<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
HAKUDOU検地(その3) ・・・鉱山集落“木浦”の“名水”
山間へ向かって県道6号線を渓流を上るように分け入る感じで車を走らせると・・・“傾山”山系の谷間に開けるような集落“木浦”地区に辿り着きました・・・。

c0001578_241839.jpg“木浦”地区と書きましたが・・・地名は宇目町“木浦鉱山”・・・正に“鉱山”町として成立した元々“山師”の集落・・・格好よく言えば“コールド・ラッシュ”ならぬ・・・豊後の“鉱物・ラッシュ”の歴史を刻んだ“地霊”の開拓史があります・・。

この“木浦鉱山”が長年栄えたのには、諸説あるようですが・・・地形構造学的には“三本の構造線”のうち比較的古い“仏像構造線”の複雑な鉱脈が銅、錫、鉛、亜鉛、砒鉱などを産出したことによる“鉱物の博物館”であったこととともに・・・それらの鉱物の“製錬”を支える“水(湧水)”と“炭(木炭)”も豊富にあったから・・・ではないでしょうか・・・。

その枯れることのない“湧水”源が・・・この“木浦鉱山”を支えた“連光寺湧水”なのでしょうね・・・。

“名水館”前に車を停めて歩いて散策・・・“地霊”の恵みたる“名水”と“鉱山”町の佇まいを・・・少しだけ体験することができます・・・。


※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “木浦鉱山”の名水・・・“蓮光寺湧水”
by project-beppin | 2009-05-25 02:12 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
HAKUDOU検地(その2)・・・“ととろ”の“トトロ”
“小野市商店街”の「小椋酒造」からR326号線を南下、めざす“木浦”地区へと県道6号線に右折する信号は“ととろ入口”と・・・県道に入る小さな集落を通り過ぎた先に“ととろバス停”との案内看板・・・。

c0001578_22354781.jpgジブリ映画“となりのトトロ”のキャラクターを板絵にして・・・誰かが置いて帰ったということから・・・一夜のうちに話題になったことを10年近く前?に聞いてはいたのですが・・・あれから、あれよあれよという間に“町おこし”の広告効果絶大となっていました・・・ならば、一度は見ておかないと・・・(笑)。

ご覧のとおり・・・“ととろ”と読む“轟”集落の小川の上に建つ板小屋“バス停”です・・・。何の変哲もない・・・長閑な山間の集落の風景の中に・・・アニメのキャラ看板“サツキとメイ”が在るだけ・・・。

その“単純明快”な光景を・・・短絡的に“きゃぁ~ ほんとぉ、かわいいぃ~”と眺めるだけでは難しい・・・“仮想”と“現実”の“混沌”があるような気がします・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “現実仮想”の“ととろ”・・・
by project-beppin | 2009-05-23 22:44 | 大分の風土・行楽 | Comments(6)
あぁぁあ~~誰か“枯響”を想わざる・・・純米吟醸「弥生神力」
“HAKUDOU検地”から我が家へ戻った5月3日(祝)の夕餉の晩酌がこの画像です・・・。昼間は・・・指を銜えて見守るだけであった“情”造酒・・・純米吟醸「弥生神力」を・・・早速、開封しての“独酌”であります・・・。

c0001578_22305690.jpg女房殿が準備した夕食のおかずは・・・“にんにく焼肉”、“いわし天”、“ツマミ揚”・・・。

それに、オヤジの“検地”土産・・・佐伯“ちりめん”と直川“からし椎茸”を和えた即席“酒肴”を一品加えた顔ぶれで“独酌”へと・・・。

あの山間の原風景が浮かぶ“情”造酒には・・・“ひや”が相応しいのではと・・・そのまま盃でクイッと呷るのであります・・・。

口にした瞬間の“中口”の落ち着いた風味に・・・続く“濃艶”な酸味の舌触り・・・仄かな甘旨さの複奏に秘めた“熟”辛さ・・・これこそ、清酒の“本道”の“味わい”と納得する旨さです・・・。“鮮度”の繊細な味わいにはない・・・“秘蔵酒”の“円熟”を味わう“野太さ”は・・・“神力”米の在るべき酒質なのでしょう・・・。

師匠の“真言”・・・この酒を称して“哀愁の野太”と・・・。

この酒のもっとも似合う風景として想い浮かぶのが・・・胡坐を組んだ男衆が車座になって一升瓶を酌み交す“祭り”の後の“直会(なおらい)”・・・。

♪ はぁ~な摘むぅ野ぉ辺にぃ~ 日はぁ~落ぉちぃてぇ~
   みぃんなぁで肩をぉ組みぃなぁがぁらぁ~  唄をぉうたぁったぁ帰ぇりぃみちぃ~ ♪
                                   (霧島昇:誰か故郷を想わざる

軟弱な“味”では太刀打ち出来ない“鋭気”と“親睦”が漲る場・・・茶碗に注いで呷っても負けない“味わい”の品性・・・“流行”に左右されないで醸された“姿”正しき“復古”酒質・・・“淡枯”な“響き”を失っていません・・・。

♪ 幼馴染のぉ あの友この友
    あぁぁあ~ 誰か “枯響”ぅぉをぉ~  想ぉわぁぁ~ざぁるぅ~ ♪

ついつい、“古賀メロディー”を口ずさんでしまう・・・“枯響”な旨さ・・・だと“想い”ます・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 質実“郷圏”のアテは?・・・“ちりめん”和え“からし椎茸”
by project-beppin | 2009-05-22 07:59 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(4)
HAKUDOU検地(その1)・・・小椋酒造で“情”造酒を味わう
5月3日(祝)・・・さあ、今年も“雨月庵”を出て“酒”と“地霊”に出くわす一期一会・・・日帰り“研修”に出発!・・・。名付けて・・・“筋書き&アポ”無しの“HAKUDOU検地”・・・(笑)。

c0001578_16165829.jpg雨月の“朝食”でHAKUDOU師匠とともに決めた“行き先”は・・・佐伯市の西南部地域“祖母・傾山”山系の山間の地“旧宇目町”でした・・・。

3年前の“県南・豊肥紀行(1234)”では、素通り
してしまったこの町・・・実は、新佐伯市となった“県南酒蔵巡り”においても見逃せない“神力(しんりき)米”で醸した清酒があると聞いていたものですから・・・HAKUDOU師匠とともに、是非、訪ねてみたいと前々から思っていたのであります・・・。

いざ、目的地が決まれば、一路、県道606号線~県道35号で“番匠川”を遡り“ノンストップ”のつもが・・・途中、“森下橋”のたもとで、HAKUDOU師匠も感動したあの酒屋さんに立ち寄り・・・「天下無敵」ワンカップだけでなく「ホワイトムテキ」との対面も果たしたことで更に気分は“上々”・・・少し迷いはしましたが・・・この蔵のある宇目町“小野市(おのいち)商店街”へと辿り着いたのでした・・・。

旧道“商店街”の並び建つ家屋のちょうど真ん中辺りに・・・煙突をともなった“旧家”らしいこの“蔵構え”の風景がありました・・・そう、これが宇目の清酒蔵元「小椋酒造」なのです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 酒蔵見学と・・・試飲の“情け”と・・・
by project-beppin | 2009-05-17 16:23 | 焼酎文化考 | Comments(6)
雨月の“朝食”・・・県南“海の幸”膳
一夜明けて・・・“雨月の会”恒例の“庵庭”朝食・・・ご準備いただき・・・心から感謝しながらいただきました・・・合掌・・・。

c0001578_1159762.jpgこの朝食にも“趣向”あり・・・“県南の鶏肝、砂ずり”、“旧本匠村産の梅干”などなど質実“郷圏”のおかずが並び・・・本題は県南“海の幸”膳と名付けたくなるような産品が“三品”・・・。

“すりみ文化圏”である津久見の“いわし天”と“ぎょろっけ”・・・“リアス式海岸”の漁場でこそ食せる上浦の“カンダイの薄造り”・・・“佐伯の殿様、浦でもつ”の伝統産品“ちりめん”を“だいこんおろし”でと・・・“おめざ”にはなんとも贅沢な“旨い!”でありました・・・。

“酒肴”にと揃えたものであっても・・・“朝餉”のおかずとして文句なしの“一汁多彩”な“味わい”・・・この上ない時間と空間と味覚でゆっくりと過ごしながら・・・この日これからの“雨月研修=HAKUDOU検地”の向う場所とコースを何処にするか?と相談して・・・その師匠巡行先を決めたのであります・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 県南“海の幸”膳・・・美味“三珍”・・・
by project-beppin | 2009-05-16 12:01 | 焼酎文化考 | Comments(4)
“雨月の会”の夜宴・・・SP盤“蓄音機”の「影を慕いて」
“酒肴”の“趣向”を堪能した“昼餉”後には・・・“満腹”感で“酔心”までも“睡魔”に負けて・・・一時(とき)半ほどのオヤジの“夕寝”・・・。その間に師匠は・・・御ブログの更新や“夜宴”の準備などされていたのだと思います・・・。

c0001578_2463050.jpg“夕寝”から目覚め、むっくと起き上がった後は・・・“雨月の夜宴”・・・簡易コンロを置いて“ホルモン”と“焼鳥”をアテに・・・「なしか!」に「常蔵」などなど・・・。

夜も更け入る頃・・・おもむろにこの“蓄音機”の前に胡坐を組んだ師匠・・・積み上げてあった往年の“SP盤”レコードの紙袋の中を見比べながら・・・そのうちの一枚を取り出し、ターンテーブルに載せると・・・小さな缶から取り出した針をつけ・・・ハンドルをゆっくりと巻いて行きます・・・。

漆黒の“SP盤”レコードが回転数“78rpm”で回りはじめたところに・・・ゆっくりと針を落とすと・・・空音振動の“スクラッチノイズ”から浮かび上がるような“蓄音”・・・揺れる“空気”が“音”であることがわかるようなメロディーが“地霊”と共振するようでした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 昭和の“蓄音”・・・マンドリン・ギターの“古賀メロディー”
by project-beppin | 2009-05-14 02:51 | 焼酎文化考 | Comments(4)
“雨月の会”の昼宴(下)・・・絶品!“酒肴人”の料理
命漲る“泡盛”と“白酒”の“味わい”をお教えいただきながら・・・ちゃんと“大分麦焼酎”の“寛流”(間違っても韓流ではありません・・・)の“かぼす割り”もご披露いただきました・・・。

c0001578_1342573.jpg今回も“御手洗礼讃”の中・・・旬の柑橘“カボス”が入手できない時候の早春から夏にかけては“カボス果汁”瓶で割った後・・・冷凍しておいた“カボス”を半割りにして・・・わざわざ、(ソルティードッグのように・・・)カップの縁廻りに搾り付けたという“寛流”の「なしか!」の“味わい”方に・・・えらく感心したご様子・・その“お点前”にて、この一杯をいただきました・・・。これが“豊後のかぼす割り”という“流儀”が香る一杯です・・・。

しかし・・・それさえ、この“雨月の会”を主宰するHAKUDOU師匠のほんの“一面”・・・。

“酒”のある場を体得している師匠は、その“地霊”宿る“味わい”の“酒肴”をも自らの手で作り出す“達人”であります・・・。

それも・・・“趣向”を凝らさずとも素材の“本質”を旨い!と唸らせるような“酒肴人”の料理・・・幾ら“大枚”を叩いても口にすることができないその“酒肴”・・・これこそ“おもてなし”の真骨頂ではないでしょうか・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “卵黄味噌漬”・・・“牛すじ煮込み”・・・“鶏白湯スープ”
by project-beppin | 2009-05-11 01:51 | 焼酎文化考 | Comments(4)
“雨月の会”の昼宴(上)・・・命漲る“泡盛”きき酒
5月2日(土)午後・・・HAKUDOU師匠にお招きいただいた“雨月の会”へ・・・久しぶりの面会挨拶も早々に“昼宴”へと・・・この昼の日中から遠慮なく飲める“無礼講”での“酒宴”の“解放感”こそ“雨月の会”の“醍醐味”であります・・・。

c0001578_0562456.jpgHAKUDOU師匠の“御手洗礼讃”からはじまり・・・“昼宴”の“趣向”に・・・この時ぞとばかり待ち構えているのが師匠渾身の“泡盛”の“きき酒”談義でありました・・・。

今回、“琉球”に造詣の深い師匠ならではの趣向・・・“地霊”の“泡盛”2合瓶を3種加わえて・・・地元の“ハイサイおじさん”的感覚で“味わい”を“きく”ことを主題とするものであります・・・。

“うちなーんちゅ”ならではの銘柄として・・・
 「ウートートー」
 「瑞穂」
 「ユニオンですから」

“やまとんちゅ”でも欲する拘り銘柄として・・・
 「久米島の久米仙ホワイト」12年古酒
 「久米島の久米仙ブラック」3年古酒
 古酒「島酒」
 「粗濾過 松藤」
などなど・・・呑む“味わい”の奥深さを盃一杯で“きく”のでありました・・・。

その“地霊”に宿る“味わい”とは何か?・・・命漲る“泡盛”をお教えいただきました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “泡盛”の“醍醐味”・・・
by project-beppin | 2009-05-10 00:50 | 焼酎文化考 | Comments(3)
佐伯路の旅景(その3)・・・滝景にて“すりみバーガー”を喰らう
“暁嵐の滝”シリーズ続きます・・・(笑)。此処での“仕上げ”は・・・景勝借景に“花より団子”・・・上浦“しおさいの里”で見かけた“すりみバーガー”・・・大手F.C.にはない“地域性”という“風味”が味わえると思ったのであります・・・。

c0001578_12241960.jpgこれが“ぎょろっけ”を生み出した津久見から佐伯へと向う“海部(あまべ)”の地霊“すりみ文化圏”の“進化形”食文化・・・“練りもの”をコロッケのようにコロモを付けて揚げるアイデアが・・・ハンバーガーの進化系“フィッシュ”バーガーと“混淆”した叡智の“スロー&ファーストフード”ではないでしょうか・・・喰らってみる価値ありです・・・。

ハンバーガーらしい“ケチャップ”ソースと・・・宮崎のチキン南蛮に通じる“タルタル”ソースの2タイプがありますが・・・この“すりみ”の持つじんわり旨味を噛んで味わうには・・・おとなしい酸味の“タルタル”でしょうね・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 喰らってみました・・・“見滝”バーガー
by project-beppin | 2009-05-09 12:28 | 美食の街 | Comments(0)
豊後歳時記・・・暁嵐の“庭・樹・野花”
“暁嵐”公園で“滝”を見みて“花”を見ず・・・には、ならないように・・・ちゃんと“山笑う春”に彩を添える花を愛でたのであります・・・。

c0001578_2343812.jpg日向(ひなた)の照り返すような光の中・・・眩しい“彩度”の花の色より・・・日陰の落ち着いた鮮やかさに惹かれるオヤジであります・・・。

 “庭”花・・・暁嵐茶屋のツツジ
 “樹”花・・・神社境内のエゴノキ
 “野”花・・・滝露地のカタバミ

“庭・樹・野花”・・・何処でどのような花を咲かせるか・・・“草木”の“百花繚乱”・・・

♪ 花はぁ~花としぃてぇ~ 
  わらいもぉでぇきるぅ~ ♪

♪ 人はぁ~人としぃてぇ~ 
  涙もぉなぁがぁすぅ~ ♪
  (おおたか静流:花)

貴賎の区別なく、その“個性”を垣間見るようでした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More ♪ それがぁ~自然のぉ詩なぁ~のぉさぁ~ぁ~ぁ ♪
by project-beppin | 2009-05-08 23:06 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)