タグ:玖珠・九重 ( 33 ) タグの人気記事
“旨辛”香味の独特常圧・・・「我流」
“7.11 参議院議員選挙”と“大相撲 名古屋場所”と“W杯 決勝”の“決戦前夜”となった土曜日(10日)・・・女房殿は、ここのところ熱中しているとある作業に集中したいとのことで・・・次男坊とオヤジに「“在るモノ”で食べて~!」と懇願・・・オヤジは自ら簡単な夕食にすることとしました・・・。

c0001578_2391715.jpg世間の“注目”とは別次元ですが・・・オヤジの“注目”は“在るモノ”で食べる“酎目”・・・どの焼酎で“食中酒”とするか?・・・。

まず、その“在るモノ”を物色すると・・・“レトルト・カレー”に惣菜“コロッケ”・・・まぁ、いたって我が家の“日常”的な“在るモノ”でした・・・(笑)。

その“レトルト・カレー”の中でも・・・我が家で“注目”に値するのが・・・“豊後 きのこカレー”・・・。

俗に云う“お土産ご当地カレー”の一種ですが・・・比較的“安く”て、“旨く”て、“手軽”に食べることのできる“田舎味のカレー”で・・・もちろん、その名のとおり、大分名産“乾椎茸”がメインの具材・・・。

これに“酎目”としたのが・・・あの九重町“八鹿酒造”の“常圧”麦焼酎『我流』・・・味のある“ロック”として、飲みながら喰らい、喰らいながら飲むというには“もってこい”の・・・晩酌向けです・・・。

この落ち着いた甘みを漂わすような“酎香”とでもいいましょうか・・・おとなしくも擽るように香しく感じます・・・。ロック氷に融け薄まっても口あたりは・・・角の取れた旨辛さの苦みがあって・・・鼻腔に抜ける“麦飴”のようなアルコール感は“独尊”的“香味”・・・。味わいのコクは“ガツン”系ですが・・・その味わいの“面影”は、どこかであの小野富酒造の「豊後むぎ」の余韻のキレと残響を思い浮かべてしまいます・・・。

この「我流(がりゅう)」の名に“想い”を籠めた風味・・・流行とは一線を画すとでも言いたいのではないでしょうか・・・皆さんにも、そんな“想い”を味わってほしいですね・・・。

■ 「我流」(八鹿酒造:玖珠郡九重町/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン旨口タイプ
 穏やかで微かな麦飴のような香りと、特有の香ばしくも円い辛口の口あたりに懐かしくも深い味わいが漂う旨口タイプ。昔ながらと呼ぶに相応しい麦の主張し過ぎないコクと奥行きの陰影を持つ優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “豊後 きのこカレー”と“コロッケ”に・・・“独尊”風味の常圧“ロック”
by project-beppin | 2010-07-11 00:48 | 大分麦焼酎 | Comments(22)
“滝見”遊山(その3):“日出生川”の名瀑・・・西椎屋の滝
“宇佐のマチュピチュ”の“比較便乗学”的景観を楽しんだ後・・・“滝見”遊山の最終目的地へ向ってR387号線を玖珠方面へ・・・山道を上り宇佐市“旧院内町”と“玖珠町”の境を越えたところに・・・この「西椎屋の滝」があります・・・。

c0001578_1243767.jpg案内看板に導かれるように・・・駐車スペースに車を停め・・・遊歩道のような木立の中を下りながら進みます・・・。

しばらく下ると正面にフェンスに囲まれた“展望台”があって・・・滝上からの眺望が広がり、院内を流れる“恵良川”水系の源流に近い“日出生(ひじゅう)川”の“懸崖”に・・・“日本の滝百選”にも選ばれた“名瀑”が姿を現します・・・。

深き谷底へと、白く噴出すように落差86mを下り散る水量の多い滝容は・・・遠望であっても男性的な“豪快”な印象を受けます・・・。

実は、この上から眺める“展望台”は、“第一展望台”・・・ここからさらに急な坂道を下ると・・・滝の“下崖”を眺めるような“第二展望台”があるのですが・・・女房殿の軽装な足下では、ちょっと難しい感じでした・・・。結局、ここで眺めている途中で雨も降りはじめて・・・この日の“滝見”遊山の見納め・・・。

実質的には半日の“滝見”遊山・・・急ぐでもなく、気の向くままではありましたが・・・背伸びしながら“深呼吸”したような“軽快”な清々しさが味わえました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “宇佐の三滝”の雄・・・
by project-beppin | 2010-06-26 12:29 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
HAKUDOU師匠と“九重”帰行(その2)・・・“笑門福来”八鹿酒造の“なしか!”
“竜門の滝”から川沿いを“玖珠川”と合流する方向へ・・・その突当りのT字路を県道409号線で“旧九重町役場”のあった恵良方面に・・・旧道沿いの密集した町並のほぼ中ほどに“八鹿酒造”がありました・・・。

c0001578_1690100.jpg到着時刻は、ほぼ17時・・・予約制の蔵見学は、諦めてましたが・・・せめて、蔵元の試飲販売は・・・との微かな望みを繋ぎとめるように・・・“酒蔵案内所”内の灯りと制服姿の女性社員の笑顔に接し・・・「まだ、イイですかぁ?」と問えば・・・明るく「どうぞ、いらっしゃいませぇ・・・」との声で・・・蔵の販売所へ・・・。

昭和・・・つまり、まだ農協、消防団、職場単位の“団体旅行”が盛況だった頃・・・“別府”の街で飲んで、酒と云えば「八鹿」、焼酎と云えば「二階堂」だったと・・・職場の上司から聞かされたことを思い出し・・・此処がその“蔵元”なんだと・・・初めてながら、懐かしく思えたりするのです・・・(笑)。

そして、もうひとつ“八鹿”な“縁”で忘れてならないのが・・・夕方の“天気予報”といえば、誰もが知っている“ヤン坊 マー坊”の時代・・・大分県民は“老若男女”問わず口ずさむ全く別の“天気予報”を告げる“BGM”があって・・・それが、俗に言う“八鹿の天気予報”・・・“県民演歌”とも謂えるメロディーなんです・・・。

 ♪ 水ぅ澄みぃてぇ~ 川はぁ 清ぉくぅ~  山はぁ みぃどぉりぃ~  花の宴のぉ~ 杯にぃ~
    酌みぃ交ぁわぁすぅ~ 酒は八ぅ鹿 ぁ~  くじゅぅうぅ~の やまぁにぃ~
      幸せぇはぁるかぁ こだましてぇ~ 酒ぇはぁ~ 八鹿ぁ~  ♪

さすがに・・・販売所内では、流れていませんでしたが・・・(笑)。

そんな蔵元への私的な“親近感”は・・・もちろん、HAKUDOU師匠にも溢れるほどあって・・・あの“御手洗酒店”の“本直し”カクテルと“角分け”文化の“原風景”に宿る麦焼酎「なしか!」のこと・・・その仲間たちから誘われながらも未参加のままとなっている“なしか祭り”のこと・・・などなど・・・此処の清酒と焼酎を“試飲”しながら・・・女性社員の笑顔に応えるように・・・語っていました・・・。

そして、屋号“舟来屋(ふなこや)”の系譜と蔵元“八鹿”に刻まれた“歴史”・・・“竜門の滝”との因果や“灌漑井路”の“公益”工事に尽力した業績も知ることができました・・・。

短時間の訪問でしたが・・・“地霊”とは何か?を語るに相応しい蔵元だと・・・感慨深く眺めた蔵風景です・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 屋号“舟来屋”・・・“なしか!”な風景
by project-beppin | 2010-05-29 16:14 | 焼酎文化考 | Comments(2)
HAKUDOU師匠と“九重”帰行(その1)・・・“龍門瀑布案内図”
日田の“三蔵”と“いいちこ日田蒸留所”を巡り終えて・・・既に15時大きく回ってしまってしまいました・・・。JR九州“久大線”沿線を巡る“清(酒)焼(酎)混淆”の旅となるよう・・・帰路に寄りたい“蔵元”はまだ二つ・・・玖珠町“亀の井酒造”と九重町“八鹿酒造”・・・。

c0001578_013159.jpgR210号線を一路“玖珠・九重”方面へ・・・玖珠川沿いに車を走らせながら、“鳥ん足”を買い・・・建ち並ぶ“天瀬温泉”を眺めて・・・“慈恩の滝”を過ぎ・・・玖珠町に入りましたが・・・もう16時・・・。

この時間では・・・二蔵は、無理と判断し・・・“亀の井酒造”さんは、またの機会にしました・・・。

そうとなれば・・・あの“御手洗酒店”の“角分け”文化の基調となる“大分第三の麦”焼酎「なしか!」の“八鹿酒造”さんをめざします・・・。

その前に・・・“八鹿の里”の象徴・・・その“地霊”の風土を感じる“竜門の滝”へ・・・。

この滝へと向うためには・・・滝沿いの高台に建立された禅宗三派の一つ黄檗(おうはく)宗“吉祥山 龍門寺”の境内を通るのですが・・・その寺に昔の滝の周辺図であるこの“龍門瀑布案内図”がありました・・・。

この“竜門の滝”を命名し、さらにその滝の各所に12の“名勝”を見いだした“名付けの親”こそ・・・この寺院を開山した黄檗宗開祖“大覺禅師=冉蘭渓道隆”だと・・・。

“滝”というと幾筋かの流水が一気に落下する風景が一般的ですが・・・この図を見ると・・・確かに“瀑布”と呼ぶに相応しいほどの水量があったんだと・・・今とは違った“滝姿”の絵図に興味を覚えました・・・。

この“滝姿”の変化の秘密は・・・↓Moreで・・・。


※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 滝の“今昔”と・・・“渓流の女王"
by project-beppin | 2010-05-27 01:05 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
“国体”の迎え酒・・・“かぼすロック”で「なしか!」
しばらくは、悪しき“狂育ムラ社会”が“身内や特定支持者の未来を不正に買って、正規採用予定者の人生を歪め、普通に暮らしながら教壇に立っている”ということを告発し続けます・・・。“酷懐偽員”と“嫌疑怪偽員”の“口利き”の慣習化している実態とそれを認め続けてきた“狂委患部”の不健全な関係を・・・記憶に深く留めておきましょう・・・。

c0001578_22154976.jpgその教育委員会患部の映像に登場する“めじろんシャツ”・・・本来は、“第63回国民体育大会”と“第8回全国障害者スポーツ大会”のマスコットとして活躍しているのに・・・まるで“汚職事件”の“狂委キャラ”扱いされています・・・残念・・・。

ということで・・・今夜は、“大分発第3の麦”「なしか!」の20°“国体応援バージョン”5合瓶で“晩酌”です・・・“めじろん”の“名誉挽回”・・・(笑)。

地元では“PETワンカップ”や“紙パック”でもお馴染みですが・・・ついに我が家の食卓にこの5合瓶も登場しました・・・それも、あの“御手洗酒店”や“いっしょう亭”、“いそ舟”での旨さが忘れ難い“かぼすロック”で・・・。

“生”で飲むと・・・“吟涼”な香りと甘みに辛口の口あたりが重なる綺麗なドライ感・・・じっくり飲み続けられる“オールマイティー”な麦焼酎です・・・。

早生の“かぼす”も出回る季節・・・濃厚グリーンの“柑橘酸”果汁を「なしか!」を注いだ“ロックグラス”に搾って軽く指でステアすれば・・・大分の夏の“清涼”が香るような酸香淡麗スイスイ感・・・酸味と甘みの“酎和”する風土の味わいや好し!・・・。

もちろん・・・“タラとオクラのムニエル”にもかぼすを搾ってますから・・・実に旨いです・・・。

■「なしか!」(八鹿酒造:玖珠郡九重町/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 吟涼なアルコール香と、辛口の口あたりとストイックに輝く甘みが重なる淡麗タイプ。カボスとともに酸香淡麗に味わえるストレートなロックのキレ好い旨さの優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 夏の“かぼすロック”で“国体応援”・・・
by project-beppin | 2008-07-19 22:54 | 大分麦焼酎 | Comments(0)
“太刀魚”と“菜の花”と・・・濃口ドライ「虹色おいさん」
春はセンバツから”・・・もちろん地元、別府の“明豊高校”が、昨年の覇者“常葉菊川”と対戦するんですから・・・集中して挑み“大金星”をと・・・期待したいですね・・・。

c0001578_0401530.jpgトリニータ”も開幕から好調2連勝なんですが・・・“ヒートデビルズ”はウェスタンカンファレンス3位と・・・“巻き返し”に期待です・・・。

今夜は・・・“太刀打ち”できる“巻き返し”を祈願して・・・(無茶苦茶“強引”に)“太刀魚”の“箸巻”をアテに・・・『虹色おいさん』で晩酌です・・・(笑)。

この“八鹿酒造”の麦焼酎に気づいたのは・・・あの“御手洗酒店”でして・・・棚にあったこの5合瓶を見つけたオヤジ(私)・・・不躾にも・・・“寛”氏本人に向って「コレ、中味は“なしか”でしょう・・・?」と聞いたところ・・・間髪を容れず“寛”氏の返答「ちゃいます!・・・コレは、ちゃんと私も何種もの原酒を“利き酒”してですな・・・最後は酔うちょったんですが(笑)・・・オリジナルですわ・・・。」と・・・。

“ぁっ痛たたたぁ~”なんと失礼なことを・・・と思ったものの・・・“オリジナル”なら、まだ“味知らぬ”ドライ系?・・・ならば“飲んでみたいのぉ~”と・・・脳裏を過ぎる“衝動”に駆られたので5合瓶を買って帰ったモノ・・・。

開封して“生”で飲むと・・・清々しいドライな“香気”が鼻腔へと響くようで濃吟に匂い発ちます・・・。口中で転がすと・・・先鋭な辛口の刺激が交錯する甘い濃口とでもいいましょうか・・・ドライ系の風味に宿る響き渡る感じ・・・喉越しに共鳴するキレも余韻も・・・しっかりした味わい・・・。

“箸巻”の甘辛さも、“菜の花炒め”の旬菜滋味も、“キンピラ蓮根”のピリ辛味も・・・おおぅ~!これがまた旨いアテ!・・・。

で・・・“お湯割り”に“かぼす果汁”を注いで“かぼす割り”の一杯も“流石”ですし・・・どんなアテにも、どんな飲み方にも“七変化”して馴染む“レインボー”な旨さを秘めてますね・・・。

■ 「虹色おいさん」(八鹿酒造:九重町/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 清々しい濃吟な香気、口中で転がるシャープな辛口に鼻腔まで甘みを持った濃口な味わいが響き渡る風味の骨格がしっかりした淡麗タイプ。辛口な響きと甘みの余韻が交錯して共鳴する優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も50位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “箸巻”、“菜の花”、“蓮根”に・・・仕上げは“ネギトロ丼”
by project-beppin | 2008-03-16 00:49 | 大分麦焼酎 | Comments(2)
雪景色の里山・・・玖珠“春雪墨彩”
“弥生三月、春近し”・・・なんて書いたすぐ後のエントリー記事が・・・昨晩、一夜で山間部に降り積もった雪景色という・・・なんとも“間の悪い”時候です・・・(笑)。
c0001578_21122883.jpg
思い出してみれば・・・一昨年も、3月の“なごり雪”の日に“走行中”でした・・・。

今朝は、仕事で日田へ・・・別府の市街地では、雪の気配は残ってないのですが・・・速度規制の残る高速道路に入ると・・・別府湾S.A.から、塚原も、由布岳も、湯布院I.C.も、水分峠も、九重I.C.も・・・やっぱり、みーんな雪景色・・・。

水分P.A.辺りまでは・・・青空と朝陽が射し“白銀”の輝く美しい光景だったのですが・・・“一服”しよう決めていた玖珠S.A.では・・・霧が上りかけたところでした・・・。

自販機の“レギュラーコーヒー”ドリップ待ちの時間中に・・・雪霧に霞む玖珠の景色も・・・“春雪墨彩”とでも申しましょうか?・・・雪景の水墨画を見るような“静かな趣”があるなぁと思ってしまった次第・・・。

そして今夜は・・・この“墨彩色”の里山を思い浮かべながら・・・これで飲み切りとなる「白藤」の“お湯割り”を飲みはじめています・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 玖珠S.A.の“春雪墨彩”
by project-beppin | 2008-03-05 21:31 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
“豊後名山”秋景(その5)・・・牧ノ戸から眺める黒岩山、泉水山、沓掛山
“くじゅう連山”北麓の長者原から西麓へと峠を上がると“牧ノ戸”・・・九州本土の最高峰となる“中岳”や“久住山”へ登るには最も便利な登山口です・・・。

c0001578_230371.jpgこの標高は、すでに枯木立・・・紅葉は見下ろす麓へと移っています・・・。そんな中でも・・・登山者たちが絶えることなく駐車場はほぼ満車状態でした・・・。

ここからの眺めは・・・登山口から目前に迫る“星生山”、“沓掛山”と・・・この“くじゅう連山”周辺の山々“黒岩山”、“泉水山”・・・そして長者原や飯田高原の彼方に望む“由布山”です・・・。

山開きの6月には“ミヤマキリシマ”の群生が山肌をピンクに染める絶景の登山口ですが・・・この11月の落葉後は常緑の低木樹“アセビ(馬酔木)”の房生り“蕾”が赤い彩りを添えていました・・・。これからは・・・“樹氷”の銀世界へと向うことでしょう・・・。

↓270°のパノラマ・モンタージュ全景・・・(画像をクリックすると大きく別表示します。)
c0001578_2326241.jpg
この日のオヤジは、ここで昼食・・・長者原で買った登山者向け“おにぎり弁当”をベンチに広げて眺望とともにいただきました・・・。

いやぁ~、空気も味も景色も“美味しい”ィ~し・・・心も腹も“満腹”です・・・(笑)。

More 牧ノ戸峠の眺望とおにぎり弁当・・・
by project-beppin | 2007-11-25 23:46 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
“豊後名山”秋景(その4)・・・三俣山、硫黄山、星生山
“男池”から、県道621号線を県道11号線“やまなみハイウェイ”に出て・・・長者原へ・・・。

c0001578_0163926.jpg
長者原の“ビジターセンター”脇のドライブインから長者原湿原を渡る遊歩道から見ると・・・左に“三俣山”を見上げ・・・正面に噴気を上げる“硫黄山”・・・右に“星生山”・・・。

この長者原から眺める“くじゅう連山”の紅葉は・・・10月末から11月上旬までだっととのことで・・・この日(13日)は既に“枯れ木立”でした・・・。

もう15年以上前のちょうど今頃・・・“地蔵原貯水池”で“ワカサギ釣り”(釣れませんでしたが・・・笑)のあと“地蔵原(じぞうばる)温泉”の民宿に泊まった職場旅行の折・・・翌朝6時、民宿の女将さんに握ってもらった“おむすび”を持って・・・この長者原から自然遊歩道を通り“雨が池”を経由して“坊がつる”へと下り・・・“法華院温泉”を経て“北千里ヶ浜”へと上り“すがもり越”して下山・・・長者原と牧ノ戸峠の間にある“大曲”に出て長者原に戻るというルートが・・・このオヤジ唯一の“くじゅう登山”です・・・。

この“三俣山”を巡回した6時間半の半日登山・・・あの頃でさえ、下山後には脚が“笑っていた”ことを思うと・・・今、オヤジの威厳を示しながら愚息どもを伴って登ることはできないと・・・まじまじと山を眺める“情けない”オヤジであります・・・(笑)。

ですが・・・一度は愚息どもと登ってみたい山でもあり・・・もし、その日が来れば、山の頂で麦焼酎“ワンカップ”を飲みたいですね・・・。

More “長者原”の秋・・・
by project-beppin | 2007-11-25 00:24 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
“地味恋し”の“山”うどん・・・猪(しし)うどん
“春一番”と“黄砂”のニュースが流れた今週を象徴するように・・・今日も、一日“春雨”のような小雨・・・JH大分道も別府-湯布院間で一時(霧のため)通行止めだったようです・・・。

c0001578_1433020.jpg今週の水曜日(14日)・・・世の中は“バレンタイン”という年中行事だったようですが・・・“蚊帳の外”のオヤジは、仕事で玖珠方面へ・・・“水分峠”を越えてR210号線を九重町に入ると・・・国道沿いの“食堂”・・・そこに“朝定食6時から”の看板とともに“猪うどん”の文字・・・車を寄せて暖簾をくぐります・・・。

店に入れば・・・薄暗い店内に“おばちゃん”ひとり・・・。(どうも、昼時の初客が私のようで・・・)

私 「“猪(いのしし)うどん”ちょうだい・・・」

おばちゃん 「はい、いらっしゃいませ・・・猪(しし)うどんな・・・。まぁ、こっちにお座り・・・下に“火”入っとりますから、暖かいで・・・」
と、勧められたテーブルの下には丸い練炭“七輪”・・・なるほど“掘りごたつ”ならぬ“卓下ごたつ”・・・テーブルカバーがコタツ布団の働きをして足元が温もります・・・。

厨房に立って作りはじめたおばちゃんと世間話をしていると・・・丁度、正午になったらしく・・・“町民有線”のスピーカーから、“くじゅう山”自慢の九重町らしい時報・・・電子音の“坊がつる賛歌”が流れます・・・。

“今年は暖かいけど、風邪引いた”とか、“猪うどんは(人気があって)皆よく注文する”とか、話してるのを聞いてるうちに出てきたのが・・・この「猪うどん」・・・。

淡口のうどんつゆは、なかなか旨い“甘口昆布だし”の整え方・・・長葱の仄かな香りと猪肉の味わいが沁み入る感じが、なんとも恋しい“山”うどんの風情・・・噛み応えのある旨さの猪肉も・・・正しく九重の“地味”です・・・。

豊後らしい地霊を宿す“三大うどん”とは?と聞かれれば・・・(今のところ)豊後竹田の「ごまうどん」、県南佐伯の「ごまだしうどん」・・・そして、この「猪うどん」・・・いずれも間違いなく“地味”の“滋味”が宿っておりまする・・・。それと・・・そうそう、大分空港搭乗口売店の「椎茸うどん」も含めれば・・・豊後のうどん“四天王”ですかな?・・・(笑)。

■ 猪うどん:福萬/玖珠郡九重町野上

More “地味恋し”・・・
by project-beppin | 2007-02-18 01:47 | 美食の街 | Comments(12)