タグ:宇佐 ( 62 ) タグの人気記事
“鱈”と“きびなご”に“かぼ酎”ロック・・・ワンカップ20°「むぎ大将」
サッカー“W杯”でベスト16へと勝ち進んだ“サムライ・ブルー”日本代表チーム・・・“戦前”の“下馬評”を覆す“組織力”と“決定力”の両輪が噛みあった“結果”は・・・“称賛”に値しますね・・・。 “驚愕”の“2勝1敗=勝点6”・・・その試合内容の“興奮”が冷めやらないまま・・・。

c0001578_21201324.jpg昨日(27日)は、その“熱狂”から一息いれて・・・あの“逆境”状態だったチームをここまでまとめ上げた日本代表監督“岡田武史”という人物の孤独な“決断”と自虐的な“覚悟”で挑む姿勢に“感服”した次第・・・。

そんな“W杯”の各国代表チームの“悲喜交々”の話題を家族でしゃべりながら・・・買ったままとなっていた“ワンカップ”を封切り、夕食兼“晩酌”としました・・・20°『むぎ大将』・・・。

もちろん、“生”でも・・・“フルティー”な香りで辛口の“ドライ感”をクイッと呷ることができるんですが・・・少し蒸暑くなってきたこの季節・・・“かぼす”果汁瓶もあるとなれば・・・“ロック”氷に注いで“かぼす”割り・・・“かぼ酎”ならではの冷たい柑橘酸の涼しい味わいをいただきました・・・。

夕食の“ロールキャベツ”と“鱈のバジル焼”と“きびなご天ぷら”をアテに飲んでいたんですが・・・暑くなってきたらやっぱり“ロック”が旨いっ!・・・ドライ系麦焼酎の“夏”の楽しみ方としては・・・今年も“かぼ酎”ロックが“定番”になると思います・・・。

■ 「むぎ大将」(大分銘醸:宇佐市/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
減圧吟麗フルーティーな微香。味わう辛口な旨さを磨き上げた“ドライ感”を嗜む淡麗タイプ。ドライでツンとした麦旨さが響いて、シャープに磨いた吟麗な味わいが軽やかな酔い加減を導く名品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “香草”の“焼き”と“揚げ”で・・・ロックを一杯
by project-beppin | 2010-06-27 21:43 | 大分麦焼酎 | Comments(2)
“天空田園”の景観・・・よくぞ譬えた!“USAのマチュピチュ”
道の駅“いんない”からR387号線を山間に向かい・・・“岳切渓谷”入口を過ぎ“西椎屋”地区を通り過ぎようとした時・・・女房殿が“反応”した案内看板がありました・・・青地に白抜き文字の“⇒ 宇佐のマチュピチュ 展望所”・・・。

c0001578_20401841.jpgエッ?何ぃ?・・・“うさのマチュピチュ”・・・オヤジは、“遺跡”か?何か?と思考するものの・・・頭の中にはイメージが浮かびません・・・。

女房殿は「えっ、知らないの~!(地方版)テレビ番組で見たことある、ある・・・。へェ~此処なんだぁ~・・・風景がホラッ、あの“マチュピチュ”に似てんだってェ・・・行こっ、行って見ようぉ~・・・」と、笑い顔で薦めます・・・。

ハンドルを握るオヤジは「本当かえぇ~(笑)・・・」と、それなりに“興味津々”・・・(爆)。

案内板を目印に・・・国道から脇道に入り、坂を上ってみると・・・道際のガードレール部分に・・・小さな画像と案内解説文の“プレート”があり・・・女房殿の指示で車を停めて、下車・・・。

その“プレート”の画像は・・・ホンモノの“マチュピチュ”・・・。で、眼前に広がる風景は・・・“USA(宇佐)”の・・・(見比べながら)?・・・うーん、言われて見りゃぁ~・・・“ま・ちゅ・ぴ・ちゅ”・・・(笑)。

案内解説文は、↓のMoreでご一読いただくとして・・・地元の人にしてみれば、見慣れたこの景色・・・まさか、あの南米ペルーの“世界遺産”・・・“空中都市”との異名を持つ“マチュ・ピチュ”と結びつくとは・・・思ってもいないでしょう・・・。

しばらく、二人で見比べながら・・・女房殿は「あははぁ、似てる、似てる~」・・・オヤジは「そうかぁ~、まぁ、この位置というのは、わからんでもないが・・・」と・・・。

まっ、“東洋のナイアガラ”も観光名所にしている“土地柄”でもありますし・・・結果的には・・・それなりに、期待以上のプチ“珍百景”気分を楽しめたのであります・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 比較便乗学的そっくり?・・・プチ“珍百景”観光
by project-beppin | 2010-06-23 21:13 | 大分の風土・行楽 | Comments(10)
“石橋”と“柚子”と“オオサンショウウオ”・・・道の駅“いんない”
“富貴野の滝”から再び安心院の街中へ戻り、R500号線を旧“院内町”へ・・・R387号線と合流して直ぐの道沿いにあるのが・・・道の駅“いんない”です・・・。

c0001578_21103579.jpgあの“安心院町”が“左官”のフォークロア=“鏝絵”なら・・・ここ“院内町”は、明治~大正期の“石工”のフォークロア=“石橋”の景観が・・・“地霊”の“象形”となっている地域です・・・。

また、県下有数の“柚子”の生産地であり・・・“特別天然記念物”の南限ともなっている“オオサンショウウオ”を見ることもできます・・・。

今回は、女房殿も同伴で・・・売店“石橋ステーション”を物色し、“情報コーナー”で見学しましたが・・・レストラン“柚子の里”での“猪メニュー”はおあずけ・・・(笑)。

それでも・・・名物“柚子ソフト”ほか・・・一休みしながら“地霊”の“風情”を感じることができました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 水槽に潜む“特別天然記念物”を見ると・・・
by project-beppin | 2010-06-21 22:35 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
豊国風土記・・・安心院の“鏝絵習俗”
“滝見”遊山と決め込んで、旧“安心院(あじむ)町”を巡っていたのですが・・・旧家、商家、農家の漆喰壁についつい眼を奪われることがあります・・・。

c0001578_18521523.jpgこの光景も・・・酒屋さんの看板に目を留めたのではなく・・・左隅の民家の2階・・・。

鏝絵(こてえ)”と呼ばれる左官の具象表現・・・建物の戸袋や切り妻屋根の下に画かれた・・・民衆の民衆による民衆のための“祈り”の“象形”・・・。

江戸末期から明治期にかけて、家を建てた“家長”の願いをこの地の左官が“代描”したとも思える民衆画と考えると・・・正に“地霊”の“フォークロア(=folklore)”・・・漆喰(しっくい)の白きキャンバスに何が画かれたか?・・・家内安全・無病息災・商売繁盛などなど・・・。

この商家だけでなく・・・安心院の町や田園風景の中に残る漆喰壁50以上で・・・時代も、場所も、絵柄も、個性に満ちた“祈り”の“象形”を見ることができます・・・。

“街角美術観”よりも奥深い“鏝絵民俗観”・・・是非、皆さんにもご覧いただきたいものです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 民衆の民衆による民衆のための・・・祈りの象形画
by project-beppin | 2010-06-20 19:09 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
“滝見”遊山(その2):新緑の“巌流”・・・富貴野の滝
“仙の岩”から“深見川”を遡るように・・・県道50号線を山間へと車を進めます・・・。そこから案内に従って山間へ向い・・・“滝”への入口となる駐車場を見つけて停車・・・。

c0001578_9572339.jpg「富貴野の滝」・・・別名“龍泉寺の滝”とも、“裏見の滝”とも呼ばれる安心院の“銘滝”・・・。“東椎屋の滝”と人気を二分すると言っても過言ではありません・・・。

滝までは、渓流沿いの細い山道をしばらく歩き・・・樹間から新緑の眩さと沢の水音を楽しみます・・・。

沢の岩肌が不連続する樹間を抜け、山道を曲がった途端に開ける視界・・・下る山道から“深碧”の滝壷が見えて・・・滝沢に下りながら見上げる“懸崖”から落差約60mの“巌壁”を流れ落ちる白き煙る流水・・・“荘厳”とはこの光景かと・・・。

“巌壁”下部の銅茶けた岩面部は・・・滝壷の周囲から側洞のように廻り込むことができることから“裏見”との異名があり・・・夏は、飛沫を浴びても“滝煙り”の裏側に廻ってみたくなると思います・・・。

また・・・この近くの“龍泉寺”に向う市道には“展望所”があって・・・この滝を見下ろすように一望できるとのこと・・・。

沢から見上げ・・・巌壁の滝裏から飛沫を眺め・・・全景を遠望することもできる・・・。つまり、滝“三景”を楽しめるのも・・・この“富貴野”の魅力でしょう・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 富貴野の滝へ・・・
by project-beppin | 2010-06-19 09:39 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
連なる“奇峰”の安心院“耶馬”・・・仙の岩
“奈多落としの滝”から県道659号線に戻り、安心院(あじむ)町の龍王方面へ・・・“深見川”沿いを遡るように、県道50号線に入ってしばらく走ると・・・眼前に“奇峰”の連なる“岩景”が壁のように聳えて近づいてきます・・・。

c0001578_21255421.jpgここ安心院も国指定名勝“耶馬溪の内”であって代表的な風景の一つ・・・思わず、車を停めて眺めてしまいます・・・名勝「仙の岩」・・・。

火山から噴出した大小の岩片が火山灰によって膠結された“凝灰角礫岩(集塊岩)”・・・その天に向かって聳え立つ100m級の絶壁の岩容は・・・岩峰ごとに剣ヶ岳、平岩、屏風岩、奥の仙などの峰名と“表情”があります・・・。

あの“青の洞門”のある“競秀峰”と並び賞されるというだけあって・・・正に安心院“耶馬”と呼ぶに相応しい“岩景”ではありませんか・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 凝灰角礫岩“連峰”の景・・・
by project-beppin | 2010-06-18 21:53 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
“滝見”遊山(その1):“鎮西八郎”の所縁・・・奈多落としの滝
あの“別府湾S.A.”の後・・・女房殿と“安心院”と“院内”で“滝見”遊山と決めました・・・。“東椎屋の滝”をパスして・・・“鏝絵”の町らしい案内標識を気に留めながら・・・先ずは・・・どちらかというと“マイナー”な滝へ・・・。

c0001578_20584959.jpgR500号線から県道659号線へ入り“板場”を過ぎて“ぶどう園”の看板とともに・・・“鉈落し”とか“奈多落としの滝”と書かれた小さな看板を追って市道を山手に上って行くと・・・林道のような細道へ・・・行き止まりかと思うような草地駐車場に看板を見つけて・・・滝を探します・・・。

「奈多落としの滝」・・・その看板の“所縁=ゆかり”を読めば・・・“平安末期”の九州覇者“鎮西八郎為朝”所縁の“奈多”姫の悲劇が滝名とのこと・・・。

細道をさらに奥へしばらく歩くと“滝”音が聞えて・・・道際から覗けば樹間の向こうに・・・この白き水流が落ちていました・・・。

“津房川”水系“板場川”の“源流”に近い滝・・・荘厳な流れではありませんが・・・山間の滝の趣でした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 樹林から見えたのは?・・・一の滝?二の滝?
by project-beppin | 2010-06-16 21:30 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
冴えわたる“全麹造り”の“吟”蒸留・・・「iichiko FRASCO」
ご無沙汰しておりましたぁ~・・・“花冷え”に悩まされ・・・“風邪”が長引いている“青っ洟”オヤジです・・・(笑)。“卯月”になって桜満開の“別府八湯 温泉まつり”も今日がファイナルでしたね・・・。

c0001578_1124245.jpg景気対策3段ロケット”も打上げれないうちに・・・“飛翔体”という名の軌道にのらなかった“奇道3段ロケット”が“来た挑戦”・・・に翻弄される“愁傷”官邸とは、これ如何に・・・。

“来た挑戦”にも・・・“愁傷”の対応にも・・・“憤り”を感じますが・・・何もできないままでその時を過ごしていた自分自身も・・・なんとなく“情けなく”思えるのであります・・・。

で・・・やっと、“花冷え”も一段落・・・“春爛漫”を満喫したくなる晩酌をと・・・“炭焼き鶏の野菜炒め”と“サーモン刺”をアテに・・・“いいちこ”の“最高峰”と名高い名作を“ロック”でいただきました・・・。俗に言う“フラスコ ボトル”・・・『iichiko FRASCO』・・・。

我が家での晩酌には、ちょっと格好好過ぎる洗練された雰囲気・・・透明感で統一されたボトルデザインの“フラスコ”フォルム・・・そのシンプルな高級感に秘めた“全麹造り”の味わいとは・・・・期待して良いはずです・・・。

コルク栓を抜き・・・氷の入ったグラスに注ぐと・・・香りは控えめで軽快な清涼感・・・実に“綺麗”な雰囲気を纏っています・・・。

浮かび上がる氷の中で・・・30°のアルコールがグラスの中を漂うように混じってゆくのを感じながら・・・一口めを含んだ時の印象は・・・ドライ感を極めた“吟”蒸留が冴えわたるシャープなアルコール感と・・・・フルーティーな放香を鼻腔へと拡散させる“全麹”らしい甘旨み・・。スムースに駆け抜けるようなキレの好い喉ごしの余韻も申し分なしです・・・。

“全麹造り”をドライで甘露な旨さに100%導いてゆく技というか・・・これほどまでに、隙がない“鏡面仕上げ”のようなドライ淡麗タイプとは・・・流石です・・・。

誰がなんと云おうと・・・この旨さを口中で転がしながら味わうには“ロック”が最も綺麗に響きます・・・。“Cool”で“Intelligence”に仕上がった正に“磨かれた”ドライ淡麗の“到達点”でしょうね・・・。

■「iichiko FRASCO」(三和酒類:宇佐市/減圧:大麦麹)30度・・・ドライ淡麗タイプ
 軽快な微香、“吟”シャープなアルコール感と冴えわたる全麹のドライ甘露な旨さの淡麗タイプ。全麹造りの磨かれた綺麗な味わいは麦焼酎の“技”を究めた逸品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “炭焼き鶏の野菜炒め”と“サーモン刺”を・・・“ロック”で・・・
by project-beppin | 2009-04-06 01:35 | 大分麦焼酎 | Comments(16)
麦薫“ストロング”ビター・・・「久保」
1週間が経って・・・トリニータは昨日(14日)の“ホーム開幕戦”で完勝し・・・“サムライ JAPAN”は明日の“日本 v.s. キューバ”決戦へと・・・興奮は覚めやらぬまま明日の朝を迎えたいのですが・・・。

c0001578_2022564.jpg今夜は、家族揃って長男坊や次男坊の“部活”の話を聞きながら・・・久しぶりの“晩酌”です・・・。

ここのところ、ゆっくり飲めない日々を送っていたオヤジ・・・「いつ?飲んだっけ?」と女房殿に聞かれるありさま・・・(笑)。

“今夜は飲ませてもらいます”という合図は・・・食卓に並べようとする“おかず”が台所で皿に盛り付けられている時に・・・邪魔するように“湯呑”を探しにウロウロすることだそうで・・・女房殿に見透かされています・・・(爆)。

“湯呑”を“お湯割り”用で選んで・・・おもむろに食卓に据える黒い艶やかな4合瓶・・・“宇佐産裸麦”の常圧蒸留とある“ガツン麦・麦”・・・『久保』・・・。

先ずは、“生”のまま含んでみようとしたんですが・・・もう“湯呑”に唇を近づけただけで感じる香味の予感・・・“麦薫”という印象の香ばしく甘く放たれる香気・・・“これは味わえる”という直感を抱いて含むと・・・口中で複相する旨さ・・・つまり、輪郭のはっきりしたビターな“気相”は鼻腔に拡散し・・・苦甘味のアルコール“液相”は舌上を喉に向って浸潤しながら広がってゆきます・・・。

その後は“お湯割り”・・・“湯気”の香りも愉しみながら、温かなお湯で割っても“慌てない旨味”の“伸び”の好さ・・・“ガツン系”の持つこの“ストロング”な旨さは久々・・・(ショチクレさんの飲んだ感想にも“なるほど!”と同感しながら)・・・いやぁ~、良い意味で“不意を衝かれ”ました・・・(笑)。

宇佐市長洲の“久保酒蔵”の“新銘柄”・・・というか“会心”の“新蒸留”・・・“宇佐産裸麦”+“駅館川伏流水”+“常圧蒸留”=“宇佐”に拘った“麦焼酎”の“本流”へ自らも“真っ向勝負”に出た味わいです・・・好い感じでガンガン響きます・・・。

■「久保」(久保酒蔵:宇佐市/常圧:裸麦・裸麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 ホロ苦さの芳ばしい麦の薫りに、香ばしい旨さの香気と苦甘みのアルコール感が複相する濃厚タイプ。輪郭がはっきりとしたビターな味わいと、伸びても崩れない喉ごしのコクとキレが浸潤するように響く秀品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More ズルッと“山かけりゅうきゅう”・・・カリッと“はさみ揚げ蓮根”
by project-beppin | 2009-03-15 20:56 | 大分麦焼酎 | Comments(11)
“円潤”なコク旨さが膨らむビター・・・原酒 「泣き虫」
長々とご無沙汰していました・・・真に申し訳ございません・・・m(_ _)m・・・本日“ブログ・ブランク”を感じさせないような華々しい復活をいたします!・・・と・・・言いたいのですが・・・ボチボチと・・・。

c0001578_222419.jpgこのブランクの間に・・・ご時勢は、総理の辞任~自民党総裁選~新総理総裁の誕生~総選挙の気配と・・・大分では、国体の開会~宮家の相次ぐ御来県~国体総合優勝!~全国障害者スポーツ大会を終えて閉幕と・・・スポーツでは、Jリーグ・大分トリニータの優勝戦線入り(一時的には首位!)は楽しんでいたのですが・・・ソフトバンク・ホークスのまさかの最下位と王監督勇退・・・はたまた、阪神・タイガースまでまさかのペナント奪還失敗・・・くぅ~!・・・栄枯盛衰と喜怒哀楽の連続でしたね・・・。

そんな折・・・忙しい中で、たまに“寝酒”代わりに飲んでいたのが・・・はだか麦と国東産“米(ヒノヒカリ)麹”で仕込み蒸留した“原酒”42°『泣き虫』・・・所謂、“大分麦焼酎”の“麦・麦(麹)”を逸脱することで新たな境地へと模索に踏み出した“ガツン系”なんでしょう・・。

あの先鋭な「原酒 兼八」の持つ“シングル・モルト”的ビター香からすれば・・・こちらの方が複層する“メディア・ミックス”的香ばしさが漂います・・・。

もちろん、“生”のままショットグラスでグイッと口中へ含むのですが・・・その瞬間に気化する円やかな甘みのコクが揺らぐように鼻腔へと拡散して・・・その旨味と香りが貫ける時に、次なる豊かに膨らむビター感が舌先から喉越しを駆け下る濃厚で、且つ潤いのある“円潤”した味わい・・・喉越しの残響も鼻抜けの余韻も実に見事に“セオリー”どおり“まとまって”います・・・。

欲を言うなら・・・ちょっと“真面目”過ぎたようで、味は美味しいと誰もが賞賛するでしょうが・・・(個人的には)・・・“値酒”と呼びたくなるような“都会的な正価”からすると・・・もうひとつ“味わい”に“余裕”が欲しかったです・・・。

■原酒 「泣き虫」(四ツ谷酒造:宇佐市/常圧:麦・米麹)42度・・・ガツン濃厚タイプ
 香りに複層する濃潤なコクの期待感と口中で揺らぎながら拡散する円やかな甘旨さと豊艶なビター感が賞賛に値する濃厚タイプ。原酒ならではの濃密な味わいのインパクトもさることながら、米麹の甘旨みと麦のホロ苦い香ばしさのバランスがとれた優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・150位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “メディア・ミックス”な香ばしさ・・・
by project-beppin | 2008-10-15 22:26 | 大分麦焼酎 | Comments(8)