タグ:蔵元 ( 15 ) タグの人気記事
HAKUDOU師匠と“九重”帰行(その2)・・・“笑門福来”八鹿酒造の“なしか!”
“竜門の滝”から川沿いを“玖珠川”と合流する方向へ・・・その突当りのT字路を県道409号線で“旧九重町役場”のあった恵良方面に・・・旧道沿いの密集した町並のほぼ中ほどに“八鹿酒造”がありました・・・。

c0001578_1690100.jpg到着時刻は、ほぼ17時・・・予約制の蔵見学は、諦めてましたが・・・せめて、蔵元の試飲販売は・・・との微かな望みを繋ぎとめるように・・・“酒蔵案内所”内の灯りと制服姿の女性社員の笑顔に接し・・・「まだ、イイですかぁ?」と問えば・・・明るく「どうぞ、いらっしゃいませぇ・・・」との声で・・・蔵の販売所へ・・・。

昭和・・・つまり、まだ農協、消防団、職場単位の“団体旅行”が盛況だった頃・・・“別府”の街で飲んで、酒と云えば「八鹿」、焼酎と云えば「二階堂」だったと・・・職場の上司から聞かされたことを思い出し・・・此処がその“蔵元”なんだと・・・初めてながら、懐かしく思えたりするのです・・・(笑)。

そして、もうひとつ“八鹿”な“縁”で忘れてならないのが・・・夕方の“天気予報”といえば、誰もが知っている“ヤン坊 マー坊”の時代・・・大分県民は“老若男女”問わず口ずさむ全く別の“天気予報”を告げる“BGM”があって・・・それが、俗に言う“八鹿の天気予報”・・・“県民演歌”とも謂えるメロディーなんです・・・。

 ♪ 水ぅ澄みぃてぇ~ 川はぁ 清ぉくぅ~  山はぁ みぃどぉりぃ~  花の宴のぉ~ 杯にぃ~
    酌みぃ交ぁわぁすぅ~ 酒は八ぅ鹿 ぁ~  くじゅぅうぅ~の やまぁにぃ~
      幸せぇはぁるかぁ こだましてぇ~ 酒ぇはぁ~ 八鹿ぁ~  ♪

さすがに・・・販売所内では、流れていませんでしたが・・・(笑)。

そんな蔵元への私的な“親近感”は・・・もちろん、HAKUDOU師匠にも溢れるほどあって・・・あの“御手洗酒店”の“本直し”カクテルと“角分け”文化の“原風景”に宿る麦焼酎「なしか!」のこと・・・その仲間たちから誘われながらも未参加のままとなっている“なしか祭り”のこと・・・などなど・・・此処の清酒と焼酎を“試飲”しながら・・・女性社員の笑顔に応えるように・・・語っていました・・・。

そして、屋号“舟来屋(ふなこや)”の系譜と蔵元“八鹿”に刻まれた“歴史”・・・“竜門の滝”との因果や“灌漑井路”の“公益”工事に尽力した業績も知ることができました・・・。

短時間の訪問でしたが・・・“地霊”とは何か?を語るに相応しい蔵元だと・・・感慨深く眺めた蔵風景です・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 屋号“舟来屋”・・・“なしか!”な風景
by project-beppin | 2010-05-29 16:14 | 焼酎文化考 | Comments(2)
HAKUDOU師匠と“日田”巡行(その8)・・・いいちこ日田蒸留所“製造場見学”
“ひた やきそば”のあとは・・・“日田蒸留所”へ・・・。そうです・・・昨年来、話題の「いいちこ 日田 全麹」の蒸留所と云えば・・・皆さんにも、お分かりいただけるのではないでしょうか・・・。
 ♪ いつか かぁぜがぁ~ 散らした花もぉ~ 季節めぇぐりぃ~ 色をつけるよぉ~ ♪

c0001578_21574517.jpg約4年ほど前に・・・一度、訪ねたことがあるオヤジ(私)ではありますが・・・その折は、“製造場見学”はせず・・・“試飲ショップ”だけでしたので・・・今回の訪問では、“全麹 蒸留所”の“製造現場”を見させていただきます・・・。

しかしながら・・・師匠には、ゆっくりと“いいちこ”の懐深いさを“試飲”しながら“吟味”いただくことも・・・今回の“ミッション”ですから・・・先ずは、“試飲ショップ”へ・・・。

さすが、師匠・・・ショップ店員の勧める“原酒”の各銘柄の話を聞きながら、ワンショットずつ、丁寧に且つ豪快に“試飲”して・・・「全麹減圧蒸留 原酒」と「全麹常圧蒸留 原酒」に興味津々のご様子・・・ショップ店員もその師匠の“試飲っぷり”に興味津々・・・(笑)。

ひととおり“試飲”を愉しんでいただいたところで・・・“製造場見学”へ・・・“第1製造場見学コーナー”から順に、“貯蔵庫見学”コーナー、“第2製造場見学コーナー”と・・・各コーナーを巡ってみましょう・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 見学コーナー・・・“原酒の杜”
by project-beppin | 2010-05-22 22:18 | 焼酎文化考 | Comments(2)
HAKUDOU師匠と“日田”巡行(その4)・・・“山水”明媚な老松酒造ファクトリー
日田“三蔵”を訪ねる三番目は・・・あの「閻魔」シリーズの“ブランディング”が定着した観のある・・・“老松酒造”へと・・・。

c0001578_11181036.jpgR211号線を“井上酒造”から少し“夜明ダム”方面へ下ると・・・“大肥川(おおひがわ)”を渡った対岸にありました・・・。

橋を渡って向う途中に“家具工場”と“製材所”があり・・・それらを通り過ぎて“日田彦山線”に近づくと・・・さらに視界が開けて・・・貯蔵タンクの並ぶ近代的な“酒造プラント”様の工場・・・。

周辺をぐるりと廻って・・・事務所か店舗的な案内はないか?と探したのですが・・・発見できず・・・一般公開はしていないと判断・・・。

結局、大肥川沿いの“水天宮”の石碑の奥・・・出荷用駐車スペースと思える場所から・・・その建物を師匠と二人で眺めて・・・“家業”から発展し酒造“企業”となったプロセスに想いを巡らしたのであります・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More ポスト“酒造蔵”の近景・・・老松酒造
by project-beppin | 2010-05-16 11:23 | 焼酎文化考 | Comments(0)
HAKUDOU師匠と“日田”巡行(その3)・・・“角の井”井上酒造と“清渓文庫”
“月隈”を出発し・・・次に、めざした“目的地”は・・・古くから清酒“角の井”で親しまれてきた“井上酒造”・・・県道671号線を山越えで“大鶴”へ・・・。

c0001578_1146742.jpg途中、山間の県道沿いにある店で“塩くじら”の看板・・・師匠とその伝統の“保存食”を覘いて一服した後、下ると・・・川沿いに線路が続く開けた農村風景・・・古くは“日田郡大鶴村”であった“日田市大肥町大鶴”・・・。

JR九州“日田彦山線”に沿ってR211号線を“夜明ダム”方面に少し走り・・・道沿い山手側に“角の井”の看板が見え・・・此処が蔵元とすぐわかります・・・。

連休中のためか?道沿いの“事務所兼小売店舗”は閉まっていたので・・・その脇を“井上準之助 生家→”と“清渓文庫→”の看板に誘導されて上った駐車場に車を止め・・・“蔵”を訪ねたのですが・・・呼び出せど家人は現われず・・・どうも“休日”のご様子・・・(笑)。

少しだけ内部を見せていただいて・・・その“佇まい”に触れることができました・・・。ご紹介がてら・・・この“蔵風景”をご覧いただきましょう・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “清渓文庫”の蔵風景・・・井上酒造
by project-beppin | 2010-05-15 11:58 | 焼酎文化考 | Comments(2)
HAKUDOU師匠と“日田”巡行(その2)・・・“クンチョウ”の“薫長”
師匠を誘っての日田“巡行”・・・第一の目的地が日田“三蔵”の“一の蔵”と位置づけた此処・・・“クンチョウ酒造”・・・です・・・。

c0001578_23282729.jpg豆田“上町通り”の重要“酒形文化財”・・・清酒を醸し続けて“300年”を経る建“蔵”物・・・一部が“酒蔵資料館”、“薫長酒館(蔵元ショップ)”、“カフェ&ギャラリー”となっていて・・・もちろん、各種の清酒、焼酎が“試飲”できます・・・。

師匠は初見参・・・この”蔵構え”を“凛たる風格”との評・・・“酒蔵資料館”を見学後、“薫長酒館(蔵元ショップ)”で清酒と焼酎を試飲しながら・・・半世紀近く前の“薫長酒粕”に“静かなる感動”を覚えたという食体験秘話を・・・店の方にも語っていました・・・。

以前・・・日田の秋祭り“千年あかり”で訪ねた折に・・・この蔵の“夜景”はご紹介済みですが・・・蔵が刻んだ“歴史”が醸す“蔵文化”をもう少し・・・再度ご紹介しましょう・・・。


※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 豆田の“酒形文化財”・・・“蔵”の情景
by project-beppin | 2010-05-12 23:38 | 焼酎文化考 | Comments(2)
HAKUDOU検地(その6)・・・“亀の甲”の丘蔵“ぶんご銘醸”
“HAKUDOU検地”の“エピローグ”は・・・現役の佐伯市内の蔵元の“オオトリ”啓介(パクリ笑)・・・として、元の“狩生酒造場”・・・現在の“ぶんご銘醸”の蔵風景です・・・。

c0001578_2341627.jpg“うめりあ”からR10を戻り県道39号へ・・・あの“校歌”の“緑豊中学校”を通り過ぎ、日豊本線“重岡駅”を目指しながら途中で左折し県道609号に入り“直川駅”に向うように里山の長閑な光景を快走していると・・・“横川川”の川沿いの小高い丘の上・・・新緑に浮かぶような“淡緑”の屋根と“白壁”の建物が目を引きます・・・。

この清楚な白壁に“海鼠壁”柄の腰壁の2棟が社屋と工場・・・“醗酵”と“蒸留”の場ですから“酵蒸”棟というのが格好好いかも・・・。

この日は連休中で表向き“お休み”のようで・・・その蔵景を見るだけだったんですが・・・見晴らしの良い丘陵の体験公園“亀の甲 なおかわ”の核となる誘致企業なんでしょうか?・・・旧本匠村から旧直川村に6年ほど前に移転してきたようで・・・新築の若々しさが漲っているようでした・・・。

おいしい空気と美味しい水で良い麦を醸した焼酎・・・特に“ドライ淡麗”タイプには定評のある蔵“ぶんご銘醸”・・・この佇まいを見て、納得できました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “酵蒸”棟に・・・体験公園“亀の甲 なおかわ”
by project-beppin | 2009-06-17 23:44 | 焼酎文化考 | Comments(8)
HAKUDOU検地(その1)・・・小椋酒造で“情”造酒を味わう
5月3日(祝)・・・さあ、今年も“雨月庵”を出て“酒”と“地霊”に出くわす一期一会・・・日帰り“研修”に出発!・・・。名付けて・・・“筋書き&アポ”無しの“HAKUDOU検地”・・・(笑)。

c0001578_16165829.jpg雨月の“朝食”でHAKUDOU師匠とともに決めた“行き先”は・・・佐伯市の西南部地域“祖母・傾山”山系の山間の地“旧宇目町”でした・・・。

3年前の“県南・豊肥紀行(1234)”では、素通り
してしまったこの町・・・実は、新佐伯市となった“県南酒蔵巡り”においても見逃せない“神力(しんりき)米”で醸した清酒があると聞いていたものですから・・・HAKUDOU師匠とともに、是非、訪ねてみたいと前々から思っていたのであります・・・。

いざ、目的地が決まれば、一路、県道606号線~県道35号で“番匠川”を遡り“ノンストップ”のつもが・・・途中、“森下橋”のたもとで、HAKUDOU師匠も感動したあの酒屋さんに立ち寄り・・・「天下無敵」ワンカップだけでなく「ホワイトムテキ」との対面も果たしたことで更に気分は“上々”・・・少し迷いはしましたが・・・この蔵のある宇目町“小野市(おのいち)商店街”へと辿り着いたのでした・・・。

旧道“商店街”の並び建つ家屋のちょうど真ん中辺りに・・・煙突をともなった“旧家”らしいこの“蔵構え”の風景がありました・・・そう、これが宇目の清酒蔵元「小椋酒造」なのです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 酒蔵見学と・・・試飲の“情け”と・・・
by project-beppin | 2009-05-17 16:23 | 焼酎文化考 | Comments(6)
“雨月の会”の遠足(その5)・・・“瑞鳳”の漆喰蔵“大地酒造”
“つけ麺”スタイルの“ごまだしうどん”に“舌鼓”を打ったら・・・そろそろ“遠足”も“解散”へと・・・。その“解散”前に・・・最後の“見学”先を師匠にリクエストし・・・ご案内いただいたのが・・・佐伯の清酒蔵“大地(おおち)酒造”・・・。

c0001578_23411729.jpg佐伯駅に近い焼酎専業蔵“小野富酒造”からR217号を直進して番匠川へと向うと“船頭町”があり・・・その路地を入ったところに歴史を感じる漆喰壁の蔵構え・・・老舗の酒造蔵の佇まい・・・その白壁に浮かぶ風格の旧銘柄“瑞鳳(ずいほう)”の壁文字・・・。

今、この蔵の主銘柄は「天眞 雪正宗」・・・そういえば、以前、“竹楽”で見た“かっぽ酒”がこの清酒でした・・・。

この蔵の麦焼酎は・・・「麦美人」・・・ですよ・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “漆喰”蔵の佇まい・・・
by project-beppin | 2008-09-05 00:07 | 焼酎文化考 | Comments(6)
"元禄"に遡る蔵夜景・・・クンチョウ酒造
"ひた 千年あかり"のクライマックスは・・・豆田町界隈の"上町通り"と花月川に架かる"一新橋"が接する角地・・・風格のある伝統的な建物の中にありました・・・。

c0001578_056415.jpg間口も奥行きも広さを感じさせる敷地の"蔵構え"・・・日田の"清(酒)焼(酎)混淆"の"三"蔵元のひとつである"クンチョウ酒造"が創業以来、酒造りを続けてきた"酒蔵"の佇まい・・・日頃は、なかなか見ることができない“夜景”の蔵情緒・・・。

“元禄”年間に建てられた蔵も現存するという風格の蔵景色は・・・“祭り提灯”の灯る広い土間から蔵の奥へと人々を誘います・・・。

今でもこの蔵の奥で醸されるという清酒「薫長」の旨さは・・・麗かな日田の“地霊”の味わい・・・上品な“清麗淡辛”・・・。あの“鷹城”で飲んだ“竹酒”の旨さを思い出すことができました・・・。

入ってすぐ右側が直営ショップ“薫長酒館”・・・左側はこの蔵オリジナル赤米入り“吟醸アイスクリーム”が食せるカフェ“旅の舎”・・・。

“竹灯り”に誘われて・・・薄明りの灯る蔵の奥へと進めば・・・そこには“酒蔵資料館”・・・。

この古きを愛しむ伝統を誇れる美しさ・・・麦焼酎「豊の国」と「薫露」、芋焼酎「亀山」、蕎麦焼酎「川霧」と米焼酎「慈源」も・・・そして、清酒蔵の焼酎と言えば“粕取焼酎”「三隈」・・・その堂々とした一升瓶の姿を蔵の夜景に見出すことができます・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 薄灯りの"蔵夜景"・・・
by project-beppin | 2007-10-26 00:56 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
“蛮カラ”な焼酎専業蔵・・・小野富酒造
先日、“臼杵紀行”に出かけた後で・・・HAKUDOU師匠にご案内いただきながら佐伯市街地を廻ると・・・R217号線から“駅前町”の路地を入ったところに・・・有名な“小野富酒造”がありました・・・。

c0001578_042514.jpg今では静かな十字路の角地を埋め尽くすように連なる一面の白い蔵壁・・・四角く覆われた煙突の佇まいは・・・正に、100年以上続く佐伯の“焼酎専業蔵”らしい“老舗の風格”・・・。

HAKUDOU師匠が若かりし頃・・・焼酎を“アメリカに輸出する”という“挑戦”に積極的だったとされるこの蔵には・・・その当時、「Mutekku」という銘柄があり・・・その味わいにも佐伯らしい“蛮カラ”な風土が宿っています・・・。

特有の味わいの“The 豊後の米焼酎”とも言うべき「天下無敵」と・・・旨い麦焼酎「豊後むぎ」を柱に・・・“米・麦混和”の「六富蔵」、「なずな 無敵」などは・・・この蔵の“定番”焼酎として・・・熱烈なファンがいます・・・。

その上・・・この蔵に眠る長期樽貯蔵の“三勇士”・・・米焼酎「古樽楽」、麦焼酎「独歩」・・・そして、これらの“三十年古酒”をブレンドした米麦混和「男の港」・・・どれをとっても樽モノ焼酎の“到達点”ではないかと・・・。

この蔵の“雄姿”を眺めながら・・・その醸し続けた幾年月と刻まれた味わいを思い出せる幸せ・・・“地霊”とは、そういうものではないでしょうか・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 佐伯の“焼酎専業蔵”の“雄姿”・・・
by project-beppin | 2007-07-06 23:44 | 焼酎文化考 | Comments(4)