<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
夏休みの工作と・・・「西の星」かぼすロック
パラパラと雨もちらついた今日(30日)・・・涼しくはありませんが、蒸暑さは確かに“峠”を越えたと思える宵闇の気温・・・。

c0001578_5242865.jpg食事を終えて、風呂上り・・・“世界陸上”のTV中継に注目・・・棒高跳、澤野大地の悔しい表情に思わず同情していました・・・。

そんなTV画面を見ながら・・・晩酌する予定の食卓で・・・次男坊が、夏休みの宿題“工作”に取り組んでいます・・・。

テーブルの一部にグラスと“かぼす果汁”を準備して・・・次男坊の邪魔にならないように・・・久しぶりに“往年の定番”『西の星』を開封・・・カチ割り氷にこのシルキーな液体を注ぐと・・・シャープに甘辛い味わいの記憶が蘇ります・・・かぼすを注ぎ指で軽くステアして・・・あの頃のように“かぼすロック”・・・。

女房殿が買ってくれたこの5合瓶をまじまじと眺めると・・・ラベルの上に来年の大分国体のマスコット“めじろん”とキャッチコピー“大分県産大麦【ニシノホシ】100%使用”とあります・・・。相変わらず“地域社会に貢献しとる”と・・・。

一口つけて・・・酸っぱいクリアな旨さ・・・脳裏では“やっぱ、旨いわぁ~”と素直にこの味わいに馴染んでいきます・・・。やはり“帰するは原晩酌”と言っても過言ではないです・・・。

次男坊が昼に塗り上げたというベニヤ板を眺めていると・・・「ここになぁ~、穴を開けたいんやぁ~」と・・・行き詰った様子で問いかけてきました・・・。

「そうやなぁ~?“糸鋸”っていう道具があれば、早いけど・・・無いけん、開けたい形の輪郭線に沿って・・・カッターで切ってみるか?」と提案すると・・・道具箱から定規やらカッターやらを取り出して・・・自分なりに考え始めました・・・。

カッターを持つ手も覚束ない危なそうな感じ・・・でも、誰もがそうやってモノづくり難しさも楽しさも経験してきたんですから・・・大変なことも気をつけなければいけないことも、自分でやってみることで体得できるでしょう・・・。

■「西の星」(三和酒類:宇佐市/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 香り控えめ、ツン・ピリのアルコール感も柔らかな舌触り、喉越しはアルコール感の甘みも淡い淡麗タイプ。すっきり飽きのこない定番。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 交錯する工作・・・
by project-beppin | 2007-08-31 05:26 | 大分麦焼酎 | Comments(6)
念願の“船上”ビアガーデン?・・・三隈“川上”の酒好
ああぁ~・・・酷過ぎる“夏”が少しは一段落した感じですね・・・それでも日中は“熱波”状態ですが・・・(笑)。帰りながら見上げた“月食”・・・私の今年の夏は・・・私にとっても“酷い”夏でしたから・・・この満ちる月の光に、何とか“皆既”状態から抜け出した自分を見るようです・・・(爆)。

c0001578_0393783.jpgやっとこうやって、キーボードに向いながら・・・金沢以降の夏を振り返ってみると・・・ほとんど触ることの無かった“観音コンデジ”から・・・既に思い出の彼方になっていた・・・“船上”ビアガーデンの画像が・・・。

今月の上旬・・・日田の酒宴に泊りがけで参加した時の三隈川の夕陽・・・実は“船上”ですが、船頭を伴って川面に出る“鵜飼見物”の“遊船”ではなく・・・河岸係留のまま川面に浮かぶ“川上”ビアガーデン・・・(笑)。

♪ 喉渇く 眺めぇ 落ちてゆぅ~く 汗をぉ~
  太い指先でぇ なぞぉってぇ~みるぅ~ ♪
(雅夢:愛はかげろう・・・の替歌)

それでも、酒宴が始まる頃には・・・水面を渡る風・・・温い風ではあるのですが・・・天然の“1/Fゆらぎ”・・・(古っ!死語じゃ・・・)・・・思ったより額の汗が流れません・・・。

仲間内8名ほどで“乾杯ぃ~”と始まれば・・・提灯が灯るまではビールと思いながら・・・水滴がついて曇るジョッキを鷲掴みで“ガブガブ”・・・くぅ~・・・。

♪ くもり 融かしてぇ すべるぅ指先にぃ
  伝わぁるぅ 冷たさぁ 心にぃしぃみぃるぅ~ ♪

と・・・バイキング“つまみ”を皿に盛って・・・暮ゆく日田の“夏涼み”の酒宴を楽しみます・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More バイキング“つまみ”で清酒を味わって・・・
by project-beppin | 2007-08-29 00:48 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(2)
北陸・金沢を歩く(その2)・・・“繁華街”香林坊・片町界隈
北陸の主都“金沢”・・・その最大の繁華街といわれるのが・・・この“香林坊・片町”界隈です・・・。

c0001578_10263936.jpg金沢の街の夏景を・・・親族一同、夕暮れ散歩で・・・楽しみました・・・。

僧名が由来とされる“香林坊(こうりんぼう)”界隈・・・その通り沿いは、商業店舗が建ち並び・・・観光客や地元の方で賑わう風景・・・買い物や食事処がひしめく“主都の中心街”ですね・・・。

“酒徒”の中心街である“片町”スクランブル交差点側から・・・デパートなどの大規模商業ビルが続く“香林坊”方面へ歩き・・・“中央公園”へと向う道すがらでは・・・加賀百万石の伝統工芸・・・九谷焼、加賀友禅、輪島塗などなどにもめぐり合えます・・・。

金沢城址・兼六園”や今話題の“金沢21世紀美術館”にも近く・・・ブラブラと歩ける感じに賑わいが交錯しています・・・。

“中央公園”では・・・“夕ぐれ祭り”・・・夏の金沢でした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “香林坊・片町”界隈から“中央公園”・・・
by project-beppin | 2007-08-12 11:30 | 旅先の風土・行楽 | Comments(4)
金沢で米焼酎と九州鶏に出会う・・・「川辺」と炭火焼鳥“あら竹”
“東山”界隈を離れ・・・女房殿の親族や兄弟と合流し、“再会の晩餐”へと出かけました・・・。

c0001578_6285065.jpg金沢の繁華街“片町”から“犀川”縁へと向かった裏路地の飲食街・・・路に面して張り出すような間口に白い暖簾の焼き鳥屋・・・炭火焼鳥“あら竹”・・・。

「みんなぁ、無事到着して、飲みたいやろし~ぃ、子供達もぉ、食べたいやろから・・・」と・・・“貸切予約”をしておいてくれた店へ・・・老若男女、総勢10人でなだれ込みます・・・(笑)。

店内は、5人掛けほどのカウンターと座卓テーブルが4人掛け2台ほどの小さな店です・・・。

座って、生ジョッキで乾杯して・・・各種の串を順に“おまかせ”で焼いてもらったんですが・・・これが、どれをとっても“めっちゃ旨!!!”・・・瞠目と垂涎が同時に訪れる旨さ・・・集まった皆が声を揃えます・・・「うっ、旨っ」とか、「おいしいぃ~」とか・・・(笑)。

“手羽”、“とり皮”、“つくね”、“砂ズリ”、“ねぎま”、“上しろ”、“レバー”などなど・・・串に刺してあるから確かに焼き鳥ですし、オーソドックスなネタなんですが・・・その鶏の肉質といい、下味といい、焼き加減といい・・・正に絶品!・・・“グリル”と“ソテー”の食感を併せ持つ“串焼きディナー”のフルコースといった方が好いかも・・・。

これには“脱帽”・・・若く見える店主に「この鶏は、旨いなぁ~」と声をかけると・・・「ありがとうございます・・・」と応えて・・・真剣に黙々と焼いています・・・。

生ジョッキを空けそうになる前に・・・早速、焼酎“ロック”に切り替えようと焼酎銘柄を物色・・・ちょっとこだわった銘柄も充実していて・・・目に留まったのが、球磨の米焼酎『川辺』・・・。

この米焼酎・・・米のもつ清らかな吟香に・・・口中を包む円みのある甘みが優しい味わいで・・・澄み渡るコクの旨口に真っ直ぐなキレと米の香りを漂わせていて・・・あと口も穏やかに余韻が楽しめます・・・。

こんな絶品焼き鳥には・・・すっきりと清らかな米焼酎も・・・よく合います・・・。

その後・・・なんと!この肉質の鶏肉は、九州産であると聞いて・・・またまた、びっくり・・・。

この金沢の地で・・・まさか、米焼酎と九州鶏の旨さを再発見しようとは・・・焼き鳥の“美味求真”・・・思い出すだけでまた食べたくなります・・・(笑)。

■ 「川辺」(繊月酒造:熊本県人吉市/減圧:米・米麹)25度

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 絶品串焼きと焼酎へのこだわり・・・
by project-beppin | 2007-08-07 06:41 | 隣人の焼酎・泡盛 | Comments(6)
北陸・金沢を歩く(その1)・・・“東の廓”東山界隈
実は・・・先月末(26~28日)、瀬戸内海航路のフェリーと高速道路を乗り継ぎ・・・家族とともに遠距離ドライブ・・・北陸の“金沢”へと向かい・・・女房殿の親族に会ってきました・・・。

c0001578_2304241.jpg


c0001578_2311661.jpg一般的な(観光客の)イメージは・・・“加賀百万石”の城下町・・・“兼六園”と“伝統工芸”で知られるところですかね・・・。

城下町らしさの“町並み”として知られているのは、“長町武家屋敷”ですが・・・今回は、“町屋”の風情と佇まいを伝える文字通りの“町並み”を散策しようと・・・旧くは“東の廓(くるわ)”として親しまれた“東山界隈”へ・・・。

金沢を流れる二つの川・・・“犀川”と“浅野川”・・・その“浅野川”沿いのかつて“茶屋”が軒を並べた町衆の遊興街で・・・戦災を受けなかった古都らしく、入り組んだ細い路地が今でも残っていて・・・その静かな“町並み”は、最近になって再整備されていました・・・。

明治、大正、昭和、平成と時代を重ねながら、時代の趣を積み重ねてきたその佇まいには・・・“金沢の三文豪”と称される“徳田秋聲”、“泉鏡花”、“室生犀星”などを育み・・・“五木寛之”が過ごした縁の地であることもあって・・・金沢の“文学的空間”を垣間見るようでした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More スナップ写真“東山界隈”・・・
by project-beppin | 2007-08-06 02:33 | 旅先の風土・行楽 | Comments(6)
“地獄蒸し”で飲む(下)・・・“浅蜊”も“蒸し豚”も「いりやまじょう」
“地獄釜”の調理風景を見た後、酔った勢いで“鼻唄”で黄昏ながら一服・・・そうこうしているうちに“蒸し奉行”に呼び戻され、またまた、喰いまぁ~す、飲みまぁ~す・・・(笑)。

c0001578_1314660.jpg戻ってみると・・・米焼酎「さよなら臼三線」は、既に空き瓶・・・。

“地蛸”、“浅蜊”、“海老”、“エノキ茸”を喰らいながら・・・オヤジが語る“一昔前の話”・・・語り過ぎれば、若手には“煙たい話”になりますからね・・・ほどほどに・・・(笑)。

それなら“蒸し豚”が出てくるまでに・・・もう一本、開封・・・常徳屋の“新顔”麦焼酎『いりやまじょう』・・・。

常徳屋さんの“屋号”がそのまま白い銘柄名となった直刷り瓶・・・トクトクっと椀に入れて“ロック”・・・常圧ガツンか?と思っていたのですが・・・予想は、ハズレました・・・(笑)。

仄かな香りで滑らかな舌触り・・・口中に含んだ味わいは、円やかなスムースドライ系とでもいいましょうか?・・・淡麗ながらも抱擁感に満ちた素直な甘さの口あたり・・・喉越しも優しく滲み渡る感じで、キレの好い飲み心地は飽ない“実直”な旨口でした・・・。
イメージしたのは・・・「常徳屋 青ラベル」ですが・・・何となく、上品な甘みだったあの頃の「八面山」に、静かなキレを重ねたような清らかさがあります・・・。

それにしても・・・食材そのものの旨さを繊細に味わう“地獄蒸し”は旨いです・・・。そう思えるのも・・・飲み飽きない“実直”な旨口の麦焼酎だからではないでしょうかね・・・。

で・・・正調“地獄蒸し豚”を喰らって・・・大満足の“お疲れさん会”でした・・・。

■ 「いりやまじょう」(常徳屋酒造場:宇佐市/常・減ブレンド:麦・麦麹)25度・・・ドライ旨口タイプ
仄かな吟香に、淡麗ながらも素直な甘さの円やかな味わいが心地よい旨口タイプ。滑らかな舌触りと優しく滲みわたる喉越しに飽きのこない飲み心地のキレが上品な清らかさの優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “浅蜊”と正調“地獄蒸し豚”と“おこわ飯”・・・
by project-beppin | 2007-08-04 01:33 | 大分麦焼酎 | Comments(0)
これこそ“ヘルシー”調理だ!・・・鉄輪(かんなわ)正調“地獄蒸し”
“自炊貸間”の宴に集った仲間たち・・・“飲む派”、“喰う派”とともに・・・この鉄輪正調“地獄蒸し”料理を仕切る“蒸す派”がいなければなりません・・・つまり“総料理長=蒸し奉行”・・・。

c0001578_559489.jpgこの日の“蒸し奉行”の許可を得て・・・鉄輪“貸間旅館”の原風景・・・噴気を絶やさぬ“地獄釜”調理の現場へ・・・“ズームイン”・・・(笑)。

“地獄蒸し”料理の“第一弾”メインディッシュは、先ほどの“魚介類”・・・“ぱっちん=ウチワエビ”、“まんじゅうガザミ=ヒラツメガニ”、“サザエ”などでしたから・・・続く“第二弾”は・・・もちろん、“肉”料理とのことで・・・豚バラ肉を使った“蒸し豚”・・・。

正しく、昔ながらの使い込んだ竹笊(ざる)に・・・“白菜”を敷き詰め、“生椎茸”と“アスパラ”を載せ、その上にスライス“豚バラ”をどん!と盛って・・・“地獄釜”に投入するという正調“地獄蒸し豚”・・・。

どうですか~・・・この昔から変わらぬシンプルさ・・・如何にも“ヘルシー(=healthy)”な調理でしょっ!・・・。

“地獄釜”という鉄輪の地霊が宿る風景・・・ご覧いただけたでしょうか・・・これがホントの“hell see”調理・・・なんちゃって・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “hell see”調理・・・
by project-beppin | 2007-08-01 06:03 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)