タグ:テイクアウト ( 17 ) タグの人気記事
広島“逍遥”(3軒目)・・・立ち飲み「善吉」“アテ弁”絶品!
“紙屋町”で“地酒”のあとは・・・チューバさんの通い慣れた路地を隣接する“立町”へと歩きます・・・。この辺りから・・・会社帰りの方々も街に出てきた“金曜日”・・・路地の人通りも賑やかになってきました・・・。

c0001578_0571877.jpgビルの一階・・・ガラス張りの黒を基調としたシックな外見に筆字の品書き張り紙の店・・・立ち飲み「善吉」・・・街路看板には“手づくり 弁当 惣菜”も・・・。

チューバさんが入店するなり、店主の親仁さんが馴染みの笑顔で「おぉ、いらっしゃい」と・・・ドアを開けてくれて出迎えてくれました・・・。

すでに店内は“満員御礼”・・・さて、見渡しても空いたスペースは無きように思われたのですが・・・そこはチューバさん、慣れた様子で「じゃ、いつもの定位置で・・・(笑)」と・・・入ってすぐの積上げ“段ボール”箱をテーブルに指定・・・“段ボール”テーブルの先客の方も、顔馴染みらしくちゃんと寄ってスペースを開けてくれました・・・(笑)。

じゃぁ、何を飲もうかと・・・チューバさんは、“清酒”から島根は出雲“旭日酒造”の純米酒「十字旭日」を・・・オヤジは、“大分麦”の定番に回帰して「二階堂」ロックを・・・。

このお店・・・夜は、立ち飲みの“アテ”をメインメニューにしていますが・・・昼は、看板どおり“弁当”と“お惣菜”を小分けパックで販売しているようで・・・入口脇にその陳列棚があって、なかなか“バラエティー”に富んだオリジナル“惣菜”と手づくり“弁当”が揃っています・・・。

もちろん、“惣菜”パックは、そのまま夜の立ち飲みでも“アテ”にでき・・・旨い“アテ”としても“申し分なし”ですからこの“惣菜”2パックと好きな酒1杯で“ワンコイン”という“惣菜セット”なるお得な立ち飲みも楽しめるようです・・・。

馴染みの常連客も多いこの時間帯・・・チューバさんは何人もの方々に声をかけられ、HAKUDOU師匠の話題も出て・・・オヤジも“師匠”ネタの話題に・・・絡ませていただきました・・・(笑)。いやぁ~・・・チューバさんもHAKUDOU師匠も・・・この辺りじゃ“有名人”だと悟った次第・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 店主の心意気・・・チューバさんの“釣果”
by project-beppin | 2010-09-26 23:57 | 旅先の酒と食 | Comments(8)
炭火焼きの濃厚甘ダレ・・・燻蔵の「ホルモン丼」
先月(5月)の“ワンコイン・ランチ”・・・つまり、“昼食”の最も気に入った“月間MVP”が・・・この“丼”でした・・・。

c0001578_16582872.jpg日曜日だったんですが・・・同僚から“安くて旨い”との評判を聞いていた“東別府駅”近くの「燻蔵」の“ホルモン丼”の話を思い出し・・・女房殿の賛同を得て一っ走り・・・。

店舗外見は“工場(こうば)”風・・・店内は“古民家工房”風情・・・6人掛けほどの大きなテーブルがいくつかあって、“たたき土間”の雰囲気が珍しい“焼肉店”・・・もちろん、店内でも食べれるんですが・・・この日は“持ち帰り”・・・。

最も安い“テイクアウト丼”は・・・“やきとり丼”290円・・・。次が・・・この“ホルモン丼”390円・・・。他にも・・・“カルビ牛丼”や“豚丼”・・・“ロース牛丼”に“黒毛ホルモン丼”などなど・・・“お持ち帰り”メニューも充実してました・・・。

女房殿には“やきとり丼”、オヤジは“ホルモン丼”、次男坊は最高級“黒毛ホルモン丼”と決め注文・・・出来上がりを待つ間・・・炭火焼の煙る香りも漂ってました・・・。

持ち帰って・・・オヤジは次男坊と“ホルモン”の“ハーフ&ハーフ”・・・“黒毛”と普通の違いとは?を味わうことにしました・・・。

“ホルモン”好きには・・・この“クニュ”軟らかく、“炭香”を纏った“腸”旨味が好いんですが・・・甘口で濃厚な焼肉“タレ”がたまらん旨さです・・・。

■ ホルモン丼:燻蔵(くんぞう)/別府市浜脇

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “黒毛ホルモン”も・・・確かに旨い!
by project-beppin | 2010-06-05 18:08 | 美食の街 | Comments(6)
佐伯路の旅景(その3)・・・滝景にて“すりみバーガー”を喰らう
“暁嵐の滝”シリーズ続きます・・・(笑)。此処での“仕上げ”は・・・景勝借景に“花より団子”・・・上浦“しおさいの里”で見かけた“すりみバーガー”・・・大手F.C.にはない“地域性”という“風味”が味わえると思ったのであります・・・。

c0001578_12241960.jpgこれが“ぎょろっけ”を生み出した津久見から佐伯へと向う“海部(あまべ)”の地霊“すりみ文化圏”の“進化形”食文化・・・“練りもの”をコロッケのようにコロモを付けて揚げるアイデアが・・・ハンバーガーの進化系“フィッシュ”バーガーと“混淆”した叡智の“スロー&ファーストフード”ではないでしょうか・・・喰らってみる価値ありです・・・。

ハンバーガーらしい“ケチャップ”ソースと・・・宮崎のチキン南蛮に通じる“タルタル”ソースの2タイプがありますが・・・この“すりみ”の持つじんわり旨味を噛んで味わうには・・・おとなしい酸味の“タルタル”でしょうね・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 喰らってみました・・・“見滝”バーガー
by project-beppin | 2009-05-09 12:28 | 美食の街 | Comments(0)
甘党晩酌・・・“コーヒー割り”で「なんじゃこら大福」の至福
宮崎出張の“コネタ”・・・ちょっと刻んで“小出し”にさせて頂いております・・・。

c0001578_23471549.jpg宮崎土産は?・・・と、次男坊から“リクエスト”が事前にあったものですから・・・昔の“土産トラウマ”を引きずらないよう・・・確実に持ち帰ることにしました・・・。

すっかりお馴染み・・・いわずと知れた宮崎“B級土産”の和菓子・・・「なんじゃこら大福」・・・。

前回の“なんじゃこらシュー”で“MEGA”な旨さを知ってしまた我が家は・・・宮崎の“なんじゃこら”フリークと化しています・・・(笑)。

“確信犯”的“ミクストメディア”・・・スタンダードな“大福”に・・・“ミスマッチ”っぽい“メディア”の“三冠王”を揃えて投入してあります・・・“苺”、“栗”、“クリームチーズ”・・・。

この“甘党”至福の“大福”と対峙するオヤジ・・・ピン!と閃いたのが晩酌で飲んでいた「三段しこみ」の旨さと“コーヒー”の相性・・・イケルかも?・・・と・・・。

さて・・・その閃きは、吉と出たか?凶と出たか?・・・答えは"More"以降に・・・つづきます・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More イケタかも?・・・と・・・
by project-beppin | 2009-02-20 11:53 | 焼酎文化考 | Comments(2)
“ゆふいん”テイクアウト・・・“鮎”“地どり”“なば”
嗚呼、もう“霜月”・・・朝夕の冷え込みにとうとう長袖の“スウェット”を着てしまう時候になってしまったんですな・・・。今年も“大分の竹取物語”が始まり・・・臼杵“竹宵”から・・・日田“千年あかり”・・・そして竹田“竹楽”へと・・・晩秋へ向う豊後路の“光景”が毎週末に楽しめるんです・・・。

c0001578_22151136.jpg先日・・・仕事帰りに寄った“道の駅 ゆふいん”で“テイクアウト”・・・。

“鮎のから揚げ”と“なばめし”に“地どりめし”・・・帰宅が遅くなるという女房殿と長男坊の二人を待ちきれないオヤジと次男坊の二人・・・慎ましやかな夕食代わりの“テイクアウト夕餉”・・・。

持ち帰って食卓に広げて・・・残りモノの“肉煮”と“味噌汁”にも火を入れて温め直して・・・「一丁、出来上がりぃ~。」と・・・次男坊を呼んだのですが・・・“手抜きオヤジ”の余りにいい加減な食卓の並べ方を“侮蔑”するような目つきで眺めて“沈黙”の着座・・・。

見繕いながら「どれ食ってもいいん?(良いのか?・・・の意)」と一言・・・。

「おぉ、好きなだけ食え」と返すと・・・“地どりめし”のパックを開けて、そのむすびを掴んで頬張り・・・(二、三度噛んだところで・・・)口に入れたまま「うめぇ・・・」と・・・食ってみれば意外と旨かったという次男坊らしい寡黙なリアクション・・・。

「やっぱ“地どり”じゃぁ~なっ・・・(他の鶏めしとは・・・)ち~と味付けが違おうがぁ~?」と・・・自慢げに返して、オヤジは内心“安堵”したのであります・・・(笑)。

結局・・・次男坊は“地どりめし”と“鮎のから揚げ”と“肉煮”に“味噌汁”を平らげて・・・合掌・・・満腹感と満足感で食卓を離れました・・・。

次男坊が開けなかった“なばめし”・・・“味付け椎茸おむすび”・・・椎茸でなくとも“キノコ”の総称方言を“なば”と呼ぶここ大分の秋の味わいは・・・あとにして・・・さてさて・・・ここからがオヤジ至福の“晩酌”を愉しむひととき・・・“鮎のから揚げ”にもカボスを搾り・・・麦焼酎も“かぼす・ロック”へと・・・。

この“テイクアウト夕餉”・・・“冬来たりなば、春遠からじ”にひっかけて・・・“鮎”“地どり”“なば”・・・と、揃えたまでは良かったのですが・・・その後が続きませんでした・・・(笑)。

あっ!今、思いつきました!!!・・・“鮎”“地どり”“なば”・・・“ゆず唐辛子”・・・(くっ苦しぃ~、お粗末!)。

■ 鮎のから揚げ・地どりめし・なばめし:道の駅 ゆふいん/由布市

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・150位圏内ですので・・・。
 これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・
人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。


More “あ~ゆぅ~” ready?・・・
by project-beppin | 2008-11-04 22:17 | 美食の街 | Comments(6)
“屋台村”の味わいに・・・夏の“氷漂”「なしか!」
“夏の宵まつり”の“べっぷ屋台村”・・・“納涼花火”の撮影に夢中であったオヤジは“店じまい”のはじまる頃に“オヤジ買い”・・・(笑)。

c0001578_145614.jpg“店じまい”の近づく中で売り切ろうと懸命な店員の掛け声も心地よく・・・「“持ち帰り”できるかぇ?」と気を使いながら尋ねても・・・勢い好く「良いっすよぉ~・・・」と・・・。

名店屋台を廻りながら、アテになりそうな“一品”を見繕って、“英世”2枚で選んだ“逸品”がこの面々・・・“BLACK LIST 2”の“塩ダレたこ焼”・・・“日本晴れ”の“牛すじ煮込み”と“軟骨揚げ”・・・“BAR68”の“鶏炭火焼”・・・。

家路を急ぐオヤジの姿・・・“ルンルン”気分で“フットワーク”も軽く・・・というつもりですが、女房殿に言わせると“ブルンブルン”と腹巻き“ファットワーク”の重さも忘れ・・・というのが正しいとのこと・・・(笑)。

帰り着いて・・・食卓に広げた“オヤジ買い”の数々に合わせたのは・・・夏こそ!という“かぼすロック”で飲む「なしか!」・・・。

この冷たく“氷漂”とした“かぼす生搾り”の麦焼酎の“ロック”のキレ・・・冴える“香母酢酸”がストイックな“青き”涼味・・・30年近い年月を経て“大分麦焼酎”が地元に定着させた“夏晩酌”の“スタンダード”・・・繰り返しますが、恥じることなき大分の“スタンダード”です・・・。

■ 塩ダレたこ焼・牛すじ煮込み・鶏炭火焼・軟骨揚げ:夏の宵まつり“べっぷ屋台村”/別府市

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “一品”の “逸品”のアテで飲む・・・。
by project-beppin | 2008-08-13 01:48 | 美食の街 | Comments(6)
“ジャンク”な“MEGA”シュー・・・宮崎土産「なんじゃこらシュー」
蒸暑くなってきましたし・・・陽射しも強烈・・・。あの“宮崎海岸”も・・・そのうち“入道雲”が水平線の向こうに見える季節になりますね・・・。

c0001578_1026529.jpgそういえば・・・女房殿が“宮崎”で一泊して戻った日・・・夕食後に出された“宮崎土産”が・・・コレでした・・・。

直径11cm超、高さ5cm超の重量感を持つ“MEGA”シュークリーム・・・その名も「なんじゃこらシュー」・・・。

もう、この異様な大きさは“1人前”シューから“変身”した菓子と考えるべきでしょうね・・・オヤジには、“Metamorphose(メタモルフォーゼ)”ではなく、“MEGA”盛りの“メタボろーぜ”シューです・・・(笑)。

オヤジの“京都土産”であった“イノダ”赤缶のコーヒーをドリップして・・・一緒に“どうぞ”となりましたが・・・“半分”だけ、いや“1/4”と・・・。

しかし“量”より“質”となると美味いんですわ・・・ベースの“カスタード・クリーム”とトップの“小倉餡生クリーム”がシューの空洞を埋め尽くすだけでなく・・・この中に“苺”と“栗”と“クリームチーズ”が、まるっと1個そのまんま・・・味の“三色”シューという特徴も“埋蔵”しています・・・。

オヤジは、コレには“降参”でしたが・・・宮崎では“MEGA”有名らしいですね・・・我が家での記念撮影です・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “MEGA”盛るシューだぜ・・・
by project-beppin | 2008-07-06 10:37 | 旅先の酒と食 | Comments(4)
創作“B級グルメ”・・・“柚こしょうマヨネーズたこ焼”
昨日の“母の日”ネタは“何も無い”と嘆く女房殿に・・・スイマセンm(_ _)mと詫びて・・・(いつも心の中では)ありがとう・・・と・・・この場を借りて、感謝の意を表します・・・(笑)。

c0001578_23325574.jpgその女房殿が先日(大型連休中)感激してくれた・・・オヤジの創作“B級グルメ”を(思い出したかのように)アップしましょう・・・。

オヤジが創作したのは・・・電話予約時に敢えて“ソース無”と注文しておいた“尾道屋”の“たこ焼”に・・・“柚こしょう”と“マヨネーズ”を交ぜてつける食べ方・・・単に“組み合わせ”だけとも言いますが・・・(爆)。

これがですね・・・この“たこ焼”本来のダシ汁の効いた味わいが素直に味わえる上に・・・“柚こしょう”の“青柑”な香りとピーンとくる“青辛”な刺激の風味が交錯して・・・マヨネーズの“オイリー酢”な酸味を抜群に引き立ててくれるんです・・・。

この“柚こしょうマヨネーズたこ焼”・・・子供たちには、ちょっと厳しいかもしれませんが・・・この齢のオヤジには“メタボ”を超越する魅力があります・・・昼でなければ、ドライ淡麗タイプの麦焼酎のアテにしたいほど・・・(笑)。

■ 柚こしょうマヨネーズたこ焼:我が家(自宅)/別府市

※ ご覧戴いている皆様!・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “柚こしょうマヨネーズたこ焼”レシピ・・・?
by project-beppin | 2007-05-14 23:38 | 美食の街 | Comments(6)
“大分味一ねぎ”の旨みが充分・・・宇佐の新名物「ねぎねぎ焼き」
参拝を終えた後に“腹ごしらえ=昼食”です・・・。

c0001578_17384834.jpgさて、ここでの“B級グルメ”はと?・・・と“仲見世商店街”を物色していると・・・なんと!その正面のJAふれあい市場の一角に・・・見慣れぬ“テイクアウト”があります・・・。

緑の看板には“ねぎ屋さんのねぎ焼き”と・・・つまり、“韮(ニラ)”の替わりに・・・葱らしい甘みが評判の“大分味一ねぎ”で焼き上げた宇佐風“チヂミ”・・・。

“これは、旨そう~”と・・・早速、注文・・・焼きあがるまでにJA市場へ寄って・・・安心院の新米でつくった“とり飯おにぎり”とお茶を買って・・・待つこと約10分・・・参道の隅で広げてアツアツをいただきました・・・。

■ ねぎねぎ焼き:ねぎ屋さんのねぎ焼き/宇佐神宮参道前

More “とり飯おにぎり”と“ねぎねぎ焼き”・・・
by project-beppin | 2006-11-25 17:41 | 美食の街 | Comments(10)
安くて旨い!旬の“姿寿司”・・・「焼秋刀魚ずし」
小雨が降った日曜日(1日)・・・いつものように買い物の“アッシー”に徹して・・・スーパーで食材ほかの買出しに付き合いました・・・。

c0001578_0182331.jpg「“お昼”も買って帰ろうかぁ・・・」と女房殿・・・。
当然の如く・・・それがオヤジの“楽しみ”の一つだったりします・・・(笑)。
オヤジがまず、一直線に向うのは・・・スーパー内の“魚屋コーナー”・・・。

“揚げ物”や“炒め物”なら、女房殿でもできますが・・・もとい、女房殿の方が上手いですが(笑)・・・女房殿の“昼食”には出てこないない“安くて旨いモノ”と云えば・・・旬の“青モノ魚”を“酢飯”で食べる・・・この“姿寿司”・・・。

“姿寿司”・・・大分では“鯵ずし”や“鯖ずし”などの郷土食があまりにも有名です・・・。

しかし・・・この日、目に入ったのは・・・“旬到来”真っ只中の『焼秋刀魚ずし』・・・。

あの“豊後鯖ずし”のような旨さを期待して・・・いただきました・・・。

炙ったような“焼き秋刀魚”にカボスを絞って・・・一気に口に入れると・・・「めっちゃ旨ぁ~」と・・・思わず声を出してしまいました・・・(笑)。心の中では・・・

♪ “あま酢”ぅと“カボス”がぁ~ 夢のぉ“味”ぃ・・・ ♪
   (チェリッシュ:てんとう虫のサンバ・・・の替歌)

一切れ食ったところで・・・女房殿と次男坊も・・・この皿から一切れずつ・・・“パクッ”と・・・“あっ、あぁ~、無くなっちゃう”という感じで眉間にシワを寄せる“大人げない”オヤジ・・・。

♪ “盛り”も小さく “後悔”で~ 結構ぉ “すし”を あげましたぁ~
   照り照る“すし酢”の “すし飯”がぁ~
    “口付け”せよと はやしたてぇ~
     そぉっと“あま酢”で 食えましたぁ~ ♪

“焼き秋刀魚”にも淡い酢加減とカボスの酸味に・・・ちょこっと載せる“紅生姜”・・・刻んだ“細葱”と“生姜”の爽やかな“口中コーラス”・・・。

■ 焼秋刀魚ずし:市内スーパー魚屋/別府市

More “店頭ずし”の“秋刀魚”・・・
by project-beppin | 2006-10-04 00:21 | 美食の街 | Comments(4)