<   2009年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
冴えわたる“全麹造り”の“吟”蒸留・・・「iichiko FRASCO」
ご無沙汰しておりましたぁ~・・・“花冷え”に悩まされ・・・“風邪”が長引いている“青っ洟”オヤジです・・・(笑)。“卯月”になって桜満開の“別府八湯 温泉まつり”も今日がファイナルでしたね・・・。

c0001578_1124245.jpg景気対策3段ロケット”も打上げれないうちに・・・“飛翔体”という名の軌道にのらなかった“奇道3段ロケット”が“来た挑戦”・・・に翻弄される“愁傷”官邸とは、これ如何に・・・。

“来た挑戦”にも・・・“愁傷”の対応にも・・・“憤り”を感じますが・・・何もできないままでその時を過ごしていた自分自身も・・・なんとなく“情けなく”思えるのであります・・・。

で・・・やっと、“花冷え”も一段落・・・“春爛漫”を満喫したくなる晩酌をと・・・“炭焼き鶏の野菜炒め”と“サーモン刺”をアテに・・・“いいちこ”の“最高峰”と名高い名作を“ロック”でいただきました・・・。俗に言う“フラスコ ボトル”・・・『iichiko FRASCO』・・・。

我が家での晩酌には、ちょっと格好好過ぎる洗練された雰囲気・・・透明感で統一されたボトルデザインの“フラスコ”フォルム・・・そのシンプルな高級感に秘めた“全麹造り”の味わいとは・・・・期待して良いはずです・・・。

コルク栓を抜き・・・氷の入ったグラスに注ぐと・・・香りは控えめで軽快な清涼感・・・実に“綺麗”な雰囲気を纏っています・・・。

浮かび上がる氷の中で・・・30°のアルコールがグラスの中を漂うように混じってゆくのを感じながら・・・一口めを含んだ時の印象は・・・ドライ感を極めた“吟”蒸留が冴えわたるシャープなアルコール感と・・・・フルーティーな放香を鼻腔へと拡散させる“全麹”らしい甘旨み・・。スムースに駆け抜けるようなキレの好い喉ごしの余韻も申し分なしです・・・。

“全麹造り”をドライで甘露な旨さに100%導いてゆく技というか・・・これほどまでに、隙がない“鏡面仕上げ”のようなドライ淡麗タイプとは・・・流石です・・・。

誰がなんと云おうと・・・この旨さを口中で転がしながら味わうには“ロック”が最も綺麗に響きます・・・。“Cool”で“Intelligence”に仕上がった正に“磨かれた”ドライ淡麗の“到達点”でしょうね・・・。

■「iichiko FRASCO」(三和酒類:宇佐市/減圧:大麦麹)30度・・・ドライ淡麗タイプ
 軽快な微香、“吟”シャープなアルコール感と冴えわたる全麹のドライ甘露な旨さの淡麗タイプ。全麹造りの磨かれた綺麗な味わいは麦焼酎の“技”を究めた逸品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “炭焼き鶏の野菜炒め”と“サーモン刺”を・・・“ロック”で・・・
by project-beppin | 2009-04-06 01:35 | 大分麦焼酎 | Comments(16)