<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
清涼な“湧水”ドライ・・・「名水焼酎」
あれよあれよと言う間に・・・1月から2月へと・・・。明日(1日)は“別府大分毎日マラソン”・・・それから、“節分”・・・“チモト(わけぎ)”もスーパーの店頭に並んで・・・少しずつ“春”へと向かう実感が湧いてきました・・・。

c0001578_21182566.jpg女房殿に言わせると・・・あまり嬉しくない“季節の便り”もあるのだそうで・・・既に春の使者“花粉”というものが引き起こす症状が“ムズムズ”始めているとのこと・・・。

そんな話をしながら準備してくれたアテで“晩酌”・・・帰り着くのが遅れた分、冷めてしまって“彩”が悪くなったと“愚痴”を溢されるのも・・・ご愛嬌かと・・・。

“肉野菜炒め”と“砂ズリ塩葱”に“野沢菜キムチ”・・・しっかりした味付けのアテが三品でしたので・・・やっぱり定番の6:4“お湯割り”の一杯で落ち着いた旨さで安堵したいと思った次第・・・宇目の酒屋さんのP.B.銘柄『名水焼酎』・・・中味は“ぶんご銘醸”さんの「ぶんご太郎」か?はたまた「むぎゅ」か?・・・。

清涼感のある“ドライ系”・・・ストイックな味わいの中に甘旨さが伸びるやんわりと響く口あたり・・・静寂な麦焼酎の好いところ・・・やっぱり、食中酒として“分相応”な酒質設計だと思います・・・。

あの銀山としても栄えた宇目町“木浦鉱山”・・・“藤河内渓谷”にも近いこの地区の生活水ともなった“法水山蓮光寺”の境内に湧出する名水で“原酒”を“和水”したという麦焼酎ですから・・・本来なら、割らずにその“名水仕立て”の旨さとキレを味わうのが・・・最も綺麗な風味なのかもしれませんね・・・。

■「名水焼酎」(ぶんご銘醸:南海部郡/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 清らかな微香、軽やかな口あたりの清涼感に、ほのかな甘旨さと綺麗でクセのないアルコール感が心地よい名水仕立ての焼酎。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 宇目の“名水仕用”・・・
by project-beppin | 2009-01-31 21:24 | 大分麦焼酎 | Comments(4)
“湯女”の面影“潤醸淡辛”・・・上撰 「仁喜多津」
私の中では・・・“四国”の旅の恒例となった清酒“ワンカップ”の土産“晩酌”・・・何時飲むのか?と決めかねていましたが・・・本日、先ほど“やっと”戴きました・・・。

c0001578_22292772.jpg買ったのは帰路の“フェリー”の船内売店・・・昨年の「梅美人」から今年は・・・伊予・松山の“道後地酒”・・・上撰 『仁喜多津(にきたつ)』・・・。

“酒肴”は・・・女房殿が夕食のおかずから取り分けてあった3品・・・“親子煮”と“姫かつお”の角煮と“サーモン”の刺身・・・この1合には、充分過ぎるほど・・・。

清酒は“燗”好きのオヤジ・・・“ワンカップ”なんですが・・・注いだ“アルミタンポ”でストーブ上のヤカンの蓋を取り・・・浸けて20秒弱・・・ふんわりとした“ぬる燗”程度を見計らって・・・微かな湯気発ちを愉しみながら湯呑に注ぐと・・・その湯呑をゆっくりと持ち上げて口元へ・・・。

一口めの口あたり・・・仄かな匂い発ちの潤い感と・・・含み香の柔らかさの解き放ちと・・・静かに淡い辛口の風味の第一印象・・・これは、旨いです・・・。

ゆっくりと二口三口と飲み進み・・・舌上で転がしながら喉もとへ送るまでの間に“旨口淡麗”な味わいの“軌跡”を残して・・・ゆるりと落ち着きながら余韻にキレを残すというタイプ・・・。

擬人化すれば・・・“道後”の“湯女”の面影とでも云いましょうか・・・“ぬる燗”に“肌触り”を感じる味わいです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “姫かつお”角煮と“砥部焼”・・・
by project-beppin | 2009-01-29 22:35 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(0)
“コシ”のある酸旨口・・・綾菊 山廃純米「長田屋」
四国で年越しをした際のスナップを整理していたら・・・もう一本の清酒“綾菊”のことを思い出しました・・・。

c0001578_0433122.jpgこれは・・・晦日の夜“餅搗き”を手伝い終えた後の“晩餉”の光景・・・。

手伝った皆が・・・スーパー特売の“盛り合わせ寿司”と・・・昆布とイリコ出汁のお手製“かけうどん”で座卓を囲み“お疲れさん”会・・・。

昔の“電気燗付け器”が現役で出てきて・・・そこから注がれた“熱燗”・・・綾菊酒造の清酒銘柄“山廃純米”「長田屋」・・・。

飲む時点は、“燗冷まし”気味だったためか・・・“山廃”の旨みのコク酸味が発ち過ぎているように感じたのが一杯目・・・独特のコク旨さは充分なのに、鼻腔に風味クセが残るような味わい・・・と言えばわかりますか・・・?

この後しばらくして・・・風呂上りに残り5勺を飲みきれとばかりに“冷や”のままで注がれた一杯が・・・なんとも!実に旨かった・・・酸味の強いコク旨口に朗らかなキレ・・・俗にいう“コシ”のある酒・・・飲み口の余韻を味わえる“貫禄”がありました・・・。

この味わいがもたらす飲み心地の“落ち着き”・・・飲み終えたあとに感じる味わいの“懐”深さ・・・そんな讃岐の銘酒です・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 香川の酒米“さぬきよいまい”・・・
by project-beppin | 2009-01-22 07:54 | 旅先の酒と食 | Comments(4)
究極の“こってり”ラーメン・・・F.C. 「天下一品」
凡人の人生には・・・“思い出”が介在する“あの頃”の味というのがあるんですが・・・昨年末、フェリーを四国・松山に上陸後・・・そのF.C.化したラーメンに久しぶりに再会したのであります・・・。

c0001578_10591814.jpg京都市内では、25年以上前から数店舗展開していて“テンイチ”の愛称で知られたお馴染みの『天下一品』・・・その当時、学生だった私は、京都に進学した友人を頼って数日泊めてもらうことが度々ありまして・・・普通に晩飯をがっつり喰らうなら、近所の“王将”・・・四条方面の街中に飲みに出た時の仕上げは、この“テンイチ”というのが・・・“お決まり”でありました・・・。

初めて友人に連れられて入ったのは“木屋町通店”・・・四条河原町から先斗町周辺を飲み歩いた後の深夜0時頃・・・高瀬川(水路)の両脇に犇くネオンの中にある如何にも飲み屋街の小さなラーメン店・・・友人が座るなり、中瓶ビールと有無を言わさず「こってりのふつう入り3つ」と注文・・・。

“こってり”という言葉をスープに対してオーダーすることも、麺の茹で具合を伝えることも、にんにくをスープに入れる可否を告げることも・・・この時点では、充分理解できておらず・・・「まぁ、喰え!」と言った友人が箸をつけてドロドロスープが絡む麺に“驚愕”・・・「なんじゃ?」と言いながらこちらも麺を持ち上げ喰った瞬間・・・麺を口に入れたまま“うわっ”と、声を上げたことを覚えています・・・(笑)。

その“衝撃”的なインパクトは、食べ進むうちに“洗脳”にも似た“旨い”という味覚中枢に侵入・・・食べ終わる頃には“信者”の“洗礼”を受けていたのであります・・・。

あれから数十年・・・F.C.化して各地で機会ある度に食べてはいるものの・・・何かいまひとつあの“原体験”の衝動を呼び覚ますまでに至らないこともしばしば・・・この店は?と一抹の不安がありましたが・・・期待以上に“近似値”でした・・・。

あの独特のドロドロスープ・・・鶏ガラと鶏皮身部分のゼラチン質コラーゲンでコク旨い感じに・・・野菜とでんぷん質の甘いトロ味が混じるバランス・・・ちょっと柔らかな塩梅の麺にスープを絡めて味わう食感・・・濃くなった口中を“白飯”で拭い去りながら、再度、ドロ麺と飯を交互に喰らう反復に飽きると・・・“唐辛子味噌”か“足しタレ”を投入して辛味コクの中から引き出る甘旨味のスープの味わいを再調整することができます・・・。

一緒にいた女房殿や愚息二人も食べたのですが・・・以前にも食べたことのある女房殿は「懐かしいわ」と平凡な感想・・・初めて食べた愚息たちは、オヤジほど“洗脳”されなかったようですが・・・確かに“常識”の範疇を越えた究極の“こってり”ラーメンだと・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More あの頃の“こってり”か・・・
by project-beppin | 2009-01-18 11:01 | 旅先の酒と食 | Comments(2)
米焼酎の“吟湧耽麗”・・・ 「特別蒸留 耶馬美人」
“松”もとれ、“寒中見舞い”が届いて・・・本来なら、“正月気分”から抜け出るための“日常モード三連休”だったはずなんですが・・・なんとなく、我が家で過ごす“正月気分”のままでした・・・(反省・・・)。

c0001578_23494250.jpgそんな“三連休”の初日の土曜日(10日)・・・“北海道”から届いた“毛蟹”と書かれた宅配発泡スチロール・・・女房殿の親族からだったので、女房殿が開けるなりに吃驚!・・・“浜茹で”の丸ごと冷凍が2杯・・・。

その吃驚した声を聞きつけて・・・玄関先にオヤジと次男坊も駆けつけ・・・居間で三人がその宅配された発泡スチロールを開けながら囲み・・・思い思いに声を出して覗き込むという始末・・・(笑)。

女房殿・・・「決まり!今夜は、コレにしよぉっ!・・・。」
次男坊・・・「まぁ、豪華やけど・・・コレだけ?・・・。」
オヤジ(私)・・・(女房殿の顔色を伺いながら、怖々・・・)「なら、寿司かなっ?・・・久しぶりに“金太郎”の持ち帰り“桶”・・・。」
女房殿・・・(しばらく考えて)「まっ、いいかぁ・・・なら、夕方に“お澄まし(汁)”だけ作ればいいし・・・そうしよう!・・・。」
次男坊の「よっしゃぁ~!」という声と同時に・・・オヤジは次男坊に向って“Vサイン”・・・。

別府公園の近くに移転した“金太郎 寿司”で16時頃にオーダー・・・18時頃に桶を受け取って帰宅すると・・・丁度、長男坊も戻っており・・・「おおっ!豪華ぁ~」と・・・。

寿司を摘んでは、蟹身を取って食べる家族を尻目に・・・オヤジは、こんな日のための“米焼酎”を今年の“初開封”の一本にしました・・・『特別蒸留 耶馬美人』・・・。

先ずは、“生”のまま一杯・・・空想の果実を連想してしまうような仄かに放たれる優美な吟醸香を嗅ぎながら・・・口元で滑らかさを感じる円熟した甘みが膨らんだかと思うと・・・口中で転がすうちに浮かび上がる円やかな辛口の旨味・・・磨かれた米アルコールの静かな味わいが爽やかに過ぎてゆく喉越し・・・鼻腔に残る穏やかな余韻も好いです・・・。

この米焼酎の“流飲感”が“耽美”な印象を残す“生”一杯で・・・“蟹味噌”を嘗めて・・・“炙りカンパチ”のにぎりと“鮭の腹皮”の軍艦を摘み・・・“6:4”に割って湯煎した“燗つけ”焼酎を飲む・・・これが“至福”の晩酌・・・。

ついつい・・・掌を額に当てて“くぅ~”っと・・・唸っているのであります・・・(笑)。

■「特別蒸留 耶馬美人」(旭酒造:中津市/不明:米・米麹)25度・・・米焼酎
 吟醸の如く優美な淡香に酔いしれながら、含み香の味わいに米アルコールの円やかな甘さと落ち着いた辛口の滑らかな舌触りを楽しむ米焼酎。喉越しに爽やかなに流れる余韻を感じる耽美派の麗品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “寿司”と“蟹”に・・・美味な“6:4の燗つけ”
by project-beppin | 2009-01-13 23:55 | 地焼酎(米 ect.) | Comments(8)
丑年の“屠蘇”酒・・・「綾菊」 純米吟醸酒
“年の初め”に、わざわざ皆んなが集うのならばと・・・老若男女の一族が揃って“雑煮”と“御節”を囲むという“慣わし”・・・“元旦”という日に自らの暮らしを“デフォルト”する“儀式”に想えるようになりました・・・。

c0001578_2112123.jpg“丑年”・・・“初詣り”して未明に戻ろうが、どんなに“年越し深酒”しようが・・・“臥牛”のような“寝正月”は、この“儀式”を終えてからと・・・猪口杯に錫“屠蘇”器で酌み交して、正座の“合掌”・・・。

この“清酒”文化圏での“お屠蘇”を愉しみにしているオヤジ(私)としては・・・今年の“屠蘇酒”も気になっていました・・・。

猪口杯をクイッと戴いて・・・“おっ!コレは・・・”とその辛口な余韻が気に入りました・・・。

「今年の“お屠蘇”は、どちらのお酒?」と訊ねると・・・

「あぁ、どうかでぇ~(どうでしょうか・・・の意)?・・・去年なぁ、言よったけん(言っていたから・・・の意)“綾菊”にしてみたんじゃわ・・・」と・・・

HAKUDOU師匠もその味わいに縁のある「綾菊」・・・その“純米吟醸酒”ということで・・・卓上に置いてくれました・・・。

なるほど・・・辛旨口に感じるコクは、旨味のコクを包むような酸味に風格のあるキレを感じる“辛口”醸しが・・・実直な味わいです・・・。

昨年の金陵「楠神」は、“麗辛旨口”でしたが・・・この清酒は、口あたりの寡黙な印象を超越する喉ごしの“実醇奏辛”な味わいにあるんではないでしょうか・・・そのまま“冷や”が冴える旨さでした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “屠蘇”の宴に・・・“しょうゆ豆”
by project-beppin | 2009-01-11 00:29 | 旅先の酒と食 | Comments(4)
無垢な麦焼酎・・・6銘柄(その20)
昨年の下半期、主に晩酌した麦焼酎の銘柄をまとめてご紹介・・・
生で味わい、ロックで飲み、お湯割で酔う・・・以下。
c0001578_10573430.jpg

■「なしか!」(八鹿酒造:玖珠郡九重町/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 吟涼なアルコール香と、辛口の口あたりとストイックに輝く甘みが重なる淡麗タイプ。カボスとともに酸香淡麗に味わえるストレートなロックのキレ好い旨さの優品。
■ 森のささやき「大自然の詩(減圧)」(井上酒造:日田市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ウィスキータイプ
 シンプルに洗練された樽香と口中で直進するキレのいい甘さにストレートな辛口の伸びを感じるウィスキータイプ。若々しい爽やかさと樽旨さのスレンダーな雰囲気が味わえる良品。
■ 森のささやき「大自然の詩(常圧)」(井上酒造:日田市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ウィスキータイプ
 甘く放たれる円熟した樽香と口あたりの膨らむような甘旨さのコクがウェットに複層するウィスキータイプ。魅惑を奏でる豊潤な樽貯蔵の風味が甘美な優品。
■「いいちこ 日田 全麹」(三和酒類:宇佐市/不明:大麦麹)25度・・・リッチ特旨タイプ
 発ち放つ麹香ばしい甘みの芳しさと鼻腔と口中に浸潤する柔らかくも富貴な甘旨さに舌上でホロ苦く辛口なアルコール感も入り組んだ艶やかな特旨タイプ。全麹由来の豊かな香味に残響と余韻をも支配する旨口なアルコール風味に歓喜する優品。
■「黒むぎ 杜谷(もりや)」(ぶんご銘醸:佐伯市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 黒麹の濃醇な香りに宿る奥行きと口中で膨らむ重厚なビター感溢れるコク深い甘みを思う存分味わえる濃厚タイプ。生で味わうブッラク・スモーキーな酒質の風格もさることながら、ロックで飲めば香ばしい甘みを極めたような旨さに酔いしれる超美品。
■「円熟 おこげ」(老松酒造:日田市/常圧:大麦・裸麦・麦麹)30度・・・ガツン濃厚タイプ
 香ばしさに包まれる煎り麦チョコのビター香、口中をロースト&スモーキーに包み込む贅沢な旨味と円やかな深味のコクが楽しめる濃厚タイプ。焙煎麦醸しの香味と無濾過に潜む濃焔な味わいと樽貯蔵の角の取れた風味が融和する絶品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。
by project-beppin | 2009-01-10 11:01 | 晩酌焼酎(INDEX) | Comments(0)
“初詣り”には“年明けうどん”・・・「こんぴらうどん」本店
785段の“こんぴらさん”の“初詣り”から石段を下りたところが・・・“表参道”という名の参拝客目当ての“メインストリート商店街”・・・この夜ばかりは、飲食店もお土産店も年越しで“オールナイト営業”・・・。

c0001578_0322639.jpgそんな好条件な立地にある石段脇の“うどん屋”が、この「こんぴらうどん」本店・・・赤提灯に誘われる参拝客でもちろん大盛況・・・我が家の野郎3人もついつい釣られて“初食”に“讃岐うどん”を一杯食って帰ることにしたのであります・・・(笑)。

オヤジの注文はシンプルな“かけうどん”・・・愚息どもは珍しさもあってか“しょうゆうどん”・・・。

ほぼ満席の店内はごった返す賑わい・・・合席の長テーブルで待つこと5分・・・飾りっ気のない日常的な“かけうどん”が出てきました・・・。

飾りっ気はないけど正真正銘の“讃岐うどん”であり、且つ大権現に肖る“こんぴらうどん”の名を冠しているのですから・・・期待は高まりましたが・・・実に日常的な“かけうどん”でした・・・(爆)。

うどん麺は太めで、期待したほど“弾麺力”を感じなかったのですが・・・かけの“おだし”が実に嫌味のない落ち着きがある旨さ・・・イリコ出汁が利き過ぎていない“旨淡口”な頃合いが及第点です・・・。

“年越し蕎麦”の後は・・・“年明けうどん”という“ムーブメント”を喚起しようとしているようで・・・ツルツル(鶴鶴)噛め噛め(亀亀)と・・・めでたい“縁起”を担いで一杯平らげたのであります・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・150位圏内ですので・・・。
 これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“まぁ、新年の祝儀じゃぁ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・
人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・。
m(_ _)m。
皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。


More ツルツル かめかめ ・・・ “かけ”と“しょうゆ”
by project-beppin | 2009-01-07 01:17 | 旅先の酒と食 | Comments(8)
“こんぴらさん”のParlour・・・「神椿」
“金刀比羅宮”の“初詣り”からの下りの途中・・・境内唯一の“茶所”・・・喫茶&レストラン「神椿(かみつばき)」に立ち寄りました・・・。

c0001578_1555845.jpg昨年の“初詣り”の際にも営業していましたが・・・この“ナイト営業”は大晦日から元旦の“一夜限り”と聞いていたので・・・この機を逃すと、なかなか、入店できる機会もないだろうと・・・“初詣り”の“お年玉”という名目で、長男坊と次男坊を説得したのであります・・・(笑)。

平成16(2004)年・・・33年に一度、平成と新世紀になり初めて齊行された「大遷座祭」を機に・・・“平成の信仰と文化”を構築する『琴平山再生計画』の象徴として位置づけられた“新茶所”施設で平成19(2007)年に開店・・・運営は、あの“資生堂パーラー”が行っているとのこと・・・。

ここの圧巻は・・・外壁面と内壁面を飾る各々一面全体の“陶板絵画”・・・現代美術家“田窪恭治”氏の筆致が生きる“椿”林の心象風景画・・・金刀比羅宮の在る“象頭山(ぞうづざん)の森”を“椿の杜”とする“オマージュ画”ではないかと・・・(オヤジは勝手に)想ったのであります・・・。

その在るべき空間を“観照”する“新茶所”・・・一杯のコーヒーとともにその雰囲気を味わう“ひととき”でした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・150位圏内ですので・・・。
 これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“まぁ、新年の祝儀じゃぁ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・
人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・。
m(_ _)m。
皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。


More  “椿の杜”の建築・・・「神椿(かみつばき)」
by project-beppin | 2009-01-04 16:18 | 旅先の風土・行楽 | Comments(0)
謹賀新年・・・金刀比羅宮の“ゆく年くる年”
明けまして、おめでとうございます・・・。謹んで新年のご挨拶を申し上げますとともに・・・皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします・・・m(_ _)m。

c0001578_9593315.jpgこの“ゆく年くる年”も・・・四国・讃岐で過ごしました・・・。

大晦日の“紅白歌合戦”を親族一同揃って見るという典型的な年越し・・・その途中からは、長男坊・次男坊・オヤジ(私)の恒例となった・・・年に一度の年越し“初詣り”で“こんぴらさん”へ・・・。

いつの間にか定型化したこの“年越しの風習”・・・最近、親子で共有する“時間”が少なくなった我が家にとっては・・・穏やかな正月を迎えることが出来る“ありがたい”行事なんだと思った次第・・・。


785段の石段を軽々と駆け上がる二人に・・・一年の日数と重なる365段目の“大門”までに・・・ハァ、ハァと息のあがるオヤジ・・・いつの間にかこうなってしまったんです・・・(笑)。

なにはともあれ・・・先ずは、穏やかに新年を迎えることが出来たことに感謝し・・・今年も“無病息災”、“心願成就”を願った次第であります・・・。

皆様にとっても・・・佳き年となりますように祈念いたします・・・。

そして・・・この拙文ブログも昨年同様、皆様方にご贔屓戴きながら、ご覧いただければ幸いです・・・今年も、何卒、よろしくお願いいたします・・・m(_ _)m。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・100位圏内ですので・・・。
 これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“まぁ、新年の祝儀じゃぁ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・
人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・。
m(_ _)m。
皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。


More 元旦“こんぴら初詣り”・・・
by project-beppin | 2009-01-04 10:22 | 旅先の風土・行楽 | Comments(0)