タグ:自然 ( 123 ) タグの人気記事
夏宵の“Venus”・・・宵の“明星”
昨晩(15日)・・・晩酌途中に所用が入り、散歩がてらに出かけ・・・台風の“なごり風”が吹く涼しい朝見川沿いから・・・“鶴見岳”を眺めながらの帰り道・・・。

c0001578_1332879.jpg空気の澄んだ宵闇が深まる19時半過ぎ・・・西の方角となる宵空の“一番星”・・・一際明るく煌く“宵の明星”に出会えました・・・。

“宵の明星”・・・丁度、今頃が最も明るい光度だそうで・・・正に、夜空の“女神(Venus)”という輝き・・・。

帰り着いて・・・早速、家族にこの美しい夏宵の“金星”を報告したのですが・・・愚息どもは、全くの無関心・・・(チッ!)。

オヤジは・・・もう一度、朝見川沿いまで戻り・・・撮影・・・。

結局、“どれどれ”と言いながら見に出かけたのは女房殿だけ・・・その煌きに“宝石みたい、きれい、キレイ”と感動してました・・・さすが、我が家の“ビーナス”です・・・(ヨイショ!)。

♪ あれからぁ~  ぼくたちはぁ~ 
  何かをぉ 信じてこれたかなぁ~
  夜空のぉむこうにはぁ~
  明日が もぉう 待っているぅ~ ♪
   (SMAP:夜空のムコウ)

今夜も(雲さえなければ)・・・皆さんの地域でも西の空に見ることができると思います・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “平凡”ではない“明星”・・・
by project-beppin | 2007-07-16 13:06 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
台風一過・・・“夏近し”です。
沖縄から九州へと一昨日から昨日にかけて“暴風”と“豪雨”をもたらしながら縦走し、太平洋岸を横断して行った・・・7月の暴れん坊“台風4号=マンニィ(MAN-YI)”・・・。

c0001578_13355589.jpg家族一同“家庭待機”状態・・・ネット画面で“アメダス”の経時変化を見ながら・・・四国沖の太平洋側から流れ込む雨雲が九州山地や宮崎・大分県境の祖母・傾山山系にあたって“30ミリ以上の赤いドット”となって停滞する画像情報に・・・災害なきことを祈るばかりでした・・・。

我が家も・・・昨日(14日)の午前中、“万が一”の停電等に備えて“買出し”に出かけたのですが・・・この時が、別府でも“豪雨”のピーク・・・時間降水量が20ミリを越える雨・・・増水して駆け下る川の濁流・・・道路脇の排水溝から逆噴水するような水浸し状態の街・・・。

その後、雨は徐々に小雨になり、変わって強まる風・・・夜半にかけての“吹き返し”・・・。安堵できたのは・・・昨夜、遅くなってから・・・。

そして、今日・・・暗灰色の“曇天”から一転して・・・“台風一過”の光りに溢れています・・・。

先ほど、通りかかった小学校の校庭越しに見た“鶴見岳”にかかる“白雲”と・・・久しぶりに見た“鮮彩”な“青空”のコントラスト・・・。

まだ、“蝉”の声が聞こえないので・・・このまま、一気に“真夏”に突入するのか?・・・はっきりしませんが・・・長男坊も、次男坊も“部活”に出かけた午後・・・爽やかに吹く風が心地好い日曜日です・・・。

この感じ・・・“夏近し”です・・・。今夜は・・・気分も“爽快”に飲みたいですね・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。
by project-beppin | 2007-07-15 13:35 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
“濃醒”な“妙薬”香・・・どくだみ
今朝は曇天、午後から降り始めた“五月雨”・・・明日も降り続くようで・・・“田植え”を終えた水田に“波紋”の光景・・・やっと“入梅”と思える季節感・・・。

c0001578_0301163.jpgこのブログのサーバーも“表示エラー”や“投稿エラー”のトラブルで・・・ブログ・ユーザーの溜まった“イライラ”が“五月雨”から“集中豪雨”へと変わって・・・“波紋”が急激に広がってますね・・・。
(未明から“メンテナンス停止”ですから・・・多くの皆様がこの拙文コンテンツをご覧になる時には・・・“完全復旧”していることを祈っています・・・。)

で・・・今朝、通勤途中に“コンビニ”へ寄ったところ・・・その駐車場塀越しの裏陰にぎっしりと広がる地際の“白十字”・・・云わずと知れた“どくだみ”の花・・・。

四十路男には“珍しくない”はずの見慣れた“雑草”ですが・・・風なく曇天の空気が澱んでいたせいか?・・・あの独特の臭さが漂っていました・・・。

その“濃醒”な草香に誘われて・・・缶コーヒーを飲みながら、この花を眺めて“一服”・・・(笑)。

その折に思い出したのが・・・35年以上前、この“白十字”の花が咲く頃・・・“ばあちゃん”と一緒に道端にしゃがんでこの草茎から採って持ち帰ったこと・・・。

持ち帰るとすぐに・・・花をつけたままのこの濃緑な葉や茎を水洗いし・・・縁台に“ござ”を広げて・・・茎元を揃えて輪ゴムで括る作業・・・この時、初めて輪ゴムの止め方をばあちゃんから教わったような微かな記憶・・・。

この後・・・軒下に吊り下げて乾かすと臭いも消え・・・茶色っぽく乾く“ドクダミ・ドライフラワー”状態となります・・・。

よ~く干し終えた晴れた日に・・・ばあちゃんが縁側で・・・この乾いた茎葉をハサミで切って・・・空き缶となっていた“茶筒”に入れていました・・・。

そんなことを思い出すと・・・あの煮出して飲む“どくだみ茶”の味わい・・・あの表現し難い“滋味薬湯”の風味が甦りました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。
by project-beppin | 2007-06-14 00:31 | 大分の風土・行楽 | Comments(15)
竹の歳時記・・・“五三竹”の“落葉”と“新緑”
この土日の好天・・・別府市内で唯一の“棚田百選”に選ばれた“内成(うちなり)”でも・・・順調に“田植え”が終って、“鏡面”となった“水田”に早苗の若葉がなびく光景・・・。
c0001578_13956.jpg
里山の春から初夏へと移り行く光景は・・・樹木の“新緑”から水田の“早苗”に代表されますが・・・丁度、その間の1ヵ月間ほどの4月下旬のから6月の初旬は・・・“孟宗竹(モウソウチク)”から始まり・・・“真竹(マダケ)”、“五三竹(ゴサンチク)”へと続く“竹林の黄変”=落葉する季節となって・・・これが俗に言う“竹の秋”・・・。

大分県下には・・・“別府竹細工”で使用されるという“真竹”林が多いのですが・・・たまたま、散歩の途中で見かけた通称“五三竹”(学名:ホテイチク)の“竹の秋”の落葉(撮影日:5月1日)から・・・“筍”の新緑(撮影日:5月30日)への移り変わりを“定点観測”・・・対比するようにその画像を並べてみました・・・。

竹は・・・イネ科タケ亜科タケ属との植物分類に属するとのことであり・・・アルフレッド・ラッセル・ウォレス(Alfred Russel Wallace)が・・・“Oriental Mysterious Plants !”と言ったという事実はないようですが・・・(笑)。

その植生と神秘的な生長は・・・興味があります・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 豊後の“五三竹”・・・
by project-beppin | 2007-06-11 01:07 | 大分の風土・行楽 | Comments(6)
初夏へと咲く青花・・・ムラサキツユクサ
“梅雨”前だというのに・・・一昨日は“真夏日”、昨日は“小雨降る多湿”・・・夏の気配も額に滲む汗で“体感”しています・・・。

c0001578_1024435.jpg道端の空き地に・・・細長く背高い緑葉茎の姿・・・雨間の陽射しに咲く青い花・・・“ムラサキツユクサ(紫露草)”・・・。

“梅雨”草ではなく、“露”草ですから・・・“朝露”に濡れたその美しさが本来なのかもしれませんが・・・日陰なら昼過ぎまでは咲き誇り・・・夕方には萎む“一日咲き”の美しさ・・・文字通り“花の命は短くて、朝露の如き”です・・・。

紫に染まる房先の“花蕾”が膨らんでますから・・・これから“初夏”へと毎日咲き続ける花姿を見ることができます・・・。

これからの季節は・・・山野に咲く“ツユクサ(露草)”の清楚な花姿も綺麗ですよね・・・。

More “ムラサキツユクサ”と“ハナアブ”・・・
by project-beppin | 2007-05-26 10:05 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
“精神文化”を創造した“自然造形”・・・三宮の景
豊後高田の“田染荘”から・・・県道34号線に沿って流れる“桂川”を遡るように・・・旧“大田村”(現杵築市)へ向う帰り道・・・対岸に奇峰の続く景色があります・・・。

c0001578_20151112.jpg“三宮の景”・・・別名“田染耶馬”・・・。

景勝地“耶馬渓”だけでなく・・・国東半島も・・・山頂“秀峰”や河岸“奇岩”が屹立する風土・・・大地が持つ“神秘”の景観・・・。

こんな山や岩にも“地霊”が宿っているという信仰・・・“修験道”に通じる景色であると同時に・・・“神”へ祈りを捧げ、“仏”の加護を仰ぐという“六郷満山”の暮らしに溶け込んだ景観・・・豊かな“精神文化”を創造した“自然造形”だと思っています・・・。

“文目(=アヤメ)”咲く頃の“三宮の景”・・・国東も“春”の彩ですね・・・。

宇佐神宮”と“国東半島”をこの地固有の“信仰文化遺産”として・・・“世界遺産”に認定しようとする活動もあって・・・微力ながら応援したくなります・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 河岸の“奇岩”・・・
by project-beppin | 2007-05-18 20:17 | 大分の風土・行楽 | Comments(6)
流水に宿る御影・・・観音の滝
昨日(9日)、仕事で出かけた日田市内から戻る途中・・・カーラジオから流れたニュース・・・大分で初の“光化学スモッグ注意報発令”とのこと・・・。

c0001578_0462997.jpgそんなニュースを聞いたもんですから・・・運転しながら“ため息”・・・。いつもなら、スーっと通り過ぎてしまう景色に“滝”があることを思い出して・・・車をバス停溜りに寄せて・・・“滝見の一服”・・・。

日田市街地からR210号線を・・・玖珠川に沿って“天瀬温泉街”へ向かう途中・・・珍しく歩道橋が架かる“丸山バス停”のすぐ近く・・・少し奥まってあるのが、この「観音の滝」・・・。

日田市街地方面へ向かう側の“屋根付バス待合場”と思えるようなところから岩階段を上がって見上げる落差10数mほどの“控え目な”滝の姿・・・細いながらも絶えることなく落ちる白い流水と・・・小さな滝壺から岩肌を縫って流れる沢・・・その周りの緑も瑞々しく美しい自然です・・・。

このバス停でバスを待つ束の間・・・この滝の水音と清らかな空気に“ほっと”できる感じ・・・夏は天然のクーラーでしょうね・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “郷滝”の水音・・・
by project-beppin | 2007-05-10 23:50 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
豊後歳時記・・・れんげ畑
“熊野磨崖仏”から下ると・・・宇佐八幡宮の“荘園”であったことから・・・“中世荘園文化”の景観を色濃く残すとされる“田染荘(たしぶのしょう)”の“春の彩り”・・・・・・・。

c0001578_1671162.jpg“苗代”や“代掻き”が始まる前の田圃に・・・淡い赤紫の“点描画”を描いたような“れんげ草”が一帯に広がる田園風景・・・俗に言う“れんげ畑”・・・。

一昔前は、この辺りでも“養蜂巣箱”を置いた“れんげ畑”があちこちで見られたとか・・・。今でも、この国東半島一帯で採れた“れんげ蜂蜜”は・・・国産最高級品の部類だとのことです・・・。

“当り前”と思えることが失われていく昨今において・・・この“れんげ草”がゆれる“当り前”の春景色・・・“美しい国”とは、こういう健全な暮らしに培われた風景にこそ見出されるべきではないでしょうか・・・。

♪ れんげのはぁ~なぁ~ さくぅころぉ~・・・ ♪
         (宝塚歌劇団:すみれの花咲く頃・・・の替歌)

車を降りて“一服”しながら・・・オヤジが思わず口ずさんだワン・フレーズでした・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 田染荘のれんげ畑・・・
by project-beppin | 2007-05-03 15:55 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
花壇の蝶・・・ツマグロヒョウモン
別府は“アルゲリッチ音楽祭”と“八重桜”の季節となりました・・・。

c0001578_185436.jpg土曜日(14日)、陽射しも“春本番”・・・“パンジー”の植栽花壇に隣り合うベンチで一服していたオヤジの眼前に・・・春風と戯れるように花を舞う“蝶”・・・。

その軽やかな生命観に・・・思わずスナップ写真を撮りたくなりました・・・。

この蝶の羽柄をたよりに調べてみると・・・タテハチョウ科の“ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)”の♀(雌)とのこと・・・。

雄は地味な豹紋のみ、雌は優雅に羽先の白いラインという・・・雌雄で羽柄が違う種だそうで・・・九州などの温暖な西日本では、春から晩夏にかけて見かける一般的な蝶なのですが・・・近年は、温暖化の影響?で関東でも生息するようになったとか・・・。

菜の花にモンシロチョウ”ならば・・・パンジーにはこの蝶が似合います・・・。

ここでオヤジの一句・・・“小林一茶”の名句をもじって・・・

 おんひらひら 蝶もパンジー 巡りかな    酎州

お粗末でございました・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“春のランキング・UP・キャンペーン”ということで・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。現在のところ・・・皆様のご支援の賜物で20位前後まで大躍進できました。ありがとうございます・・・。
by project-beppin | 2007-04-17 01:18 | 大分の風土・行楽 | Comments(6)
別府公園の“春景”・・・卯月の“桜”
各町内から繰り出した“温泉神輿”のお囃子が響き・・・朝から県議会議員戦の選挙カーと交錯するという“鳴り物”の4月1日となりました・・・(笑)。

c0001578_2374333.jpg温泉まつり”初日というのに・・・天候が今ひとつ・・・曇天と黄砂で・・・桜で萌え発つように淡く見える山々も霞んでました・・・。

“千灯明”のセッティングを終えた別府公園に出かけてみると・・・暖かさは“春本番”・・・桜は見事なまでに“満開”・・・本来なら“花見の宴”に絶好の日曜日なのですが・・・残念ながら、昼前からは“小雨混じり”という天候・・・オヤジも“花見の宴”が流れてしまいました・・・。

そんな・・・別府公園の“春景”・・・。

昨年の“夜桜の景”・・・「別府公園のライトアップ」とともに・・・お楽しみいただければ、何よりです・・・。

More 別府公園の“春景”・・・
by project-beppin | 2007-04-01 23:19 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)