<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
“喰う”前“舌”後のアラ宴席(後編)・・・アラ鍋
「くえ、くえ=クエ、喰え」なんていうオヤジギャグが飛び出したりはしませんでしたが(笑)・・・心地よく焼酎や燗酒、ビールなど各々が杯を重ねるうちに・・・今年を思い出すような笑い話と戯言、薀蓄などなど宴席の話が盛り上がって・・・さあ、“アラ鍋”へ突入と相成りました・・・。

c0001578_9464653.jpg“クエ”という魚名は・・・その魚鱗体表ある九つの絵模様が由縁で“九絵”だとか・・・もしくはその模様が垢じみていることから“垢穢”と書くらしく・・・何しろ、この硬い体表鱗部を削ぎ落とした“下皮”の部分と、目や口周りの“あら部”の“ゼラチン質”が“トロ、プリ”の醍醐味だとか・・・。

ガスコンロ上に置かれた鍋をセットしながら・・・この“醍醐味”薀蓄をこれだけ並べられれば・・・誰もが、感心をその“下皮”や“あら部”の切り身に集中させています・・・(笑)。

そして・・・自らかって出た“鍋奉行”・・・鍋の出汁が沸く寸前に、先ずはこの“下皮”や“あら部”の“アラ身”だけを投入し・・・再び沸きあがるのを待って次に野菜や豆腐を入れ・・・しんなりするまで火を通せば出来上がり・・・。

土鍋の蓋を置いて「さあ、どうぞ・・・」というと・・・皆それぞれ狙っていた“一身”があるらしく・・・お玉や箸で鍋から取り出していますので・・・オヤジも表層の野菜をかき分け、沈む“アラ身”を探ります・・・。

♪ ここらで忘れた あの一身ぃ~ぃぃぃ~  箸が重さを 覚えてるぅ~ぅぅぅ~ ♪
             (八代亜紀:雨の慕情・・・の替え歌)

目の周りの“あら部”は、女性陣に提供することとして・・・オヤジは口周りの“あら部”をと狙っていたんですが・・・すでに、他の方の取り皿上に・・・(哀)。

♪ 長ぁい続きの 先、まっくらぁ~ぁぁぁ~  煙草プカリと ふかしてたぁ~ ♪

結局、エラ周りの“あら部”と“下皮”付きのアラ身をとって・・・口中で骨周りの身を解すつもりで食べたんですが・・・この部分でさえ“ゼラチン質”の“トロ、プリ”があって・・・なんとも旨い・・・。柔らかくプルンと震えながら旨みを広げる食感を味わってしまうと・・・この高級魚の目の周りや口周りも食べてみたかったです・・・。

♪ 憎い 恋しいぃ 憎い 恋しいぃ  めぐりぃ~めぐぅってぇ~ 今は恋しいぃ~ ♪

そうして・・・沈黙のうちに繰り広げられた(笑)“ゼラチン質”の心理的争奪戦を終えて・・・女性陣がよそってくれる次なる“アラ身”のホロっと毀れる肉質感を柚子こしょうで味わうと・・・これまた、空前絶後の旨さ・・・“意地汚く”思われるくらい“食い気”に走るオヤジであります・・・。

♪ 鍋々クエ喰え もっとクエェ~ 私のぉ食い気にぃ ついて来いぃ~ ♪

ここでも若い者に“鍋の奥儀”を伝授しました・・・(爆)。

♪ 鍋々クエ喰え もっと喰えぇ~ 私のぉ食い気にぃ ついて来いぃ~ ♪

(このコンテンツは、一部フィクションであり、登場する人物などは架空の者で、実在する者とは一切関係ありません。・・・ということで・・・)

※ ご覧戴いている皆様!・・・いつの間にやら・・・急転落して、現在160位前後と低迷・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “アラ鍋”に突入・・・
by project-beppin | 2007-12-30 09:47 | 美食の街 | Comments(2)
“喰う”前“舌”後のアラ宴席(前編)・・・アラ刺
今年も残すところ三日間・・・昨日(28日)は雨と霧に包まれた一日で高速道も日中ずっと湯布院~別府間が濃霧で通行止・・・。

c0001578_1765249.jpg今年最後の忘年会は・・・日田の“海鮮問屋 とう太”という居酒屋料理店・・・わざわざ“アラ”でと特別予約注文したという“アラ三昧の宴席”と聞いての参加・・・期待に“腹”が膨らみます・・・(笑)。

あの“歩く食と酒の道祖神”こと宮崎の“石原けんじ大佐”が絶賛し“アラ自慢筆禍事件”という騒動を引き起こしたというのが、この“アラ”で・・・北部九州で有名な“冬の旬魚”・・・魚種としては、同じハタ科でもアラ属の“アラ”のことではなく、マハタ属の“クエ”のこと・・・。11月の大相撲“九州場所”が始まると“値がさらに高くなる”という高級魚で・・・博多人は“フグよりアラ”だそうです・・・。

このオヤジには、なかなか出会える機会はないと思っていたこの“アラ”料理が眼前に・・・“刺身”と“鍋”で充分堪能できるとあって・・・昼食を抜いて“メタボ”コントロールまでして臨席すると・・・先ず、出て来たのがこの“刺盛り”・・・くぅ~(川平慈英風)。

♪ アラはぁ来ててもぉ~ こころはぁ二食(にじき)ぃ~
   こんなぁ平盛りぃ~ きれいだぜぇ~ ♪
     (水前寺清子:いっぽんどっこの唄・・・の替え歌)

さっそく合掌して、ポン酢醤油の“モミジおろし”でいただきましたが・・・繊細な身肌にしっとりとした淡白な旨さがあって滋味絶品・・・。フグとは違って適度な脂ののりが口中で旨みを弾ませる感じは好いですね・・・。

オヤジは、味わって食べていましたが・・・これだけで4人前・・・女性陣が少し遠慮気味に食べていたので・・・こういう時に、若い者に勧める“お節介”役も・・・このオヤジ・・・“宴席の奥儀”を伝授・・・(笑)。

♪ 若いときゃ 二度ない どんと喰え 男なぁらぁ~
  人がぁ~喰わなぁいぃ~ ときに喰えェ~ ♪

More “アラ刺”に悶絶・・・
by project-beppin | 2007-12-29 17:06 | 美食の街 | Comments(2)
"米焼酎"のガツン系・・・「余谷物語」
今年の“イブ”は・・・家族揃って我が家で過ごしました・・・。(このブログを読み返してみると・・・)昨年は、長男坊が合宿で出かけて、次男坊が“熱”を出してダウンでしたから・・・それから比べれば・・・平穏な“イブ”であることに安堵でした・・・。

c0001578_3353114.jpg一昨日(23日)“べっぷ クリスマス HANABI ファンタジア”から戻った後・・・露天商夜店から持ち帰った“いかやき”をアテに・・・「これが、ひょっとすると今年最後の“開封”になるかも?」と思いながら・・・22時頃から飲み始めたのが・・・この晩酌風景です・・・。

開封したのは・・・デパ地下で“限定品”という札に誘われて衝動的に買った“純米焼酎”というもの・・・宇佐の常徳屋酒造場さんの常圧蒸留米焼酎『余谷(あまりだに)物語』・・・。

開封後“生”で注いだ少量のその味わいに“驚愕”・・・旨いっ!!!・・・と素直に反応するオヤジの脳裏・・・。

どことなくあのガツン系麦焼酎の「為・」を思い起こす芳ばしい香りに・・・米らしい柔らかな風味が宿っているようで・・・口に含んだ瞬間に膨らむ甘みと潤うような香ばしい苦みの濃厚な味わいは・・・円やかに鼻腔へと抜けて・・・喉越しも滑らかな味わいが心地よく・・・実に好い余韻を奏でています・・・。

これなら“お湯割り”も旨いはずと思ったのですが・・・直感的に6:4に水で割って、アルミタンポで“燗付け”したくなりました・・・(笑)。

で・・・この“水割り”の“燗付け”がこれまた旨い!!!・・・香りと味わいの骨格は全く崩れもせず、抱擁感を纏った優しい口あたり・・・丁寧な蒸留と熟成であることが伝わってくるようです・・・。

“いかやき”もなかなか美味いアテだったんですが・・・それを超越したこの焼酎の旨さは、正に“米焼酎”の“ガツン系”と言うに相応しいと思います・・・。

■「余谷物語」(常徳屋酒造場:宇佐市/常圧:米・米麹)25度・・・米焼酎
 米らしい柔らかな風味と香ばしさを宿す香りに、濃醇な甘みと仄かに香ばしい苦みの濃厚でありながら滑らかな米焼酎。味わいの膨らみと割っても崩れない伸びのある潤いが、心地好い飲み応えへの余韻に誘う秀逸品。

More “いかやき”と“純”米焼酎・・・
by project-beppin | 2007-12-25 03:36 | 地焼酎(米 ect.) | Comments(4)
X'masソングと花火の祭典・・・べっぷ クリスマス HANABI ファンタジア
昨夜と今夜(24日)・・・別府の“真冬の夜の夢”・・・「べっぷ クリスマス HANABI ファンタジア」が開催されています・・・。今年は、暖かな“天皇誕生日”と“X'masイブ”になりました・・・。

c0001578_1155118.jpgオヤジの“夜街”として賑わった“忘年会”も一段落・・・この連休は、別府の冬に相応しい“家族”で楽しむ音楽と花火の冬祭りです・・・。

夕方から友達と連れ立って出かけている次男坊を迎えに行く約束で・・・19時過ぎに出かけた会場は・・・ひと、ヒト、人・・・行列のできる夜店露天商の"いかやき"にこの齢になっても心躍るオヤジであったりします・・・(笑)。

今夜はX'masラブソングとシンクロする“恋人”たちバージョンの花火だそうですが・・・年齢に関係なく“老若男女”が“恋人”気分に浸れる“X'masイブ”を過ごしてほしいですね・・・。

先ずは、昨夜の速報・・・家族バージョンの花火をイントロダクション・・・大型スピーカーのウーファーが空気を振動させる会場で見上げる花火・・・やっぱり臨場感が違います・・・。お近くの方は・・・是非、今夜、この臨場感を楽しんでいただきたいですね・・・。

More 昨夜の別府夜景・・・
by project-beppin | 2007-12-24 10:21 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
無垢な焼酎・・・6銘柄(その18)
この夏から秋、主に晩酌した焼酎の銘柄をまとめてご紹介・・・
生で味わい、ロックで飲み、お湯割で酔う・・・以下。

■ 「芋焼酎 常蔵」(久家本店:臼杵市/常圧:さつま芋・米麹)25度・・・芋焼酎
 柔らかくも濃醇な甘い香りのふくらみ、口中で際立つ甘みの伸びと響きながら広がる辛さが共鳴する味わい。崩れない昔ながらの荒味に宿るコク旨さが喉越しの余韻となって、芋と白麹の特徴が引き出された豊かな味わいの限定品。
■ 「千年あかり」(クンチョウ酒造:日田市/常圧:米・米麹)25度・・・米焼酎
 穏やかで清楚な香りに甘みのしっかりした旨みが放たれるような米焼酎。竹炭濾過で磨かれた秀逸な米アルコール感の甘旨みにホロ苦い辛口が円やかなコクとなって深く長く響く優品。
c0001578_1162375.jpg

■ 「九州んもん」(井上酒造:日田市/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 爽やかな放香に潜む麗らかさと、口あたりが円やかな辛口アルコール感をともなって、口中で転がした時の柔らかい甘みの味わいが馴染む淡麗タイプ。癖はないけど、ストイックな旨みと柔らかなキレが奥深い優等品。
■「西の星」(三和酒類:宇佐市/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 香り控えめ、ツン・ピリのアルコール感も柔らかな舌触り、喉越しはアルコール感の甘みも淡い淡麗タイプ。すっきり飽きのこない定番。
■「香吟のささやき」(ぶんご銘醸:佐伯市/減圧:麦・麦麹)28度・・・ドライ吟醸タイプ
 繊細でメロウな香りが清々しい麹香となってこだわりの甘さと辛口の旨さが際立つ個性的な吟醸タイプ。白麹の貴腐な甘旨みが口中に香ながら、研ぎ澄ました辛口の味わいが洗練された響きと余韻の優品。
■ 「黒岳」(小野酒造:由布市/減・常ブレンド:麦・麦麹)25度・・・ドライ旨口タイプ
漂う微香に秘めた奥行きと、含み香を越えて口中で転がる甘みのコク旨さが深く味わえる旨口タイプ。常圧“全麹”ブレンドが引き出す複層する辛口のホロ苦さが円やかな後口に共鳴する印象深い優品。
by project-beppin | 2007-12-23 11:08 | 晩酌焼酎(INDEX) | Comments(0)
“ねぎ盛り放題”のあっさりとんこつ・・・むさし「ラーメン」
昨日(21日)は、夕方から久しぶりの雨・・・降りだしたら止まぬ感じの“冬至”となりました・・・。今年は“ホワイト・クリスマス”にはほど遠い“クリスマス HANABI ファンタジア”になりそうです・・・。

c0001578_256512.jpg仕事で“国東”へと出かけた“師走”の平日・・・“風土”の宿るラーメン店に立ち寄ったのでした・・・。

空港からまっすぐ国東方面へと抜けたR213号線沿いにあって・・・旧武蔵町の“武蔵港”にほど近い・・・ラーメン店“むさしラーメン”・・・。

丁度、昼時・・・作業着やネクタイ姿の“働くオイさん”達が埋め尽くすという店内・・・空いたばかりのカウンター席に陣取り・・・一見客で初顔となるこのオヤジは、いつものようにその店の定番・・・つまり、シンプルに「ラーメン!」と注文・・・その直後、隣の席のオイさんが食べてるのを見て、直感的に“旨そう”と思ってしまい・・・「大盛にして!」と追加注文・・・。

ここは、各自の好みで“後載せ”できるトッピング薬味が4種・・・通常の“紅生姜”と“辛子高菜”のみならず、“醤油漬けにんにくスライス”と“武蔵ネギ(大分味一ねぎ)”も載せ放題・・・さすが“小葱生産地”のラーメン屋というサービスが、オヤジ心を擽ります・・・。

カウンター越しに出て来た“ラーメン”は、“モヤシ”、“チャーシュー”、“玉子”、“海苔”という至ってシンプルなもの・・・“薬味葱”が堪らなく好きなオヤジは、もちろんこの刻み“武蔵ネギ”と“辛子高菜”をトッピング・・・午後の仕事で訪ねる先様のことが脳裏に浮かび“醤油漬けにんにくスライス”は断念・・・。

箸を割って、先ずスープを啜ると・・・これがなんとも、あっさりとした“とんこつ”・・・“塩とんこつ”とでも表現したくなるようなスープに絡む淡白なカンスイ系“細麺”をズッズーと口中で噛み締めると・・・調和のとれた“白湯(パイタン)”な味わい・・・こりゃぁ、旨い・・・。

シャキシャキ感のある“モヤシ”や刻み“武蔵ネギ”の食感も上出来・・・。“チャーシュー”も味付けが塩加減のみという肉の旨みを伝える風味で・・・“玉子”の黄身も見事に全体の風味を整えている感じ・・・。

麺とともに“海苔”と“辛子高菜”を溶くように泳がせて喰らう中盤の旨さもなかなかどうして・・・。

終盤ともなれば、残った少量の麺とこのスープに“紅生姜”を溶いて・・・ピシッと引き締める味わいを楽しめる“口福”感・・・この絶妙な旨さは、最後までスープを飲みたくなる衝動に駆られるほどでした・・・。

■ ラーメン:むさし/国東市武蔵町
by project-beppin | 2007-12-22 23:53 | 美食の街 | Comments(2)
“全麹”ブレンドのコク“芳味”・・・「黒岳」
ここのところ寒さも“霜日和”・・・風のない日中は少し陽射しが暖かいのですが、夜は冷え込みます・・・。別府の街は冷え込むことなく・・・ボーナス・お歳暮・クリスマスの“三位一体”商戦と“忘年会”商戦で・・・昼夜とも盛り上がってほしいものです・・・。

c0001578_6452447.jpg今夜、帰り着いて即、玄関先で“灯油”のポリタンクを渡されてセルフG.S.に給油に出かけたのですが・・・ガソリン代に負けず劣らず値上がりする“光熱水費”・・・ジワジワとボディーブローのように家計に圧し掛かっているのを実感・・・我が家では、オヤジの小遣いが“削減対象”になっていないか?と・・・一抹の不安が脳裏を過ぎります・・・。

そんな暮らしの不安は“来春から麦焼酎も値上げ”で・・・オヤジの晩酌にも“影”・・・。

と言っても・・・結局は“楽観的”に飲んでるんですよ・・・今夜も・・・(笑)。

夕食後のひととき・・・オヤジは、ストーブの上でアルミホイルに包んだ“銀杏”を炙ろうと準備を始めたんですが・・・女房殿から「炙ると殻の臭いが部屋じゅうに・・・」との指摘・・・
「それなら“光熱水費”を使ってオーブンにします・・・」と言葉を返したのですが・・・“一言”多かった・・・
「“光熱水費”使ってわざわざ飲まなくてもいいのよ・・・」と“返り討ち”に合いました・・・(爆)。

で・・・オーブンの中で弾ける銀杏の音を聞いたら“炙り銀杏”出来上がり・・・アツアツの殻を蒲鉾板の上に置き金槌で割って、一粒ずつ殻を取り、薄皮を剥いて・・・緑がかった黄色い種実をフーフーしながら頬張る淡いエグ味の滋実の旨さ・・・。

その銀杏の滋実に合わせる晩酌焼酎は・・・月初めから飲んでいる『黒岳』・・・そう、あの“男池”湧水を育むの名を冠した“減圧(蒸留)”と“常圧(蒸留)”のブレンド麦焼酎・・・“お湯割り”が旨い!・・・。

仄かな香りに漂う奥行きは常圧との調和がなせる業かと思うほど・・・口に含んだ時のコクが深味のある甘み、辛み、苦みを複層的に併せ持っていて・・・例えるならば、麦焼酎らしい旨みの“原生林”とでも言いましょうか・・・舌に載った時のコク甘みに、口中で転がして甘みの奥の辛みと苦みが広がり・・・喉越しにまでその円やかな味わいが高揚感を保ちながら続くようで・・・鼻腔での芳ばしい落ち着きが共鳴する余韻のように・・・印象深い豊かな旨さを奏でています・・・。

常圧の“全麹”ブレンドの麦焼酎が創り出す深いコクのあるドライ系と表現すれば・・・“お湯割り”で崩れない、その味わいの奥行きがお判りいただけるのではと・・・。

■ 「黒岳」(小野酒造:由布市/減・常ブレンド:麦・麦麹)25度・・・ドライ旨口タイプ
漂う微香に秘めた奥行きと、含み香を越えて口中で転がる甘みのコク旨さが深く味わえる旨口タイプ。常圧“全麹”ブレンドが引き出す複層する辛口のホロ苦さが円やかな後口に共鳴する印象深い優品。

More “炙り銀杏”と・・・
by project-beppin | 2007-12-18 06:47 | 大分麦焼酎 | Comments(4)
“噴気”味覚の“極楽”風土・・・“地獄蒸し会席”の忘年会
先週から今週は“忘年会”・・・仲間うちの“飲み放題プラン系”や仕事関係の“酒宴”などなど・・・皆、それぞれにいろいろな場での“宴”が大なり小なり続いているようで・・・“今月何回目”とか“これから、まだ、週2で続く”とか・・・“忘年会”で“忘年会”の“忘年”できない話題が出るという始末・・・(笑)。

c0001578_12474712.jpgそんな中、ちょっと贅沢な“忘年会”・・・鉄輪の“サカエ家”で正調“地獄蒸し会席”の宴・・・。

鉄輪の“いでゆ坂”を下り・・・道際の側溝から湯気が立ち上がる細い路地を入って・・・風情のある“温泉宿”の夜景情緒・・・玄関から上階へ上がり、あの“地獄釜”から白く立ち上る噴気の脇を通り、大きな円卓を囲む広間へ・・・。

馬鹿言って盛り上がる“別府夜街”や仲間うちの“自蒸し宴会”とは趣を異にする・・・落ち着いた雰囲気の円卓酒宴・・・鉄輪(かんなわ)温泉らしい“噴気”味覚の“極楽”風土を堪能する“宴”となりました・・・。

その味わう“美味の主役”は・・・“小鹿田(おんた)焼”の皿に装っていただく“ガザミ=渡り蟹”、“伊勢海老”、“栄螺(さざえ)”の地獄蒸し・・・。

“ガザミ=渡り蟹”の柔らかく甘みのある蟹身と・・・“伊勢海老”の肉感的な海老身・・・“栄螺(さざえ)”の醤油が滲みた貝身の歯応えに腸(わた)身の滋味・・・いずれも甲乙付け難い“自家蒸し上がり”ならではの旨さです・・・。

酒も・・・瓶ビールと、清酒の“燗”銚子と、焼酎“ロック”に“お湯割り”・・・各自の嗜好に合わせて飲んでいます・・・。

この日の幹事が持ち込んだという焼酎「吉四六」と浜嶋酒造の清酒「鷹来屋 辛口本醸造」・・・“地獄蒸し”の旨さを味わいながら飲むには・・・なぜか?やっぱり?・・・「吉四六」の“お湯割り”を選んでしまうオヤジであります・・・。

■ 地獄蒸し会席:サカエ家/別府市鉄輪井田

More “地獄蒸し会席”・・・
by project-beppin | 2007-12-15 12:49 | 美食の街 | Comments(2)
もうひとつの“源流”紀行(その3)・・・白水溜池堰堤
“奥豊後”最深部の“名瀑”・・・“白水の滝”で“”の紅葉を愛でた後・・・この源流に沿って“陽目渓谷”を下り・・・“近代土木遺産”の“重要文化財”を訪ねて・・・この“源流”への旅を終えました・・・。

c0001578_97444.jpg祖母山系“国観峠”の南麓となる宮崎県五ヶ所の谷間を“源流”として・・・日向、肥前、豊後の三国の境を縫うように・・・熊本県高森の“大谷ダム”を廻って下る“大谷川”が・・・“白水の滝”となって豊後に入ると・・・“大野川”源流となることは、お解かりいただけたでしょう・・・。

しかし、実は、この川・・・大雨の時は、洪水をもたらす九州でも屈指の“暴れ川”であり・・・逆に、渇水時には、農地に水を行渡らせることすらできない“涸れ川”になるという・・・水利面では厄介な“不良河川”であったことは・・・意外と知られていません・・・。

昭和初期・・・この川を“治水”し、流域農地の“灌漑”のために建造されたのが“白水溜池堰堤”・・・通称“白水ダム”・・・“日本一美しい堰堤”と形容されています・・・。

下流から眺めると・・・全面から越流する堰堤の水流容姿が・・・まるで谷間に渡した“ホワイト・ベルベット”のカーテンのようで・・・向って右岸は“階段”状の水流側壁・・・左岸は“武者返し”状の流曲面壁・・・どちらも石工の巧みな技能に裏打ちされた造形美と設計者が画いた機能美が見事に融合しています・・・。

夕暮れ迫るこの堰堤に佇むと・・・土木建造物である堰堤に刻まれたモダニズム・・・“水をデザインする”という“アール・デコ”調の芸術性と表現力を感じずにはいられません・・・。

More “水をデザインする”ダム・・・
by project-beppin | 2007-12-11 09:16 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
もうひとつの“源流”紀行(その2)・・・“錦”の陽目渓谷
昨年は“岳切渓谷”、一昨年は“深耶馬渓”とこれまで“豊前”の紅葉の名所を訪ねましたが・・・今年は、“豊後”の紅葉を・・・この滝景とともに染め抜いた“錦”の紅葉でご覧下さい・・・。

c0001578_1232533.jpg“白水の滝”への“遊歩道”から眺めた“ヤマモミジ”の近景と・・・“陽目渓谷”を遠望する“展望台”からの眺め・・・どちらも“深紅”には至りませんが・・・
“紅”、“朱”、“橙”、“黄”、“緑”の五色のグラデーション・・・近景にも、遠望にも、彩りが映える“秋色のパレット”とでも申しましょうか・・・やっぱり、ありふれた言葉ですが“美しい”と思えるオヤジであります・・・。

万葉のころから和歌に詠まれた“竜田川”の世界観を愛でる気持ち・・・“楓に流水”という意匠様式となって現在まで続いているのは・・・四季の移ろいに“情緒”を映し出す“和”の文化ならでは・・・と、分かったような気になります・・・(笑)。

ではでは・・・“能書き”は、この程度にして・・・静寂な渓谷の紅葉をとくとご覧あれ・・・。

More 木々の錦に 水くくるとは・・・
by project-beppin | 2007-12-05 01:24 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)