タグ:米焼酎 ( 25 ) タグの人気記事
米焼酎の“吟湧耽麗”・・・ 「特別蒸留 耶馬美人」
“松”もとれ、“寒中見舞い”が届いて・・・本来なら、“正月気分”から抜け出るための“日常モード三連休”だったはずなんですが・・・なんとなく、我が家で過ごす“正月気分”のままでした・・・(反省・・・)。

c0001578_23494250.jpgそんな“三連休”の初日の土曜日(10日)・・・“北海道”から届いた“毛蟹”と書かれた宅配発泡スチロール・・・女房殿の親族からだったので、女房殿が開けるなりに吃驚!・・・“浜茹で”の丸ごと冷凍が2杯・・・。

その吃驚した声を聞きつけて・・・玄関先にオヤジと次男坊も駆けつけ・・・居間で三人がその宅配された発泡スチロールを開けながら囲み・・・思い思いに声を出して覗き込むという始末・・・(笑)。

女房殿・・・「決まり!今夜は、コレにしよぉっ!・・・。」
次男坊・・・「まぁ、豪華やけど・・・コレだけ?・・・。」
オヤジ(私)・・・(女房殿の顔色を伺いながら、怖々・・・)「なら、寿司かなっ?・・・久しぶりに“金太郎”の持ち帰り“桶”・・・。」
女房殿・・・(しばらく考えて)「まっ、いいかぁ・・・なら、夕方に“お澄まし(汁)”だけ作ればいいし・・・そうしよう!・・・。」
次男坊の「よっしゃぁ~!」という声と同時に・・・オヤジは次男坊に向って“Vサイン”・・・。

別府公園の近くに移転した“金太郎 寿司”で16時頃にオーダー・・・18時頃に桶を受け取って帰宅すると・・・丁度、長男坊も戻っており・・・「おおっ!豪華ぁ~」と・・・。

寿司を摘んでは、蟹身を取って食べる家族を尻目に・・・オヤジは、こんな日のための“米焼酎”を今年の“初開封”の一本にしました・・・『特別蒸留 耶馬美人』・・・。

先ずは、“生”のまま一杯・・・空想の果実を連想してしまうような仄かに放たれる優美な吟醸香を嗅ぎながら・・・口元で滑らかさを感じる円熟した甘みが膨らんだかと思うと・・・口中で転がすうちに浮かび上がる円やかな辛口の旨味・・・磨かれた米アルコールの静かな味わいが爽やかに過ぎてゆく喉越し・・・鼻腔に残る穏やかな余韻も好いです・・・。

この米焼酎の“流飲感”が“耽美”な印象を残す“生”一杯で・・・“蟹味噌”を嘗めて・・・“炙りカンパチ”のにぎりと“鮭の腹皮”の軍艦を摘み・・・“6:4”に割って湯煎した“燗つけ”焼酎を飲む・・・これが“至福”の晩酌・・・。

ついつい・・・掌を額に当てて“くぅ~”っと・・・唸っているのであります・・・(笑)。

■「特別蒸留 耶馬美人」(旭酒造:中津市/不明:米・米麹)25度・・・米焼酎
 吟醸の如く優美な淡香に酔いしれながら、含み香の味わいに米アルコールの円やかな甘さと落ち着いた辛口の滑らかな舌触りを楽しむ米焼酎。喉越しに爽やかなに流れる余韻を感じる耽美派の麗品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “寿司”と“蟹”に・・・美味な“6:4の燗つけ”
by project-beppin | 2009-01-13 23:55 | 地焼酎(米 ect.) | Comments(8)
“極辛口”の清酒の如く・・・「天領時代おくれ」
今年の晩酌“飲み初め”となる焼酎は・・・四国・琴平に持参した大分・日田の米焼酎でした・・・。

c0001578_391994.jpg元旦の夜・・・“三箇日は、肉は食べない”という信条を持つ家柄なのですが・・・「お節ばっかりやったら、子供達が飽きるやろぉ~ぅ。」と・・・“魚介水炊き”の鍋をつつきながらの食中晩酌と相成りました・・・。

そんな鍋の席では・・・大多数がビールを飲んでいましたが・・・“金陵”が地霊を宿す味わいの“清酒文化圏”である土地柄ですから・・・今年は、“麦”焼酎ではなく“米”焼酎をご披露・・・米焼酎『天領時代おくれ』・・・。

“米”と“米麹”の米焼酎に・・・“粕取焼酎”をブレンドしたという米原料“三様”が調和した焼酎・・・その独特の風味を期待して・・・“生”で飲んでみました・・・。

清々しいようで落ち着きのある酒粕の甘美な香りを聞くことができますし・・・米甘みの口あたりと辛口なキレが心地よく・・多少エッジのあるアルコール感を放って・・・喉越しにくすぐる程度の味わいの響きを残しながら・・・・“生”でも十分、ククッと飲めます・・・。

まるで“極辛口”の清酒の如く・・・米焼酎の旨みを甘露でドライな舌触りとともに伝えてくれますので・・・そうですねぇ~?・・・これは酒粕を蒸留した“粕取焼酎”が加わることで・・・(おそらく)減圧蒸留による米焼酎の香りと風味が際立っているという感じがします・・・。

大分の米焼酎も味わいが広がりましたねぇ~・・・吟醸香の「耶馬美人」、本醸造のような旨さの「天下無敵」、生原酒のような「余谷物語」、「千年あかり」などと比べれば・・・「天領時代おくれ」は、“純米酒”のような旨さと言えるのではないでしょうか・・・。

■「天領時代おくれ」(井上酒造:日田市/不明:米・米麹・酒粕)25度・・・米焼酎
 仄かに感じる酒粕の甘美な香りが清々しく、米甘みの円やかさに辛口なキレが秀逸な口あたりと純粋で真っ直ぐな味わいが心地よい飲み口。米焼酎を響かせる粕取焼酎のブレンドが光る優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から“お年玉”代わりの人気blog ランキング】への応援クリック!を頂戴し・・・ありがたいことに現在40位前後と・・・復帰することができました・・・。
“書き込みするほどでも~”とお思いの方も含めて・・・“御年賀”や“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・
人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。今年も、何卒、よろしくお願いいたします・・・。


More “魚介水炊き”鍋と・・・
by project-beppin | 2008-01-07 03:13 | 地焼酎(米 ect.) | Comments(5)
"米焼酎"のガツン系・・・「余谷物語」
今年の“イブ”は・・・家族揃って我が家で過ごしました・・・。(このブログを読み返してみると・・・)昨年は、長男坊が合宿で出かけて、次男坊が“熱”を出してダウンでしたから・・・それから比べれば・・・平穏な“イブ”であることに安堵でした・・・。

c0001578_3353114.jpg一昨日(23日)“べっぷ クリスマス HANABI ファンタジア”から戻った後・・・露天商夜店から持ち帰った“いかやき”をアテに・・・「これが、ひょっとすると今年最後の“開封”になるかも?」と思いながら・・・22時頃から飲み始めたのが・・・この晩酌風景です・・・。

開封したのは・・・デパ地下で“限定品”という札に誘われて衝動的に買った“純米焼酎”というもの・・・宇佐の常徳屋酒造場さんの常圧蒸留米焼酎『余谷(あまりだに)物語』・・・。

開封後“生”で注いだ少量のその味わいに“驚愕”・・・旨いっ!!!・・・と素直に反応するオヤジの脳裏・・・。

どことなくあのガツン系麦焼酎の「為・」を思い起こす芳ばしい香りに・・・米らしい柔らかな風味が宿っているようで・・・口に含んだ瞬間に膨らむ甘みと潤うような香ばしい苦みの濃厚な味わいは・・・円やかに鼻腔へと抜けて・・・喉越しも滑らかな味わいが心地よく・・・実に好い余韻を奏でています・・・。

これなら“お湯割り”も旨いはずと思ったのですが・・・直感的に6:4に水で割って、アルミタンポで“燗付け”したくなりました・・・(笑)。

で・・・この“水割り”の“燗付け”がこれまた旨い!!!・・・香りと味わいの骨格は全く崩れもせず、抱擁感を纏った優しい口あたり・・・丁寧な蒸留と熟成であることが伝わってくるようです・・・。

“いかやき”もなかなか美味いアテだったんですが・・・それを超越したこの焼酎の旨さは、正に“米焼酎”の“ガツン系”と言うに相応しいと思います・・・。

■「余谷物語」(常徳屋酒造場:宇佐市/常圧:米・米麹)25度・・・米焼酎
 米らしい柔らかな風味と香ばしさを宿す香りに、濃醇な甘みと仄かに香ばしい苦みの濃厚でありながら滑らかな米焼酎。味わいの膨らみと割っても崩れない伸びのある潤いが、心地好い飲み応えへの余韻に誘う秀逸品。

More “いかやき”と“純”米焼酎・・・
by project-beppin | 2007-12-25 03:36 | 地焼酎(米 ect.) | Comments(4)
米甘みの気品にコク辛さが響く・・・「千年あかり」
先週末は、竹細工伝統産業会館で“竹と月夜の調べ”と別府公園で“農林水産祭 農・林業部門”・・・今週は、亀川漁港で“農林水産祭 水産部門”と・・・別府市内も大賑わいでした・・・。

c0001578_22363020.jpgもちろん、今日(28日)、亀川漁港に向けて出かけましたが・・・駐車場の渋滞で断念・・・。結局、女房殿に付き合って市内のスーパーで買い物・・・スーパー内でも水産部門をウロウロと・・・(笑)。

「安くて美味しいなら、買っても良いわよ」と・・・女房殿から任された“夕食の魚”兼“晩酌の肴”・・・選りすぐったつもりで、蒲江産“ヒラメのエンガワ”と北海道産“サンマ”の刺身・・・。
「これじゃぁ、量が足りないでしょ!」と女房殿が買い足した“マグロ”の赤身とともに・・・“晩酌の肴”にして戴きます・・・。

先週の“蔵夜景”の思い出にと買った常圧蒸留の米焼酎『千年あかり』を開封・・・“生”のまま一杯・・・。

香りは穏やかに清楚な感じでクセがありません・・・。一口含んだ印象は、正に米の常圧風味・・・甘みのしっかりした旨みが鼻腔へと向い・・・舌触りにホロ苦い辛口を味わいながら・・・余韻の喉越しで深く長く響くコクのアルコール感が・・・“生”である25度の旨みを最大限引き出してくれます・・・。

“味わえる気品”とでも言いましょうか・・・米の旨味を知っている造りです・・・。“竹炭濾過”が辛口の“エグ味”を円やかに香ばしくコク旨さに“置換”したという印象もあって・・・米焼酎の味わいを楽しめる焼酎らしい旨味が心地よい一杯でした・・・。

■ 「千年あかり」(クンチョウ酒造:日田市/常圧:米・米麹)25度・・・米焼酎
 穏やかで清楚な香りに甘みのしっかりした旨みが放たれるような米焼酎。竹炭濾過で磨かれた秀逸な米アルコール感の甘旨みにホロ苦い辛口が円やかなコクとなって深く長く響く優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “サンマ”と“エンガワ”と・・・
by project-beppin | 2007-10-28 22:34 | 地焼酎(米 ect.) | Comments(2)
背筋の通る米の辛甘さ・・・「ヨーソロ」
別大国道R10号線・・・車の窓を開けて走れる時候になりました・・・。渡る風に“生ぬるさ”が残らなくなりました・・・。

c0001578_23233132.jpg車を停めて・・・耳を澄ませば“コウロギ”の鳴声・・・“晩夏”から“早秋”へと向う途中って感じです・・・。

先ほど戻って・・・女房殿が食事の準備をしながら「涼しくなったわぁ~」と一言・・・長男坊はネットで話題(だった)という“男子新体操”を見てますし・・・次男坊は運動会の“応援団”に入ったことを報告してくれます・・・各々、食後のひとときに交わす時間が落ち着いてきたようです・・・。

オヤジも・・・夕食時間には遅れながらも・・・そんなひとときに晩酌がてら参加しています・・・。

今夜は、一口サイズの“チーズロールカツ”・・・オヤジは“ゆずポン酢”でいただきますが・・・晩酌は、米焼酎の辛甘さを“ロック”で合わせます・・・。HAKUDOU師匠のおススメ・・・広島は江田島銘醸の米焼酎『ヨーソロ』・・・。

如何にも“米”というアルコール風情の匂い発ち・・・原酒と言っていいほどの35°・・・含んだ口中の辛味と甘い余韻の口あたり・・・キリリと背筋の通ったキレのいい旨さ・・・響きますね・・・。

■ 「ヨーソロ」(江田島銘醸:広島県/減圧:米・米麹)35度

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “チーズロールカツ”に“ヨーソロ”
by project-beppin | 2007-09-05 23:25 | 隣人の焼酎・泡盛 | Comments(2)
金沢で米焼酎と九州鶏に出会う・・・「川辺」と炭火焼鳥“あら竹”
“東山”界隈を離れ・・・女房殿の親族や兄弟と合流し、“再会の晩餐”へと出かけました・・・。

c0001578_6285065.jpg金沢の繁華街“片町”から“犀川”縁へと向かった裏路地の飲食街・・・路に面して張り出すような間口に白い暖簾の焼き鳥屋・・・炭火焼鳥“あら竹”・・・。

「みんなぁ、無事到着して、飲みたいやろし~ぃ、子供達もぉ、食べたいやろから・・・」と・・・“貸切予約”をしておいてくれた店へ・・・老若男女、総勢10人でなだれ込みます・・・(笑)。

店内は、5人掛けほどのカウンターと座卓テーブルが4人掛け2台ほどの小さな店です・・・。

座って、生ジョッキで乾杯して・・・各種の串を順に“おまかせ”で焼いてもらったんですが・・・これが、どれをとっても“めっちゃ旨!!!”・・・瞠目と垂涎が同時に訪れる旨さ・・・集まった皆が声を揃えます・・・「うっ、旨っ」とか、「おいしいぃ~」とか・・・(笑)。

“手羽”、“とり皮”、“つくね”、“砂ズリ”、“ねぎま”、“上しろ”、“レバー”などなど・・・串に刺してあるから確かに焼き鳥ですし、オーソドックスなネタなんですが・・・その鶏の肉質といい、下味といい、焼き加減といい・・・正に絶品!・・・“グリル”と“ソテー”の食感を併せ持つ“串焼きディナー”のフルコースといった方が好いかも・・・。

これには“脱帽”・・・若く見える店主に「この鶏は、旨いなぁ~」と声をかけると・・・「ありがとうございます・・・」と応えて・・・真剣に黙々と焼いています・・・。

生ジョッキを空けそうになる前に・・・早速、焼酎“ロック”に切り替えようと焼酎銘柄を物色・・・ちょっとこだわった銘柄も充実していて・・・目に留まったのが、球磨の米焼酎『川辺』・・・。

この米焼酎・・・米のもつ清らかな吟香に・・・口中を包む円みのある甘みが優しい味わいで・・・澄み渡るコクの旨口に真っ直ぐなキレと米の香りを漂わせていて・・・あと口も穏やかに余韻が楽しめます・・・。

こんな絶品焼き鳥には・・・すっきりと清らかな米焼酎も・・・よく合います・・・。

その後・・・なんと!この肉質の鶏肉は、九州産であると聞いて・・・またまた、びっくり・・・。

この金沢の地で・・・まさか、米焼酎と九州鶏の旨さを再発見しようとは・・・焼き鳥の“美味求真”・・・思い出すだけでまた食べたくなります・・・(笑)。

■ 「川辺」(繊月酒造:熊本県人吉市/減圧:米・米麹)25度

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 絶品串焼きと焼酎へのこだわり・・・
by project-beppin | 2007-08-07 06:41 | 隣人の焼酎・泡盛 | Comments(6)
“地獄蒸し”で飲む(上)・・・ウチワエビと米焼酎「さよなら臼三線」
“いでゆ坂”を抜けて・・・首に巻いたタオルで汗を拭きながら・・・“お疲れさん会”の会場となった“双葉荘”へと・・・。

c0001578_4592452.jpg玄関から、案内されたとおりに・・・入り組んだ階段を奥の間へと向うと・・・ワイワイガヤガヤと盛り上がる声が聞こえます・・・。廊下から覗くと“自炊貸間”の六畳間に座卓を並べて十数人が湯呑や缶ビールを片手に・・・既に、飲みはじめています・・・。

「遅くなりましたぁ~」と座に加わり“駆けつけ三杯”・・・発泡酒を呷って・・・座卓に並べられた“地獄蒸し”食材を見渡すと・・・なんと!“蟹”と“海老”・・・どちらも旨いんですが、数に限りがあるということで“二者択一”を迫られ・・・“ぱっちん”の愛称で知られる“ウチワエビ”をいただきました・・・。

こんな“地獄蒸し”の旨さを楽しむ焼酎は?と・・・臼杵から参加した知人に勧められたのが・・・旧野津町(現臼杵市)の藤居酒造の米焼酎『さよなら臼三線』・・・。
聞くところによると・・・“幻の軽便鉄道”から道路(R502号線)になり・・・臼杵駅から野津を経由して三重駅(現豊後大野市三重町)までを結んでいた“旧国鉄(JR九州)”のバス路線がこの4月に廃止になり・・・それを偲んでつくられた地元限定200本の記念パッケージラベルだそうで・・・どうも、中味は米焼酎「時の旅人」のようだとのこと・・・。

もちろん“ロック”で飲みましたが・・・穏やかな香りと円やかさが伝わる口あたりで・・・米らしい清楚で落ち着いた味わいです・・・。喉越しも甘みが優しく通り抜ける感じ・・・キレのある余韻も引っかからないスムースさがあって・・・さすが“洞窟かめ囲い貯蔵”のなせる“円熟”した味わいでした・・・。

■ 「さよなら臼三線」(藤居酒造:臼杵市/常圧:米・米麹)25度・・・米焼酎
 穏やかな香りと清楚な米甘みの落ち着いた味わいが円やかに伝わる口あたりの米焼酎。甘みが優しく通り抜けると同時に、喉越しのスムースなキレに円熟した洞窟貯蔵の味わいが宿る良品。(洞窟かめ囲い「時の旅人」のラベル換え?)

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “ウチワエビ”と飲む米焼酎・・・
by project-beppin | 2007-07-31 05:03 | 地焼酎(米 ect.) | Comments(0)
大雑把が吉と出るか?・・・“桑ん実酒”
桑の実”シリーズで刻んでしまいましたが・・・昨晩、遅くなって“桑ん実酒”を仕込みました・・・(笑)。

c0001578_20291659.jpg鍋いっぱいの“桑の実ジャム”になっちゃってましたから・・・ワザとらしく“小籠”に盛っては見たものの・・・残されていたこの実の量は200g弱・・・。

それでは、これだけ全部を“適当”に・・・“桑ん実酒”にしてみましょうかね・・・その滋味な実の甘さと減圧蒸留した米焼酎のメロウな甘口・・・この取り合わせで“吉”と出て欲しいのですが?・・・(笑)。

その“大雑把”なオヤジの“桑ん実酒”・・・単に焼酎に漬け込んだだけで・・・お見せするほどの仕込み風景ではないのですが・・・ご紹介がてら、(↓のMoreで)ご覧いただければ幸いです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “大雑把”な仕込み風景・・・
by project-beppin | 2007-06-02 19:59 | 焼酎文化考 | Comments(8)
“Straight Mellow”な清涼感・・・「御伽の座敷(おとぎのざしき) -米の唄-」
“外仕事”続きの3日間・・・昼過ぎからは晴れて陽射しも眩しいのですが・・・車の窓を開けると・・・涼しい風でした・・・。九州南部は“入梅”とのニュース・・・早苗がたなびく“水田”には“恵みの雨”が欲しいですね・・・。

c0001578_12433756.jpg“週末”になって、やっと落ち着いて飲める心もち・・・昨夜は、軽くトーストしたフランスパンに・・・女房殿がつくった“桑の実ジャム”を塗って・・・晩酌のアテにしました・・・。

女房殿は、自作した“桑の実ジャム”の控え目な甘さに“ご満悦”・・・オヤジは、冷蔵庫に残っている実で“桑ん実酒”を仕込もうと思って・・・米焼酎の40°原酒を開封し“ロック”で“清めの一杯”を味わいます・・・(笑)。

先日飲んだ日田の米焼酎「五岳上人」の“純な甘み”を思い出して・・・もしかして?これなら、濃厚なアルコール度数で味わえるのではと・・・『御伽の座敷 -米の唄-』。

“吟醸酎”と形容したくなる減圧蒸留の優しい香り・・・氷が融けはじめた清らかな“米甘み”が“第一波”となって・・・円やかに口中に広がります・・・。

口中で転がすと・・・メロウなアルコール香が気化して・・・鼻腔へと澄み渡る米の素直な“第二波”風味・・・“Straight Mellow”と言い表したくなるほど・・・綺麗な“甘み”が印象的です・・・。

清楚なキレとスムースな喉ごし・・・しっかりと味わえる“清涼感”の余韻は・・・1年以上前に飲んだ麦焼酎の40°「御伽の座敷(おとぎのざしき) -麦の舞-」の爽快な“エッジ感”とは違い・・・正に減圧吟醸の米焼酎らしさが秀逸です・・・。

■「御伽の座敷 -米の唄-」(井上酒造:日田市/減圧:米・米麹)40度・・・米焼酎
 減圧蒸留の優しい吟醸香と円やかな米甘みの清らかさ、口中でメロウに気化しながら鼻腔へと澄み渡る素直なアロマの米焼酎。清楚なキレとスムースな喉越しの清涼感の余韻に惹かれる原酒の良品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “桑の実ジャム”と・・・
by project-beppin | 2007-06-02 12:45 | 地焼酎(米 ect.) | Comments(0)
米の甘みが“純酔ロック”・・・「五岳上人」
今朝は小雨の“花冷え”・・・鶴見岳は白く、やまなみハイウェイは雪のところも・・・自宅に戻っても久しぶりにストーブが点いていて暖かい室内・・・。

c0001578_08062.jpg帰宅して、晩酌の“肴”はというと・・・まるまる一尾を捌いた地モノの“鯵刺”・・・近所のスーパー内の魚屋で安かったそうです・・・。

“美しい国”ならぬ“美しい鯵”・・・(笑)。

“美”という言葉の本質は“主観”ですから・・・“美”という言葉を操る人の“主観”次第で・・・“美しい”は押しつけられる“意識”になる危険性があります・・・。

シニカルな話はここまでとして・・・少なくとも、この皿の上の“鯵”は・・・私にとって“美しい”です・・・(爆)。

で・・・今夜は日田の米焼酎・・・純な甘みのアルコール感に透明な旨さが響く飲み心地の『五岳上人』・・・“ロック”でクリアに味わいたい気分・・・。

おとなしい香りにも清涼感・・・口に含んだ甘旨さに続くキレの好いクリアな響き・・・純真な減圧蒸留の本質が磨かれたこの口あたりは・・・喉越しもスムースに“美しい”味わいです・・・。

余韻も・・・米の甘みが“純酔”に導いてくれるようです・・・。

■「五岳上人」(井上酒造:日田市/減圧:米・米麹)25度・・・米焼酎
 おとなしい清涼感の香りと純な甘みを持ち、米らしい透明なアルコール感の旨さが響く飲み心地。キレの好い磨かれた口あたりと喉越しのスムースな味わいが特徴的な美品。

More “美しい鯵”と“平野五岳”・・・
by project-beppin | 2007-04-04 00:09 | 地焼酎(米 ect.) | Comments(2)