<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
“送別会席”の“春告魚”・・・“シロウオ”
“春分の日”も今日も連日の快晴・・・陽射しも暖かくストーブも片付けようかな?と思いながら車の窓も開けて走りました・・・。昨日、横綱を破って角番脱出の“千代大海”とパシフィック開幕戦“ホークス”の激的な勝利もニュースになって・・・“春”は、確かにやって来た!と・・・。

c0001578_22545878.jpgその前日の19日(水)・・・上司の退職送別の宴が日田の“枇杷の樹”で開かれ、参加したその宴の膳で・・・大分の“春告魚”を初めていただきました・・・。

そう、あの笹簗で誘導して三角網で掬い上げる番匠川の伝統漁有名な“シロウオ”・・・俗に言う“踊り食い”・・・。

頭の丸い“シロウオ”・・・口先が尖った“シラウオ”と混同されやすいのですが・・・全く違った魚種だそうで・・・九州では“シロウオ”こそ“春告魚”・・・。

退職する上司の長年に亘るこれまでの経歴を披露いただいている間にも・・・“もずく酢”の中でチャプチャプと活きの良い跳ね音が聞こえて・・・気になってしまいます・・・(笑)。

乾杯!の発声があって・・・先ずは、この“春告魚”の旬の味を・・・踊り食いですから、“口中”から“喉越し”に到る“触”食感を“ツルッチュル”っと・・・というのが正しいですね・・・。

嗚呼・・・ありがたいことです・・・この春の“生命力”を食せる“清流”の“風土とFood”・・・。

このあとも・・・“風土”の料理に“旬菜”の彩りが添えられ、焼酎と地酒が加わって・・・話も弾んで舌鼓も打つという送別の宴・・・それは即ち、新たな“旅立ち”を祝う宴・・・という“送辞”もあって・・・人生の“武陵桃源”へと向うに相応しい“春”の酒宴となりました・・・。

■ シロウオ:枇杷の樹/日田市隈

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も50位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “風土”の料理に“旬菜”の彩り・・・
by project-beppin | 2008-03-21 22:57 | 美食の街 | Comments(8)
“太刀魚”と“菜の花”と・・・濃口ドライ「虹色おいさん」
春はセンバツから”・・・もちろん地元、別府の“明豊高校”が、昨年の覇者“常葉菊川”と対戦するんですから・・・集中して挑み“大金星”をと・・・期待したいですね・・・。

c0001578_0401530.jpgトリニータ”も開幕から好調2連勝なんですが・・・“ヒートデビルズ”はウェスタンカンファレンス3位と・・・“巻き返し”に期待です・・・。

今夜は・・・“太刀打ち”できる“巻き返し”を祈願して・・・(無茶苦茶“強引”に)“太刀魚”の“箸巻”をアテに・・・『虹色おいさん』で晩酌です・・・(笑)。

この“八鹿酒造”の麦焼酎に気づいたのは・・・あの“御手洗酒店”でして・・・棚にあったこの5合瓶を見つけたオヤジ(私)・・・不躾にも・・・“寛”氏本人に向って「コレ、中味は“なしか”でしょう・・・?」と聞いたところ・・・間髪を容れず“寛”氏の返答「ちゃいます!・・・コレは、ちゃんと私も何種もの原酒を“利き酒”してですな・・・最後は酔うちょったんですが(笑)・・・オリジナルですわ・・・。」と・・・。

“ぁっ痛たたたぁ~”なんと失礼なことを・・・と思ったものの・・・“オリジナル”なら、まだ“味知らぬ”ドライ系?・・・ならば“飲んでみたいのぉ~”と・・・脳裏を過ぎる“衝動”に駆られたので5合瓶を買って帰ったモノ・・・。

開封して“生”で飲むと・・・清々しいドライな“香気”が鼻腔へと響くようで濃吟に匂い発ちます・・・。口中で転がすと・・・先鋭な辛口の刺激が交錯する甘い濃口とでもいいましょうか・・・ドライ系の風味に宿る響き渡る感じ・・・喉越しに共鳴するキレも余韻も・・・しっかりした味わい・・・。

“箸巻”の甘辛さも、“菜の花炒め”の旬菜滋味も、“キンピラ蓮根”のピリ辛味も・・・おおぅ~!これがまた旨いアテ!・・・。

で・・・“お湯割り”に“かぼす果汁”を注いで“かぼす割り”の一杯も“流石”ですし・・・どんなアテにも、どんな飲み方にも“七変化”して馴染む“レインボー”な旨さを秘めてますね・・・。

■ 「虹色おいさん」(八鹿酒造:九重町/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 清々しい濃吟な香気、口中で転がるシャープな辛口に鼻腔まで甘みを持った濃口な味わいが響き渡る風味の骨格がしっかりした淡麗タイプ。辛口な響きと甘みの余韻が交錯して共鳴する優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も50位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “箸巻”、“菜の花”、“蓮根”に・・・仕上げは“ネギトロ丼”
by project-beppin | 2008-03-16 00:49 | 大分麦焼酎 | Comments(2)
“寛”話“酎”題のかぼす「なしか!」と・・・「いっしょう亭」の酒肴
“御手洗酒店”に集う仲間と歓談しながら、旨いアテと麦焼酎の“カボス割り”を飲む・・・ということを意味するであろう“”氏のオリジナル動詞・・・“ミタラう”・・・。22時きっかりに“ミタラう”も終了・・・“もう一軒”というHAKUDOU師匠へのお誘いに同伴させていただいて・・・“長浜様”の角を曲がった居酒屋「いっしょう亭」へ・・・。

c0001578_1334675.jpg暖簾をくぐって大将の「いらっしゃい」という声と同時に・・・店員さんは、顔ぶれを確認して案内した後・・・直ぐさまグラスを準備するという一連の段取り・・・座れば、“阿吽”のタイミングで出てくる“麦焼酎”のキープ5合瓶・・・“寛”氏不動の定番焼酎「なしか!」に・・・当然の如く添えられる“黄かぼす”・・・。

これこそ・・・大分の居酒屋の原風景・・・。麦焼酎を飲むことが“不文律”であるからこその“常連”にのみ許されるこの澱みない流れは・・・さすがです・・・。

そんな居酒屋で飲む「なしか!」の“お湯割り”のなんと旨いことか・・・。自らが“かぼす”を搾るというのも“不文律”・・・“かぼす”の香りが見事に馴染む柑橘酸味の口あたりは、何ものにも替え難いですね・・・。

“寛”話“酎”題・・・もとい、“閑話休題”・・・“肴”も、“刺身盛り”と“肉炒め”などを戴いて・・・これがまた旨いんです・・・。

■ 刺身盛りなど:いっしょう亭/大分市長浜

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “刺身盛り”と「なしか!」
by project-beppin | 2008-03-12 01:55 | 美食の街 | Comments(2)
一合“清甘”「ぶんご梅」・・・「御手洗酒店」(その2)
“角打ちMUSICA”・・・長テーブルに陣取るHAKUDOU師匠も・・・“寛”氏ほかの皆さんと正に“寛”談中・・・(笑)。師匠に引率していただいた“新参者一見客”であるこんオヤジ(私)も・・・発泡酒、麦焼酎と“打って”・・・まだまだ、飲みたい“心地酔い”・・・。

c0001578_1395174.jpg酒棚に並ぶ豊後の“清酒”に目をやれば・・・定番の国東「西の関」、九重「八鹿」、臼杵「一乃井手」、久住「千羽鶴」に交じり・・・庄内『ぶんご梅』・・・“夜桜ラベル”ということは、上撰でしょうか?・・・。

銘柄の“能書き”を垂れるよりも・・・まずは、百円玉2枚で“正味一合”の“コップ酒”・・・。

コップに口を近づけてスーッと啜る“清酒”の“心地酔い”味わい・・・この酒質は、普遍的な“清甘”な味わい・・・円みのある醸し香に落ち着いた口あたりのコク旨み・・・喉越しのゆるりとしたキレ・・・ああ、好い風味・・・。

このコップ酒を飲みながら・・・“グッチー”氏にこの店の“おやじさん”と“角打ち酒店縁起”について聞いてみたところ・・・“おやじさん”は、凧もJAZZも落語もオーディオにも造詣が深い方であり・・その“おやじさん”と“おかあさん”の人柄が・・・“一家言”ある“酒徒”を集わせ・・・その“常連”達と共にこの“角打ち場”を設えて現在に至った・・・とお教えいただきました・・・。

流れるBGMは・・・♪ ウイスキィーが お好ぅきでしょっ・・・♪ (石川さゆり)

“話”を聞き、“音”を聴き、“酒”を利けば利くほど・・・さらに魅了されるこの“場”の存在感・・・此処には、日常の中で消えかけている“何か”が確かにあるんです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 「ぶんご梅」の“磁場”・・・
by project-beppin | 2008-03-11 01:42 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(0)
“長浜詣で”の“角打ちMUSICA” ・・・「御手洗酒店」(その1)
週末、金曜日(7日)・・・HAKUDOU師匠の来県・・・師匠からお誘いいただいていた“長浜詣で”に・・・。

c0001578_23251254.jpg20時過ぎ・・・大分市内の由緒正しき“長浜神社”にほど近い“長浜角打ち学会”の集会場・・・師匠も陶酔する「御手洗酒店」のガラス戸を開けます・・・。

立ち呑みカウンターに流れるヒミツの“JAZZ”の調べ・・・常連の皆さんが4名ほど先客・・・「どうもっ、こんばんわ・・・」とすぐさま馴染む師匠に倣って・・・“新参者”のオヤジ(私)も“発泡酒”一缶を飲む間に・・・“グッチー”氏ほか“常連”の皆さんが交わす“酒徒談義”に耳を傾けます・・・。

洩れ聞こえるのは・・・別府の飲み屋“九丁目の八ちょう目”のこと・・・別府から参加した私には、馴染みの話題であったことから・・・さっそく、その談義に加わって・・・すっかり“お仲間”気分になっていました・・・(笑)。

その後も・・・ワンカップ「なしか」を片手に、ちょっとしたアテを摘みながら・・・昨年、この店に集う有志が豊肥線と肥薩線で出かけた“鹿児島への旅”の写真を見せていただいたり・・・CD“琥珀色の時間”からお気に入りの曲を聞き拾ってみたり・・・店内の気さくな“酒徒”の面々に“一家言”をもった話をお聞きしたり・・・ほんと、気分の良い“角打ち”の時間です・・・。

この店の魅力は・・・“酒”、“人”、“音”、“情”が醸す人を惹きつける“場”の存在感・・・“酒徒”自らが築いた“理想郷”・・・“角打ちMUSICA”です・・・。




※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “角打ちMUSICA”の存在感・・・
by project-beppin | 2008-03-09 23:29 | 焼酎文化考 | Comments(2)
雪景色の里山・・・玖珠“春雪墨彩”
“弥生三月、春近し”・・・なんて書いたすぐ後のエントリー記事が・・・昨晩、一夜で山間部に降り積もった雪景色という・・・なんとも“間の悪い”時候です・・・(笑)。
c0001578_21122883.jpg
思い出してみれば・・・一昨年も、3月の“なごり雪”の日に“走行中”でした・・・。

今朝は、仕事で日田へ・・・別府の市街地では、雪の気配は残ってないのですが・・・速度規制の残る高速道路に入ると・・・別府湾S.A.から、塚原も、由布岳も、湯布院I.C.も、水分峠も、九重I.C.も・・・やっぱり、みーんな雪景色・・・。

水分P.A.辺りまでは・・・青空と朝陽が射し“白銀”の輝く美しい光景だったのですが・・・“一服”しよう決めていた玖珠S.A.では・・・霧が上りかけたところでした・・・。

自販機の“レギュラーコーヒー”ドリップ待ちの時間中に・・・雪霧に霞む玖珠の景色も・・・“春雪墨彩”とでも申しましょうか?・・・雪景の水墨画を見るような“静かな趣”があるなぁと思ってしまった次第・・・。

そして今夜は・・・この“墨彩色”の里山を思い浮かべながら・・・これで飲み切りとなる「白藤」の“お湯割り”を飲みはじめています・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 玖珠S.A.の“春雪墨彩”
by project-beppin | 2008-03-05 21:31 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
"送別の宴"で“starchy flavor”な旨さ・・・「じゃがたらお春」
今年は“黄砂”と“花粉”が雑じる“雨の桃節句”・・・“姫”のいない我が家は、“白酒”こそありませんでしたが、玄関には“立ち雛”飾りがあって・・・暦の上では“弥生三月、春近し”の趣・・・。

c0001578_0384341.jpg先週の木曜日(28日)・・・“東京転勤”が決まった方の“送別の宴”のお誘いがあり・・・駅前の“まやかしや”へ・・・。

数年前から仕事関係で心底世話になってましたから・・・世話になった人々が集い、この“ご栄転”を祝うという会でした・・・。

「◎◎さんがいなかったら、ここまで出来なかったよなぁ~。」と皆が頷き口を揃えるその的確なスキルと献身的なサポートに感謝、感謝です・・・。

惜しまれながら大分を去る方への“餞(はなむけ)”代わりに・・・ワインボトルに皆で“寄せ書き”したり・・・数年にわたるプロジェクトの中での“エピソード”を懐かしい思い出の爆笑話にして、盛り上ります・・・。

この辺りで・・・ビールから焼酎へとチェンジ・・・。この日、この店の豊富な一升瓶棚の中から、目に留まったのが・・・長崎の“じゃがいも焼酎”・・・『じゃがたらお春』・・・。

“お湯割りセット”を頼めば・・・“生”のまま正味一合が入った片口湯呑と・・・お湯を入れた黒い“ガラ”と・・・陶製コップが出てきて・・・自分で好みの“お湯割り”をつくって飲めるという嬉しさ・・・もちろん、オヤジは6:4で・・・4のお湯を先入れし、6の焼酎を後注ぎ・・・。

ほんのりと漂う甘さの芳香に和みながら・・・口にした風味は、“新ジャガ”の記憶が蘇るような確かで穏やかな“澱粉香”が鼻腔をくすぐる感じ・・・。口中で転がして味わう旨さは、甘口に仕上げた麦焼酎が“澱粉質”を纏ったような落ち着いた口あたり・・・辛みがおとなしい分だけ、この“starchy flavor”が円やかな喉越しとなって・・・気持ちよく飲み口を重ねることが出来ました・・・。

こういう“送別の宴”で飲みながら・・・直接的には、その“エピソード”話に居合わせてはいないのに・・・まるで、その場に居たかのように語るオヤジは誰あろう・・・この私です・・・(爆)。

仲間内に笑われながら「しゃぁしんじゃぁ~」(やかましい・・・の意)と・・・まるでニュータイプの“ゴレンジャー”か“ジンジャエール”のように“大分弁”で貶され罵られる快感を得たところで・・・この宴の“主賓”に「これからも、そのスキルとサポート力で良い仕事して下さいね~」と・・・真面目な気持ちで“贈る言葉”を述べながら・・・さらに、飲むのでありました・・・。

■ 「じゃがたらお春」(福田酒造:長崎県平戸市/減圧:じゃがいも・麦・米麹)25度

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More "送別の宴"の味わい・・・
by project-beppin | 2008-03-04 00:47 | 隣人の焼酎・泡盛 | Comments(4)