゼソースの“エビとイカとアサリ貝”・・・オヤジは定番和風醤油ソースの“野沢菜とちりめんと唐辛子”Lサイズ(大盛り)・・・。

お店のお奨めでいただいた“鴨肉のサラダ”に・・・パイのような薄くてサクサクの“アンチョビのキッシュピザ”・・・抜群に美味しいです・・・そして、家族3人で笑顔の大満足・・・。

帰り着いて・・・このパスタとピザを“ドタキャン”した長男坊に対して、その美味しい感動を自慢げに語ったのは・・・次男坊ではなく・・・こんオヤジ・・・ですた・・・(笑)。

■ パスタとピザ:ペペチーノ/別府市中須賀東町

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More パスタとピザ・・・
by project-beppin | 2007-06-26 01:45 | 美食の街 | Comments(4)
“五月雨”の彩花・・・“額紫陽花”
曇天の合間の小雨の“五月雨”・・・まとまった雨になりきれない感じの蒸暑さ・・・女房殿は“牛肉ミンチ偽装”に・・・オヤジは“焼酎値上げ?”に・・・湿っぽい衝撃・・・(笑)。

c0001578_0353724.jpg今日(22日)は、会合に参加するため夕方から大分市へ・・・小雨の合間を汗を拭いながら、デューク更家的速足で・・・遠出の“東別府駅”まで“ウォーキング”・・・(笑)。

♪ 雨ぇに けむぅる街並を~
  息をきらして 駆け続けたぁ~ ♪
 (甲斐バンド:裏切りの街角
       -青春音楽館より-

途中で間に合うか?不安になって・・・小走り・・・オヤジには300mが限界・・・。

♪ つきぃささるぅ 吐息をはいてぇ~
   駅への道 駆け続けたぁ ♪

湿度が高く、流れる汗・・・首筋から開襟シャツの襟元まで・・・じとっとした不快指数・・・。

♪ しとしと五月雨ぇ~ わだかまりぃ~ ♪

やっと、駅舎内へ入って汗を拭う“ハンカチ”オヤジ・・・(爆)。

プラットホームの隅に咲いている“ガクアジサイ(額紫陽花)”を見かけて・・・雨にしっとりと濡れたその鮮やかな“青紫”の花弁と・・・大きな濃緑の葉の“コントラスト”・・・五月雨に濡れたその彩りの美・・・思わず見とれました・・・。
実は、この“額紫陽花”こそ・・・花の色の“七変化”で知られる“アジサイ(紫陽花)”の“日本原産野生種”にあたるとのこと・・・。

昨年も丁度、この時期・・・“ヤマアジサイ(山紫陽花)”等の野花が綺麗だったことを思い出しました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 東別府駅 プラットホーム・・・
by project-beppin | 2007-06-23 00:37 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
樫樽フレーバーの“円熟”・・・麦焼酎「時の旅人」
一昨日、昨日は長男坊の試合観戦に・・・大分道を直走り“鳥栖”方面へ・・・約1時間半で到着するんだと思うと・・・佐賀県も近くなりました・・・。

c0001578_23501457.jpg昨日(17日)の往路は“濃霧”、帰りは“雷雨”の“ドシャ降り”・・・“50km規制”でしたが何とか走れたので・・・無事、帰着できました・・・。別府に戻れば、ほとんど降らなかったとのこと・・・やっぱり、九州は広いですわ・・・。

帰着が遅れたために、夕食の準備が出来なかった女房殿・・・“何か買って帰りましょう”となって・・・久しぶりに“ポッポおじさん”の“大分からあげ”・・・。

長男坊も帰り着いて・・・この唐揚げの夕食とともに、ひとしきり試合の様子を話して親子の団欒・・・。長男坊の自己採点も・・・成績は目標には届かなかったものの“自己ベスト”に近い満足感・・・次なる目標が見えたようで・・・ご機嫌よろしゅうございました・・・(笑)。

そんなこんなで、親子ともども疲れた一日・・・そんな日の風呂上りにオヤジは疲れを癒す“ロック”を一杯・・・麦焼酎『時の旅人』・・・。

あのドライ系「豊後の里」やガツン系「ふしぎ屋」、芋焼酎「のみちょれ」、清酒「龍梅」などなど・・・堅実な味わいに定評のある“藤居酒造”さんの樫樽長期貯蔵・・・ウィスキータイプの麦焼酎・・・。

開栓した時のシャープな麦焼酎の芳香に重なる樫樽アルコールの風味は・・・正に“円熟”した感じ・・・“棘のない”香り立ちが爽やかで深呼吸して嗅ぎたくなります・・・。

この香りを氷に融かしながら口に含むと・・・少しおとなしく薄まった感はあるものの・・・辛口のキレの奥に、バニラエッセンスを纏ったような甘さをともなって・・・鼻腔へと絡んでくる樽フレーバーが清々しい味わいです・・・。

氷が融けすぎて“水割り”みたいになっちゃうと・・・ちょっと、ドライな苦めの舌触りが気になりますが・・・鼻腔に残る樽フレーバーの余韻には“嫌味”がなく・・・喉ごしのスムースさとキレのいいあと口は・・・見事に整っていて落ち着いています・・・。

鶏皮の唐揚げ“パリパリ”をアテに・・・この“ロック”グラスで疲れを癒す一杯・・・“余裕のある”旨さと表現したくなる“安堵感”に浸れる麦焼酎です・・・。

■ 「時の旅人」(藤居酒造:臼杵市/不明:麦・麦麹)25度・・・ウィスキータイプ
 麦の芳香に重なる円熟した樫樽香と、辛口のドライなキレに甘いバニラを纏ったようなフレーバーが清々しい口あたりのウィスキータイプ。嫌味のない余韻と喉ごしのスムースなキレの良さが安堵感を生む優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “パリパリ”と“塩バニラ”・・・
by project-beppin | 2007-06-18 23:53 | 大分麦焼酎 | Comments(5)
“濃醒”な“妙薬”香・・・どくだみ
今朝は曇天、午後から降り始めた“五月雨”・・・明日も降り続くようで・・・“田植え”を終えた水田に“波紋”の光景・・・やっと“入梅”と思える季節感・・・。

c0001578_0301163.jpgこのブログのサーバーも“表示エラー”や“投稿エラー”のトラブルで・・・ブログ・ユーザーの溜まった“イライラ”が“五月雨”から“集中豪雨”へと変わって・・・“波紋”が急激に広がってますね・・・。
(未明から“メンテナンス停止”ですから・・・多くの皆様がこの拙文コンテンツをご覧になる時には・・・“完全復旧”していることを祈っています・・・。)

で・・・今朝、通勤途中に“コンビニ”へ寄ったところ・・・その駐車場塀越しの裏陰にぎっしりと広がる地際の“白十字”・・・云わずと知れた“どくだみ”の花・・・。

四十路男には“珍しくない”はずの見慣れた“雑草”ですが・・・風なく曇天の空気が澱んでいたせいか?・・・あの独特の臭さが漂っていました・・・。

その“濃醒”な草香に誘われて・・・缶コーヒーを飲みながら、この花を眺めて“一服”・・・(笑)。

その折に思い出したのが・・・35年以上前、この“白十字”の花が咲く頃・・・“ばあちゃん”と一緒に道端にしゃがんでこの草茎から採って持ち帰ったこと・・・。

持ち帰るとすぐに・・・花をつけたままのこの濃緑な葉や茎を水洗いし・・・縁台に“ござ”を広げて・・・茎元を揃えて輪ゴムで括る作業・・・この時、初めて輪ゴムの止め方をばあちゃんから教わったような微かな記憶・・・。

この後・・・軒下に吊り下げて乾かすと臭いも消え・・・茶色っぽく乾く“ドクダミ・ドライフラワー”状態となります・・・。

よ~く干し終えた晴れた日に・・・ばあちゃんが縁側で・・・この乾いた茎葉をハサミで切って・・・空き缶となっていた“茶筒”に入れていました・・・。

そんなことを思い出すと・・・あの煮出して飲む“どくだみ茶”の味わい・・・あの表現し難い“滋味薬湯”の風味が甦りました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。
by project-beppin | 2007-06-14 00:31 | 大分の風土・行楽 | Comments(15)
竹の歳時記・・・“五三竹”の“落葉”と“新緑”
この土日の好天・・・別府市内で唯一の“棚田百選”に選ばれた“内成(うちなり)”でも・・・順調に“田植え”が終って、“鏡面”となった“水田”に早苗の若葉がなびく光景・・・。
c0001578_13956.jpg
里山の春から初夏へと移り行く光景は・・・樹木の“新緑”から水田の“早苗”に代表されますが・・・丁度、その間の1ヵ月間ほどの4月下旬のから6月の初旬は・・・“孟宗竹(モウソウチク)”から始まり・・・“真竹(マダケ)”、“五三竹(ゴサンチク)”へと続く“竹林の黄変”=落葉する季節となって・・・これが俗に言う“竹の秋”・・・。

大分県下には・・・“別府竹細工”で使用されるという“真竹”林が多いのですが・・・たまたま、散歩の途中で見かけた通称“五三竹”(学名:ホテイチク)の“竹の秋”の落葉(撮影日:5月1日)から・・・“筍”の新緑(撮影日:5月30日)への移り変わりを“定点観測”・・・対比するようにその画像を並べてみました・・・。

竹は・・・イネ科タケ亜科タケ属との植物分類に属するとのことであり・・・アルフレッド・ラッセル・ウォレス(Alfred Russel Wallace)が・・・“Oriental Mysterious Plants !”と言ったという事実はないようですが・・・(笑)。

その植生と神秘的な生長は・・・興味があります・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 豊後の“五三竹”・・・
by project-beppin | 2007-06-11 01:07 | 大分の風土・行楽 | Comments(6)
“串数”分だけの“算盤勘定”・・・おでん“ふくや”
来そうで来ない“入梅”の代わりに・・・起きて欲しくないのに起きるのが一昨昨日(6日)の夜半に始まった“震度4”の横揺れ“群発地震”・・・“活断層”の活動?・・・昨日、今日と・・・徐々に落ち着いているようですが・・・“備えあれば憂いなし”とは、なかなか上手くいきません・・・。

c0001578_1025291.jpgそんな地震の起きることも知らなかった火曜日(5日)・・・知人と申し合わせて“街飲み”へ・・・。

“新規開拓”の店を探そうかぁ?と算段・・・この春の“別府八湯 温泉泊覧会(通称:ハットウ オンパク)”のそぞろ歩きでも評判だったおでん屋“ふくや”へ行ってみようと決めて・・・“現地合流”することに・・・。

待ち合わせ時間より早く“現地到着”したのは・・・やっぱり、こんワ・タ・ス・・・(爆)。

待ちきれず“関取”・・・もとい“席取り”・・・カウンターのみの座席が埋まってしまう前に、先兵であるオヤジはひとりで暖簾を潜って“入幕”・・・(笑)。

「いらっしゃぁ~い」という優しい女将さんの声に迎えられて席に“陣取り”・・・この“酒ら場”を潜った以上、先ずは、先兵の特権たる“発砲”・・・もとい“発泡”で・・・“街飲み”の“待ち飲み”は“(麒)麟”戦態勢・・・“ラガー中瓶”を“手酌”でコップに注ぎ・・・“おでん”で軽く飲み始めます・・・。

すぐさま“くぅ~”っと、喉を潤した後・・・その評判の“おでん”へ・・・まずは、基本の“蒟蒻”、“大根”、“椎茸”で・・・知人が現れるのを待ちましょう・・・。

ここの“おでん”・・・整った味わいの澄んだ“おでんつゆ”の中から、丁寧に見極めながら選んでくれる女将さん・・・頃合い好く滲みた“おでんダネ”を皿に取った分だけ・・・“コップ”に串を入れるという昔ながらの“串勘定”の仕方・・・正に、常連客の贔屓がある店という“風情”・・・。

飲み始めて10分を過ぎた頃に・・・知人発信の携帯電話が鳴って・・・この店を探している様子・・・“やよい天狗”脇の“縦通り”と伝えると・・・場所が分かったようで“あと5分で行くけん”とのこと・・・。

その“5分”が待ちきれないオヤジは・・・“スジ”と“ゴボ天”を“追加注文”・・・女将さん「“スジ”は、“牛スジ”と“アキレス”どちら?」と・・・“アキレス”と伝えると、今度は「“固め”?“柔め”?」と・・・正に、客の好みに合わせた“おでんダネ”を見極めてくれます・・・。

そして・・・やっと現れた知人・・・瓶ビールを“駆けつけ一杯”で呷って・・・落ち着いた味わいの“おでん”に・・・やっぱり感嘆!・・・。このどれをとっても旨い“おでん”とともに・・・飲みながら語る“時事放談”と相成りました・・・(笑)。

“おでん”と“お好み焼き”と“角ずし”が人気のこの店・・・“串勘定”の計算には、使い込んだ“算盤”が登場・・・女将が指で弾く“ソロバン玉”・・・まるで、ピアノを弾いてるような手馴れた動きも・・・必見です・・・。

■おでん:ふくや/別府市北浜(新宮通り)

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 焼酎のアテになる“お好み焼き”・・・
by project-beppin | 2007-06-09 10:06 | 美食の街 | Comments(6)
“焼肉”にプレーンな旨さ・・・「諭吉の里」
日曜日(3日)は、朝から小雨混じりの中、“町内一斉清掃”・・・水路の雑草や藻を取って“梅雨”に備えます・・・。小雨が本降りになる前に、ご近所総出で何とか片付けることができたのも・・・朝早くから、段取りをお世話いただいた自治会役員の方々の“おかげ”・・・ありがたいことです・・・。

c0001578_23502121.jpgこの日の昼は、長男坊の試合を応援して・・・日中の貢献度が認められて・・・夕方から晩酌か?と思いきや・・・子供達の借りた“レンタルビデオ”の返却日とのことで・・・“飲む前にひとっ走り返して来てぇ~”との“ミッション”が与えられました・・・(笑)。

滞りなく返却した後・・・まっすぐ帰るなんてことは・・・“ミッション インポシブル”・・・(爆)。

帰り道に酒屋に寄ると・・・何となく“豊後チュウハイ”が飲みたい気分になり・・・20°『諭吉の里』を選択・・・隣のスーパーで“かぼす果汁”と“ソーダ”を揃えて・・・恙無く帰宅・・・。

帰り着けば・・・丁度、夕食を終えた子供達が食卓を立つところ・・・オヤジ用に盛り付けられた“焼肉”皿・・・牛の小間切れ肉と豚バラのスライスに野菜炒め・・・。

“大分の罷蘭地(ブランディ)”とのキャッチコピーのある「諭吉の里」・・・微かな香りの麦焼酎ですが・・・味わいは、甘みが前面、フルーティーな辛みが後面・・・心地よい口あたりが身上のオーソドックスなドライ系です・・・。

氷を盛ったグラスにこの焼酎とソーダを6:4で注いで・・・旧千歳村(現豊後大野市)の無添加“かぼす果汁”を垂らせば・・・グラスを揺すって出来上がり・・・。

グビッと含んだその旨さは・・・爽やかなソーダのシュパァ~っとした口あたりに・・・プレーンな柑橘酸のかぼす風味が宿って・・・この麦焼酎のアルコール感が甘く柔和に広がる感じ・・・。

シュパァ~っと冷たく清涼感を伴った“喉越し”旨さを実感・・・“豊後チュウハイ”の季節になりました・・・!!!。

■「諭吉の里」(西の誉銘醸:中津市/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 麦のフルティーな微香と、穏やかな甘旨みに優しいいアルコール感の辛口が心地よい口あたりの淡麗タイプ。甘く柔和なアルコール感と喉越しのオーソドックスなスムースさを実感できる良品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “焼肉”と“豊後チュウハイ”・・・
by project-beppin | 2007-06-04 23:59 | 大分麦焼酎 | Comments(2)
大雑把が吉と出るか?・・・“桑ん実酒”
桑の実”シリーズで刻んでしまいましたが・・・昨晩、遅くなって“桑ん実酒”を仕込みました・・・(笑)。

c0001578_20291659.jpg鍋いっぱいの“桑の実ジャム”になっちゃってましたから・・・ワザとらしく“小籠”に盛っては見たものの・・・残されていたこの実の量は200g弱・・・。

それでは、これだけ全部を“適当”に・・・“桑ん実酒”にしてみましょうかね・・・その滋味な実の甘さと減圧蒸留した米焼酎のメロウな甘口・・・この取り合わせで“吉”と出て欲しいのですが?・・・(笑)。

その“大雑把”なオヤジの“桑ん実酒”・・・単に焼酎に漬け込んだだけで・・・お見せするほどの仕込み風景ではないのですが・・・ご紹介がてら、(↓のMoreで)ご覧いただければ幸いです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “大雑把”な仕込み風景・・・
by project-beppin | 2007-06-02 19:59 | 焼酎文化考 | Comments(8)
“Straight Mellow”な清涼感・・・「御伽の座敷(おとぎのざしき) -米の唄-」
“外仕事”続きの3日間・・・昼過ぎからは晴れて陽射しも眩しいのですが・・・車の窓を開けると・・・涼しい風でした・・・。九州南部は“入梅”とのニュース・・・早苗がたなびく“水田”には“恵みの雨”が欲しいですね・・・。

c0001578_12433756.jpg“週末”になって、やっと落ち着いて飲める心もち・・・昨夜は、軽くトーストしたフランスパンに・・・女房殿がつくった“桑の実ジャム”を塗って・・・晩酌のアテにしました・・・。

女房殿は、自作した“桑の実ジャム”の控え目な甘さに“ご満悦”・・・オヤジは、冷蔵庫に残っている実で“桑ん実酒”を仕込もうと思って・・・米焼酎の40°原酒を開封し“ロック”で“清めの一杯”を味わいます・・・(笑)。

先日飲んだ日田の米焼酎「五岳上人」の“純な甘み”を思い出して・・・もしかして?これなら、濃厚なアルコール度数で味わえるのではと・・・『御伽の座敷 -米の唄-』。

“吟醸酎”と形容したくなる減圧蒸留の優しい香り・・・氷が融けはじめた清らかな“米甘み”が“第一波”となって・・・円やかに口中に広がります・・・。

口中で転がすと・・・メロウなアルコール香が気化して・・・鼻腔へと澄み渡る米の素直な“第二波”風味・・・“Straight Mellow”と言い表したくなるほど・・・綺麗な“甘み”が印象的です・・・。

清楚なキレとスムースな喉ごし・・・しっかりと味わえる“清涼感”の余韻は・・・1年以上前に飲んだ麦焼酎の40°「御伽の座敷(おとぎのざしき) -麦の舞-」の爽快な“エッジ感”とは違い・・・正に減圧吟醸の米焼酎らしさが秀逸です・・・。

■「御伽の座敷 -米の唄-」(井上酒造:日田市/減圧:米・米麹)40度・・・米焼酎
 減圧蒸留の優しい吟醸香と円やかな米甘みの清らかさ、口中でメロウに気化しながら鼻腔へと澄み渡る素直なアロマの米焼酎。清楚なキレとスムースな喉越しの清涼感の余韻に惹かれる原酒の良品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “桑の実ジャム”と・・・
by project-beppin | 2007-06-02 12:45 | 地焼酎(米 ect.) | Comments(0)