<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
“地獄蒸し”で飲む(上)・・・ウチワエビと米焼酎「さよなら臼三線」
“いでゆ坂”を抜けて・・・首に巻いたタオルで汗を拭きながら・・・“お疲れさん会”の会場となった“双葉荘”へと・・・。

c0001578_4592452.jpg玄関から、案内されたとおりに・・・入り組んだ階段を奥の間へと向うと・・・ワイワイガヤガヤと盛り上がる声が聞こえます・・・。廊下から覗くと“自炊貸間”の六畳間に座卓を並べて十数人が湯呑や缶ビールを片手に・・・既に、飲みはじめています・・・。

「遅くなりましたぁ~」と座に加わり“駆けつけ三杯”・・・発泡酒を呷って・・・座卓に並べられた“地獄蒸し”食材を見渡すと・・・なんと!“蟹”と“海老”・・・どちらも旨いんですが、数に限りがあるということで“二者択一”を迫られ・・・“ぱっちん”の愛称で知られる“ウチワエビ”をいただきました・・・。

こんな“地獄蒸し”の旨さを楽しむ焼酎は?と・・・臼杵から参加した知人に勧められたのが・・・旧野津町(現臼杵市)の藤居酒造の米焼酎『さよなら臼三線』・・・。
聞くところによると・・・“幻の軽便鉄道”から道路(R502号線)になり・・・臼杵駅から野津を経由して三重駅(現豊後大野市三重町)までを結んでいた“旧国鉄(JR九州)”のバス路線がこの4月に廃止になり・・・それを偲んでつくられた地元限定200本の記念パッケージラベルだそうで・・・どうも、中味は米焼酎「時の旅人」のようだとのこと・・・。

もちろん“ロック”で飲みましたが・・・穏やかな香りと円やかさが伝わる口あたりで・・・米らしい清楚で落ち着いた味わいです・・・。喉越しも甘みが優しく通り抜ける感じ・・・キレのある余韻も引っかからないスムースさがあって・・・さすが“洞窟かめ囲い貯蔵”のなせる“円熟”した味わいでした・・・。

■ 「さよなら臼三線」(藤居酒造:臼杵市/常圧:米・米麹)25度・・・米焼酎
 穏やかな香りと清楚な米甘みの落ち着いた味わいが円やかに伝わる口あたりの米焼酎。甘みが優しく通り抜けると同時に、喉越しのスムースなキレに円熟した洞窟貯蔵の味わいが宿る良品。(洞窟かめ囲い「時の旅人」のラベル換え?)

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “ウチワエビ”と飲む米焼酎・・・
by project-beppin | 2007-07-31 05:03 | 地焼酎(米 ect.) | Comments(0)
鉄輪のメインストリート・・・いでゆ坂と“鉄輪むし湯”
“アブラゼミ”の鳴く時候となりました・・・歩いているだけで、じんわり額に汗がにじむような“蒸暑さ”・・・“曇り時々晴れ”という昨日今日・・・“梅雨明け近し”という気配・・・。

c0001578_1128501.jpg金曜日(20日)・・・若手の“お疲れさん会”に飛び入り参加しようと・・・鉄輪(かんなわ)へ・・・。

別府駅からの路線バスで終点となる“鉄輪バスセンター”で下車して・・・石畳になった“いでゆ坂”を下ります・・・。

“湯治場”の風情・・・襖一枚隔てた“部屋貸し”の自炊宿・・・軒を連ねる昔ながらの“貸間(かしま)旅館”の佇まいが・・・気取らぬ温泉街の魅力に溢れていて・・・通り沿いの“ヤングセンター”や“渋の湯”から脇に道を入ると・・・改装した“鉄輪むし湯”や“すじ湯温泉”などの共同温泉もあって・・・この“いでゆ坂”を巡るだけで・・・別府の“湯”と“味”と“情緒”を存分に楽しめるんですよ・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “鉄輪むし湯”と・・・
by project-beppin | 2007-07-22 11:34 | 大分の風土・行楽 | Comments(19)
“しゅぱぁっ~”と円みの辛口・・・「九州んもん」
昨日の“中越沖地震”・・・さすがに、昨晩はテレビに“釘付け”でした・・・。M6.8の“逆断層”直下型の惨事・・・被災地の方々には、深くお見舞い申し上げますとともに・・・救援支援の皆様方のご尽力にも敬意を表します・・・。一日も早い復興で、平穏な“日常”に戻られますことを・・・心よりお祈りいたします・・・。

c0001578_23312941.jpg“想定外”であったという“680ガル”という実感の無い地震エネルギーの“恐ろしさ”・・・我が家も“耐震性”という意味では“不安”を抱えている現状ですから・・・。

それでも“日常”の暮らしを過ごせていることに感謝なのかもしれません・・・。

家族とともに囲む夕食に間に合って・・・“刺身盛り合せ”と“肉じゃが”で晩酌・・・この変わり栄えのない“日常”が如何にありがたいことか・・・(合掌)。

今夜は、どちらかと云えば“涼しい夜風”なんですが・・・爽快に飲みたくなって、躊躇せず“豊後チューハイ”・・・“かぼす果汁”と“ソーダ”に円い味わいのドライ系『九州んもん』・・・。

“生”で飲む味わいは・・・放たれる爽やかな香りと円みのある辛口ドライ・・・甘みはしっかりしている柔らかさがありますから・・・少し「二階堂」に似てる感じです・・・。

氷にソーダ、焼酎、かぼす果汁の順に手馴れた4:5:1配合・・・軽くステアして・・・弾ける泡を感じながら・・・落ち着いた柑橘酸と混じった炭酸に溶けるこの焼酎の仄かな甘みを“しゅぱぁっ~”と・・・。

かぼす果汁の酸味の奥に見え隠れするような・・麦焼酎のストイックな甘旨み・・・プレーンな炭酸感覚・・・この“日常”の味わいが如何にありがたいことか・・・(再合掌)。

“刺身”の繊細な身の味わいにも・・・醤油甘い“肉じゃが”のしっかりした味付けにも・・・“しゅぱ、しゅぱぁっ~”と・・・ですからね・・・3杯飲んじゃいました・・・(笑)。

■ 「九州んもん」(井上酒造:日田市/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 爽やかな放香に潜む麗らかさと、口あたりが円やかな辛口アルコール感をともなって、口中で転がした時の柔らかい甘みの味わいが馴染む淡麗タイプ。癖はないけど、ストイックな旨みと柔らかなキレが奥深い優等品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “しゅぱ、しゅぱぁっ~”と・・・
by project-beppin | 2007-07-17 23:34 | 大分麦焼酎 | Comments(0)
夏宵の“Venus”・・・宵の“明星”
昨晩(15日)・・・晩酌途中に所用が入り、散歩がてらに出かけ・・・台風の“なごり風”が吹く涼しい朝見川沿いから・・・“鶴見岳”を眺めながらの帰り道・・・。

c0001578_1332879.jpg空気の澄んだ宵闇が深まる19時半過ぎ・・・西の方角となる宵空の“一番星”・・・一際明るく煌く“宵の明星”に出会えました・・・。

“宵の明星”・・・丁度、今頃が最も明るい光度だそうで・・・正に、夜空の“女神(Venus)”という輝き・・・。

帰り着いて・・・早速、家族にこの美しい夏宵の“金星”を報告したのですが・・・愚息どもは、全くの無関心・・・(チッ!)。

オヤジは・・・もう一度、朝見川沿いまで戻り・・・撮影・・・。

結局、“どれどれ”と言いながら見に出かけたのは女房殿だけ・・・その煌きに“宝石みたい、きれい、キレイ”と感動してました・・・さすが、我が家の“ビーナス”です・・・(ヨイショ!)。

♪ あれからぁ~  ぼくたちはぁ~ 
  何かをぉ 信じてこれたかなぁ~
  夜空のぉむこうにはぁ~
  明日が もぉう 待っているぅ~ ♪
   (SMAP:夜空のムコウ)

今夜も(雲さえなければ)・・・皆さんの地域でも西の空に見ることができると思います・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “平凡”ではない“明星”・・・
by project-beppin | 2007-07-16 13:06 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
“古酒”の“豊潤”コクと“爽風”キレ・・・「豊見親(とぅゆみゃ)」
西日本を駆け抜けた“台風4号”・・・今日は、東海から関東、東北にかけて太平洋岸に“豪雨”をもたらしたようですね・・・。各地のニュースにも“昨日は我が身”の想いでした・・・。

c0001578_22542559.jpg“部活”から戻った愚息どもも揃って今夜の夕餉は・・・“焼鳥”と“ピーマン・メンチカツ”・・・。

オヤジは・・・清々しい“台風一過”の“夏飲み”です・・・。
そのイメージに合わせたのは・・・“クース(古酒)・ロック”・・・沖縄の宮古島限定の泡盛『豊見親(とぅゆみゃ)』・・・“命漲る沖縄”をこよなく愛するHAKUDOU師匠“お気に入り”の戴きモノ・・・。

“カチ割り氷”に注いで一杯・・・泡盛らしい深く冴えた麹香を利きながら氷の音を聞く飲み方で・・・グビッと・・・冷たくなった“クース(古酒)”の液体を口に含んで・・・その華やかでこなれた旨さに酔いしれます・・・。

この30度の“トロみ”に宿る味わい深さ・・・如何にも、泡盛の“米黒麹”の旨味が円やかに清められた“豊潤”なコクと・・・“爽風”のように鼻腔に抜ける引き締まった風味のキレ・・・“古酒”の中でも濃く深い旨さの滑らかさは秀逸です・・・。

“夏飲み”・・・2杯目は“ソーダ割り”もと思って“ソーダ”を準備しましたが・・・この“クース・ロック”の旨さに惚れたオヤジは・・・このまま杯を重ねました・・・(笑)。

■「豊見親(とぅゆみゃ)」(宮の華:沖縄県宮古島市/常圧:米麹)30度

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “ピーマン・メンチカツ”と“柚こしょう納豆”も・・・
by project-beppin | 2007-07-15 22:50 | 隣人の焼酎・泡盛 | Comments(4)
台風一過・・・“夏近し”です。
沖縄から九州へと一昨日から昨日にかけて“暴風”と“豪雨”をもたらしながら縦走し、太平洋岸を横断して行った・・・7月の暴れん坊“台風4号=マンニィ(MAN-YI)”・・・。

c0001578_13355589.jpg家族一同“家庭待機”状態・・・ネット画面で“アメダス”の経時変化を見ながら・・・四国沖の太平洋側から流れ込む雨雲が九州山地や宮崎・大分県境の祖母・傾山山系にあたって“30ミリ以上の赤いドット”となって停滞する画像情報に・・・災害なきことを祈るばかりでした・・・。

我が家も・・・昨日(14日)の午前中、“万が一”の停電等に備えて“買出し”に出かけたのですが・・・この時が、別府でも“豪雨”のピーク・・・時間降水量が20ミリを越える雨・・・増水して駆け下る川の濁流・・・道路脇の排水溝から逆噴水するような水浸し状態の街・・・。

その後、雨は徐々に小雨になり、変わって強まる風・・・夜半にかけての“吹き返し”・・・。安堵できたのは・・・昨夜、遅くなってから・・・。

そして、今日・・・暗灰色の“曇天”から一転して・・・“台風一過”の光りに溢れています・・・。

先ほど、通りかかった小学校の校庭越しに見た“鶴見岳”にかかる“白雲”と・・・久しぶりに見た“鮮彩”な“青空”のコントラスト・・・。

まだ、“蝉”の声が聞こえないので・・・このまま、一気に“真夏”に突入するのか?・・・はっきりしませんが・・・長男坊も、次男坊も“部活”に出かけた午後・・・爽やかに吹く風が心地好い日曜日です・・・。

この感じ・・・“夏近し”です・・・。今夜は・・・気分も“爽快”に飲みたいですね・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。
by project-beppin | 2007-07-15 13:35 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
“コク甘い”旨口トンコツ・・・山小屋「昭和ラーメン」
昨日はやっと、午後から山にかかった傘雲も上がって・・・別府の街からも久々に鶴見岳山頂を見ることが出来ました・・・。(今日は、またまた午後から雨となりなしたが・・・)

c0001578_23465715.jpg山にかかった傘雲・・・山傘?・・・“ヤマガサ”?・・・そうだ!博多は“山笠”だと・・・昨夜、HAKUDOU師匠のブログでお教えいただきました・・・。

♪ いつか君ぃ 行くといい~
 博多にはぁ 夢がぁあるぅ~
 できるな-ら 夏がいい~
 祭りはぁ 山笠ぁ~ ♪
(チューリップ:博多っ子純情)

15日の“追い山”・・・“台風”に祟られぬことを祈るばかり・・・。

で、本日の昼食は・・・博多“祇園山笠”に想いを馳せながら・・・結果的には、“筑豊”ラーメン“山小屋”別府店に入店・・・「昭和ラーメン」とライスでちょっと贅沢に食べました・・・(笑)。

ここのスープは“トロみ”のある旨口トンコツとでも言ったらいいのでしょうか?・・・トンコツの“コク”に醤油タレ風味が混じれば“甘め”に感じる滑らかさの味わい・・・。

麺は、ストレート麺・・・ほど好い細さにコシもほどほど・・・思ったより、よく出来てます・・・。

そして、“昭和”と名がつく割りには“具”が豪華・・・葱、モヤシ、メンマ、木耳、海苔、チャーシュー、煮玉子、・・・ご飯があって正解でした・・・。

ズズッ~っと麺を啜ると・・・ささやかなオヤジの“幸せ”です・・・(笑)。

■ 昭和ラーメン:山小屋 別府店/別府市船小路町

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 擂り胡麻も少しかかって・・・
by project-beppin | 2007-07-12 23:49 | 美食の街 | Comments(10)
味わい深く旨さ溢れる・・・純米原酒 「倉光」
“空梅雨”から一転した“豪雨”の一週間・・・“七夕”も楽しめぬまま・・・今日も昼から降り続く“小雨”・・・明日も明後日も続くようです・・・。

c0001578_0462521.jpg休日の昼過ぎに女房殿と出かける買出し・・・慣れたというか、それなりに食材を見て回る“旬”を楽しめるようになりました・・・。

魚屋で“ガザミ(=渡り蟹)”を見つけて“地獄蒸しにしたら旨いだろうなぁ~”とか・・・野菜コーナーで“荏胡麻葉”や“水前寺菜(=金時菜)”なんてのを見ると“天ぷらで食ってみたいなぁ~”とか・・・自分で作るわけではないので・・・必ず“・・・なぁ~”と頭の中でも“他力本願”の“接尾語”が付いています・・・(笑)。

そんな願いとは別次元で、女房殿も“献立”に頭を使っているようで・・・今夜は、子供達にも評判がいい“鰈の煮付け”と“野菜天”・・・。

オヤジは・・・“純米原酒”の「倉光(そうこう)」・・・冷蔵庫に入れて2時間ほど冷やしてあった“ぬる冷し”・・・まぁ、“燗冷まし”の逆で“冷酒もどり”と云った方が近いでしょうかぁ・・・(笑)。

原酒らしい豊満な醸し香とともに口に含んで味わうと・・・旨っ、旨い!・・・と驚愕しました・・・(@o@)!。

俗にいう“コシのある酒”・・・口あたりの甘いコクに奥行きがあって適度な酸度の旨口が重なる味わいが溢れます・・・水のような“白ワインみたぁ~い”という“不健康な繊細さ”の吟醸酒とは“対極”にある味わいの深さ・・・。

“鰈の煮付け”の甘辛醤油仕立ての濃さに負けない・・・適度な酸味のキレを伴うどっしりとしたコク旨さ・・・これは、久々の“声を上げて飲みたくなる清酒”でした・・・。

今回は“ぬる冷し”で味わいましたが・・・本来なら、“燗酒”や“燗冷まし”も・・・相当、旨いはずです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “鰈の煮付け”に“男酒”の風格・・・
by project-beppin | 2007-07-08 23:47 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(6)
無垢な麦焼酎・・・6銘柄(その17)
この春、主に晩酌した麦焼酎の銘柄をまとめてご紹介・・・
生で味わい、ロックで飲み、お湯割で酔う・・・以下。
c0001578_18364582.jpg

■「諭吉の里」(西の誉銘醸:中津市/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 麦のフルティーな微香と、穏やかな甘旨みに優しいいアルコール感の辛口が心地よい口あたりの淡麗タイプ。甘く柔和なアルコール感と喉越しのオーソドックスなスムースさを実感できる良品。
■「森のささやき どっとん」(赤嶺酒造場:臼杵市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ウィスキータイプ
 透き通る優しいバニラ香と、小楢樽の甘みの奥に潜む微かな渋苦みを麦焼酎のドライな旨口に融和させたウィスキータイプ。軽快な味わいの心地好さと落ち着きのある口あたりが、晩酌食中酒としての中庸さに秀でた優品。
■「時の旅人」(藤居酒造:臼杵市/不明:麦・麦麹)25度・・・ウィスキータイプ
 麦の芳香に重なる円熟した樫樽香と、辛口のドライなキレに甘いバニラを纏ったようなフレーバーが清々しい口あたりのウィスキータイプ。嫌味のない余韻と喉ごしのスムースなキレの良さが安堵感を生む優品。
■「さいき小町」(ぶんご銘醸:佐伯市/常圧:麦・麦麹)20度・・・ガツン濃厚タイプ
 しっかりした麦香ばしさの匂い発ち、心地よいホロ苦さと香ばしい甘みの味わいがスムースな濃厚タイプ。その軽快なタッチの口あたりとスムースな喉越しに広がるビターな旨味が冴える優品。
■「十王」(みろく酒造:杵築市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 膨らみのある麦香と、芳ばしい甘味に馴染んで沁み入る円やかな焦げ苦味を福与かに味わう濃厚タイプ。口中で転がしながら喉ごしのスムースさとマイルド・ビターな余韻に寡黙な心意気を感じる逸品。
■ 「由布之郷」(小野酒造:由布市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 甘苦く漂うような優雅な香り、円やかな口あたりとおとなしい甘みに続く焦げ苦さのビターな麦旨みが真髄の濃厚タイプ。鼻腔と喉越しで味わう苦さと甘さと香ばしさのバランスが秀逸な裸麦“ビター・ブラック”の到達した風味の優品。


※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。
by project-beppin | 2007-07-07 18:03 | 晩酌焼酎(INDEX) | Comments(4)
“蛮カラ”な焼酎専業蔵・・・小野富酒造
先日、“臼杵紀行”に出かけた後で・・・HAKUDOU師匠にご案内いただきながら佐伯市街地を廻ると・・・R217号線から“駅前町”の路地を入ったところに・・・有名な“小野富酒造”がありました・・・。

c0001578_042514.jpg今では静かな十字路の角地を埋め尽くすように連なる一面の白い蔵壁・・・四角く覆われた煙突の佇まいは・・・正に、100年以上続く佐伯の“焼酎専業蔵”らしい“老舗の風格”・・・。

HAKUDOU師匠が若かりし頃・・・焼酎を“アメリカに輸出する”という“挑戦”に積極的だったとされるこの蔵には・・・その当時、「Mutekku」という銘柄があり・・・その味わいにも佐伯らしい“蛮カラ”な風土が宿っています・・・。

特有の味わいの“The 豊後の米焼酎”とも言うべき「天下無敵」と・・・旨い麦焼酎「豊後むぎ」を柱に・・・“米・麦混和”の「六富蔵」、「なずな 無敵」などは・・・この蔵の“定番”焼酎として・・・熱烈なファンがいます・・・。

その上・・・この蔵に眠る長期樽貯蔵の“三勇士”・・・米焼酎「古樽楽」、麦焼酎「独歩」・・・そして、これらの“三十年古酒”をブレンドした米麦混和「男の港」・・・どれをとっても樽モノ焼酎の“到達点”ではないかと・・・。

この蔵の“雄姿”を眺めながら・・・その醸し続けた幾年月と刻まれた味わいを思い出せる幸せ・・・“地霊”とは、そういうものではないでしょうか・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 佐伯の“焼酎専業蔵”の“雄姿”・・・
by project-beppin | 2007-07-06 23:44 | 焼酎文化考 | Comments(4)