タグ:清酒 ( 50 ) タグの人気記事
“コシ”のある酸旨口・・・綾菊 山廃純米「長田屋」
四国で年越しをした際のスナップを整理していたら・・・もう一本の清酒“綾菊”のことを思い出しました・・・。

c0001578_0433122.jpgこれは・・・晦日の夜“餅搗き”を手伝い終えた後の“晩餉”の光景・・・。

手伝った皆が・・・スーパー特売の“盛り合わせ寿司”と・・・昆布とイリコ出汁のお手製“かけうどん”で座卓を囲み“お疲れさん”会・・・。

昔の“電気燗付け器”が現役で出てきて・・・そこから注がれた“熱燗”・・・綾菊酒造の清酒銘柄“山廃純米”「長田屋」・・・。

飲む時点は、“燗冷まし”気味だったためか・・・“山廃”の旨みのコク酸味が発ち過ぎているように感じたのが一杯目・・・独特のコク旨さは充分なのに、鼻腔に風味クセが残るような味わい・・・と言えばわかりますか・・・?

この後しばらくして・・・風呂上りに残り5勺を飲みきれとばかりに“冷や”のままで注がれた一杯が・・・なんとも!実に旨かった・・・酸味の強いコク旨口に朗らかなキレ・・・俗にいう“コシ”のある酒・・・飲み口の余韻を味わえる“貫禄”がありました・・・。

この味わいがもたらす飲み心地の“落ち着き”・・・飲み終えたあとに感じる味わいの“懐”深さ・・・そんな讃岐の銘酒です・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 香川の酒米“さぬきよいまい”・・・
by project-beppin | 2009-01-22 07:54 | 旅先の酒と食 | Comments(4)
丑年の“屠蘇”酒・・・「綾菊」 純米吟醸酒
“年の初め”に、わざわざ皆んなが集うのならばと・・・老若男女の一族が揃って“雑煮”と“御節”を囲むという“慣わし”・・・“元旦”という日に自らの暮らしを“デフォルト”する“儀式”に想えるようになりました・・・。

c0001578_2112123.jpg“丑年”・・・“初詣り”して未明に戻ろうが、どんなに“年越し深酒”しようが・・・“臥牛”のような“寝正月”は、この“儀式”を終えてからと・・・猪口杯に錫“屠蘇”器で酌み交して、正座の“合掌”・・・。

この“清酒”文化圏での“お屠蘇”を愉しみにしているオヤジ(私)としては・・・今年の“屠蘇酒”も気になっていました・・・。

猪口杯をクイッと戴いて・・・“おっ!コレは・・・”とその辛口な余韻が気に入りました・・・。

「今年の“お屠蘇”は、どちらのお酒?」と訊ねると・・・

「あぁ、どうかでぇ~(どうでしょうか・・・の意)?・・・去年なぁ、言よったけん(言っていたから・・・の意)“綾菊”にしてみたんじゃわ・・・」と・・・

HAKUDOU師匠もその味わいに縁のある「綾菊」・・・その“純米吟醸酒”ということで・・・卓上に置いてくれました・・・。

なるほど・・・辛旨口に感じるコクは、旨味のコクを包むような酸味に風格のあるキレを感じる“辛口”醸しが・・・実直な味わいです・・・。

昨年の金陵「楠神」は、“麗辛旨口”でしたが・・・この清酒は、口あたりの寡黙な印象を超越する喉ごしの“実醇奏辛”な味わいにあるんではないでしょうか・・・そのまま“冷や”が冴える旨さでした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “屠蘇”の宴に・・・“しょうゆ豆”
by project-beppin | 2009-01-11 00:29 | 旅先の酒と食 | Comments(4)
夏宵の“ミタラう”礼讃・・・神秘酒『キトラ』と「なしか!」の共鳴
夏本番!・・・30℃を越える“真夏日”となった金曜日(11日)・・・HAKUDOU師匠が“お国入り”・・・あの燻し銀の“角打ち”酒徒たちが集う“聖堂”・・・“御手洗酒店”へ・・・。

c0001578_1241625.jpg職場から直行・・・つまり、車は繁華街の駐車場で“一泊”と決めて・・・遅ればせながら宵闇の20時をまわって伺うことができました・・・。

“長浜神社”を過ぎると一際、輝く店灯り・・・既に“七輪”を囲む“焼方”の人影・・・路上にも溢れる常連・・・これが“ミタラう”という動詞の原風景かと・・・“日常”の暮らしに馴染んだこの光景に早くも浮かれてしまうのであります・・・。

店頭で接客していた“おかあさん”に「こんばんわぁ」と挨拶し・・・店内の“定位置”となった場所で“板場”を仕切る“寛さん”の姿を見つけて近寄ると・・・もう酒徒に“同化”していたHAKUDOU師匠を発見・・・(笑)。

聞けばHAKUDOU師匠は・・・この日、17時頃に店を開ける手伝いをしたというんですから“信奉者”たる酒徒の“鑑”・・・。

「お久しぶりです」と声をかけ・・・「やぁ、どうもっ」と気さくに振舞ってくれる師匠や“寛”さんや“長浜角打ち学会”の“グッチー”さん、“ソニック”さんなどとともに・・・あれよ!これまたお久しぶりの“あだっつぁん”にも“再会”・・・師匠が引き寄せた面々が快く迎えてくれました・・・。

まだまだ“新参者”のオヤジ(私)は、自ら買ったワンカップ「なしか!」を飲みながら・・・皆さんが勧めてくれる佐伯の“ちりめん”おにぎりや“カマス”、香川の“醤油豆”などなど・・・アテを頂戴しながら“夏宵”の“夏酔い”へと・・・。

“酒徒の聖堂”であり“角打ちムジカ(MUSICA)”である“御手洗酒店”・・・この“地場”と共振するHAKUDOU師匠の“磁場”・・・さてさて、今回はというと・・・ご覧のとおり大分の麦焼酎「なしか!」に・・・奈良は明日香“神秘”の清酒「キトラ」が“共鳴”したのであります・・・。

この“脇本酒造”の「キトラ」・・・これです・・・大分の“酒徒MUSICA”で飲んだ“キトラ古墳”の“霊力”の“味わい”に引き込まれました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “酒徒MUSICA”に「キトラ」・・・
by project-beppin | 2008-07-13 12:04 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(2)
“麗酸”なコクと輪郭のくっきりとした旨口・・・「菊姫 山廃吟醸」
“入学式”も終って・・・真新しい学生服姿の中高生が目立つ時候になりましたね・・・。境川も“花筏”となって・・・桜並木もそろそろ“葉桜”に変わり・・・この週末の花見は“鶴見岳”や“志高湖”や“城島”でしょう・・・。

c0001578_102112.jpg今夜は、皆が揃って夕食の時間を迎えたのですが・・・毎週のように“飲みごと”が続いているオヤジの晩酌は・・・少しだけ!との女房殿の“御達し”・・・。

今夜のおかずが“醤油ダレ焼肉”と“鶏のケチャップ煮”ですから・・・麦焼酎「がまだす」の“ロック”も候補でしたが・・・石川県出身の方から戴いた“吟醸酒”を“ライス・ワイン”感覚で“ひや”のまま一杯だけとしました・・・。

その“吟醸酒”とは、加賀の“濃醇旨口”・・・『菊姫 山廃吟醸』・・・。

“山廃仕込み”の独特な風味が色濃く香る濃厚さが漂っています・・・含み香も甘辛な芳醇さ・・・。口中で広がる味わいは・・・コシの強い味わいの輪郭を麗らかな酸味が浮かび上がらせるようで・・・正真正銘、加賀の“濃醇旨口”・・・“フルボディー”感が味覚中枢に刻まれるような旨口らしさ・・・くっきりとしたキレに余裕すら感じる味わい深さが際立ちます・・・。

能登の「宗玄 特醸 玉箒」の優しい風格は記憶に残る旨さでしたし・・・金沢の「福正宗 黒麹仕込 純米完熟辛口」の実直な辛口も上出来でしたから・・・この加賀の“王道”たる“菊姫”の“濃醇旨口”が加わると・・・清酒文化の懐深さが“百万石”級だと実感しました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “醤油ダレ焼肉”と“鶏のケチャップ煮”・・・
by project-beppin | 2008-04-12 23:33 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(0)
一合“清甘”「ぶんご梅」・・・「御手洗酒店」(その2)
“角打ちMUSICA”・・・長テーブルに陣取るHAKUDOU師匠も・・・“寛”氏ほかの皆さんと正に“寛”談中・・・(笑)。師匠に引率していただいた“新参者一見客”であるこんオヤジ(私)も・・・発泡酒、麦焼酎と“打って”・・・まだまだ、飲みたい“心地酔い”・・・。

c0001578_1395174.jpg酒棚に並ぶ豊後の“清酒”に目をやれば・・・定番の国東「西の関」、九重「八鹿」、臼杵「一乃井手」、久住「千羽鶴」に交じり・・・庄内『ぶんご梅』・・・“夜桜ラベル”ということは、上撰でしょうか?・・・。

銘柄の“能書き”を垂れるよりも・・・まずは、百円玉2枚で“正味一合”の“コップ酒”・・・。

コップに口を近づけてスーッと啜る“清酒”の“心地酔い”味わい・・・この酒質は、普遍的な“清甘”な味わい・・・円みのある醸し香に落ち着いた口あたりのコク旨み・・・喉越しのゆるりとしたキレ・・・ああ、好い風味・・・。

このコップ酒を飲みながら・・・“グッチー”氏にこの店の“おやじさん”と“角打ち酒店縁起”について聞いてみたところ・・・“おやじさん”は、凧もJAZZも落語もオーディオにも造詣が深い方であり・・その“おやじさん”と“おかあさん”の人柄が・・・“一家言”ある“酒徒”を集わせ・・・その“常連”達と共にこの“角打ち場”を設えて現在に至った・・・とお教えいただきました・・・。

流れるBGMは・・・♪ ウイスキィーが お好ぅきでしょっ・・・♪ (石川さゆり)

“話”を聞き、“音”を聴き、“酒”を利けば利くほど・・・さらに魅了されるこの“場”の存在感・・・此処には、日常の中で消えかけている“何か”が確かにあるんです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 「ぶんご梅」の“磁場”・・・
by project-beppin | 2008-03-11 01:42 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(0)
“太い”旨さの醸しコク・・・「本醸造 八海山」
昨日(3日)の別府は・・・心配された“寒雨”ではなく“強風”の中での“別大マラソン”となって・・・地元大分市出身の“伏兵”・・・“足立知弥”(旭化成)が“初マラソン初優勝”の偉業・・・12分を切るタイムもあのレースなら、立派・・・おめでとう!・・・。

c0001578_221031.jpg我が家では・・・“沿道応援”していたのは、友だちと出かけた次男坊だけ・・・長男坊も女房殿もこのオヤジも、皆“所用”で・・・残念ながら直接“紙旗”を振っての応援はできませんでした・・・。

夕食時、次男坊の話を聞きながら・・・先ずは“鰈煮付”に合わせて飲むのは・・・「本醸造 八海山」・・・ストーブに載せた鍋にアルミタンポで“ぬる燗”湯煎・・・そこから注いだ陶盃の“一杯”が体を温めます・・・。

新潟の“有名処”の“本醸造”・・・とある“新年会”で封を切ったものの・・・清酒を飲む方々が少なくて7合ほど残った一升瓶が回りまわって我が家へと・・・(笑)。

ありがたく“ぬる燗”で戴いてみましたが・・・一口めに、醸し麹の甘旨味と酸度のコクに“太さ”があって・・・口中ではゆるりとその味わいが伸びて・・・喉越しでは、頃合いの好いキレが味わえる旨さ・・・“すっきり系”の“吟醸酒”とは“趣”を異にする正に“本醸造”たる風格・・・。

これこそが・・・新潟の地元オイさん達が語っている「八海山」の“原味覚”ではないでしょうか?・・・酒質が“重たい”のではなく、“太い”という醸しコク・・・なんとも頼もしい旨さです・・・。

味わいながら手酌酒を楽しんでいるオヤジの目の前で・・・なんと!“煮付”用の“料理酒”代わりに(この清酒を)使ったと・・・さらりと女房殿が言いました・・・(爆)。

そして、この後“恵方巻”と“豆”で・・・我が家の“節分”を愉しみました・・・(満腹)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!を頂戴し・・・ありがたいことに一時的にはトップ20以内にランクインすることができました・・・ありがとうございました。ですが・・・現在は、またもや50位圏外ですので、これからも・・・ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、まあ、応援してやろうかぁ~”とか“善意”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。“都合のいいお願い”ですが・・・よろしく・・・。

More “鰈煮付”、“恵方巻”と・・・“節分豆”
by project-beppin | 2008-02-04 02:52 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(8)
“味噌おでん”にゆるりと甘口・・・「梅美人」
“三連休”の中日・・・日中は、日が射す天気だったのですが・・・夕方から徐々に曇りぎみ・・・明日は曇天となりそうです・・・。今朝の朝刊に載った“活断層「別府地溝南縁断層帯」で想定最大震度7”の記事・・・被害を算出して公表するとのことで・・・この報告書が気にかかるところです・・・。

c0001578_23561852.jpg今夜は“おでん”・・・それも赤味噌を甘くした“味噌ダレ”をつけて食べます・・・。

香川の“うどん屋”では“味噌ダレおでん”が定番となっていましたから・・・別府航路のフェリー船内売店で買った“四国”名残りのワンカップ・・・愛媛県八幡浜市の『梅美人』を“燗”つけて合わせました・・・。

その味わいは如何に?と、“熱燗”を注いだ杯を口に近づけるとゆるりとした発ち香・・・一口めのコク旨さが膨らむような甘めの口あたり・・・頃合いを見計らって落ち着いてゆく味わい・・・嗚呼、旨いです・・・。

たっぷり“おでんつゆ”を含んだ大根に“味噌ダレ”をつけながら・・・このゆるりと甘めの味わいの“燗酒”を飲む・・・“ひとり晩酌”の静かな時間が過ぎてゆきます・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から“お年玉”代わりの人気blog ランキング】への応援クリック!を頂戴し・・・ありがたいことに一時的にはトップ20以内にランクインすることができました・・・ありがとうございました。
これからも・・・ご覧いただいて“まあ、応援してやろうかぁ~”とお思いの方は・・・
人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。今年も、何卒、よろしくお願いいたします・・・。


More “味噌ダレおでん”に“燗酒”・・・
by project-beppin | 2008-01-14 00:01 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(2)
今年の“屠蘇”酒・・・金陵 特別純米酒 「楠神」
“こんぴらさん”から戻り一睡して迎えた元旦の朝・・・女房殿も加わって準備した“御節”と“御雑煮”が卓上に並んで・・・皆が勢揃うと年始の挨拶を交わして“御屠蘇”をいただきます・・・。

c0001578_13234059.jpg“豪華”とか“派手”とかとは、無縁の穏やかな元旦“初食”・・・「おめでとうございます」と添えて乾杯する何一つ変わらぬ習わし・・・今年の“屠蘇”酒は、金陵 特別純米酒 「楠神」・・・皆が錫の屠蘇器から杯を重ねて“美味しいなぁ~”と・・・。

すっきりした旨みの口あたりですが・・・柔らかなコク酸味の味わいが・・・清楚な中の晴々とした気持ちに染み渡るような印象・・・見事に整った“麗辛旨口”の酒質・・・実に好き酒でした・・・。

この清酒とともに・・・白味噌仕立ての丸餅“御雑煮”と皿に取り分けた“御節”をいただく・・・穏やかに始まって酔いしれる正月元旦となりました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から“お年玉”代わりの人気blog ランキング】への応援クリック!を頂戴し・・・ありがたいことに現在40位前後と・・・復帰することができました・・・。
“書き込みするほどでも~”とお思いの方も含めて・・・“御年賀”や“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・
人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。今年も、何卒、よろしくお願いいたします・・・。


More 好き酒「楠神」・・・
by project-beppin | 2008-01-05 13:27 | 旅先の酒と食 | Comments(2)
北陸の“海宝三珍”と・・・「福正宗 黒麹仕込 純米完熟辛口」
今年もとうとう“師走”・・・残すところ一月となりました・・・。仕事のスケージュールよりも“忘年会”の日取りが優先の“年の瀬”なんていったら怒られますが・・・いろいろと“今年もお疲れさん”と杯を交わしたい事と人々がいます・・・。

c0001578_11322356.jpg来週からは“外飲み”が続くなぁ~と思っていた昨日(1日)の昼過ぎ・・・突然の宅配に女房殿が出て、受け取った“クール便”・・・“日本海はうまい”と書かれたシールの貼られた青い発泡スチロール箱を開封して吃驚!・・・“ズワイガニ”、“甘エビ”、“ウニ”など・・・。

金沢の知人から届いたこの“サプライズお歳暮”に・・・もちろん、女房殿は夕食の献立を変更・・・それを聞いて“小踊り”したのは、このオヤジでした・・・(笑)。

オヤジは“小踊り”する気持ちで、直ぐさま“玄関”を出て酒屋へ直行・・・金沢の酒を買い求めました・・・福正宗 「黒麹仕込 純米完熟辛口」 ・・・これが合うか?は、夕食のお楽しみと・・・。

そして夕食・・・食卓の彩りも“朱”と“橙”が鮮やかで・・・食欲をそそります・・・。“ズワイガニ”は、コンベクション・オーブンで蒸し直していただきますが・・・“甘エビ”と“ウニ”は、そのまんまを盛り付けて・・・好きなだけ好きなものを食べて好し!と“食卓バイキング”・・・。

蟹“脚”から取り出したり、海老“殻”を剥いたりして・・・無口に黙々と身を食する寡黙な食中風景なのですが・・・口にすると、ホント瑞々しいこの“甘い”身味が堪りません・・・。

酒も“旨っ!”でした・・・清酒で“黒麹仕込”という斬新さが、吉と出るか?凶と出るか?心配でしたが・・・重量感のある“酸コク”と冴えたキレが実直な“辛口”・・・“冷や”でも、キリリと際立ちますが・・・“ぬる燗”が味わいに“余裕”を生み出し“上出来”です・・・。

いただきモノの贅沢な旨さと、地酒の旨さに酔った“夢のような晩酌”・・・北陸の“蟹”と“海老”と“海胆”・・・我が家にとっては“三珍”・・・この季節の“日本海”で獲れる“宝”モノだと思います・・・。

More “海宝三珍”と“完熟辛口”・・・
by project-beppin | 2007-12-02 11:35 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(8)
“ぬる燗”の“淡甘潤コク”旨み・・・「上撰 山水」
深まりゆく“豊後の秋”・・・20時を回って職場を出た時肌寒さを感じた昨夜、この秋初めて“カーディガン”を着込みました・・・。11月中旬となる来週末(16~18日)は・・・紅葉真っ盛りの“竹楽”となりそうです・・・。

c0001578_5301336.jpg昨晩(9日)、“とっておき”の旬の味が届きました・・・10月末から11月の“玖珠川”と“三隈川”の“落ち鮎”ならではの“苦うるか”・・・日田の知人を通して頼んでいた一瓶・・・。

この“苦うるか”は、川漁師の自家製手造り・・・別名“香魚の塩辛”と呼ばれる鮎の香りと清らかな“腸(はらわた)”旨味を引き出す“淡塩”仕立ては・・・滑らかで濃厚な“川の塩雲丹”と譬えたくなるコク深い苦旨味と・・・清流の“川苔”の仄かな後味が味わえます・・・。

知人曰く・・・これには、地酒のワンカップだそうで・・・(彼自身は)老松酒造の「上撰 山水」が飲み易いと・・・。

ならばと探したそのワンカップ(200ml)・・・“冷や”でも良かったのですが・・・冷え込んできた秋の夜長は、アルミタンポで湯煎した“ぬる燗”・・・丁度、注ぎきりの湯呑で一杯・・・。

まるで“川霧”のようにたち込める“本醸香”・・・含んだ口あたりはほんのりと甘く清酒らしい漂う円いコク旨さ・・・喉を潤すような滋味な味わいの骨格・・・常飲にはうってつけの正に明解な“地酒”・・・。

もうひとつのアテは・・・“読書の秋”にと読みかけていた“ぶつぞう入門”・・・舌先と脳裏で・・・秋を満喫という週末の晩酌でした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “秋の夜長”に“ぬる燗”・・・
by project-beppin | 2007-11-10 05:30 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(6)