タグ:自然 ( 123 ) タグの人気記事
もうひとつの“源流”紀行(その1)・・・白水の滝
さて・・・長々とひっぱてきた“奥豊後の旅”も最終目的地へと・・・九州のど真ん中・・・熊本県側は“高森”、宮崎県側は“五ヶ所”から三県の県境を縫うように流れ下る“大野川”の“源流”へ・・・“久住高原”を越えて“阿蘇外輪山”の東麓・・・“陽目(ひなため)渓谷”をめざします・・・。

c0001578_002841.jpgその“大野川”の“源流”にある“名水”の“名瀑”が・・・この“白水(しらみず)の滝”・・・。

江戸時代は、水量も多く“九十九の滝筋”があったといわれ“百”に“一”足りないことから“白水”と名付けられたという由来もあり・・・“東の白糸、西の白水”と讃えられた“名瀑”・・・。

駐車場のある“陽目の里”からこの渓谷へと15分ほど遡る道すがらは・・・“滝群の景”を眺め、正に“繚乱”の渓谷“絵巻”のようで・・・岩盤から湧き出す水流と“錦の紅葉”が多岐にわたる表情を見せてくれます・・・。

その最深部にある落差38m・・・阿蘇に磨かれた“湧水”の見事なまでに白い水量と・・・勇壮な大滝の飛水が岩で弾け落ちる滝音と・・・澄みきった滝壷の清涼感・・・五色の秋景がさらにこの滝水の白さを浮かび上がらせているようでした・・・。

丁度、今週、別府で「第1回アジア・太平洋水サミット」が開催されていて・・・“源流”の水を素手で掬って飲める“自然の恩恵”を再認識している次第です・・・。“命の水”が生まれる大自然こそ・・・本当の“源流”なんですね・・・。

More “繚乱”の渓谷“絵巻”・・・
by project-beppin | 2007-12-03 00:20 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
“豊後名山”秋景(その6)・・・久住高原から眺める“奥豊後三山系”
“くじゅう連山”西麓の“牧ノ戸峠”を越えて下る県道11号線“やまなみハイウェイ”・・・下りかけて一望する“久住高原”と熊本県境“瀬の本高原”・・・遥かに続く阿蘇外輪山の“産山高原”・・・その霞みに浮かぶ“阿蘇五岳”・・・このコースは前回、ご紹介しましたね・・・。

この日は、この“瀬の本”から左折し、R442号線へ入り“くじゅう連山”南麓に広がる“久住高原”のど真ん中へ・・・。“360°のパノラマ”と言えばココ!と誰もが言うビュースポット・・・里の駅スカイパーク あざみ台”へと向います・・・。

“くじゅう連山”を北に・・・“祖母・傾山”を南東に・・・“阿蘇五岳”を南に・・・広大な高原風景を体感する展望所・・・間違いなくココの“360°のパノラマ”は脳裏に焼き付きます・・・。

それではご覧いただきましょう・・・↓360°のパノラマ・モンタージュ全景・・・(画像をクリックすると大きく別表示します。)
c0001578_302543.jpg

c0001578_304928.jpgレストハウスになっている建物の中では・・・地元の農産物や加工食品が並んでいて・・・“カボス”や“自然薯”など採れたての“旬”があって・・・誰もが気に入るというのも頷けます・・・。

そこから・・・久住の牧場を訪ねる道へ入ると・・・ゆったりと草を食む豊後の“黒牛”が“阿蘇五岳”を眺めるように牧草地に横たわっていました・・・。

阿蘇大涅槃像”を眺む“臥牛”という高原風景・・・久住の大らかさ・・・実に雄大な気持ちになれる絶景でした・・・。

是非、一度は立ち寄ってほしいスポットです・・・。
by project-beppin | 2007-11-26 03:03 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
“豊後名山”秋景(その5)・・・牧ノ戸から眺める黒岩山、泉水山、沓掛山
“くじゅう連山”北麓の長者原から西麓へと峠を上がると“牧ノ戸”・・・九州本土の最高峰となる“中岳”や“久住山”へ登るには最も便利な登山口です・・・。

c0001578_230371.jpgこの標高は、すでに枯木立・・・紅葉は見下ろす麓へと移っています・・・。そんな中でも・・・登山者たちが絶えることなく駐車場はほぼ満車状態でした・・・。

ここからの眺めは・・・登山口から目前に迫る“星生山”、“沓掛山”と・・・この“くじゅう連山”周辺の山々“黒岩山”、“泉水山”・・・そして長者原や飯田高原の彼方に望む“由布山”です・・・。

山開きの6月には“ミヤマキリシマ”の群生が山肌をピンクに染める絶景の登山口ですが・・・この11月の落葉後は常緑の低木樹“アセビ(馬酔木)”の房生り“蕾”が赤い彩りを添えていました・・・。これからは・・・“樹氷”の銀世界へと向うことでしょう・・・。

↓270°のパノラマ・モンタージュ全景・・・(画像をクリックすると大きく別表示します。)
c0001578_2326241.jpg
この日のオヤジは、ここで昼食・・・長者原で買った登山者向け“おにぎり弁当”をベンチに広げて眺望とともにいただきました・・・。

いやぁ~、空気も味も景色も“美味しい”ィ~し・・・心も腹も“満腹”です・・・(笑)。

More 牧ノ戸峠の眺望とおにぎり弁当・・・
by project-beppin | 2007-11-25 23:46 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
“豊後名山”秋景(その4)・・・三俣山、硫黄山、星生山
“男池”から、県道621号線を県道11号線“やまなみハイウェイ”に出て・・・長者原へ・・・。

c0001578_0163926.jpg
長者原の“ビジターセンター”脇のドライブインから長者原湿原を渡る遊歩道から見ると・・・左に“三俣山”を見上げ・・・正面に噴気を上げる“硫黄山”・・・右に“星生山”・・・。

この長者原から眺める“くじゅう連山”の紅葉は・・・10月末から11月上旬までだっととのことで・・・この日(13日)は既に“枯れ木立”でした・・・。

もう15年以上前のちょうど今頃・・・“地蔵原貯水池”で“ワカサギ釣り”(釣れませんでしたが・・・笑)のあと“地蔵原(じぞうばる)温泉”の民宿に泊まった職場旅行の折・・・翌朝6時、民宿の女将さんに握ってもらった“おむすび”を持って・・・この長者原から自然遊歩道を通り“雨が池”を経由して“坊がつる”へと下り・・・“法華院温泉”を経て“北千里ヶ浜”へと上り“すがもり越”して下山・・・長者原と牧ノ戸峠の間にある“大曲”に出て長者原に戻るというルートが・・・このオヤジ唯一の“くじゅう登山”です・・・。

この“三俣山”を巡回した6時間半の半日登山・・・あの頃でさえ、下山後には脚が“笑っていた”ことを思うと・・・今、オヤジの威厳を示しながら愚息どもを伴って登ることはできないと・・・まじまじと山を眺める“情けない”オヤジであります・・・(笑)。

ですが・・・一度は愚息どもと登ってみたい山でもあり・・・もし、その日が来れば、山の頂で麦焼酎“ワンカップ”を飲みたいですね・・・。

More “長者原”の秋・・・
by project-beppin | 2007-11-25 00:24 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
“豊後名山”秋景(その3)・・・阿蘇野から眺める“黒岳”
長湯方面へ向って“ぐるっとくじゅう周遊道路”の看板のある交差点を右折・・・阿蘇野方面へ・・・。

c0001578_1312824.jpg阿蘇野に出ると“白水(しらみず)鉱泉”と“男池”をめざして左折し、県道621号線へ・・・すると正面に聳える山が“くじゅう連山”の東端となる“ 前岳”と“黒岳”・・・左奥に“大船山”・・・。

この山容が迫る山間の田園風景にも・・・山とともに営む農村・・・藁小積みが山の神への感謝の標(しるし)のようにも見えます・・・。

“黒嶽荘”からの登山には・・・この尾根を登ります・・・。

More “藁”小積みと“花牟礼山”・・・
by project-beppin | 2007-11-24 13:04 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
“豊後名山”秋景(その2)・・・“記念公園”から眺める“奥豊後三山系”
“冠山(烏帽子岳)”と“大龍山”の山間を縫うように走る広域農道“奥豊後グリーンロード”の“ビュースポット”という“記念公園”からの眺め・・・。

↓ 大分川のもうひとつの源流“芹川”水系の山々を望む展望所で・・・山腹の高台であるここからの眺めは・・・真南を向いて眺める180°の遠望がすばらしいです・・・。180°のパノラマ・モンタージュ全景・・・(画像をクリックすると大きく別表示します。)
c0001578_10193439.jpg

c0001578_10195938.jpg
その遠景には“神々”が宿る“奥豊後三山系”・・・宮崎県境となる“祖母・傾山”山系・・・熊本県境となる“阿蘇”山系・・・そして大分の屋根“くじゅう連山”が見事な位置関係で一望できます・・・。

手前の深い谷のような“芹川”水系・・・この水系にも、直入“長湯温泉郷”や名水の湧水群があり・・・次回、じっくり回ってみたいと思っています・・・。

“ひとりドライブ”だったので・・・ここで焼酎“ワンカップ”を・・・なんていう邪悪な誘惑には負けませんでした・・・(爆)。

More “神々”が宿る“奥豊後三山系”・・・
by project-beppin | 2007-11-24 10:36 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
“豊後名山”秋景(その1)・・・庄内から眺める由布・鶴見・高崎
“晩秋の三連休”が始まりました・・・。オヤジは、“安・近・短”な楽しみ方を・・・先日(13日)の“ひとりドライブ”から・・・豊後の“秋景”を怒涛のアップといたしましょう・・・(笑)。

c0001578_11402321.jpg別府を出て・・・志高湖、由布川渓谷を過ぎ、由布市庄内町小野屋へと向う途中の県道52号線からの眺め・・・刈取りを終えた丘陵の棚田と“由布岳”・・・。

由布岳南麓から大分川の河岸段丘に続く庄内町周辺で眺めるこの山容こそ・・・美峰“豊後富士”たる由縁・・・。

遠景に山容が映る“田舎田圃”の秋景・・・この大地の景色を作り出す作為なき人の営み・・・地下足袋姿の農作業を繰り返す日々があってこそと・・・。

山は・・・そんな農作業をする人々のために、山肌の彩りを変え季節を教え、雲を纏って天候を教えていると・・・“地霊”が宿る美しさとは、こんな想いが浮かぶ風景だと思います・・・。

この道すがら見かけた“由布岳”、“鶴見岳”、“高崎山”が映る風景・・・素直に美しいです・・・。

More “藁”小積みと“鶴見岳”、“高崎山”・・・
by project-beppin | 2007-11-23 11:44 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
深秋の“源流”紀行(その3)・・・名水の滝
庄内町阿蘇野方面から県道621号線を天然炭酸水の“白水鉱泉”を過ぎて・・・“男池”へ向う途中にある・・・阿蘇野川“源流”の滝と言えば・・・その名もズバリ!“名水の滝”・・・。

c0001578_10485759.jpg道際の青い看板にそう書かれているので・・・見た瞬間は“ホントかい!”と突っ込みたくなるぐらい・・・自画自賛の“胡散臭さ”があったんですが・・・まぁ、立ち寄ってみるかと・・・(笑)。

車を道際に寄せて、その滝口へと下ると・・・思いのほか“名瀑”・・・“先入観”で疑うという田舎オヤジの悪い癖は・・・この景観と滝音に払拭されました・・・。

そりゃぁ~・・・“黒岳原生林”が磨いた伏流水・・・“男池”湧水群の“源流”水が滝水となっているんですから・・・落差10mほどの滝ではありますが・・・名に恥じぬ滝景色でした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 名に恥じぬ滝景・・・
by project-beppin | 2007-11-17 10:50 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
深秋の“源流”紀行(その2)・・・黒岳原生林
“男池”湧水群を育む森・・・“くじゅう連山”の“黒岳”北麓の原生林・・・。“21世紀に残しておきたい日本の自然100選”にも選定されたという・・・“手付かず”の自然が、ここに残されています・・・。

c0001578_405462.jpg鬱蒼と生い茂る春や夏の森とは趣を変えた秋の木立に・・・“小春日和”の木漏れ陽が金色の輝きとともに射し込むようで・・・落葉を踏み締めながら空を見上げて・・・深呼吸してみました・・・。

手付かずのままの原生林の中には・・・まるで、岩を掴むように根を張る木があったり・・・大岩に腰掛けて辺りを見守るこの森の“長(おさ)”のような“威信”を漂わせる“大欅(ケヤキ)”があったり・・・結構、“木を見て森を見ず”でも楽しめます・・・(笑)。

その自然が醸し出す独特の美しさは・・・ここを訪れる人々まで樹間に擁くような木々の“生命力”であり・・・木々が森となって“共生”する“包容力”なのかもしれません・・・。

“黒岳”登山へ向かう出発点に・・・この“男池”登山口を選ぶ方が多いというのも頷けます・・・。

後は、もう・・・言葉がありません・・・。ゆっくりと・・・そんな“源流”を育む“原生林”をご覧いただければと・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “黒岳原生林”の秋景・・・
by project-beppin | 2007-11-16 04:06 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
深秋の“源流”紀行(その1)・・・阿蘇野川 「男池(おいけ)」湧水
一昨日の火曜日(13日)・・・車のラジオから流れた“鉄腕 稲尾和久”氏の急逝の一報・・・故郷に錦を飾る“稲尾記念館”の開館から1ヶ月余りが過ぎたばかりだというのに・・・信じられませんでした・・・。(心から、ご冥福を祈ります・・・。)

c0001578_1949683.jpgその日“振替え休日”であったオヤジ(私)は・・・“深秋”を満喫する“源流”風景を求めて“ひとりドライブ”・・・。

先ず、めざしたのは・・・“大分川”の上流“阿蘇野川”の源流・・・。

“くじゅう連山”の東側“黒岳”北麓原生林の中にある「男池(おいけ)」・・・環境省の“名水百選”の一つとして知られる湧水群です・・・。

由布市庄内町阿蘇野から九重町飯田高原へと向う“ぐるっとくじゅう周遊道路”県道621号線沿いの駐車場に車を止め・・・“男池園地”と書かれた歩道入口から原生林へ入ると・・・澄みきった清流の源が、この小さな池から“滾々”と涌き出る毎分14トンの濁ることなき清水でした・・・。

“日帰り登山”の方にも人気がある“男池登山道”の入り口にもなっていますから・・・リュックサックを背負った方々も・・・ここで水筒やペットボトルに水を汲んでいます・・・。

備え付けの柄杓で汲んで、この湧水を飲めば・・・冷た過ぎない清涼感で、少し“硬め”に感じる口あたり・・・天然のミネラルウォーターです・・・。この感じは・・・ドライ系の麦焼酎の“割水”には最適でしょうね・・・。

周辺は、“紅葉”というより“山吹色”に彩った“黒岳原生林”・・・この湧水を育む“緑のフィルター”であることを思いながら・・・その美しきが輝くような秋の“森林浴”を楽しめました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “男池園地”と“源流”・・・
by project-beppin | 2007-11-15 04:02 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)