<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
“土・日”もワンコイン・ランチ・・・“ふわり焼”ランチセット
大分のショッピングモールまで出かける途中・・・税別ですが“土曜や日曜でもワンコイン・ランチがある!”と聞いていた“お好み焼”の店「ふわり」へ・・・。


c0001578_221431100.jpg女房殿と二人だったこともあって贅沢はせず・・・そのお目当ての“日替わりランチ”を注文・・・日曜日は関西風の“お好み焼き”ではなく・・・この店の“オリジナル焼き”のようです・・・。

注文して鉄板に火を入れてくれるんですが・・・焼くのは厨房・・・10分ほど待ったでしょうか・・・チリトリのような柄付きプレートに焼き上がりを載せて運んできたのがコレ・・・“ふわり焼”・・・。見た目は・・・具の少ない“お好み焼き”?のようなんですが・・・この“生地”が違います・・・。

この中には豚肉・キャベツ・いかげそ・そば・揚げ玉が入っているんですが・・・確かに“ふわり”っとした焼き上がりというか・・・なんとも“ゆるい”感じの生地というか・・・柔らかな軽い口あたりの生地の焼き上がり食感が楽しめます・・・。

ソースは甘めで、マヨネーズもきっちり役目を果たしてくれますが・・・オヤジはこの上に“一味唐辛子”も降りかけて・・・“ぴりっ”と引締めて“ふわっ”と味わいました・・・。関西風の食べ応えもいいですが・・・“ふわり焼”・・・これはこれでオヤジの腹八分目・・・旨いです・・・。

■ ふわり焼:ふわり/大分市鴛野

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 柔らかな焼き上がり・・・“ふわり焼”
by project-beppin | 2009-06-28 22:20 | 美食の街 | Comments(26)
泡盛の“爽香醇風”・・・30°「瑞穂」と12°「ユニオンですから」
“梅雨前線”も九州南部まで北上・・・しかし、“入梅”して以来の大分地方は、まとまった雨が1回でしょうか・・・今のところ“空梅雨”状態・・・曇り空が続いても蒸暑く、晴れた日は“夏”そのもの・・・。

c0001578_9465843.jpg昨日は陽射しの強い暑い一日でした・・・。

何とか、20時過ぎに帰り着いて夕食・・・長男坊とオヤジが同時に席について“オムハヤシ”・・・。

シャワーを浴びて“暑かったぁ~”と首にタオルをかけた長男坊がガツガツと齧り付く姿と・・・“脂汗”を額に滲ませたまま“はぁ~”と開襟シャツをはだけて“ため息”をつくオヤジの姿・・・一日を終えた食卓での対照的な“人間模様”・・・(笑)。

“ため息”のあと、取り出したのがこの“泡盛”2本・・・HAKUDOU師匠から頂戴したままだった“命漲る”沖縄のオヤジ酎で・・・疲れた“エンプティー”オヤジに“アルコール燃料”を“給油”します・・・。

“ショット”で30°『瑞穂』・・・泡盛らしい濃厚な“爽香”・・・芋の甘香や麦の芳香とは異なる“夏風”を感じる青き含み香が伸びるアルコール感の深み・・・スッキリしすぎず味わえる旨みが“醇風満帆”に味わえます・・・。これぞ“夏”という口あたりが好いですよ・・・。

そして・・・沖縄では有名なスーパーチェーンのP.B.の一本・・・日常のガブ飲み酒・・・まあ、“ビール感覚”的な12°『ユニオンですから』・・・。こちらは・・・結局、風呂上りにテレビを見ながら“ラッパ飲み”してしまいました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “オムハヤシ”で・・・“泡盛ショット”
by project-beppin | 2009-06-27 10:00 | 隣人の焼酎・泡盛 | Comments(2)
飲み入つても 飲み入つても 呷る酒・・・“露醸遊酔”「山頭火」
じわじわと蒸暑くなってきた“夏至”の“父の日”・・・昼間は大分市まで出かけたんですが・・・大分平野では、“田植え”を終えようとしていました・・・。今日も、お湿りにもならない程度のパラつきで・・・“入梅”後、雨の少ない日々が続いています・・・。

c0001578_21294537.jpgこの時間(22時過ぎ)になって・・・やっと、雨粒に濡れる軒の音・・・明日からが“梅雨空”の続く“梅雨本番”の大分県地方・・・ではないでしょうか・・・。

“父の日”だからと・・・次男坊が「いつもありがとうございます。」と一言ポツンと言った以外は・・・なんら変わったこともなく・・・長男坊と次男坊の部活応援とアッシーに明け暮れた一日でした・・・。

今夜は“カンパチ”の刺身に“肉じゃが”に“高菜”・・・ずーっと、冷蔵庫で出番を待っていた清酒ワンカップ「山頭火」と棚に置いたままだった焼酎ワンカップ「天下無敵」で・・・“父の日晩酌”と決めていました・・・。

師匠に戴いたままとなっていた山口県“金光酒造”の“特別本醸造”の「山頭火」・・・本来は“冷酒”でというより“ひや”の味わいこそ身上の酒でしょうが・・・これだけ蒸暑くなると“結露”したカップの冷やかさも、まんざらでもありません・・・。

滋味に感じる本醸造らしい“中甘口”のコクと・・・芯にあるキレのいい“酸味”・・・“味わい”と戯れるような“露草”の“雫”を思い出させるような飲み口は・・・チビチビと飲んでも、呷って飲んでも・・・旨い深さがあります・・・。

この後・・・続けて米焼酎「天下無敵」の一合ワンカップ・・・たゆたゆと酔いを湛えて行くようです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “刺身盛”と“肉じゃが”と“酒肴”・・・「山頭火」
by project-beppin | 2009-06-21 21:37 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(10)
HAKUDOU検地(その6)・・・“亀の甲”の丘蔵“ぶんご銘醸”
“HAKUDOU検地”の“エピローグ”は・・・現役の佐伯市内の蔵元の“オオトリ”啓介(パクリ笑)・・・として、元の“狩生酒造場”・・・現在の“ぶんご銘醸”の蔵風景です・・・。

c0001578_2341627.jpg“うめりあ”からR10を戻り県道39号へ・・・あの“校歌”の“緑豊中学校”を通り過ぎ、日豊本線“重岡駅”を目指しながら途中で左折し県道609号に入り“直川駅”に向うように里山の長閑な光景を快走していると・・・“横川川”の川沿いの小高い丘の上・・・新緑に浮かぶような“淡緑”の屋根と“白壁”の建物が目を引きます・・・。

この清楚な白壁に“海鼠壁”柄の腰壁の2棟が社屋と工場・・・“醗酵”と“蒸留”の場ですから“酵蒸”棟というのが格好好いかも・・・。

この日は連休中で表向き“お休み”のようで・・・その蔵景を見るだけだったんですが・・・見晴らしの良い丘陵の体験公園“亀の甲 なおかわ”の核となる誘致企業なんでしょうか?・・・旧本匠村から旧直川村に6年ほど前に移転してきたようで・・・新築の若々しさが漲っているようでした・・・。

おいしい空気と美味しい水で良い麦を醸した焼酎・・・特に“ドライ淡麗”タイプには定評のある蔵“ぶんご銘醸”・・・この佇まいを見て、納得できました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “酵蒸”棟に・・・体験公園“亀の甲 なおかわ”
by project-beppin | 2009-06-17 23:44 | 焼酎文化考 | Comments(8)
“にいな”に“柔醇無比”な旨さ・・・「ホワイト ムテキ」
“HAKUDOU検地”と題して5月の“雨月研修”の旧宇目町“巡行”をお届けしてきましたが・・・そろそろ、“エピローグ”・・・。その間に飲んでいたのが・・・この“焼酎”と“清酒”です・・・。

c0001578_15551288.jpgこれは5月30日(土)の夕食・・・“寿司が食べたい”と言った女房殿のリクエストに応えて・・・いつもの“金太郎 寿司”とは違う寿司処を思案して・・・“くるくる寿司 亀正(かめまさ)”で“テイクアウト”・・・。

“寿司”だけでも好いのですが・・・スーパーに寄って日用品やお菓子等の買物も頼まれてたオヤジは・・・久々に“旬”の貝を見つけて1パック買って帰りました・・・。

♪ 小銭 あれば ひとつ買う “にいな”ぁ~ ♪ (沢田研二:追憶・・・の替歌)

最近では珍しくなりましたが・・・粒の揃った磯の巻貝“にいな”・・・初夏はこれに限る!という方もいるぐらい“大分”では・・・庶民的な“巻貝”です・・・。もちろん、オヤジが自ら厨房に入り・・・ちょちょっと“塩茹で”にして食卓で“アテ”としました・・・。

で・・・とっておきの“晩酌焼酎”は・・・日焼けしたラベルの“褪色”に年代を感じる瓶“古酒”の風貌が見事な“麦”焼酎・・・あの本匠の酒屋さんで偶然発見した“一期一会”の一升瓶・・・“小野富酒造”の20°『ホワイト ムテキ』・・・。

“巡行”から戻り、自宅でこの一升瓶を開封して・・・初めの一杯を“生”で飲んだ時・・・柔らかな芳味に馴染む“円熟”した優しい味わい・・・スムースな“常圧”らしさを口中で転がしても余裕の旨味が見事・・・実にソフトな口あたりで甘みも秘めている飲み心地に感動すら覚えました・・・。

ですから“生”で呷るのが最も旨い味わい方で好いのですが・・・この日は8:2ぐらいに“白湯”で“水割り”・・・。

じんわりと沁み入るような柔軟な麦の香ばしさ・・・伸びても崩れない旨味が優しい口あたりで・・・スイスイいただきました・・・。

この風味は“芳醇無比”というよく使われる“四字熟語”とは一線を画し・・・“柔醇無比”・・・あの「喜納屋」や「白藤」と似て非なるところがなんとも心地よく・・・“狂乱”ブーム以前の平穏な“麦”の“常圧”「ホワイト ムテキ」・・・“ステキ”な“ムテキ”です・・・。

■ 「ホワイト ムテキ」(小野富酒造:佐伯市/常圧:麦・麦麹)20度・・・スムース旨口タイプ
 柔らかな芳香と口中を円く転がるような心地よい含み香に優しく響く麦の旨みが重なる旨口タイプ。マイルドな口あたりの風味と沁み込むような喉ごしの余韻を堪能できるスムースな飲み口の秀品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “にいな”ぁ~♪と・・・“ハゲ肝”と“シャコ”も・・・
by project-beppin | 2009-06-13 15:56 | 大分麦焼酎 | Comments(12)
箸袋“校歌”の“効果”・・・♪ 緑豊かな 宇目のふる里でぇ~ ♪
道の駅“宇目”内のレストハウス“うめりあ”で食事をしたことのある方は、既にご存知でしょうが・・・割り箸袋の“裏面”に・・・“校歌”が印刷されています・・・。

c0001578_9161511.jpgオヤジは、“しし肉 角煮丼”を食べ終えて気づいたのですが・・・師匠は、食事中に気づいていたようです・・・。

その“校歌”のタイトルは「竹の海」・・・作詞・作曲はシンガーソングライター“イルカ”と・・・。

オヤジは・・・こういう“意図”的な“仕掛け”に弱く・・・(笑)・・・“箸袋”を撮った後、そっとポケットにしのばせて持ち帰るんですな・・・(あとで、調べてネタにしようと・・・爆)。

まんまと・・・その“思う壺”に嵌まり・・・その経緯を調べてみると・・・その昔は、宇目町内に三校あった中学校も・・・“人口減少社会”・・・“過疎化”と“合理化”という時代を背景として“統合”され・・・新設となったのが“宇目緑豊中学校”・・・。

この中学校の“校歌”・・・当時の町長自らが、その作曲を“南こうせつ”氏に依頼したのが発端・・・その依頼から、彼が親しい“イルカ”さんを紹介され・・・快諾してくれた彼女が、この地を体感して作ったものだと・・・知ることができたのです。

♪  いつでもそばに あぁったから~ 気付かず 育ったけれどぉ
   傾山は何も語らず  大きな 愛をぉ くれたぁ~  ♪ 

“宇目”の人々が伝えたいことが・・・この“校歌”に託されているということではないでしょうか・・・。好い“校歌”です・・・。

♪  そんな風にぃ 受け止めるぅ~  風の中でぇ しなやかなぁ~
   竹の様にぃ 育って行こう  緑豊かな 宇目のふる里でぇ~  ♪

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。
by project-beppin | 2009-06-11 22:31 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
昼の日なかに“しし”が出る!・・・「角煮丼」と「ラーメン」の協奏“食”
道の駅“宇目”内で遅めの昼食となったHAKUDOU師匠とオヤジ・・・レストハウス“うめりあ”へ入って、メニューをめくり・・・此処でも“地霊”の“食”事を見つけたのであります・・・。

c0001578_23214132.jpg“宇目”の“ジビエ”料理の代表格といえば・・・なんと云っても“しし”・・・。

“猪(しし)肉”をどう“料理”するか?・・・その“魅力”をどう“味わ”ってもらうか?・・・が、苦心のしどころで・・・それも、比較的“値ごろ感”も“腹持ち”も良く・・・“違和感”無く“旨さ”も味わえる・・・と、良心的な“評判”を呼ぶ“ひと工夫”を凝らしたのが・・・この“二品”です・・・「しし肉 角煮丼」と「ししラーメン」・・・。

オヤジは「しし肉 角煮丼」を・・・師匠は「ししラーメン」の定食セットをと・・・各々“しし”好きが高じて“しし”尽くしで、注文・・・。

待つこと10分程度でしょうか・・・過度な期待はしていませんでしたが・・・肉厚でほぐれそうな“角煮”・・・しっかりとした肉質の“叉焼”・・・その器の中で存在感を主張する“しし肉”の容姿を見た途端・・・師匠もオヤジも思わず笑みがこぼれ・・・心境は“うっしっし”ならぬ“いのしっし”・・・(笑)。

垢抜けた“B級グルメ”という“盛り付け”方も然ることながら・・・“ジビエ”独特の癖のある肉味を感じさせない“仕上がり”・・・食べやすく、もちろん“旨ぁ~い!”と・・・納得できます・・・。

何故か?・・・“夜の夜中に獅子が出る”と唄った“山中節?(鉄砲獅子踊り)”歌詞を思い出したオヤジ・・・この北陸は加賀温泉郷の一つ“山中温泉”の“キャッチコピー”として有名なワンフレーズをもじって譬えるなら・・・このレストラン“うめりあ”の“しし”メニューの協奏“食”・・・昼の日中に“しし”が出る!・・・で、ございました・・・(笑)。

■ しし肉 角煮丼&ししラーメン:レストハウス うめりあ /佐伯市宇目

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “しし肉 角煮丼”と・・・“ししラーメン”じゃぁ~
by project-beppin | 2009-06-09 23:25 | 美食の街 | Comments(6)
HAKUDOU検地(その5)・・・“唄げんか大橋”と“北川ダム”
“藤河内渓谷”から戻る道は・・・深い谷川の様相を呈する“桑原川”に沿って下る道が続き・・・そのうち宮崎県境のR326号線に合流します・・・。国道を“宇目”方面へ戻ながら・・・幾つかのトンネルを越え・・・“斜張橋”を渡ると・・・道の駅“宇目”が見えました・・・。
 
c0001578_22462282.jpg“木浦鉱山”から“藤河内渓谷”経由でこの“道の駅”まで戻りついて既に時間は14時を越えていましたので・・・ここで昼食をと言うことになりました・・・。

その前に・・・この道の駅“宇目”の眺望・・・湖面に架かる長さ全国7番目の逆Y字型斜張橋の“唄げんか大橋”・・・この橋が架かる河口湖面が、あの“木浦鉱山”を流れ下った“中岳川”であるという点を除いては・・・放射状のワイヤーケーブルのリズミカルな直線美のモダニズム・・・“名は体を表”さない・・・その“ギャップ”が好いんです・・・(笑)。

そして眼前に新緑をも溶かし込むような奥深い“北川ダム”・・・“湖水”の清閑な表情が静かな“人工湖”の美しさを秘めているようで・・・確かに山間の“オアシス”という雰囲気です・・・。


※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 道の駅“宇目”にて・・・“唄げんか”大橋
by project-beppin | 2009-06-07 22:54 | 大分の風土・行楽 | Comments(5)
HAKUDOU検地(その4) ・・・“源流”の名勝“藤河内渓谷”
蓮光寺湧水”と“木浦鉱山”からさらに県道6号線を真っ直ぐ行くと“杉ヶ越”トンネルで宮崎県日之影町へと出るのですが・・・今回は、林道“木浦-藤河内線”へ入り・・・“藤河内渓谷”をめざしました・・・。

c0001578_11292895.jpg途中、唯一残る“エメリー鉱”の事業所を通り過ぎ・・・落石がゴロゴロ散乱する林道を上って行くと“横岳”の山肌に最盛期の鉱山跡“千人間府”・・・“大切峠”辺りで“祖母・傾山”の絶景を車窓から眺め・・・悲哀の遺構“女郎墓”を通り過ぎ・・・“天神原山”を“藤河内”へと下ります・・・。

“中岳川”の源流に近い“木浦”とは、宮崎県境で合流し延岡市へと下る“北川”水系の支流のひとつであることは変りないのですが・・・“大切峠”を越えるだけあって・・・“藤河内”は“桑原川”の源流地域となります・・・。

“藤河内渓谷”・・・登山客や渓流釣師達の起点となる“湯~とぴあ”で休憩した後・・・硬い“花崗岩”を浸蝕した“渓谷美”を求めて俗称“千枚平”へと向ったのです・・・。

その“清涼感”の造形美・・・原生林の新緑とともに・・・お楽しみ下さい・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 浸蝕の造形美“花崗岩”の渓谷・・・
by project-beppin | 2009-06-06 11:34 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)