タグ:杵築・日出 ( 18 ) タグの人気記事
“神様、仏様”の“玄米麦酒”・・・「鉄腕稲尾ビール」
春の陽気の“別府八湯温泉まつり”になりました・・・。昨朝は“満開”の桜に送られて仕事に出かけ・・・19時過ぎの帰路で別府の街が“扇山火まつり”のオレンジ色の炎に染まる光景を眺めながら帰宅した次第・・・。

c0001578_1238323.jpg「扇山の山焼きが始まッちょんよ~」と言いながら居間に入れば無人・・・支度の整いかけた食卓の椅子も空っぽ・・・。

「二人ともまだ帰ってないよー」と台所から女房殿の声・・・春休みの次男坊まで“まつり詣で”に出かけたままだとか・・・。

「先に食べはじめてて・・・」と女房殿の背中が言うものですから・・・食卓に並んだ“いわしフライ”と“野菜炒め煮”で“独酌”を準備します・・・。

この陽気とアテなら・・・久しぶりの“地ビール”で軽く飲もうかと・・・県産“玄米”を使った“麦酒”・・・なんと!その名も『鉄腕稲尾ビール』・・・。

別府出身で昨秋、急逝した往年の大投手“稲尾和久”・・・昭和33年の“日本シリーズ 対 巨人戦”・・・エースは藤田、打者は川上、長嶋などを擁する巨人を相手に6試合に登板し5連投・・・3連敗後の逆転4連勝・・・このシリーズ全ての勝利投手となったあの伝説の“神様、仏様、稲尾様”・・・に因んだ“山香綺ら羅”が造る“地ビール”です・・・。

過剰な自己満足のようにも映るこのラベル・・・いかにも“ご当地自慢お土産ビール”と宣言しているようで・・・これまで見かけてはいたのですが、敬遠してました・・・(笑)。

しかし、飲んでみると・・・一口めの“口あたり”は・・・苦味の前に“玄米”由来の“ライス・フレーバー”と表現したくなる膨らむ香りと・・・苦味のコクより甘味のコクが優勢・・・女房殿も「飲みやすい」と言うので・・・その甘味が残るキレは、“和風”の味わいと言えば解ってもらえるでしょうか?・・・。

昨今の“プレミアム・ビール”とは味わいの“落としドコロ”が180度違っていて・・・丁度、こんな“家庭”料理に相性が好かったりするんです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “独酌”の“いわしフライ”と“野菜炒め煮”・・・
by project-beppin | 2008-04-05 13:28 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(4)
“山芋かまぼこ”とカボス搾り“お湯割り”・・・「吉四六」 壺
“小春日和”の晩秋・・・紅葉はやっと高崎山の麓までやってきましたが染まりかけて一段落・・・って感がします・・・。昨日・・・大分トリニータはジュビロ磐田に勝って “J1 残留”・・・一方、千代大海は白鵬に惜敗し“賜杯”から一歩後退・・・という“喜怒哀楽”でしたね・・・。

c0001578_13574831.jpgこの三連休中に・・・“ひとりドライブ”の秋景をアップし終えようと思い立ったのですが・・・時系列でその一日を追えば、山景ばかりが続く中・・・アップするオヤジも、ちと“食傷気味”・・・(笑)。

昨夜(24日)の夕食は“中華”がメインでした・・・鶏唐揚げ、レバ韮、八宝菜、鶏チリ・・・。

“脂っこいなぁ~”と思うのはオヤジぐらいなのか?・・・食べ盛りの愚息たちは、平気でモリモリ・・・ここでも、オヤジは“食傷気味”・・・(爆)。

それなら!と・・・長者原のヘルスセンター売店で買っておいた“山の刺身”を刻んで晩酌のアテに出してもらうことにしました・・・。

“山の刺身”とは“山芋かまぼこ”・・・丸ごとの“山芋”を“豆腐かまぼこ”で包んだ生食加工品・・・。

“中華”とこの“山の刺身”に合わせるなら・・・麦焼酎の王道たる二階堂『吉四六』・・・それも、陶製の1升“壺”・・・食卓での“威風堂々”たる風貌・・・そのコシの座った旨さは“お湯割り”です・・・。

熟した淡く甘い香りの湯気・・・“円やかだなぁ~”と安堵できるおとなしい甘みと旨み・・・奇を衒うことのないアルコール感の口あたり・・・素直に流れ込む喉ごしの嫌味のない淡麗な味わいに宿る深い落ち着き・・・。飲んでいて“ほっ”とします・・・。

二杯目は・・・カボスを搾っての“お湯割り”・・・これも豊後の“美味求真”には欠かせない味わいです・・・。

■「吉四六」(二階堂酒造:速見郡日出町/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 甘く淡い熟した香りに円やかな甘みと旨み、落ち着いたアルコール感が嫌味のない淡麗タイプ。素直に味わいを楽しめる喉越しと、嫌味のないキレに余裕のある奥行きを持つ豊後麦焼酎の逸品。

More “山芋かまぼこ”とカボスと柚子こしょうと・・・
by project-beppin | 2007-11-25 14:43 | 大分麦焼酎 | Comments(2)
柔らかなコクの辛旨口・・・豊艶「智恵美人 吟醸」
昨日(9日)も・・・(過去の?)宿敵“アビスパ福岡”と引き分け“勝ち点1”・・・“2006 Jリーグ 第22節”を終えて、堂々の“6位”・・・大健闘の“大分トリニータ”・・・。
ここのところ・・・“オシム Japan”にも“GK 1 西川周作”と“MF 21 梅崎司”が選出されるし・・・敬虔なサポーターでなくとも・・・地元は盛り上がっています・・・。

c0001578_23484642.jpgそんな話と今日の我が家とは・・・ほとんど関係なく(笑)・・・オヤジは、自治会の“敬老会”のお手伝いをしたり・・・女房殿と次男坊を送迎して“買出し”に付き合ったりと・・・忙しく動き回っておりました・・・。

“買出し”に付き合うと・・・“肉モノ”の夕食を懇願する次男坊をよそに・・・女房殿は“和食”と決めていたようで・・・今夜は“鮭の西京漬け”と“大根と厚揚げ豆腐の煮物”が並びました・・・。

こういう時には・・・この夏、見かけて冷蔵していた・・・清酒“カップ酒”を取り出します・・・。

『智恵美人 吟醸』・・・国東半島の付け根、杵築市にある銘酒の蔵元、中野酒造さんの“吟醸カップ”・・・これまで見たことがなかった“カップ酒”タイプですから・・・この春からの“日本酒カップ仕掛け”に“踊ってしまった”んでしょうなぁ・・・。

ま、それはともかく・・・“在るモノは、憎まず”・・・店頭で“ヒネ”かけていても・・・造りがしっかりしていれば旨いはずですから・・・。

“カポッ”とキャップを開ければ・・・淡く淑やかな吟香・・・口に含めば、優しく澄み透るようでありながら・・・柔らかな米旨味が豊かなコクとなって広がり・・・優しく艶やかな淡い辛口に酔いしれる味わい・・・。

スッキリし過ぎず、重た過ぎず・・・このラベルの美人画のように“豊艶”な酒質・・・今夜の料理にも好く合います・・・。

More “西京漬け”にも“かぼす”・・・
by project-beppin | 2006-09-11 00:42 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(2)
釣り・・・「今日は、おとうさんに勝ったなぁ」
5月5日(金)“子供の日”・・・好天の続くG.W.・・・思い出したかのように昨年同様・・・次男坊と“釣り”に出かけました・・・。ワンパターンですが・・・これも我が家の“恒例行事”・・・(笑)。

c0001578_19494766.jpg今年は・・・日出町豊岡港から別府や高崎山を遠景に・・・“投げ釣り”・・・。

投げ釣りは、はじめての次男坊・・・最初に仕掛けの飛ばし方・・・リール糸を放すタイミングの“勘”が戻らない様子・・・何度やっても“池ポチャ”状態・・・(笑)。

オヤジ・・・「糸を放すタイミングは、体で覚えんと、上手くならんどぉ~」
(挑発するように・・・横で遠くへ飛ばしてみせます・・・。)

次男坊・・・「わかっちょん!」
(ムッとしながらも・・・オヤジから距離をおいて、何度も投げ込んでいます・・・。)

そのうち、数回に1回成功・・・そして、ほとんど成功・・・コツを掴んできたようです・・・。

オヤジ・・・「ちょっとは、上手くなっちょんかぁ~?」
次男坊・・・「もぉう~、黙っちょいてぇ!・・・」

結局・・・堤防の内側に陣取り・・・糸を張って、竿先をじっと見つめています・・・。

口の悪いオヤジも・・・心の中では“釣れれば、いいなぁ”と思っているんですがね・・・(笑)。

More 豊岡港からの眺めと釣果・・・
by project-beppin | 2006-05-14 19:55 | 大分の風土・行楽 | Comments(6)
鮭のムニエルと・・・“麗柔旨口”の「焼酎倶楽部」
今日はなんと言っても・・・WBC決勝“日本 vs キューバ”・・・テレビ放映が写らなかった我が家では・・・お街に出かけて見てました(笑)。

c0001578_2323492.jpg先制しても・・・最後まで“ハラハラ”・・・素直に野球の“ワールドカップ初優勝”と考えれば・・・“王Japan”に“拍手喝采”を惜しみません・・・。

女房殿も・・・歓んでました。

今夜は・・・“鮭のムニエル”がメイン・ディッシュ・・・付け合わせが“アスパラと舞茸のソテー”・・・晩酌の向付けには“ちりめん納豆”・・・。

そんな食中晩酌に開封の一本・・・『焼酎倶楽部』を・・・5:5の“お湯割り”で・・・。

この焼酎は・・・お湯割りで淡麗な如何にも「二階堂」という独特の香りが匂い発ちます・・・。香りは「二階堂」に近いのですが・・・口に含んだ感じが幾分、柔らかく麗かに感じる清らかな旨口です・・・ストイックな甘みを口の中で転がして“淡麗”を味わいます・・・アルコール感が喉越しに“刺さない”ところがこの“旨さの極み”でしょうね・・・“麗柔旨口”・・・抜群!。

そんな晩酌を楽しんでいるオヤジに・・・長男坊・・・先ほどニュースで放映された“シャンパンファイト”されてる王監督の映像を見て一言・・・「王監督の頭、おとうさん見たいやなぁ~(ニヤ!)」・・・相変わらず“減らず口”です・・・(笑)。

■「焼酎倶楽部」(二階堂酒造:速見郡/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
独特な二階堂淡麗というべき芳香。口中に含んだ柔らかくも、麗かな清らかさの淡麗タイプ。ストイックな甘みを素直に味わえる軽やかなコクのアルコールの柔らかさに磨かれた味わいを見出す優品。

More “鮭のムニエル”と“ちりめん納豆”・・・
by project-beppin | 2006-03-21 23:25 | 大分麦焼酎 | Comments(16)
脂ののった“関サバ”には・・・旨さが際立つ「やつがい」
今日は一日・・・の~んびりと・・・女房殿のお買い物にお付き合いし、この秋初めての灯油購入・・・夕方、広くなったオデコをさすりながら、散髪した後・・・・・・焼酎を買って・・・帰宅しました・・・。

c0001578_23134834.jpg大相撲九州場所をテレビ観戦・・・大分出身の大関“千代大海”のツッパリが通用せず、横綱“朝青龍”に完敗・・・あぁ~ぁ・・・。祝いに付き合って欲しかったのに・・・。

実は・・・この拙文ブログをはじめて・・・昨日で、1周年・・・女房殿のお許しも出て・・・夕食のメインディッシュは“関サバ”・・・フォ~!・・・(笑)。
なんてったって・・・この木目が細かく柔らかな身の歯応えと・・・脂の融け出るような甘み・・・鰺よりも断然、鯖の刺身の方が旨いんです・・・サバビア~ン!
このめったに出会えない・・・地モノの高級な肴と“牡蠣フライ”で・・・今夜の晩酌をいただきます・・・。

今日の焼酎は・・・家庭内小額金(笑)を頂いてましたから・・・やっぱり、1周年に相応しい豊後の麦焼酎をと・・・二階堂『やつがい』・・・つまり、度数を30°に高めた「吉四六」・・・。

香りは甘そうで、おとなしいのですが・・・含んだ時の円やかさといい・・・カドの取れた甘旨さといい・・・こなれた30°のアルコール感を嫌味なく素直に味わえる喉越しといい・・・飄々とした余裕のキレといい・・・“生”で味わって旨さが際立つところが・・・この焼酎の旨さの奥行きです。

この後も・・・カボスを絞って一杯・・・6:4のお湯割で一杯・・・酔って出来上がることも恐れず飲んでしまう・・・そんな気分になってしまうほど・・・芯がブレない味わい・・・。
旨い肴に、旨い焼酎を合わせるとは・・・まさに、このことでしょう・・・。

“やつがい”は、大分弁で“晩酌”のこと・・・宮崎弁では“しょちくれ”、鹿児島弁では“だれやめ”・・・大分の“晩酌”を代表するような銘柄名ですから・・・飲みたい逸品を飲めるのも・・・皆さんのお蔭・・・感謝しながら、心地よく酔わせていただきました・・・。

2年目に突入しますが・・・皆さん・・・今後も、どうぞよろしくお願いいたします・・・。

■「やつがい」(二階堂酒造:速見郡日出町/減圧:麦・麦麹)30度・・・ドライ淡麗タイプ
 甘く淡いおとなしい微香に円やかな甘みと旨み、こなれたアルコール感が嫌味のない淡麗タイプ。素直に味わいを楽しめる喉越しと、飄々としたキレに余裕のある奥行きを持つ豊後麦焼酎の逸品。

More サバビア~ン!な“関サバ”
by project-beppin | 2005-11-27 23:15 | 大分麦焼酎 | Comments(18)
塩っ辛さの醤油とんこつスープ・・・一代元「とんこつラーメン」
朝、次男坊を試合会場に送って・・・そのまま、山香町まで出かけた帰り・・・台風の影響を受けた雨が、本格的に降り出して・・・女房殿は、雨の中の試合でビチャ・ビチャになって帰ってくる次男坊・・・干したまま出てきた洗濯物・・・どちらも気にかかるようですが・・・もう間に合いませんねぇ・・・。
どうせなら・・・昼食を食べて帰ろうかと・・・日出町のラーメン店「一代元」に・・・飛び込みました・・・。

c0001578_23531925.jpg座って・・・さてさてと、メニューを眺めて・・・私は、「とんこつラーメン」と小ライス・・・。はじめての店は・・・基本系のラーメンからというのが・・・私の信念(そんなタイソなもんかいっ!)。

醤油とんこつスープ・・・濃いめの醤油ダレに・・・豚の“ゲンコツ”を1日以上煮込んだスープ・・・マッタリとしたトロミのあるスープですが・・・これはちょっと“塩っ辛い”・・・。

チャーシューの味付けは・・・しっかりして柔らかく・・・。
メンマとキクラゲのトッピングは・・・醤油とんこつらしい味わいに合ってます・・・。
麺はストレート系か?と思いながらも・・・縮れ麺・・・。

スープの絡み具合はこの麺でも好いのですが・・・“塩っ辛い”と感じたスープが後から効いてきます・・・つまり、スープが濃くご飯があって正解でした・・・。

■とんこつラーメン:一代元 日出店/速見郡日出町

More ねぎ醤油ラーメン
by project-beppin | 2005-09-04 23:55 | 美食の街 | Comments(2)
夏空・・・守江湾と入道雲
今日(7日)は・・・夏らしい青空と暑さの一日でしたね・・・。
昼前から・・・女房殿の“アッシー君”で杵築・国東方面へ出かけました・・・。

c0001578_022337.jpg杵築市の守江から海を眺めると・・・潮がひいた遠浅の湾内には・・・アマモ、アオサ、アオノリなどの海草・海苔類・・・まるで“海の芝生”のように淡い緑が広がっています・・・。

その向こうには・・・緑深い松原が続く・・・“住吉浜リゾートパーク”・・・この季節は、家族と若者の“Summer Resort”になります・・・オートキャンプ、マリンスポーツで賑わっていますよ。

空には・・・湧き上がるような“入道雲”・・・空の青さを際立たせるような白い光に満ちた雲姿・・・。


c0001578_0223141.jpg
サギなどの夏鳥も見れる干潟・・・カブトガニも生息する守江湾・・・きれいな海であるからこそ・・・写真を撮りたくなる“夏の風景”なんでしょうね・・・。
by project-beppin | 2005-08-08 00:24 | 大分の風土・行楽 | Comments(10)
暘谷城址からの眺め・・・“城下”海岸
蝉の鳴声・・・本格的に響き始めましたね・・・。

c0001578_2328516.jpg別府に隣接する日出町は・・・江戸時代、豊臣の流れを汲む木下藩の治領でした・・・。その城跡が・・・「暘谷(ようこく)城址」。

現在の城址内は・・・小、中学校として使われてますが・・・その間の坂を下ると・・・別府湾を一望できる遊歩道になっています。

暘谷城の“城下”・・・そう、この城下海岸には・・・海中から真水が涌く一帯があり・・・そこに生息する鰈こそ・・・淡白で美味と珍重されてきた・・・「城下カレイ」です。

海岸に下りることも出来ますが・・・今、その海には・・・網が入っています・・・。

c0001578_23291692.jpg

天気が良い日には・・・別府や高崎山、鶴見岳が眼前に広がる・・・すばらしい眺めを堪能できるはずです。

More 暘谷城址を歩く
by project-beppin | 2005-07-19 23:56 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
遠浅の浜辺・・・糸ヶ浜海岸
梅雨が明けましたね・・・“入道雲”が出る前に・・・“海霧”の日があります・・・。蒸し暑さに霞む別府湾・・・日出町の遠浅の浜・・・「糸ヶ浜海岸」。
c0001578_11493493.jpg

c0001578_11503179.jpg潮が引いた時に・・・波紋の砂の造形・・・スナガニの仲間たちが動く影・・・
今はまだ静かな浜辺ですが・・・あと一週間もすると・・・家族連れや若者で賑わう・・・サマービーチになって・・・ログキャビンオートキャンプも楽しめます。


7月末には・・・『糸ヶ浜ビーチフェスタ』・・・この頃には、“入道雲”が出て・・・ビーチパラソルの花が咲くんでしょうねぇ・・・。

More スナガニの仲間たちの動く影
by project-beppin | 2005-07-18 11:54 | 大分の風土・行楽 | Comments(8)