タグ:清酒 ( 50 ) タグの人気記事
年の初め(その二)・・・地酒を聞く“オヤジの正月”
今思えば・・・今年は怒涛の元旦でした・・・“こんぴら詣り”、“酒蔵初詣”、“善通寺参り”と・・・“欲深い元旦”とも言いますが・・・実は、まだあります・・・(笑)。

c0001578_051543.jpg元旦の夜・・・皆が持ち込んで揃った酒・・・
 清酒「金陵 上撰 国の光」
 この日買った清酒「凱陣 上撰」
 私のことを思ってか?芋焼酎「吉兆 宝山」
私自身が持ち込んだ・・・
 麦焼酎「常圧 常蔵 原酒
 自製梅酒「夢の風 鴬宿」

印象に残っているのは・・・やっぱり“地酒”「金陵」と「凱陣」

「金陵 上撰 国の光」・・・親戚の日常酒で神棚のお供酒も、晩酌も、たまに料理酒にもこれだそうです。
私の飲んだ印象は・・・なめらかなコクのある淡辛口という感じ・・・程好い酸味に甘みもウェットな厚みがありますね・・・。

「凱陣 上撰」・・・地元の酒屋でも置いてあるところが限られているんだそうです。
こちらは・・・すっきりとした口あたりのキレが素直な淡旨口という感じ・・・爽やかな酸味と甘みのバランスが好いですね・・・。

地酒の話を聞いてみたんですが・・・日頃飲んでいる「金陵」が清酒の“原体験”である親戚は・・・
 「家でも、祭りでも、飲み会でも、ずっとこれ(金陵)やろがぁ・・・やっぱりこれが旨い。ワシには、それ(凱陣)は美味しいけど“味にコシがない”気がするがぁ・・・。」と・・・

“味にコシがない”?・・・一瞬、“うどん”のような表現と思いましたが・・・なんとなくわかります。普通酒のもつコクの癖・・・のような味わいを“コシ”と表現しているような気がします。

私には・・・“味”ということだけを尺度にすれば「凱陣 上撰」が、口に合っていますが・・・“地酒”を語る地元の人の“旨い”は・・・酒の“原体験”と“日常の想い出”に介在しているか否かということも重なっていて・・・単に“味”だけで語るのとは別の次元かもしれません・・・そんなことを思ってしまいました・・・。

結局、「金陵」が空いて・・・「凱陣」は2合ほど残り・・・「常圧 常蔵 原酒」は私がほとんどひとりで飲んでいて・・・「吉兆 宝山」は開かずじまい・・・。自家製梅酒は・・・女房殿ほか女性たちでソーダ割りにして半分ほど・・・。

こうやって酒を飲みながら・・・いろんな話に花が咲き・・・酔っぱらってコタツで眠り込んだという始末・・・“オヤジの正月”とは・・・醜態を曝しながらも、こんなもんです・・・(笑)。
by project-beppin | 2006-01-01 20:30 | 旅先の酒と食 | Comments(2)
年の初め(その一)・・・お屠蘇と雑煮
“こんぴらさん”初詣から早朝4時に帰り着き・・・それから数時間後には、新年の挨拶を交わして・・・親族一同で“お屠蘇”と“御節”、“雑煮”・・・座卓を囲んで年始を迎えることができました。

c0001578_1411743.jpg今年は・・・私が新潟土産のつもりで持参した酒が・・・急遽“お屠蘇”に抜擢・・・佐渡の清酒「天領盃」大吟醸 ・・・。

「おめでとうございます」と互いに“乾杯”したその口あたりは・・・仄かな吟醸果実香に・・・凛としたキレのある清涼感の旨口・・・すっきりとした喉ごし・・・“粋酔”と飲める感じの“ハレ”の旨さ。

幾分、簡略化されてきましたが・・・正座して手を合わせ・・・“雑煮”や“御節”をいただきました。

More “雑煮”と“御節”
by project-beppin | 2006-01-01 09:00 | 旅先の酒と食 | Comments(10)
“こんぴら詣り”の初食(はつじき)・・・“初釜うどん”と「金陵」
参道の全てが“こんぴら大権現テーマパーク”・・・そんな感じの“庶民信仰”が息づく初詣を済ませると・・・表参道の“うどん屋”が賑わっています・・・。

c0001578_13255914.jpgやはり、讃岐の国ですね・・・“年越しそば”より“初釜うどん”に人だかり・・・。なるほど・・・そりゃ~、いただかないと・・・。

小腹もすいていたので・・・“セルフうどん”のフルコースを・・・うどん、天ぷら、きつねずし・・・。
そして・・・湯せんされていた“金刀比羅宮 御神酒”の清酒「金陵 佳撰」ワンカップ

席について“ちくわ天”にかじりつき・・・この熱めのぬる燗カップを“グビッ”と・・・湯せん時は、上燗だったんでしょうが冷めかけて丁度いい“ぬる燗”・・・モワッと柔らかい匂い発ちに控えめな辛甘いコク・・・重たすぎず軽すぎず・・・滲み入る旨さ・・・普通酒ながらこのシチュエーションで飲むこともあってか・・・思わず“拍手(かしわで)”を打ちそうになりました・・・(笑)。うまいのぉ~・・・。

“打ちたて、茹でたて”のうどんと天ぷらやきつねずしを順に食べては・・・冷めてゆくワンカップの味わいを・・・淡々と一口ずつ楽しむ・・・“こんぴら詣り”の初食(はつじき)・・・でした。

More セルフ“初釜うどん”・・・
by project-beppin | 2006-01-01 04:00 | 旅先の酒と食 | Comments(2)
新出張紀行(その2)/口福燗・・・“鱈尽くし”
“雪雲”に覆われた日本海沿いを・・・福岡空港から“ひとっ飛び”・・・。新潟空港には・・・思ったほど雪はなかったのですが・・・長岡市に向かうにつれて“積雪”が深くなりました・・・。

c0001578_155101.jpg安宿にチェックインして・・・仕事の段取りを終えると・・・居酒屋へと・・・融け残った雪の中を街へ繰り出します・・・。やはり、“忘年会”と思しき人々が行き交う長岡の駅前・・・寒空の中でも、街が暖かな雰囲気に包まれていますよ。

道際には10cm以上の雪が残っているような駅前の居酒屋街・・・暖簾をくぐって、ひとりカウンター席へ座り・・・先ずは“ぬる燗”を注文・・・。焼酎は・・・大手ビールメーカーのものしかありませんでしたからね・・・でも、これが本来の新潟の居酒屋でしょう・・・。
ぬる燗を手酌でひっかけながら・・・“本日のおススメ”とある白板を眺めると・・・“真鱈の白子”という品書きが目に入りました・・・。

真鱈の白子・・・あの天ぷらの旨さが蘇りました・・・。店の大将が“今日は、いいのが入ったんですよ”と一声・・・“んじゃぁ、貰おうかぁ”とオイさんも素直に従います・・・。この季節になったなぁ~と思いながら・・・出された「白子のポン酢」をいただきます。

綺麗ですねぇ~・・・この淡いピンクの艶やかな白子・・・思わず歌いたくなります・・・。

 ♪ こ、これ これ これ 白子と燗酒
  鱈っだ ラッタ ラッタ ラッタ ラッタ ラッ鱈~ ♪ (唱歌:うさぎのダンス・・・の替歌)

箸で口に運ぶ間にも・・・滑り落ちそうな鮮度・・・口の中へチュルっと流し込んで・・・噛めばニュワ~ととろける清楚な旨み・・・ポン酢が効き過ぎず・・・脳醇な白子のコクが舌を覆います・・・くぅぉ~・・・。

 ♪ 箸っで 食いけり
    チュッル チュッル 踊る
   美味に舌巻き 鱈っ鱈っ鱈~ ♪

鮮度のいい真鱈の白子は、実に旨い!“口福燗”は・・・ご当地の定番“芳醇 吉乃川”の燗酒・・・やや辛口なコクのある清酒が、さらに演出してくれます・・・。

More “鱈尽くし”のもう一杯
by project-beppin | 2005-12-18 15:07 | 旅先の酒と食 | Comments(6)
“豚しゃぶ水炊き”に・・・やわらかな純米吟醸「良寛」
日中は暖かですが・・・今夜は・・・風も冷たくなって・・・秋の深まりを肌で感じますね・・・。

c0001578_23441853.jpgこのくらい冷えてくると・・・やっぱり・・・鍋でした・・・。基本的には・・・“水炊き”ですが・・・薄切りの豚肉は泳がせて“しゃぶしゃぶ”風にという・・・我家の“豚しゃぶ水炊き”・・・。
肉が固くならないことと・・・野菜を足しながら食べれることで・・・セパレートな感じが・・・愚息どもにも受けてます・・・。

鍋が始まる日のために・・・長岡出張時に持ち帰った・・・美の川酒造の純米吟醸を“ぬる燗”で・・・『良寛』

アルミタンポで・・・一合ぐらい・・・人肌のやわらかい温感は・・・淡く香るすっきりとした口あたり・・・仄かな甘みに深さがあって・・・舌から喉へ送る間に・・・円やかな淡辛口のコクがふくらむ感じ・・・如何にも“黎元清澄”な味わい・・・。

味わうというよりも・・・静かな嗜みが・・・福与かな幸せの晩酌という感じ・・・。

豚しゃぶのポン酢・・・水炊きの昆布出汁で、少し薄まったぐらいが・・・豚や野菜の旨味も引き出してくれます・・・。
この“ぬる燗”には・・・薄味の鍋が・・・良いです・・・。
by project-beppin | 2005-10-30 23:45 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(4)
沈着淡爽な辛口・・・純米吟醸「山古志」
今・・・NHK特集「棚田よ よみがえれ」を見ながら・・・晩酌を戴いています・・・。

c0001578_2132498.jpg崩れた棚田を自力復旧した・・・47枚の棚田風景・・・。八海山と駒ケ岳を望む・・・小千谷市真人町の棚田・・・田植えをする人々・・・。夏の水害にも耐えながら・・・好い米を作る稲作農家の言葉には・・・計り知れない重さと覚悟があります・・・。

そんな画像を見ながら・・・この『山古志』を・・・“生”と“ぬる燗”で・・・。

“生”の含み香の抱擁感・・・口あたりの麗かなコクと清真な旨さ・・・沈着淡爽な辛口は・・・素晴しい味わい・・・。
“ぬる燗”の柔らかな発ち香・・・口中では、しっかりとした濃い甘みがコクとなり・・・芳醇で円やかな喉越しの奥ゆかしさは・・・実に、麗な響きを持っています・・・。

これまでは・・・「契約自然栽培」、「自然棚田」、「天日干し“一本〆”使用」と書かれた言葉の意味を・・・単なる“売り文句”だとしか思えなかった自分を・・・恥じるばかりです。

そんな今宵の肴は・・・越後の“枝豆 豆腐 かまぼこ”・・・。レトルトごと・・・温めなおして“アツアツ”になったところで・・・生醤油と七味唐辛子・・・。
“豆腐”が練り込まれた・・・雪のような白身は“鱈”と“鯛”のすり身・・・。齧りついて・・・柔らかな歯応えに濃厚な練り身の塩加減・・・。大きな“枝豆”とすり潰した“茶豆”が・・・しっかりとした豆の旨みとなって・・・風味を特徴付けています・・・。

一人で・・・晩酌しながら・・・この越後の大地が育んだ旨い肴に・・・“米魂”を封じ込めて醸した・・・淡くも深い味わいの美吟の銘酒・・・思わず“合掌”しながら・・・杯をありがたく進めてしまいます・・・。
by project-beppin | 2005-10-23 22:50 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(0)
出張紀行(その4)/中越地震から1年・・・この銘酒を味わう
仕上げた後・・・安宿に戻って・・・TVをつけると・・・『新潟県中越地震』から丁度1年となる特集・・・を伝えています・・・。
c0001578_18252962.jpg
飲みに出る前に・・・酒屋で買っておいた・・・地元蔵の純米吟醸酒・・・お福酒造の『山古志』と美の川酒造の『良寛』・・・。

その酒屋の女将さんとしばらく立ち話したこと・・・。
お福酒造さんは・・・震災時には・・・タンクも倒れて被害も甚大だったとのこと・・・。
今も、蔵はまだ傾いていて、つっかえ支柱をしてる状態だそうですが・・・「今年の新酒の仕込みは始まっていますよ」と・・・笑顔で語ってくれました・・・。

そして・・・この『山古志』は・・・昨年の震災前刈り取りの純米吟醸酒だそうで・・・地元では「郷越後」(さとえちご)という古くからある銘柄なのですが・・・この醸造米を生産した山古志村地区に限って、この銘柄名を冠して売っていたとのことです。
あの震災以来・・・こちらの銘柄名が有名になってしまって・・・「この山古志のお米で造るお酒も・・・今年は割り当てが少ないんですよ・・・」と・・・。

そんな話を聞いて・・・震災の犠牲者に深く哀悼し・・・未だに被災と向き合っていらっしゃる多くの方々の努力に敬意を払いながら・・・この銘酒を味わおうと・・・思っています・・・。
by project-beppin | 2005-10-23 18:28 | 旅先の風土・行楽 | Comments(2)
凛とした甘口のキレ・・・清酒 「西の関 ひや」
やっと・・・“蝉時雨”が降りそそぎ・・・“入道雲”が立ち昇る・・・本格的な猛暑ですねぇ・・・。こうなると・・・大地を冷ます・・・“夕立”がほしいものです・・・。

c0001578_22444492.jpg“風呂上り”に・・・近所のコンビニへ出かけて・・・めっきり飲まなくなったビールや発泡酒を尻目に・・・珍しく冷酒をば・・・清酒『西の関 ひや』

HAKUDOU師匠の想い入れのある国東町の清酒蔵・・・萱島酒造さんの夏の普通酒・・・。
涼しそうな青い瓶が・・・“夏の雨月宴会”に行けない私に・・・語りかけてきたようで・・・冷蔵棚から手に取りました・・・。

“オンザロックで”なんて書いてありますが・・・なみなみとコップに注いで・・・口を近づけながら啜ります・・・。
冷たい甘口の旨味が芯ですが・・・凛としたキレを持っています・・・(マッタリとべとつく感じが全くなく)・・・“濃口旨さ”と“涼麗な口あたり”・・・。
大分らしい甘口の伝統の味わい・・・普通酒の冷酒とは・・・かくあるべき・・・。

大分県酒造組合には・・・清酒専業蔵が10場以上あり・・・豊後の清酒・・・西の関、鷹来屋、千羽鶴、智恵美人などなど・・・清酒も楽しんでいただきたい・・・。
by project-beppin | 2005-08-03 22:47 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(3)
帰路の車内は(その1)・・・「吉乃川 生原酒」
仕事を終えて・・・帰路・・・長岡から新潟へ

c0001578_21343372.jpg長岡らしい清酒の味わいを車内でも・・・『吉乃川 六段仕込み・ふなしぼり・生原酒』
冷やでアルミ缶を“カポッ”っと開ければ・・・甘口ながらくどくない・・・19度のアルコール感はきっちりと・・・まぁ、旨いですねぇ。

土産に買った長岡名物の“炊き乃家の炊き餅”(かしきのいえのかしきもち)をアテに・・・

ちょっと、合わないような気がしますが・・・これはこれで・・・それなりに旨いもんです。
by project-beppin | 2005-02-27 21:35 | 旅先の酒と食 | Comments(1)
美酒探訪/新潟・・・その壱:『柳鰈の汐干』に「越の雄町」
夜の9時を回ってます・・・オヤジがひとりで・・・暖簾をくぐる。
日本海の魚を“肴”に・・・ご自慢の清酒をいただきたいですねぇ。

c0001578_011519.jpgまずは、銘酒の一升瓶が鎮座する看板に誘われて・・・『藤正』というお店の暖簾をくぐります。

「お奨めの清酒を冷やで・・・肴も刺身と焼き物をお奨めで・・・」
一元者が・・・お店に座ったときは、これに限ります・・・。実際、美味しい清酒に疎いのですから・・・

c0001578_031498.jpg女将さん直々にお持ちいただきました・・・『大吟醸 越の雄町』・・・ありがたくいただきます。
一口いただいて・・・「美味しい」と声を出していました。吟醸の気品の味わいとは・・・こういうものなんでしょうねぇ。
清清しい含み香、柔らかい口当たり、すっきりとした清楚な甘み、滑らかな喉越し・・・。意識してないのに・・・スイスイ・・・

その後に・・・ちょっと辛口の『大吟醸 麒麟山』・・・美味しい。

“肴”は、地もの『刺身の盛り合わせ』・・・佐渡の寒ぶり、真いか、ばい貝、真鯛・・・と
『柳鰈の汐干』・・・肉厚でホロッと身離れのよい薄塩の白身・・・。


その後は・・・板場の店主と馴染みのお客さんとともに河豚談義で・・・楽しい時間・・・居酒屋礼讃
by project-beppin | 2004-12-18 00:06 | 旅先の酒と食 | Comments(2)